DTPオペレーターはデジタルデータのレイアウトを細かく調整し、紙媒体に印刷できるように編集・加工する仕事です。

幅広いスキルを得られるため、クリエイティブ職でキャリアを積む第1歩としておすすめの仕事でもあります。

ライフステージにあわせた働き方を選択しやすく、女性がキャリアを積みやすい仕事といえるでしょう。

DTPオペレーターの仕事内容を解説

女性,パソコン

そもそもDTPとは「Desktop publishing(デスクトップパブリッシング)」の略語で卓上出版のことです。

印刷して出版するもの、紙媒体の出版物と考えるとわかりやすいでしょう。

DTPオペレーターの仕事を理解する時にキーワードとなるのが「リメイク」です。

デジタル形式のデザイン原案を紙媒体にアウトプットできる形式にリメイクするのがDTPオペレーターの仕事です。

仕事の流れをできるだけ止めずに1つひとつのデータの作成を短い時間で効率よくこなすことが求められます。

仕事内容上ルーティンをミスなくこなす確実性が重要となるため、着実に必要スキルを身につけ成長できるのが魅力です。

DTPオペレーターの仕事の流れ

DTPオペレーターの仕事の流れは大きく分けてデザインと編集・入稿チェック・データ入力の3段階です。

デザインと編集

女性,編集

DTPオペレーターの仕事上メインとなるのが印刷する時のフォーマットとなるテンプレートを作成しデザインする工程です。

この段階がミスなくしっかりできていないとレイアウト調整や修正確認作業が繰り返し発生するリスクがあります。

最悪のケースとして最初からやり直し、ということもあり得るので特に慎重に取り組むべき段階といえるでしょう。

入稿チェック

DTPオペレーターの仕事の流れ上、入稿チェックは少なくとも2回発生します。

<1回目>
デザイナー・カメラマン・ライターから入稿された原案に修正点がないかをチェックします。

<2回目>
DTPオペレーターの次の工程に引き継ぐために行うチェック・校正です。

まず自分で校正を行い、それ以降は校正担当者に第三者としてチェックしてもらいます。

時には校正・修正・確認を複数回繰り返すこともあるでしょう。

データ入力

女性,データ入力

作成したテンプレートに原案データを落とし込む段階です。具体的には下記のような作業があります。

  • レイアウト調整・修正
  • 文字詰め・行間ルールの調整
  • 禁則処理のクリア など

原案をDTPのルールに則った形にカスタマイズする段階と考えるとわかりやすいでしょう。

 

ワンポイント
DTPオペレーターの仕事は初期段階のミスを減らすことがスムーズに業務を進められるかどうかの鍵です。

向いている人

女性,ガッツポーズ

DTPオペレーターは地道な作業をコツコツできる人、繊細な作業を苦にせずできる人におすすめの仕事です。

時にはミリ単位の細かい調整が必要なので、単純作業を1つずつ確実にこなす根気や集中力が必要になります。

また印刷・出版業界の細かいルールを正確に理解し、細かいミスに気がつける人も向いています。

DTPは紙媒体への印刷が前提なので修正=印刷し直すコストの発生となり、1度印刷してしまうと簡単に修正できません。

特に誤字脱字・フォントのミス・画像やレイアウトのずれなど、イージーなミスほど致命的です。

確実性を重視して問題をミスなくクリアしていく堅実さが適性の1つといえるでしょう。

必要なスキルは

DTPオペレーターに必要なスキルは数多くあります。

中でも重要なのが、コミュニケーション能力・アプリケーションに関する知識・スケジュール管理能力です。

コミュニケーション能力

女性,握手

DTPオペレーターは様々な職種の人とチームで業務を進めます。

特にDTPオペレーターがよく関わる職種として下記が挙げられます。

  • DTPディレクター
  • DTPデザイナー
  • フォトグラファー
  • ライター
  • 営業
  • 校正 など

例えば1つの出版物を制作する流れの中で、DTPオペレーターの前段階を担当するのがデザイナー・フォトグラファー・ライターです。

作成時の意図を汲み取りつつ原案となるデータを引き継ぎ、不明点を確認・調整しながら業務を進めていきます。

クリエイティブ職ということもあり個性が際立っている人も多く、柔軟なコミュニケーション能力が求められるでしょう。

また、転職して新しい職場に行くことを考えてもコミュニケーション能力が欠かせません。

DTPオペレーターの業務は繊細な作業が多く、文字詰めや禁止事項など企業ごとの独自ルールが生まれやすいのが特徴です。

特に未経験からDTPオペレーターに転職するなら先輩や同僚からそうした情報を上手に引き出せるかどうかが成長の鍵となります。

早く新しい環境になじみ活躍できる情報を引き出す際に、コミュニケーション能力が役立つ場面も多いです。

ソフトウェア・アプリケーションの知識

DTPオペレーターの仕事上、業務に必要なソフトウェア・アプリケーションの知識は最低限必要なものです。

特にAdobe Illustrator・Adobe Photoshopの知識・使いこなせるスキルは必須といえるでしょう。

関連資格やさらに組版アプリケーションであるAdobe InDesignが使えると未経験からでも転職成功に近づきやすくなります。

また、クライアントはデザインソフトを使える人ばかりではありません。

時にはWordやExcelといったDTPオペレーターの仕事であまり登場しないデータ形式で依頼されることもあります。

Microsoft Officeもある程度知識を持っていると業務をよりスムーズに進めることができるでしょう。

新しいソフトウェア・アプリケーションに関する知識・スキルを積極的に吸収できると業界で長く活躍できる可能性が高まります。

スケジュール管理能力

カレンダー,メモ帳,ペン

DTPオペレーターの仕事上、スケジュール管理能力も重要なスキルです。

クリエイティブ職であれば締め切り厳守は当然ですが、DTPオペレーターももちろん例外ではありません。

なぜなら、DTPオペレーターの仕事は印刷・出版の流れの一部だからです。

DTPオペレーターの業務が終わったとしても、その次の工程をクライアント・印刷会社が引き継ぎます。

つまり、外部業者のスケジュール都合も含めて調整した結果の納期となっているためスケジュール管理能力が必須となるのです。

残業が多い忙しい時でもスケジュールをしっかり管理・調整してメリハリをつけた仕事ができるようにしましょう。

 

ワンポイント
DTPオペレーターの仕事上、コミュニケーション能力とスケジュール管理能力が欠かせません。
また、業務上利用するパソコンのアプリケーションスキル・知識も必要です。

DTPオペレーターの収入と将来性

DTPオペレーターの収入はクリエイティブ職全体の中でも低めです。

将来的な働きやすさに目を向けてみるとライフステージにあわせた働き方を選びやすいメリットがあります。

年収は低め

お金

DTPオペレーターの平均年収は300~400万円程度、月収平均は20万円前後と考えておけば大きく外れることはありません。

男女別の平均年収は男性が350万円程度、女性が250~300万円程度となっています。

年代別は下記の通りです。

  • 20代:270~300万円 男性:270万円程度、女性300万円程度
  • 30代:300万円~400万円 男性400万円程度、女性350万円程度

クリエイティブ業界全体の平均年収が380万円程度なので年収は少し低めです。

ライフステージ

女性,スーツ,ジャンプ

DTPオペレーターの特徴としてライフステージにあわせた働き方を選びやすい点が挙げられます。

ライフステージがどの段階かにかかわらずカムバックしやすいことがメリットです。

出産・育児を経てブランクがある女性でも即戦力としての実力があれば転職ハードルは高くありません。

いきなり復帰するのが心配、ということであれば派遣・契約社員から正社員にステップアップする道もあります。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

DTPオペレーターとDTPデザイナーの違い

女性,選択肢

DTPオペレーターとDTPデザイナーの違いはデザインです。

文字などのレイアウトが主流なのかデザインが主流なのかで大まかな住み分けがあります。

DTPオペレーターの仕事は文字詰め、レイアウト調整を行い印刷物としてアウトプットできる状態にすることです。

DTPデザイナーがデザインしたものを原案として調整するのがメイン業務となります。

対してDTPデザイナーはチラシ・POPといった広告媒体のデザインが仕事で、グラフィックデザイナーと共通する業務も多いです。

DTPデザイナーは紙の印刷物に特化してデザインする点で緩やかに区別できます。

企業によって業務範囲は微妙に変わってくるため求人情報をしっかり確認しておくことが必要です。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

DTPオペレーターの魅力は

女性,外回り

DTPオペレーターの仕事にはたくさんの魅力があります。

特に注目したいのが仕事を通じて得られる達成感とスキルを活かしたキャリアアップの可能性です。

達成感

DTPオペレーターは自分が手がけた仕事の成果を実際に目にすることも多くあります。

<事例>

  • 自分が作成したチラシがクライアント店舗の売り上げにつながった
  • 自分が携わったポスターがSNSで話題になった
  • 自分が作成した企業パンフレットがリクルート資料として活用されている など

自分の仕事が誰かの役に立っているのが目に見えるので、達成感を得やすいのが魅力の仕事です。

キャリアアップ

DTPオペレーターはデザイン系のクリエイティブ職にキャリアアップできるのが魅力です。

レイアウトの基礎を学べるので、デザイナーとして活躍するための基本スキルを得ることができます。

DTPオペレーターとDTPデザイナーを兼務できれば仕事の幅が広がり、年収アップの可能性も見えてくるでしょう。

スキルが身につく

スキル,積み木
DTPオペレーターは業務を通じてアプリケーション・ソフトウェアのスキルを身につけることができます。

特に基礎からしっかり身につけておきたいのがPhotoshopやIllustratorです。

デザイン系のクリエイティブ職で欠かせないソフトウェアのためDTPオペレーターの次のステージでも役立つでしょう。

また、DTPオペレーターならではのスキルとしてデジタルデータと紙媒体の違いを熟知・調整するスキルも見逃せません。

ディスプレイ上に表示されている色と実際に印刷してみた時の色は微妙に異なります。

RGB・CMYKといったカラーモードの原理を理解していないと気づけない違いです。

他にも紙質による印刷後の印象の違いなど、デジタルと紙の違いゆえに必要になるスキルを得ることができます。

 

ワンポイント
DTPオペレーターの魅力は自分の仕事が誰かの役に立った達成感を得やすいことです。
また、業務を通じてスキルアップすることでキャリアアップの可能性も拓けます。

キャリアパス

女性,階段

DTPオペレーターはレイアウトの基本など、デザイン職に欠かせない第1歩のスキルを学べる仕事です。

デザイン職へ

DTPオペレーターとしてキャリアアップしていく方向性の1つがデザインスキルを深めていく道です。

DTPデザイナー・グラフィックデザイナー・Webデザイナーへ転職可能となり年収アップの可能性が拓けます。

クリエイティブ職でキャリアアップを図っていこうと考えている方に向いている方向性です。

管理職へ

DTPオペレーターとして培ったスキルを活かせるもう1つの道が管理・マネジメントです。

第1歩としてはイラストの企画・依頼原稿の企画などからスタートし、エキスパートを目指していくことになります。

特に、コミュニケーション能力・スケジュール管理能力に強みを見出している方におすすめです。

 

ワンポイント
DTPオペレーターからキャリアアップする場合、デザイン系と管理・マネジメント系の2つの方向性があります。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,スーツ

DTPオペレーターは未経験からでも転職成功可能性のある仕事です。

転職エージェントをパートナーとすることでよりスムーズに転職できる可能性が高まります。

例えば、転職の際に大事な企業選びでは企業方針を確認して応募する必要があります。

未経験の人材を育てる方針なのか、即戦力のみに限った募集なのか募集要項から読み取って企業選びをする必要があるのです。

転職エージェントは企業が求めている人材についてヒアリングした情報や過去の転職成功事例から的確な企業選びをアドバイスできます。

その他、求職者にあわせた求人を紹介したり応募書類添削といったサポートも対応できるのが強みです。

まとめ

女性,スーツ,パソコン

DTPオペレーターはデザイン系クリエイティブ職のキャリアを積む第1歩の仕事としておすすめです。

業務を通じて得られるスキル・知識も多く、地道に努力できる人に向いています。

スキルさえもっていればブランクにかかわらず復帰しやすい点も見逃せません。

出産・育児などで1度現場を離れた女性もライフステージにあわせた働き方を選びやすいのが魅力です。

キャリアを検討し直したい、クリエイティブな仕事に興味がある女性は選択肢の1つとして検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら