転職したけれど思っていた仕事と違う気がして、どうしても仕事に気が入らないという場合、辞めるタイミングに悩みます。

また本当に辞めるべきなのかこのまま我慢すべきなのかも悩むところです。

今回は思っていた仕事と違っていた場合どう乗り切ればよいのか、またこれからの転職のためにやってはいけないことも解説します。

転職後に思っていた仕事と違った場合のお悩み解決法を解説

考える女性

転職して、さあがんばろう!とはりきったのもつかの間思っていた仕事と違っていたなどということがあります。

そんな時すぐに辞めるべきか、辞めるとしたらどのように退職願を出せばよいのか迷います。

転職したばかりでまた退職するのは何となく気がひける。でも続けられる自信がない。そんな時には少し落ち着いて考えてください。

どこが思っていたのと違うのか、どういったところが合わないと感じるところなのかをしっかりと考えるということです。

それではまず、仕事が合わないと感じたのはどのような点なのかを考えてみましょう。

仕事が合わないと感じる理由

パワハラ

仕事が合わないと感じた理由は個人個人で違うでしょうが、提示内容と仕事内容が違う場合に仕事への意欲を無くす人が多いです。

提示されていた職種とは違っていた。年収が聞いていたよりかなり少ない。残業が以前の会社よりも多いなどが主な理由です。

昔は終身雇用といわれ少々のことは我慢して勤めるべきといわれましたが、今では少し違ってきています。

仕事が合わず心身ともに不調をきたしてしまう人もいるなど、深刻な事態になる危険性もあるので慎重な判断が必要なのです。

他にも仕事が合わないと感じる理由に社風が合わない人間関係が辛い自分への評価が低いなどの悩みを抱える人もいます。

社風やルール

社長が絶対で社長のいうことに右ならえで、そういう暗黙のルールがあり納得がいかないなどの例もあります。

女はお茶くみと決めてかかる上司がいて自分を認めてもらえず、主要な仕事からは女というだけで外されることも暗黙のルールです。

昔から変わらないのではと思われる社風やルールが自分に合わないことも居心地の悪さを感じる理由でしょう。

このような社風や女性蔑視は少しずつ改善していくことが可能です。すぐに退職するのは早計な場合が多いのです。

人間関係

仕事内容には問題が無いけれど、人間関係に悩んでいる。上司のパワハラや先輩との関係に悩む人も多いです。

心を病む原因にもなる人間関係が原因の場合には、やはり早めに決断をすることが賢明でしょう。

ただ部署替えや他の人に相談することで問題が解決する場合も少なくないので、仕事内容が直接原因でない場合には慎重さも必要です。

仕事の種類によっては厳しく鍛えられるというものもあるので、しっかりと見極めることも大切になります。

仕事の進め方や自分への評価

仕事辞める悩み

仕事の進め方についていけない場合や、自分の資格やスキルに対しての評価が低い場合など仕事が合わないと感じる人もいます。

このような場合はあくまでも自分自身が感じている事であり、早急に辞めてしまうのではなく少し時間をかけてみる必要があるでしょう。

今の場所で実績を積みながら様子をみることも大切なのです。

 

ワンポイント
 仕事が合わないと感じる理由を考えてみましょう。

馴染む努力も大切

女性、仕事、打ち合わせ

終身雇用の時代ではないとはいっても、転職後の退職に関しては慎重になる必要はあるのです。

パワハラやセクハラが明らかな場合はもちろん時期を待たずに退職する必要があるでしょう。

ただ仕事が何となく合わない、自分への評価が低いなどの理由の場合には少しずつ馴染むための努力をしてみましょう。

どんな仕事も転職してすぐに力を発揮できるというものではありません。実績を積んでいくうちに周りの評価も違ってきます。

早急に退職を決めるのではなく、新しい場所でどうしたら貢献できるのかを考えるようにしてください。

乗り切るためのコツ

パソコンを持って笑っている女性

それでは仕事が合わないと感じながらその状態を乗り切るためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

乗り切るためのコツなど、解決方法を考えていきましょう。

  • 誰かに悩みを聞いてもらう
  • 部署の異動が可能か確認する
  • 自分が貢献できることを探す

自分1人で悩むのではなく誰かに相談しましょう。他部署への異動を願い出るか、仕事で貢献できる方法を探すのも方法のひとつです。

それぞれもう少し詳しく解説していきましょう。

悩みを上司に相談

打ち合わせするビジネスウーマン

セクハラやパワハラのような深刻なものは別ですが、職場の人間関係の悩みの場合は直属の上司に相談しましょう。

人間関係は複雑でもあり不思議なもので、思っているのとは違う解決の仕方もあります。

厳しくあたっていると思っていた先輩が、思いやりの深い人で厳しくしてくれていたという場合もあるのです。

思い込みで悩んでいたとわかればもう少しこの会社でがんばろうという気持ちになれるでしょう。

他部署への異動

それでも解決できない場合には、他部署への異動をお願いできないか確認してみましょう。

転職後すぐに異動は難しい場合が多いですが、次の異動時期には考慮してもらえる可能性もあります。

異動できる可能性があれば続けていく目安になり、続けるうちに思っていた仕事と違うという気持ちを乗り切れる場合もあるのです。

今の仕事で実績を上げる

転職したばかりで評価を上げるのは難しいです。自分のできる仕事をしっかりと行って、実績を上げる努力が必要です。

スキルや資格が活かせないと感じることもあるでしょうが、実績を上げていけば自分の思うような仕事ができるようになるでしょう。

焦らずに今の仕事を一生懸命していると、必ずそれは自分自身への評価となって返ってきます。

 

ワンポイント
 1人で悩まずに誰かに相談することも大切です。

退職する判断基準は

ポイント

そのまま会社に留まって乗り切る方法を解説しましたが、あくまでもこれは今の仕事で何とか乗り切ることができると考える場合です。

もしもどうしても我慢できない人間関係や、会社自体に問題がある場合には早急な退職手続きが必要となります。

仕事を続けるか退職するかの判断基準はどのように考えるとよいのでしょうか。それぞれの場合で考えていきましょう。

仕事を続けた方が良い場合

仕事をそのまま続けた方が良いのは、仕事そのものに魅力を感じる。仕事をしていて楽しいと思えることがある場合です。

仕事が嫌でなければ改善方法は必ずあります。仕事に魅力を感じる場合にはまずは1年続けてみてそれから結論を出してもよいでしょう。

人間関係が原因の場合、上司に相談して部署を変更してもらうなど解決できそうなら退職は思い留まる方向が得策です。

退職した方が良い場合

リサーチ業務

会社自体に問題がある場合例えば時間外のサービス残業を強要される、会社の経営状態が明らかに悪いという場合は退職を考えましょう。

パワハラにあたいするような上司の行動や、明らかに虐めとわかる社内の先輩の行動がある場合には退職すべきです。

即退職した方がよいと考えられるケースでの退職の場合には、会社側にもその旨はっきりと話した上で退職してください。

退職時のやり取りが再度転職をする場合には必要となります。どのようなことがあって退職せざるを得なかったかの証拠となるのです。

仕事に気持ちが入らない場合のチェックポイント

悩む

退職した方が良いという判断基準でなくても、どうしても仕事をする気持ちになれない場合もあります。

仕事に気持ちが入らないのは何故なのかをチェックして、その上で退職を考えてみることも必要でしょう。

気持が入らないままで仕事を続けることは、自分のためにならないと共に会社にとっても不利益なことといえるのです。

何故気持ちが入らないのか

気持が入らない理由を考えてみましょう。気持ちが入らない理由に会社自体の問題があった場合には転職を視野に入れましょう。

例えばサービス残業が多い提示されていた待遇と大幅な相違がある。など明らかに会社側に問題があり、仕事に気持ちが入らない場合です。

会社の経営状態が悪く給料の支給が遅れるなどは問題外です。早めに退職の手続きを取る方が無難でしょう。

これらは転職時にしっかりと企業を確認することを怠ったためにおこった事ですが、退職の原因としては会社側に非がある例といえます。

仕事に対しての不満がある

仕事が楽しくない。キャリアが活かせないなど仕事自体に不満がある場合にもやはり気持ちが入らなくなります。

配属されてすぐに自分の思うような仕事内容で働けるかというと、そうでない場合が多いのです。

今の場所で少しずつ実績を積み上げていくことで、仕事そのものが面白くなる場合もあります。仕事が面白く思えるなら退職は早計です。

部署替えなどで、自分のやりがいのあるキャリアを活かせる仕事につけるのならもう少し期間をおいてみるのもよいでしょう。

異動や転職で解決できるか

転職した仕事が思っていたものと違った場合、部署の異動や再度転職することで仕事に対する気持ちが解決できるでしょうか。

転職することで、今度はしっかりと仕事内容を確認した上でキャリアを活かす仕事につくのなら早めにやり直すのも1つの方法です。

継続して今の仕事を続けるか転職して新しい可能性を見つけるか、迷ったなら転職エージェントの力を借りるようにしてください。

短期間での退職は不利?

合わない

転職してすぐに退職した場合、やはり再就職にはかなりのハンデがあると考えられます。

それでもやむをえない事情もあります。再度の転職時にはどういった理由で退職することになったのかを正直に説明しましょう。

まず自分は長く勤続するつもりで転職したけれどやむをえない事情で退職せざるを得なかった、と長く勤める気持ちはあったと伝えます。

そして御社では自分のキャリアを活かしてしっかりと働きたいと、熱意を伝えるようにしましょう。

もちろん再転職時には仕事内容をしっかりと把握し、2度と同じ間違いを犯さないことが必要です。

転職後すぐに退職してしまった場合、どうしても再就職は不利になることは頭においておく必要があります。

仕事が思っていたものと違っていた場合には、まずその原因や解決方法を考えてみて下さい。

できることなら退職はせずに、部署替えなどで解決できないか上司や先輩に相談してみましょう。

 

ワンポイント
 短期間で退職することは次の転職に大きなハンデとなります。

やってはいけないこと

NG

何とか退職せずに今の会社でもう少しがんばってみようと決めた場合、やってはいけないことがあります。

それはネガティブな考えを持ち過ぎないことです。こんな仕事はしたくないと考えながら仕事をするのはやめましょう。

少しでも良いところを見つけ、やりがいを見つけるように努力することも大切です。

前職と比較する

こんなことなら前の仕事をやめなければ良かった前の仕事の方がずっと良かった。などと考えていては前に進めません。

前職と比較するのではなく、今の仕事でどのようにすれば働きやすいか自分のキャリアが活かせるかを考えてください。

悪い面ばかり見る

今の仕事の悪い所ばかりを見ているとすべてが悪い方へと流れてしまいます。がんばると決めた以上良い面に目を向ける努力も必要です。

ここはこうすればもっと良くなると思う所は提案して改善していくことで、仕事が少しずつ楽しくなっていくでしょう。

そういった努力の積み重ねで、思っていたのと違った仕事内容がやりがいのある仕事に変わっていくのは嬉しいものです。

 

ワンポイント
 今の仕事を続けるには悪いところばかりを見ないことも必要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話をするビジネスウーマン

転職してすぐに仕事内容が思っていたものと違ったと感じてしまうと、このまま勤めていいのか辞めるべきかと悩みます。

転職時には企業に応募する前にしっかりと内容を把握して応募するようにしてください。

もしも仕事が思っていたものと違って、どうすれば良いのか迷った時には転職エージェントに相談しましょう。

必ず解決方法の糸口がつかめるはずです。1人で悩んでいないでぜひ活用してください。

まとめ

案内

転職したものの仕事内容や会社が思っていたのと違っていた場合、そのまま勤め続けるか退職するかはその理由により判断しましょう。

会社自体に問題がある場合や、修復不能な人間関係が原因の場合には早めに退職を視野にいれることも必要です。

仕事に少しでもやっていて楽しい所がある、または部署替えなどでやりがいのある仕事が期待できる場合は退職を思いとどまりましょう。

今の会社で実績を積むうちに仕事が楽しくなる可能性が高いです。

改善できるところは提案し改善して働きやすい環境を作ることができれば、さらにやりがいのある仕事となることでしょう。

やむをえず退職となった場合には、転職エージェントに相談して新たな道を選ぶようにしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら