転職を考えるきっかけは人によって様々で、将来のことを考えて転職を決意する人も多いことでしょう。

より自分の理想に近い将来像を実現させるためには、転職での失敗は避けたいものです。

今回は将来を見据えての転職をする方法や転職成功のポイントを解説します。

将来のために転職する方法を解説

オフィスにいる女性

将来のことを考えた時、現在の職場で働き続けることに不安を覚えるという人もいることでしょう。

将来自分のなりたい姿や理想のキャリアを考えれば、働き方や職場環境を見直して転職を決意する人もいます。

将来を見据えて転職することは自分のキャリア形成にも大きく関わることです。

しかし、将来のために転職を決意しても、理想の将来像キャリアプランが固まっていないと転職成功は遠のいてしまいます。

転職はそれ自体が自分の将来を左右する人生の大きな分岐点です。

転職を成功させるためにも、理想の将来像を叶えるための転職時のポイントを押さえましょう。

転職を考える理由

将来のことを考えての転職だとしても、他の転職理由を抱えている人は多いことでしょう。

まずは代表的な転職を考える理由を紹介します。

人間関係

女性

まず転職理由として挙げられるのが人間関係です。

職場の同僚や先輩と仲が悪く、居心地の悪さから転職を考える人は多いでしょう。

例え仕事自体は苦ではなくても、人間関係が悪くなってしまえば精神的な負担は大きくなります。

その負担をなくすには関係改善が一番ですが、自分だけの問題ではないためにそう簡単にはできません。

また、上司からのパワハラやセクハラなどハラスメントが原因という場合もあるでしょう。

将来性

ノートパソコンを見て考える女性

会社や職種の将来性に不安を感じて転職を考える人も多くいます。

会社の経営が傾いていたり、業績が悪化したりして会社の存続が危ぶまれるということもあるでしょう。

そのまま経営改善に努めるという選択肢もありますが、最悪の場合共倒れしてしまう可能性もあります。

その前に会社を辞めるということも人生の選択として必要なことでしょう。

やりがい

仕事にやりがいが見出せないという理由で転職を考える人もいます。

仕事を続けていく上では、仕事への意欲を維持できるかどうかも大きく関係する要素です。

人間関係が良く、会社の将来性も心配ないとしてもやりがいが感じられなければ仕事への意欲は低下してしまいます。

仕事が面白くないと感じてしまえば、現職の仕事を続けていこうという意思もなくなってしまうでしょう。

また、仕事にやりがいを感じなければ自己研鑽やスキルアップもしなくなってしまうという場合もあります。

しかし、将来のことを考えればスキルアップは非常に重要なことです。

そうした状況を変えたいと思い、やりがいのある仕事を求めて転職を決意する人は多いことでしょう。

転職の本音を伝えるポイント

転職時には必ずといってよいほど転職理由を質問されます。

その際、本音で答えて良いのか悩むという人もいることでしょう。

基本的には本音を伝えることが大切ですが、伝え方にポイントがあります。

転職の本音を伝える際に注意したいポイントをみてみましょう。

前向きな回答

面接を受ける女性

転職で志望動機や転職理由などを伝える際、回答内容は前向きなものになるよう心がけましょう。

例え前職のままでは将来に不安があったことが転職理由だとしても、その不安だけを伝えるのは避ける必要があります。

転職の選考で伝えるべきなのは、今後どのように仕事に取り組みたいか、という前向きな姿勢です。

転職後に叶えたい理想の将来象やキャリアプランを回答することで、仕事への意欲をアピールすることができます。

採用担当者としても、応募者自身が明確な将来像を持っていることで好印象を抱きやすくなるでしょう。

なぜなら応募者自身の未来に関わることだからこそ、実際に前向きに取り組むだとうと期待できるからです。

そのため、転職時の志望動機や転職理由などは前向きな回答となるよう心がけましょう。

正直な回答

志望動機や転職理由などは、あまり前向きでない理由だという人もいることでしょう。

正直に伝えることに抵抗があり、話を盛ったり嘘を吐いたりしようとしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、転職の際にはそれらの行為はマイナスな評価を受けてしまうものです。

特に嘘を吐いてしまうと、採用担当者からの信頼を損ない、嘘が発覚した時点で選考から落ちてしまう可能性があります。

自分を良くみせようとしての行為だとしても、転職では逆効果になってしまうのです。

何事も正直に、その上で前向きな印象を与えることを意識した回答づくりを心がけましょう。

 

ワンポイント
転職で本音を伝える場合は真摯で前向きな姿勢が伝わるように意識しよう。

女性がアピールすべきスキルは

続いて、転職で女性がアピールすべきスキルを紹介します。

ポータブルスキル

パソコン

ポータブルスキルとは、職種や企業に関係なく活かすことのできるビジネススキルのことです。

職種は違うとしても共通して求められるスキルのことであり、異業種・異職種への転職でもアピールできます。

具体的には以下のようなスキルがあげられます。

  • PCスキル
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力
  • 課題解決力

これらのスキルはどの職種であっても磨くことができるものです。

在職中から意識してスキルアップすることで、将来を考えた転職の場合にも大きなアピールポイントになるでしょう。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは職種・業界それぞれの専門的なスキルのことです。

応募職種で業務上必要になる知識やスキルのことをさします。

ポータブルスキルの場合は広くどの職種にも通用しますが、テクニカルスキルはピンポイントにアピールできるスキルです。

そのためスキルと応募職種をマッチさせることができれば、企業の求める条件により近い人材として高評価が得られるでしょう。

テクニカルスキルの具体例としては以下のようなものがあげられます。

  • 業界知識
  • 専門分野での実務経験
  • 職種に関係する専門的な資格

これらを効果的にアピールすることが重要です。

 

ワンポイント
応募する職種に合わせてアピールするスキルを選ぼう。

ネガティブな退職理由をポジティブに

営業

転職の選考では正直に伝えることの重要性を先に解説しました。

しかし、場合によっては退職理由を正直に伝えるとネガティブな内容になってしまうという人もいるでしょう。

例えば人間関係の悪化といった場合にどう伝えれば良いかは悩む人の多いものです。

退職理由がネガティブな理由だったとしても、ポジティブな表現に言い換えることを意識しましょう。

人間関係の悪化が原因だとしても、それだけで終えるのではなく、そこから転職後の前向きな姿勢に繋げることが大切です。

 

ワンポイント
ネガティブな理由はマイナス評価を受けやすいので注意しよう。

10年後のキャリアプランは

将来を見据えての転職の場合は、キャリアプランをしっかりと考えておくことが大切です。

それでは10年後のキャリアプランの参考例を紹介します。

例:営業職

話し合い

営業職として転職した場合のキャリアプランを考えてみましょう。

転職して10年後であれば、営業の実務経験と実績をしっかりと積んでいるはずです。

その経験と実績が評価されることで、エリアマネージャーを担当するというキャリアを考えることができるでしょう。

エリアマネージャーへの昇格を目指す場合、営業の実績だけでなく、マーケティングの視点も必要です。

担当エリアで営業成績を伸ばしていくために必要なことや課題の解決が求められます。

それらのスキルはすぐに身につくものではなく、経験を積むことが大切です。

そのため、営業の実務経験を積んでいる段階から、エリアマネージャーに求められる視点を意識しておきましょう。

例:事務職

準備

事務職は数ある職種の中でも女性にとって無理なく働くことのできる、人気の高い職種です。

事務職に転職し10年後も安定して続けたいという場合は、事務職のスペシャリストを目指すというキャリアプランが考えられます。

事務職は書類作成などの比較的簡単でルーティン化しやすい仕事だと考えている人も多いかもしれません。

しかし、実際には正確性や迅速な対応が求められる上に、行うべき仕事の量は多い職種です。

日々の仕事を正確かつ迅速に行うには、やり方を自分なりに工夫を重ねて業務改善をする必要があります。

それにより社内で信頼される事務のスペシャリストとしてのキャリアプランを叶えることができるでしょう。

例:仕事と家庭の両立

10年後には仕事と家庭の両立ができる働き方が理想だという人もいるでしょう。

その場合は家庭との両立ができる職種やポストを目指すというキャリアプランが考えられます。

職種によっては激務で家庭との両立が難しいという場合もあるでしょう。

そのため、転職の時点で将来的に家庭と両立できるかどうかを見極める必要があります。

また、転職して会社で経験を積み、そこで得た実績とスキルを活かしてゆくゆくはフリーランスで働くという選択もできるでしょう。

この場合は積極的な自己研鑽が欠かせません。

ただし、仕事と家庭の両立は理想通りにはいかないことも多いものです。

1つの理想を追い求めるのではなく、ある程度パターンを考えて柔軟に対応していくことも大切になります。

女性のキャリアパス

メモをする

キャリアパスは目標とするゴールに辿りつくまでの道のりのことです。

この道のりを考えるには、まず自分の将来叶えたい姿が明確でなければいけません。

最終的な目標が明確になっていることで、そこに到達するにはどのようなことに取り組むべきかがみえてきます。

そして取り組むべきことを導き出すには、自分の現在のスキルや経験値も把握することが大切です。

目標達成のために活かせるスキル・身につけなければならないスキルなどを明確にしましょう。

またスキルや経験を積むためにはどのような業務に取り組むべきかも重要です。

ただし、女性の場合は結婚・出産・子育てによって計画通りにできない状況に直面する可能性があります。

そのため、キャリアパスを考える際にはこれらも考慮した上でキャリアパスを立てることが大切です。

 

ワンポイント
結婚や子育てなども視野に入れたキャリアパスを立てよう。

将来性のある職種

将来のことを考えて転職するなら将来性のある職種に転職したいという人は多いことでしょう。

続いて将来性のある職種を紹介します。

介護職

笑っている女性

まず将来性のある職種として注目したいのが介護職です。

高齢化が進む日本では、高齢者が増えるほど介護の重要性も増しています。

日本全国で介護職員の需要は高い一方、慢性的に人材不足となってしまっている職種でもあるのです。

介護職は利用者への気遣いや思いやりをもって取り組むことが求められます。

そうした職種の性質から女性職員の募集は多く、また女性向きな職種といえるでしょう。

また、介護職として身につけた知識やスキルは全国共通で活かすことができるものです。

結婚後に夫の転勤で引越しをするとなった場合にも、引っ越し先での職を探しやすいというメリットもあります。

心理カウンセラー

女性,自己分析

心理カウンセラーも需要が高まりつつある、将来性のある職種です。

ストレスの多い社会で過ごす中で、精神的に追い詰められてしまう人は増加傾向にあります。

それに比例してその負担を緩和するメンタルヘルス分野は注目を集めているのです。

心理カウンセラーは心に不安のある人に寄り添う職種です。

そのためには相手への共感や思いやりが持てることが求められます。こうした適性に合う女性は多いことでしょう。

心理カウンセラーの活躍の場は増えており、病院・学校・企業など、様々な場面での活躍が見込めます。

営業職

営業職も将来性のある職種の1つです。

商品やサービスを売り込むためには、営業の存在は欠かせません。

IT化が進み、ITを活かした営業活動も可能にはなりましたが、機械ではできない部分を人がカバーする必要があります。

やはり最終的には人間同士のやり取りが必要なのです。

その時、営業職が相手の要望を正確に把握し、より顧客にあった提案ができることが求められるでしょう。

人だからこその柔軟な発想を活かした営業活動が行えることで、将来性をより伸ばすことも期待できる職種です。

将来を見据えた転職なら転職エージェントを活用しよう

面接

転職は人生の大きな分岐点になるからこそ、多くの人は将来を見据えた転職では失敗したくないと考えることでしょう。

しかし失敗したくないという思いばかりが先行してしまい、逆にうまく転職活動ができないという場合もあるかもしれません。

また、将来のことを考えているといっても、肝心な将来のビジョンが明確に描けないという人もいるでしょう。

その場合は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職希望者に寄り添い、転職成功に向けてサポートしてくれる心強い存在です。

転職にあわせて将来のビジョンに関する相談をすることもできるでしょう。

まとめ

女性、仕事

今回は将来を見据えた転職について解説しました。

仕事をしながら将来への不安を抱えていると、それが精神的に大きな負担になってしまう場合があります。

また理想の将来像があっても、現職では叶えることが難しいという場合もあるでしょう。

これらの場合、転職をすることで状況を良い方向へ変えることができます。

その転職を成功させるには、将来のビジョンを明確にすることは欠かせません。

自分の将来を真剣に考え、それを実現できるように転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら