高齢化が進む中で、介護関係の職種は年々需要を増しています。

自宅での介護をサポートするホームヘルパーもその内の1つです。

介護系の職種といえば大変そうな印象があるかもしれません。

しかし実際にどのような仕事なのかは分からないという人もいるでしょう。

今回はホームヘルパーの仕事内容向いている女性の特徴などを解説します。

ホームヘルパーの仕事内容を紹介

ホームヘルパーは利用者の自宅で日常生活の援助を行います。

それでは、具体的にどのような援助を行うのかをみてみましょう。

身体介助

介護 女性

まずあげられる仕事が、身体介助です。

これは利用者の体に直接触れる介護のことを指しており「介護」という言葉を聞いてまず1番に思い浮かぶ仕事でもあります。

身体介助の具体例としては以下のようなものがあります。

  • 着替えの介助
  • トイレへの移動・動作の介助
  • おむつ交換
  • 食事介助
  • 入浴介助

身体機能の低下に伴い、日常生活に必要な動作が自力ではできなくなってしまいます。

その動作をサポートするのがホームヘルパーの仕事です。

この他、利用者が病院から薬を処方されている場合、服薬をサポートする「服薬介助」も行います。

また、寝たきり状態の利用者であれば「体位変換介助」を行い、床ずれの予防を行う場合もあるでしょう。

生活援助

介護 女性

生活援助は利用者自身ではできない、日常生活を維持するために必要なことの援助を行います。

日常生活を維持するためには、部屋の掃除や洗濯、食事の準備などが欠かせません。

これらの行為が難しい利用者に代わり、ホームヘルパーがそれらの行為を行うのです。

生活援助は利用者本人以外のために行うことは当てはまりません。

例えば利用者の家族の食事作りなどはホームヘルパーの介助対象外になります。

そのため一人暮らしの利用者の場合に行うことの多い業務内容といえるでしょう。

通院介助

利用者が通院をしていれば、場合によっては通院介助も行います。

利用者が健康を維持するためには、通院も欠かせないものです。しかし利用者だけでは移動が難しいということもあるでしょう。

その際にホームヘルパーが病院への送迎や受付をサポートします。

ただし、病院内ではホームヘルパーは一緒に行動することはできません。

原則として病院スタッフが付き添い、病院スタッフが対応できない場合は例外的にホームヘルパーが介助します。

ホームヘルパーにはできないことは?

白衣 女性

利用者の日常生活をサポートするホームヘルパーですが、介助内容によってはできないものもあります。

ホームヘルパーができるのは原則として「利用者が日常生活を送る上で必要なこと」のみです。

生活援助で利用者以外のための行為が当てはまらないように、あくまでサポートするのは利用者に限られます。

さらに利用者のためとはいえ、日常的には行わない行為もケアの対象外です。

嗜好品の買い物代行や部屋の模様替えなどは日常的な行為とはいえないため、対象外であることに注意しましょう。

また、気を付けなければならないのが内服薬の仕分けや管理です。

これらの行為は医療行為に該当し、ホームヘルパーには行えません。

服薬補助と合わせて行ってしまう可能性もありますが、本来はできない行為のため注意しましょう。

利用者などからこれらの行為を依頼された場合は、ホームヘルパーではできない行為であることを説明しましょう。

 

ワンポイント
利用者の家族のための行為もケアの対象外になる。

ホームヘルパーのやりがい・魅力

ホームヘルパーのやりがいや魅力を解説します。

個人ケアができる

車椅子 女性

ホームヘルパーのやりがいとして個人ケアができることがあげられます。

利用者と一対一で介助を行うため、利用者個人のケアを徹底して行うことができるのです。

担当している利用者が日々を健康に過ごすためのサポートを行うため、自然と結びつきも強くなります。

利用者からの感謝の言葉を直接聞ける

ホームヘルパーは利用者と直接会い、日々の生活のサポートを行います。

そのためホームヘルパーが日々の生活を支えてくれていることを利用者が実感しやすいでしょう。

ホームヘルパーを欠かせない存在と考える利用者も多く、直接感謝の言葉を伝えてくれることがあります。

直接感謝の言葉が聞けることがやりがいに繋がるでしょう。

働く時間が自由に決められる

ホームヘルパーで働く魅力の1つが、働く時間が自由に決められることです。

ホームヘルパーの多くは利用者の希望時間に合わせてシフトが組まれます。

自分のスケジュールに合わせて仕事を調整することができるため、家庭と仕事の両立がしやすいでしょう。

また、通勤のしやすい地域の利用者を担当するということも可能な場合はあります。

この場合は通勤時間の節約など、通勤にかかる負担を軽減することもできるでしょう。

ホームヘルパーに向いている女性の特徴

続いて、ホームヘルパーに向いている女性の特徴を解説します。

コミュニケーション能力が高い

介護 女性

まず向いている女性の特徴としてあげられるのが、コミュニケーション能力が高いことです。

先述した通り、ホームヘルパーは利用者と一対一で介助を行います。

介助を行う場合にも利用者の求めている介助を把握し、負担のないようにサポートしなければなりません。

その際、利用者の要望を正確に聞き出すことが大切です。

そのためには普段から意思疎通がきちんと取れることが重要になります。

介助をしながら日々コミュニケーションをとり、利用者を理解することで的確なケアができるのです。

家事が得意

女性

ホームヘルパーは食事の準備や洗濯を代わりに行うこともある職種です。

そのため家事が得意であればそれを仕事にも活かすことができるでしょう。

より健康的で快適な日常生活を送るためには家事は欠かせず、家事のレベルが高ければ生活の質を上げることもできます。

美味しい食事を提供したり、すみずみまで行き届いた掃除をしたりすることで利用者に一層喜んでもらえるでしょう。

体力がある

介護士 女性

身体介助なども行うホームヘルパーには体力も必要です。

座っている状態から立ち上がるための補助などの場合、利用者の体をホームヘルパーがしっかりと支える必要があります。

利用者の体が支えられず転倒するといったことがあっては大けがに繋がりかねません。

また限られた時間で身体介助を行いつつ家事や買い物をこなすため、常に動き回ることになります。

これらの介助を日々行うため、体力的な消耗は激しい仕事といえるでしょう。

それらをこなせる体力がある女性がホームヘルパーに向いているのです。

臨機応変に対応できる

臨機応変に対応できる女性もホームヘルパーに向いています。

ホームヘルパーは基本的に1人で利用者の元に伺い、1人で仕事を行う場合がほとんどです。

しかし介助をしている間に利用者の健康状態が変化してしまうということもありえるでしょう。

その際、臨機応変に対応できなければ状況を悪化させることに繋がってしまいます。

例えば、利用者が転倒した際に必要に応じて救急車を呼ぶなどのサポートを迅速かつ正確に行えることが求められるのです。

ホームヘルパーの大変なことは?

介護

ホームヘルパーは利用者の生活を支えるという役割を担う、非常にやりがいの大きい職種です。

しかしその一方で、介護は体力勝負となる側面もあり、身体的な疲労がたまりやすい職種でもあります。

例えば利用者の介助のために中腰になっている時間が多く、それが原因で腰痛持ちになるということもありえるでしょう。

長くホームヘルパーを続けるためには、自分自身の身体管理もきちんと行う必要があるのです。

また、利用者と一対一での介助だからこそ、利用者との関係性がうまく築けないと精神的にも辛くなってしまいます

利用者と意思疎通をとれないことでサポートもうまくできないということも考えられるのです。

そのため人間関係の構築が苦手な人にとっては難しい場面もあるでしょう。

 

ワンポイント
体力・精神的に辛い側面もある。

ホームヘルパーに必要な資格

ホームヘルパーになるためには必須の資格があります。

必須ではなくてもキャリアアップには役立てることができる資格もあわせて紹介します。

介護職員初任者研修

白衣 女性

ホームヘルパーになるために必須の資格が介護職員初任者研修です。

これはいわゆる介護の初心者がまずは取得する資格でもあり、入門的な位置づけにある資格です。

旧ホームヘルパー資格の2級に相当するといわれ、9科目・130時間のカリキュラムを修了する必要があります。

さらにカリキュラム終了時には修了試験を受け、これに合格しなければ資格は取得できません。

カリキュラムはホームヘルパーの行う身体介助の具体的な方法などを実践的に学べる内容です。

また、座学だけでなく実習も含まれています。

ホームヘルパーに必要な知識が網羅的に習得できるため、実際に現場で活かすことができるでしょう。

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修は介護職員初任者研修の上位資格であり、介護に関するより専門的な知識を学びます。

介護職員初任者研修と同じくカリキュラムを受講しますが、こちらは20科目・450時間の受講が必要です。

介護の基本や認知症への理解なども深めることができるため、スキルアップするためには大きな役割を担うでしょう。

またこの資格を取得すれば訪問介護サービス全体を計画・管理するサービス提供責任者にもなれます。

さらに、この資格を取得していなければ介護福祉士の資格は受験できません。

ホームヘルパーを経て介護福祉士へのキャリアアップを目指す場合は、まずはこの資格を取得しましょう。

介護福祉士

国家資格である介護福祉士は取得することでさらなるキャリアアップに繋げることができます。

介護福祉士を取得すれば、実際に利用者を介助する現場の仕事だけでなく管理職の仕事にも携われるようになるでしょう。

事業所内で生活相談員を務めたり、チームリーダーとしてまとめ役になったりといったキャリアを叶えることができるのです。

先述した通り、介護福祉士は介護職員実務者研修を修了していなければ受験することはできません。

介護業界でのキャリアアップには欠かせない資格といっても過言ではなく、取得に向けた勉強では介護の知識も深められます。

スキルアップを目指す意味でも取得を目指すことはプラスになるでしょう。

ホームヘルパーの平均年収

女性

ホームヘルパーの平均年収は約270万円、平均月収は約22万円といわれています。

ただし、ホームヘルパーは雇用形態などによっても給料が左右されやすい職種です。

さらに資格の有無や夜勤を含むかどうかなどでも年収は変化します。

介護福祉士の資格が必須の求人の方が年収も高くなる傾向にあり、資格の有無は年収に大きく関係しているといえるでしょう。

そのため年収をあげるためには上位資格の取得などが必要になる場合が多いといえます。

 

ワンポイント
年収アップを目指すなら上位資格の取得を目指そう。

ホームヘルパーは未経験でも転職できる?

ポイント

ホームヘルパーになるには介護職員初任者研修の修了が必須ですが、これを修了していれば未経験でも転職できます。

介護職員初任者研修には受講条件はないため、未経験であっても挑戦しやすい資格です。

ホームヘルパーとして働きたい場合はまずは介護職員初任者研修の取得を目指しましょう。

ただし、介護職員初任者研修は規定の講座を受講しなければならないなど、取得にはどうしても時間がかかってしまう資格です。

そのため転職準備は実際に転職したい時期から逆算して取り組みましょう。

 

ワンポイント
未経験でも転職できるが介護職員初任者研修の修了は必須。

ホームヘルパーが自分に向いているか不安なら転職エージェントに相談しよう

相談

ホームヘルパーは需要が高まっている職種であり、将来性もある職種です。

さらに利用者と直接ふれ合うために、直接感謝の言葉を聞けるなどやりがいもえやすいでしょう。

家事経験など日常的に行っていることを仕事に活かすこともできるため、介護職員初任者研修を取得すれば挑戦しやすいです。

しかし、いざホームヘルパーを目指しても自分にこの仕事に向いているのか不安という人もいるでしょう。

そうした転職に関わる不安を抱えている人は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職活動のプロとして、転職希望者のサポートをしてくれます。

転職に関わる不安や悩みを相談することができ、自己分析などのアドバイスももらえるでしょう。

それらのアドバイスを活かすことで、ホームヘルパーへの転職も自信を持って取り組めるでしょう。

転職相談はこちら

まとめ

女性

今回はホームヘルパーの仕事内容を解説しました。

介護の需要が高まっている中で、利用者の自宅での生活を支えるホームヘルパーも注目度は高まっています。

ホームヘルパーとして身につける介護の知識は、自分の家族の介護などにも活かすことができるものです。

利用者だけでなく、自分自身の生活にも活かすことで、互いに健康的な日常を送ることにも繋げられるでしょう。

資格の取得は必要ですが、未経験でも挑戦でき、上位資格取得などでのキャリアアップが可能でもあります。

ホームヘルパーを目指すならば、自分の適性も見極めて挑戦してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら