映像制作業界への転職を希望しているけれども書類審査が通過しないという人もいるでしょう。

業界ごとに書類の書き方にはコツがあります。

映像業界には映像業界の志望動機の書き方が存在するということです。

とくに女性が好印象を与えることができる志望動機の書き方について解説しますので参考にしてください。

映像制作の志望動機の書き方を解説

電卓と映画道具

書類を選考する際には企業側もいくつかのポイントをおさえて審査します。

書類を書く側もその点をよく理解しておくことで書類で採用担当者の印象に残ることができるでしょう。

映像制作に転職したい場合も志望動機の書き方をしっかりと理解することでよい書類を作成することができます。

映像制作を志望している場合の志望動機の書き方について解説しますのでしっかりと理解してください。

採用担当者の印象に残る書類を作成してまずは書類選考を突破しましょう。

 

無料転職相談をして志望動機を完璧にしよう

 

志望動機を書く前のポイント

履歴書

志望動機を書く際には事前の準備が大切です。

何も考えずに事前準備もない状態で書き始めてしまうと、まとまりのない文章になる可能性が高くなります。

志望動機は単純に自分の想いばかりを並べるものではありません。

しっかりとポイントをおさえて簡潔に想いを伝えることができる文章を作成しましょう。

自己分析を徹底的に実施しよう

志望動機を書く前に必ず行うことは自己分析です。

自己分析は自分の想いや希望を客観的に再確認する作業になります。

これを行うことで今まで自分が言葉にできていなかった想いに気がつくこともあるでしょう。

自分の良さについて新たな発見をすることもあるかもしれません。

自己分析は自分だけで行うことが難しいケースもあります。

客観的な意見をもらうことで気がつくこともあるからです。

この場合には家族や友人に手伝ってもらうというのもひとつでしょう。

もうひとつは転職エージェントを利用してプロの目で自分を分析するサポートをしてもらうこともおすすめです。

映像業界・応募先企業の研究をしよう

CREATIVEの文字

志望動機は自分の希望や想いだけを書けばよいと思っている人も多いでしょう。

企業の立場になったとき、もちろん求職者の希望を聞くことは大切です。

ただ、業界のことや企業のことをよくわかっていないなと感じる人に魅力は感じないでしょう。

業界や企業についてきちんと理解していて、それらにも共感して志望している人は採用担当者の印象にも残りやすくなります。

そこで重要なのが映像業界や応募先企業の研究です。

業界全体がどのような人材を求めているのかを確認しましょう。

さらに応募先企業がどのような取り組みをしているのかもチェックポイントです。

これらを志望動機に盛り込むことでより具体的な志望動機を作成することができます。

 

ワンポイント
志望動機の作成には自己分析と企業研究が必須です。

映像制作の部署がある会社は?

動画編集中のパソコン

映像制作とひとことでいってもさまざまな会社に部署が存在します。

具体的にどのような企業に映像制作の部署があるのかを理解しましょう。

そのうえでどの企業でどのような仕事がしたいのかを決めておくことも重要です。

志望動機を作成する際にこの点が明確でなければ曖昧な文章になってしまうでしょう。

映像制作の部署がある会社について解説します。

映像制作会社

映像制作会社は文字通り、さまざまな映像を制作する会社です。

映画・テレビ番組・CM・動画など多くの映像制作を手がけます。

会社の規模によって取り扱うコンテンツが異なったり仕事内容が異なる点には注意が必要です。

希望している企業が主にどのような映像制作に力を入れているのかは事前に把握しておく必要があります。

制作したいジャンルが決定している場合にはその仕事ができるかを先に確認しましょう。

映像制作会社では幅広い映像を手がけることができる点が魅力です。

そのためジャンルにこだわらずにさまざまなチャレンジがしたいという人に向いているともいえるでしょう。

テレビ局

テレビ番組が制作したいという希望がある場合はテレビ局の映像制作部への転職がおすすめです。

映像制作といっても企画・ロケ・編集・スタジオ収録・OAまで一連の流れを担当します。

テレビ番組にも多くのジャンルがあるためさまざまな情報にアンテナを張っておく必要もあるでしょう。

自分が希望していない番組の制作を任されることもあるかもしれません。

それでもやりがいを感じて取り組める人に向いているといえるでしょう。

映画配給会社

MOVIEの文字とカメラ

映画の制作に携わりたい人は映画配給会社に転職するのもひとつの方法です。

映画配給会社は制作だけでなく配給と興行も行います。

基本的には配給が主な仕事になるため制作に携われるのは少人数と考えておいてもよいでしょう。

さまざまな映像に触れることができるという点では魅力のある業界ではあります。

映画配給会社は正社員の募集が少ないため転職が難しいともいわれていますが業界経験者であれば有利です。

広告代理店

映像制作をしたいなら広告代理店への転職もひとつの手段です。

広告代理店は基本的には広告を出したい企業と広告掲載をする企業を仲介する仕事をします。

これ以外にも広告制作や企画指示も業務の一環として行っている企業もあるでしょう。

制作部門を独自に持っていて専門職が所属している企業であるかどうかは先にチェックしておくことが必要です。

広告制作会社であれば広告の企画や制作のみを行います。

広告代理店の場合はそれ以外の業務を担当する可能性もある点はよく理解しておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


好印象を与えるコツは?

ノートパソコンを操作する女性

志望動機で採用担当者に好印象を与えることで書類審査を通過しやすくすることも可能です。

書類で好印象を与えるためのコツについて解説します。

映像制作への興味関心を言語化しよう

志望動機は自分のことばかりを語る箇所ではありません。

いかに映像制作に対して想いを持っているのかを伝える場所でもあります。

映像制作に関して興味関心をどの程度持っているのかをしっかりアピールすることも大切です。

想いをしっかりと言葉にして伝えることが志望動機に求められることになります。

いくら想いが強くてもそれが相手に伝わらなくては意味がありません。

自己分析・企業研究を行うことで自分の想いをしっかりと言語化できるようにしましょう。

制作実績を作ろう

パソコン メモ帳

映像制作への転職は未経験者でも可能です。

ただし即戦力を求める企業が少なくないのも現状となっています。

そのため制作実績がある人が有利ともいえるでしょう。

志望動機で制作実績をあげて、具体的なエピソードを盛り込むことができると印象に残りやすくなります。

大きな実績があればなおよいでしょう。

ただ実績の大きさよりも自分がその実績を積むためにどのような経験をしたかも大切です。

そこで学んだことをこれからどう活かしていくのかも伝えることができるとよいでしょう。

未経験の場合でも独自に制作したことがある人とまったくの素人とでは印象が変わります。

映像制作に携わりたいのであれば小さくでも制作実績をひとつは持っておくとよいでしょう。

 

ワンポイント
志望動機で好印象を与えるには企業研究と同時に制作実績を積むことも必要となります。

志望動機を書く際の注意点

ノートパソコンを操作する女性

志望動機を作成する場合にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

志望動機を書く際の注意点について解説します。

応募企業を選んだ理由を明確にしよう

志望動機では応募企業を選択した理由を明確にすることが大切です。

なぜこの企業でなければならないのかをしっかりと記載しましょう。

ほかの企業でもよいのではないかと思われてしまうと印象に残りにくくなります。

企業研究をしっかりとすることでこの点をカバーすることができるでしょう。

その企業がどのような取り組みをしているのかをしっかり理解します。

そのうえで自分がどのように企業に貢献できるのかを明記しましょう。

なぜその取り組みに興味を持ったのかも記載できるとなおよい文章になります。

学歴や職歴に嘘は書かない

当然のことではありますが、学歴や職歴で嘘を書くことは厳禁です。

嘘をついている時点で社会人としての自覚に欠けると思われても仕方ありません。

学歴や職歴は調べればすぐにわかることです。

ここで嘘をついていることがわかれば企業からの信頼を失うことになります。

このような人を企業が採用したいと考えるとは到底考えられないでしょう。

学歴や職歴は企業にとっても重要な情報です。

自信がない・隠したいという気持ちがあったとしても嘘偽りなく記載することが大切になります。

学歴不問であれば学歴を記載する必要もないためどうしても記載したくない場合は学歴不問の求人を探してみましょう。

嘘をつくよりもよほどこちらのほうがよいと考えられます。

 

ワンポイント
志望動機を書く際には応募企業を選んだ理由をしっかりと明記しましょう。

映像制作の志望動機の例文

書類を見る女性

映像制作の志望動機の具体例を紹介しますので参考にしてください。

同業界からの転職

私はこれまでテレビ番組の映像制作に携わってきました。

制作歴は10年になります。

多くの番組を制作したなかには高視聴率を獲得した番組もあります。

テレビを見ている人たちに情報提供をしながら心安らぐひと時を提供したいという想いで働いてきました。

テレビ番組の制作をしていくなかでドキュメンタリーを担当することも多くありました。

そのなかで徐々に映画の制作に興味を持つようになりました。

御社ではドキュメンタリー映画の制作を多く手がけておられます。

御社の制作された作品を数多く拝見しましたがどれも心に迫るものがあり感動いたしました。

私もこんな映画を制作してみたいという強い想いがあります。

これまでテレビ番組の制作で培ってきたスキルを活かして御社に貢献したいと考えております。

テレビの良さ、映画の良さの両方を知っている私なら必ずお役に立てると自負しております。

異業種からの転職

現在は広告代理店で主に仲介業務を担当しています。

広告代理店には5年ほど勤務しています。

広告代理店で数多くの映像を目にしてきました。

制作現場に入ることも多くあります。

その際に自分が制作した映像を配給してみたいという気持ちを抱くようになりました。

御社ではCMの制作に力を入れておられます。

広告代理店では数多くのCM映像も担当してきました。

多くの映像をみてきたことでどのようなCMが効果を発揮するのかを学ぶこともできたと感じております。

これらのスキルを活かして御社に貢献できたらと考えております。

 

無料転職相談をして映像制作への転職を勝ち取ろう

 

映像制作の志望動機のNG例文

ノートパソコンを操作する女性

次に映像制作の志望動機としては少しふさわしくない内容を紹介します。

なぜNGなのかを理解してこのような文章にならないように気をつけましょう。

同業種からの転職

映像制作をしています。

同じ業界にいるので実力はあるほうだと思います。

映像制作は自分でも趣味で行っているのでどんなものでも制作できるのが強みです。

見る人が楽しくなれる映像の制作を心がけたいといつも思っています。

自分の想いを伝える映像を制作したくて転職を決意しました。

さまざまなスキルがあるので即戦力として働けると考えておりますのでよろしくお願いいたします。

NG例にならないために

上記の志望動機がなぜNGなのかに気がつくことができるでしょうか。

全体を通して自分の実力を過信している傾向が強くあります。

同じ業界にいるからといって必ずしも即戦力になれるとは限りません。

また企業についてどうしてもこの企業でなければならない理由が記載されていない点も問題です。

これではうちの会社でなくてもよいだろうという印象を与えてしまいます。

さらに転職を希望した理由が自己本位に捉えられてしまう内容です。

映像制作はクライアントと視聴者の気持ちを優先する仕事になります。

それが自分の想いを伝える映像の制作をしてしまっては意味がありません。

このように企業について触れていない・自分本位の内容になっているという点に着目しましょう。

自分は大丈夫と思っていても意外とこの2点は陥りがちな点ですので注意が必要です。

 

ワンポイント
志望動機で自分本位な発言を繰り返してしまうとマイナスのイメージを与えてしまうため注意が必要です。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


映像制作の面接で気をつけるべきポイントは?

面接の様子

書類選考に通過したらいよいよ面接です。

映像制作の現場は想像以上に過酷になります。

そのため面接ではその過酷さに耐えられるかを確認されることもあるでしょう。

実際、想像よりも過酷であることが理由で退職する人も少なくありません。

過酷さを乗り越えてでも映像業界で働きたいという意欲をアピールすることができたらよいでしょう。

志望動機に記載した内容はしっかりとコピーしておき、それに肉付けしていく形で面接では簡潔にアピールすることも大切です。

ダラダラと想いを語ることはマイナスイメージになります。

簡潔に的確に自分の想いを伝えることが面接では重要なポイントです。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

映像制作の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

サポートのイメージ

志望動機は自分だけで作成するとなかなかうまくいかないことも多くあります。

自分では完璧と思っていても意外と自己本位になってしまっていることもあるでしょう。

そのためできるだけ第三者にチェックしてもらうことをおすすめします。

家族や友人でも構いません。

ただおすすめなのは転職エージェントです。

転職のプロの目で志望動機がしっかりと作成できているかを確認してもらいましょう。

場合によっては添削してもらって書き直すことでなお印象に残りやすい内容にすることができます。

まとめ

履歴書

映像業界への転職は正社員募集が少ないため狭き門ともいわれています。

そのなかで転職を勝ち取るには志望動機を作成する段階から気を抜かないということが大切です。

自己分析・企業研究は必須になります。

自分の力だけではどうもうまくいかないという場合には転職エージェントを活用しましょう。

書類添削だけでなく面接対策をしてもらうことも可能です。

プロのサポートを受けることでスムーズな転職活動を進めていきましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!