労働者に理想のキャリアを提案し企業との懸け橋となる、キャリアカウンセラーの仕事をご存知でしょうか。

働き方が多様化する現代において、将来を見据えたキャリアをデザインすることはとても大切だといえます。

キャリアカウンセラーとは労働者のもつスキルやライフスタイルを鑑み、最適なキャリアプランを提供する存在です。

人の役に立つ仕事であり、特別な資格を必要としないことから転職を考えている女性におすすめの職種だといえるでしょう。

この記事では、キャリアカウンセラーへの転職に興味を持っている女性に向け、平均年収や魅力、将来性などを紹介します。

キャリアカウンセラーの平均年収を解説

キャリアカウンセラー,年収

キャリアカウンセラーの平均年収はどのくらいでしょうか。転職先を決める際、平均年収は大切な要素の1つです。

自分のイメージしていた金額と大きく乖離すると、キャリアカウンセラーへの転職を後悔することにもなりかねません。

キャリアカウンセラーの平均年収は200万円~400万円程度です。ただし、勤務先や雇用形態で大きく異なることを理解しておきましょう。

例えば、企業の人事部に正社員として転職すればOLの平均年収と大差なく、行政機関に非常勤勤職員として採用されれば低くなります。

因みに20代OLの平均年収が320万円程度ですから、正社員として転職すれば大きな差はないといえるでしょう。

キャリアカウンセラーとは

キャリアカウンセラー,仕事

キャリアカウンセラーとは、労働者のもつスキルやライフスタイルなどを考慮し、その人に最適なキャリアをデザインし提案する仕事です。

主な転職先には企業の人事部門や教育機関、行政機関などがあげられ、労働者と企業の仲介役として幅広く活躍しています。

日本では長らく続いた不況の影響で、仕事に対する考え方や働き方そのものが多様化・変化しました。少子高齢化の影響も見逃せません。

労働者は従来型の終身雇用制だけではなく、様々なキャリアが選択できるようになった反面、自身のキャリアデザインに悩む人も増えています。

キャリアカウンセラーはこういった労働者に寄り添い、企業との懸け橋を担う存在として注目されている職種だといえるでしょう。

必要なスキルは

キャリアカウンセラー,スキル

キャリアカウンセラーになるには特別な資格は必要ありません。転職後の経験や日々の学習が求められる職種だといえるでしょう。

しかし、誰もがキャリアカウンセラーになれるわけではありません。仕事の内容・特性から最低限必要なスキルがあります。

つまりキャリアカウンセラーになるには事前に必要なスキルを把握し、不足している部分については補填しておくことが不可欠です。

ここではキャリカウンセラーに転職する上で必要なスキルについて、具体的に考えてみましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション力

キャリアカウンセラーは「人」を相手にする仕事であることから、高いコミュニケーション能力が求められます。

相談者にとって最適なキャリアデザインを提案するためには、相談者が納得するまで綿密なやり取りを行わなければなりません。

そのためには相談者と密接な人間関係を構築することが大切であり、キャリアカウンセラーのコミュニケーション能力がカギです。

つまり、コミュニケーション力を持って人間関係を構築することで、初めて納得性のあるキャリアをデザインできるといえるでしょう。

なお、コミュニケーション力を養うには、まず「聞く力」を人の言葉に真剣に耳を傾けることから始めてみましょう。

問題点を見つけ出す力

相談者の中には自身のキャリアプランにおいて何が問題なのか気付かない、もしくは的確に把握できていない人もいます。

キャリアカウンセラーは相談者にとって最適なキャリアデザインを考え、提案・サポートする仕事です。

したがって、キャリアカウンセラーは相談者の状況を客観的かつ適切に把握し、問題点を見つけ出す力が不可欠だといえるでしょう。

問題点を見つけ出す力を養うには、日常生活の些細な点においても「何か改善できることはないか」と問題意識を持つことが大切です。

ただし、問題意識の真意を勘違いして、人の粗ばかりを指摘していると「小難しい人」で終わってしまいます。

問題の本質を捉え「自分ならこう改善する」といった意識を持つことを心がけましょう。

幅広い知識と学習

キャリアカウンセラーは様々な職種・キャリアを持つ人に対してキャリアプランを提案しなくてはなりません。

また、同じ企業・職種であっても相談者のキャリアやスキル、職場環境によって抱える問題は異なります。

したがって、キャリアカウンセラーには仕事・職場・キャリアに関する幅広い知識が必要だといえるでしょう。

キャリアカウンセラーとして幅広い知識を蓄積するには、何より「経験」と「学習意欲」が大切です。

ネットや書籍などからも多くの情報を得ることは可能ですが、多くの人との出会いの中でも幅広い知識が得られることを心得ておきましょう。

 

ワンポイント
 キャリアカウンセラーになるにはコミュニケーション能力を磨くとともに、常に学習する意欲をもって行動しましょう。

キャリアカウンセラーに向いてる人

キャリアカウンセラー,資質

キャリアカウンセラーに限らず、どんな職種にも向き・不向きがあります。転職後に後悔しないためにも、事前に確認しておきましょう。

とりわけキャリアカウンセラーは「人」を相手にする仕事であり、相談者の将来に大きく関わる仕事でもあります。

しっかりと自己分析を行い、自分が本当にキャリアカウンセラーに向いているのかをシビアな目で見極めることが大切だといえるでしょう。

人のためになりたいと考える人

キャリアカウンセラーは相談者の将来に大きな影響を与える職種であり、その目的は提案したキャリアによって相談者を幸せにすることです。

場合によっては相談者から無理難題を求められることもあるでしょう。条件に応えられるキャリアデザインが描けず悩むことも少なくありません。

しかし、諦めず真剣に相談者に向き合うことで、真の意味での信頼を勝ち取ることができます。

つまり相談者からの信頼を得るには、常に「人のためになりたい」と考えられる思考が不可欠です。

言い換えれば、人のためになりたいと思えない人はキャリアカウンセラーには向いていないといえるでしょう。

人の考えを認められる人

キャリアカウンセラーは人の考えを認められる人でなければなりません。キャリアに対する考え方は十人十色です。

したがって、キャリアカウンセラーは自分の考えを押し付けるのではなく、相談者の希望を聞くことが大切だといえます。

中には自分の考えとは違う相談者もいるでしょう。しかし、相談者の希望を叶えるのがキャリアカウンセラーの仕事です。

まずは相談者の考えを聞き・認め、可能な限り希望に沿った形でのキャリアデザインを行うことが大切だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 キャリアカウンセラーに向いている人は人のために考え、人の考えを認められる人であることを認識しましょう。

キャリアコンサルタントとの違い

考える,女性

かつてキャリアコンサルタントとキャリアカウンセラーは、同じ仕事の内容・意味だと考えられていました。

ところが2016年4月にキャリアコンサルタントの国家試験が実施されるようになり、その意味合いは大きく異なるようになりました。

両者とも労働者のキャリアをデザインする存在で在りながら、キャリアコンサルタントにはより専門性が求められているのが現状です。

そのため、キャリアパスの一環として、キャリアコンサルタントで実績を積み上げ、国家資格を取得する人も少なくありません。

キャリアカウンセラーの活躍の場

キャリアカウンセラー,活躍

キャリアカウンセラーへの転職を成功に導くには、どういった活躍の場があるのかを理解しておくことが大切です。

人々の働き方が多様化するにつれ、キャリアカウンセラーの活躍の場は広がっているのが現状です。

したがってキャリアカウンセラーを目指すなら、どういった職場で働くかを事前に確認し絞り込んでおくことが大切になります。

ここではキャリアカウンセラーが活躍している、主な勤務先について解説します。

教育機関

大学などの教育機関に職員として採用されたキャリアカウンセラーは、主に学生たちのキャリアプランの形成へのサポートを行っています。

また、就職活動のアドバイザーに止まることなく、「働き方」をテーマとした講習会などを行うキャリアカウンセラーも少なくありません。

最近では小学校・中学校・高等学校においてキャリア教育を推奨しており、ますます教育機関においても活躍の場は広がるでしょう。

企業

社員のキャリアプランを支援するため、人事部内にキャリアカウンセリング部門を設置する企業が増えています。

企業内におけるキャリアカウンセラーの主な支援内容は次のとおりです。

  • 社員へのカウンセリング
  • 経営側への提言
  • 人材開発各種研修の実施

これまで、企業内のキャリアカウンセラーは自社社員から人事異動によって配置していました。

しかし、働き方が多様化し専門性が高くなるにつれ、外部に委託したり、新たにスキルをもった人材を雇用しているのが実態です。

行政機関

キャリアカウンセラーは行政機関にも活躍の場を広げています。行政機関での仕事は就職支援が中心です。

なお行政機関におけるキャリアカウンセラーの具体的な活躍の場は次のとおりになります。

  • ハローワーク
  • ジョブカフェ
  • 引き籠り支援センター

行政機関では就業支援に加えて、求職者に対するカウンセリングや各種研修などもキャリアカウンセラーが実施しています。

魅力とやりがい

キャリアカウンセラー,魅力

キャリアカウンセラーへの転職を希望するなら、その魅力とやりがいを明確にしておくことが大切です。

転職先に魅力とやりがいを感じられなければ、キャリアカウンセラーに転職しても長続きしません。

給与などの労働条件に多少の不満があったとしても、魅力とやりがいが感じられればモチベーションを維持できます。

ここでは、キャリアカウンセラーの魅力とやりがいについて考えてみましょう。

人の可能性に関れる

人の可能性に関れることは、キャリアカウンセラーならでは魅力・やりがいです。

キャリアカウンセラーの仕事は相談者の可能性を見出し、それを活かせるキャリアをデザインすることになります。

相談者本人すら気付いていない可能性を見出すことは、とても困難で多大な労力を必要とする作業です。

それだけに苦労してデザインしたキャリアプランが相談者に感謝された瞬間は、自分のことのように喜びで溢れるでしょう。

人との出会い

女性,コミュニケーション

キャリアカウンセラーは「人」を相手にする仕事であることから、必然的に多くの人との出会いがあります。

様々な考え方を持つ人と出会うことで、これまで気付かなかった考え方に触れることも多々あるでしょう。

また、多くの人々との出会いは、人間としての成長につながり、キャリアカウンセラーの仕事にも活きてくることはいうまでもありません。

活躍の場が多い

活躍の場が多いこともキャリアカウンセラーの魅力・やりがいの1つです。

従来、キャリアカウンセラーは企業内の人事部門に設置されることが大半でした。

しかし、少子高齢化や長らく続いた不況の影響で、人々の働き方は大きく様変わりしています。

そのためキャリアプランも多岐にわたっており、キャリアカウンセラーの活躍の場も増え続けているのが現状です。

転職希望者にとっても活躍の場が増えれば、転職先の選択肢が増えるといったメリットもあります。

 

ワンポイント
 キャリアカウンセラーの魅力・やりがいは人の可能性に関わり、人との出会いが多い点です。

将来性

女性,将来性

キャリアカウンセラーはとても需要のある職種ですが、将来的にもこの状況が続くのでしょうか。

転職先を決める条件として、仕事のやりがいや労働条件はとても重要な要素ですが、それだけでは十分だといえません。

将来にわたって安定的に仕事を続けるには、将来性も大切な要素です。ここではキャリアカウンセラーの将来性について考えてみましょう。

需要は増加傾向にある

少子高齢化の影響で日本の労働人口は大きく減少しており、今後、働き方はますます多様化することが予想されています。

多くの企業では定年制が延長されており、これまで以上に個々のライフプランに合ったキャリアデザインが必要です。

こういった状況下においてキャリアカウンセラーの需要は、しばらくは増加傾向が続くでしょう。

したがって、今のうちにキャリアカウンセラーに転職し実績を上げておいて、将来にわたって安定的に仕事を続けることは賢明な選択です。

多岐にわたる勤務先

女性,選択

現在、キャリアカウンセラーの代表的な活躍の場に、教育機関や企業の人事部門、行政機関などです。

今後、働き方がさらに多様化することでさらにキャリアカウンセラーの需要は高まり、勤務先は多岐にわたることが予想されます。

したがって、キャリアカウンセラーへの転職を検討する場合には、具体的にどんな勤務先に転職したいかも考えておく必要があるでしょう。

ちなみに、キャリアカウンセラーの主な勤務先は次のとおりです。

  • 一般企業における人事部門
  • 人材紹介・派遣会社
  • 就労支援センター
  • 教育機関(大学など)
  • 就労支援センター
  • 行政機関

このほかにも上記の勤務先で実績を積み上げ、独立・起業する人も少なくありません。

 

ワンポイント
 キャリアカウンセラーは将来にわたって安定的に仕事ができる職種だといえるでしょう。

キャリアカウンセラーへの転職は転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

キャリアカウンセラーは企業の人事部門をはじめ、行政機関や教育機関など様々な職場で活躍しています。

将来性も高いことから転職希望者が年々増加しており、好条件の職場は競争率が高騰しているのが現状です。

そのため特に未経験の人は、どういった転職活動を進めれば良いか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。転職エージェントはキャリアカウンセラーへの転職を数多く成功に導いています。

したがって転職エージェントであれば、転職活動に対する不安を払拭できる効果的なノウハウをレクチャーしてくれるでしょう。

まとめ

キャリアカウンセラー,希望

キャリアカウンセラーは労働者のスキルやライフプランに合ったキャリアプランを提供し、時には企業との仲介役も担う存在です。

少子高齢化が進む現状において、働き方やキャリアに対する考え方も千差万別だといえるでしょう。

そのため、キャリアデザインに関する高いスキルや豊富な経験を有する、キャリアカウンセラーの需要は高まる一方です。

キャリアカウンセラー活躍の場は企業や行政機関・教育機関など多岐にわたりますが、誰でも転職できるわけではありません。

高いコミュニケーション力に加え、人のために役立ちたいといった考え方を持っていることが不可欠です。

キャリアカウンセラーの絶対数は多くありませんが、好条件の職場だと競争率も高く独学では太刀打ちできません。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。転職のプロとして的確なサポートを行うことから、自信をもって転職活動に挑めるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら