転職を有利に進めるためには、履歴書に書く志望動機が重要です。

あなたを採用する企業は最初に履歴書を見てあなたの人となりを判断します。

志望動機は、あなたの意気込みや入社後の姿勢を事前にアピールする唯一の手段なのです。

企業が採用を決定する重要なポイントともいえます。

Contents

映画業界の志望動機の書き方を解説

書類を書く女性

映画業界への志望動機を書くうえで押さえるべき点を解説します。

映画業界が求めるニーズ等の情報を集め、オリジナル文章で具体的に志望理由を伝えましょう。

映画業界への熱意を伝える

業界に向けての意欲や熱意は重要なポイントです。なぜ魅力を感じたのかを具体的に伝えましょう。

「やる気がある」というひと言で済ませてしまうと具体性に欠け説得力がありません。

映画業界を目指すきっかけやエピソードを具体的に記載する必要があります。

映画館に頻繁に通っているとか、実際に影響を受けた作品名を書いて、感動した点などを簡潔に記載するのも効果的です。

映画業界を目指すきっかけの一般的な例

映画業界で最も多い志望動機は、映画好きが高じて映画に関わる仕事がしたいと考えるパターンです。

実際に映像制作などを経験した場合や、キャッチコピーなどを考えることが好きといった志望動機もよく見られます。

業界を目指すきっかけは、志望動機の導入部に効果的です。

そのまま希望する理由に繋げられるので考えておくことをお薦めします。

映画業界で何をしようとしているのか

やる気や熱意は伝わったとしても、具体性に欠けると説得力がありません

例えば、自分で考えた企画などのエッセンスを少し加えるだけで、臨場感あふれる決意表明になります。

転職の場合は、前職で身についたスキルや実績を伝え、応募先企業で自分のスキルが活かせることを伝えるのも良いでしょう。

志望動機に重要なオリジナリティ

志望動機を書くときに、応募先企業の内容や商品、業績や社風などを書く人が多いですが、それだけでは十分ではありません。

その魅力点は誰もが感じるからです。自分独自の映画業界に対する気持ちを伝えましょう。夢や目標を織り込むのも良いです。

そのうえで、応募先企業に感じている魅力を伝えると印象に残ります。

文字数は履歴書記入欄の70パーセント以上を目安に丁寧に書く

3番目のポイントは、具体的な書き方の基本で文章量を考えることです。

文章は多すぎても少なすぎても読み手の意欲を失います。記入欄の70パーセントが埋まる程度の文字数にしましょう。

志望動機を書く書類の種類は主に2つあります。

職務経歴書の冒頭に数行程度書くものと、別に志望動機書を作成して履歴書・職務経歴書に添えるものです。

どちらも文字数に気を付けましょう。

 

ワンポイント
 志望動機は重要です。オリジナリティのある文章を具体的に書きましょう。

志望動機を書く前のポイント

カメラ女性

映画業界への志望動機を書く前の準備について解説します。

自分にあるスキルを業界が要求していれば、業界に自分を売り込むチャンスです。

志望動機に記載して自分をアピールするネタを探しましょう。

応募企業を研究しよう

映画業界の仕組みや業績、ヒット作品や上映映画館の規模などを調べます。そのうえで業界が要求するスキルを確認しましょう。

1本の映画が完成し上映されるまでには多くの人が関わっています。

映画業界は大きく分けて、映画制作、映画配給、宣伝広報の3業態があり、それぞれの協力で晴れて新作映画が上映されるのです。

東宝や東映などの大手映画会社に限らず映像制作部門がある会社はたくさんあります。

制作された映画を映画館に売り込むのが映画配給会社です。

映画宣伝会社は、メディアを通じて映画の素晴らしさを宣伝する役割を担っています。

自己分析を徹底しよう

打ち合わせ

自分独自の転職理由に企業の魅力に繋げることが大事です。そのため徹底して自己分析をしましょう。

映画好きなら、好きになったきっかけやエピソードを具体的に分析する必要があります。

専門学校でカメラ操作方法などの専門知識を学んでいれば、復習して志望動機にまとめられるようにしましょう。

美術系や美容専門知識も役立ちます。

執筆能力やキャッチコピーを捻出できるセンスは映画宣伝会社で生かせるスキルです。

営業職の経験者なら映画配給会社で存分に能力が発揮できます。

志望動機を書く前の準備として、過去からの経験も含めて自分を掘り起こしておきましょう。

 

無料転職相談をして完璧な履歴書を

 

好印象を与えるポイント

男性に説明をする女性

志望動機で好印象を与えるのは重要なポイントです。効果的な表現方法を解説します。

なぜその企業なのかを明確にしよう

応募先の会社を決めた理由は重要です。

映画業界には多種多様な会社があり、採用する側も他社との差別化を目指しています。

他社ではなく自社を選んだ理由は、採用担当者としても気になるところです。

その会社を応募先に選んだ理由と、会社で希望する職種を記載しましょう。

採用側は、映画業界への熱意や業界を選んだ理由と同じくらい、自社に対する意見を重要視しています。

企業理念や会社が担当した作品など、会社独自の特徴や魅力が含まれていると印象に残り効果的です。

自分らしさをアピールしよう

映画に関わりたい気持ちや、業界でどんなことをしたいのかを具体的に伝えましょう。

できるだけ曖昧な表現を避けるようにすると、採用担当者に気持ちが伝わりやすく良い印象が残せます。

自己分析の結果から選択した自分のスキルをアピールするのも効果的です。

また、あなたには転職をするという大きな武器があります。

前職場で感じたことを基礎に、更に自分を高める主旨を伝えることで、独自の志望理由になり自分らしさもアピールできます。

アルバイト経験があれば記載しよう

映画業界でアルバイトの経験があれば、志望動機に記載しましょう。

オリジナリティある文面になります。何よりも経験があるというのは採用担当者にとって好印象です。

映画業界ならではの志望動機のポイント

ひらめく女性

志望動機の書き方の中でも映画業界ならではの項目があります。仕事の捉え方や具体的な仕事内容を解説してみました。

映画を客観的な視点から捉えよう

映画業界を志望する場合は、映画を商品として客観的に捉える必要があります。

映画制作は作品が人々の共感が得られるかを常に考え、映画配給会社は、より多くの興行収入を得るために営業戦略を考えます。

映画宣伝会社は、多くの人に劇場へ足を運んでもらうための効果的な宣伝を考える仕事です。

どちらも映画を1つの商品として見ています。

自分のスキルがどの業態に合うかをよく調べて効果的な志望動機を書きましょう。

大切なことは、自分が映画にどんな形で関わりたいかを明確にすることです。

映画の仕事内容を把握しておこう1 映画制作会社

カメラ

映画制作に関わる職種は、映画監督、カメラマン、脚本家、美術など様々ですが、いずれも技術や専門的な知識が要求されます。

監督は映画すべてを俯瞰した知識やマネージメント能力が必要です。

脚本家やカメラマンはまさに映画の屋台骨になります。

脚本家は執筆能力に加え、映像表現をイメージする力が必要です。

カメラマンは撮影能力と監督や演出家の意図を組む理解力が問われます。

美術照明は映像空間を作り出す役割で専門知識は必須です。

美術の仕事の中には、演者のヘアメイクや衣装の選択なども含まれます。

他にも、ロケ現場の段取りや映画撮影のスケジュール管理、会計管理などをこなすスタッフも重要な仕事です。

専門分野以外にも、リーダーシップや芸術的センス、他スタッフとのコミュニケーション能力も要求されるスキルです。

主な映画制作会社

  • IMAGICAグループ
  • AOITYOホールディングス
  • 東北新社
  • ピクト
  • アームズ

映画制作会社の主な会社をピックアップしました。

AOITYOホールディングスは、大手広告プロモーション2社の共同株式会社です。

映画の仕事内容を把握しておこう2 映画配給会社 映画宣伝会社

コミュニケーション

配給会社は制作された映画を系列映画館や単独で上映する単館に売り込みます。

海外で作られた映画を取り寄せ、国内で上映するための手配をする仕事も配給会社の役割です。

宣伝会社は新作の予告編やポスターの構成、キャッチコピーの捻出などを担います。

これらは、多くの人が劇場へ足を運ぶための仕事です。映画を商材にした営業活動といえます。

映画配給会社では、営業職としての資質として接客能力やコミュニケーション能力が必要です。

映画宣伝会社では、本人が映画好きであることは大前提。営業資質に加えアイデアを生み出す発想力も問われます。

主な大手配給会社

  • ウォルト・ディズニー
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • ユニバーサル・ピクチャーズ
  • ワーナー・ブラザーズ
  • パラマウント・ピクチャーズ

世界的な映画配給会社で、過酷なシェア争いを繰り広げています。特にディズニーとソニーの主権争いはし烈です。

国内では、東宝株式会社・東映株式会社・松竹株式会社がトップ3です。

 

ワンポイント
 映画を客観的な視線で捉えると、やりたい仕事内容も見えてきます。

映画の志望動機の例文

アクションマークと女性

実際の志望動機の例文をもとに、ポイントの解説をしていきます。参考にしてください。

例文1 映画が好きで転職を希望する女性 保険営業からの転職

「私は今まで保険営業に携わっていましたが、小さい頃から映画が好きで、近所の映画館によく通っていました。

スクリーンに映し出される映像や音の迫力に感動したのを覚えています。

もっと多くの人に映画を観て楽しんで欲しいと日頃から考えていて、映画に関係する仕事をしたいと思うようになりました。

そんな時に拝見できたのが貴社の募集要項です。

日本最大級のスケールで顧客のニーズに柔軟に対応し、最高の鑑賞環境とサービスの創出を実現していることに魅かれました。

万全な社員環境を見て貴社で働いてみたいと思い応募させていただた次第です。

私なりに考えた上映企画ですが、最新作の上映時に過去の関連作品も同時上映するというのはいかがでしょうか。

最新作の良さがより浮き彫りになってお客様に理解してもらえると思います。

未経験者なりに新しいことを積極的に吸収し、意欲的に取り組む所存でおりますので、何卒宜しくお願い致します」

以下ポイント解説します。

応募のきっかけや会社を選んだ理由は書かれてはいますが、もう少しオリジナリティが欲しいところです。

「あまりの迫力に泣いてしまった」とか「受付の人と仲良くなって映画の話をした」など、独自のエピソードがあると良いですね。

「営業職の経験から接客には自信がある」などの自分のスキルを売り込む姿勢が欲しいです。

入社後に企画の仕事がしたいと思わせる自分で考えた企画案などは非常に良いと思います。応募に至る流れも自然でした。

例文2 映像関係のサークルで経験したことがある女性 美容師から転職

「映画業界で人を感動させる仕事がしたいと感じて志望しました。学生時代にサークル活動で映像制作の経験があります。

そこで映画作りに興味を持ち、専門的な知識を研究するうちに映画の魅力に夢中になりました。

現在は美容師ですが、学生時代の経験が頭を離れません。

改めて多くの人に感動を与えられる映画業界に魅力を感じて応募しました。

美術スタッフとして映像制作にチャレンジしたいと考えています。

また、御社は人気作品を数多く発表されていて魅力を感じました。

素晴らしい制作スタッフの方々と一緒に、いろんな人を感動させる作品を作りたいと考えています」

以下ポイント解説します。

自分の経験を踏まえて映画業界志望のきっかけが書かれていて具体的で印象的です。

美容師としての前職経験が役立つとの意図はわかりますが、美術スタッフと決めてしまうと希望職種の柔軟性がありません。

「美術」を取り除いてスタッフとだけ記載しても良いと思います。

例文3 映画について研究し配給会社を志望する女性 製造業から転職

「私は、今回御社を志望するにあたって映画業界の仕組みについて勉強をしました。

その中で映画配給のお仕事があるのを知りました。

私は映画が大好きで頻繁に映画館に足を運びます。

映画館では、映画を鑑賞されたお客様の嬉しそうな顔を見ることができました。

自分の事のように嬉しかったです。

私は今まで営業の仕事をしていましたので、お客様の嬉しそうなお顔を見るのは大好きです。

配給会社で私の営業経験が活かされるのではないかと考えました。

御社のスタッフの一員として、もっと映画を盛り上げられるよう力を存分に発揮したいと考えております」

以下ポイント解説します。

営業職の経験を活かして業界を盛り上げたいという熱意が十分伝わりました。

志望のきっかけも映画館での顧客の状況が伝わってきて印象的です。

自分のスキルを前向きにとらえ、映画の世界で生かしたいという想いも伝わりました。

 

ワンポイント
 表現はポジティブに!具体的な表現が印象に残ります。

映画の志望動機のNG例文

バツ印を示す女性

志望動機によく書かれる文言の中にも、逆に印象を悪くしてしまうものがあります。次の文例を見て参考にしてください。

例文1 御社の理念に共感しました

「御社を志望する理由は、御社の社風や企業理念が素晴らしく共感できるものであったからです。

前職の製造業では残業も多く、好きな映画を見る時間も取れませんでした。

御社への就職は今後の私の人生を、間違いなく明るく照らしてくれるものと信じております。

映画の仕事は未経験ですが、御社で勉強して信頼される映画人となれるよう努力いたします。

どうぞよろしくお願いいたします」

以下ポイント解説します。

「理念に共感する」は志望動機によく書かれる文言で、言葉自体に問題はありませんが多くの人が書いている内容です。

オリジナリティも感じられず、理念のどこに共感したのかが読み取れません。

会社の理念に共感したのであれば、どこの部分になぜ共感したのかを説明できないとマイナス評価になります。

前職のネガティブな情報も必要ありません。

例文2 学ばせてください

「私は映画が大好きで映画作りに興味を持っております。

たくさんの映画を見て、演者やスタッフの皆さんが真剣に取り組んで1つの作品を作り上げる姿に感動しました。

御社に就職して、優秀な皆さんの一員として頑張りたいです。

専門知識も無く経験もありませんが、1から御社で勉強させていただき早く一人前になれるように努力いたします。

よろしくお願いいたします」

以下ポイント解説します。

未経験なので学ばせていただくという表現を謙虚さの象徴として使った文書です。

自分が成長できる環境を求めて職を選ぶのは問題ありません。

ただし、人によっては他人任せに聞こえる場合があります。相手に成長させてもらうような印象にとらえられるとマイナスです。

「積極的に吸収したいので」という文言を使えば謙虚さと前向きなが気持ちが伝わります。

その他、何を頑張るのかがわかりません。具体的に何をしたいのかを伝えると良いでしょう。

NG例にならないためには

文面からネガティブな印象や、受動的な言葉が伝わるとマイナスです。

控えめに自分を評価して謙虚さを出すよりも、前向きに誇張と思われるほど自分をポジティブにアピールする必要があります。

前職の不満や、自分の経験のなさを表現するのは思わしくありません。

また、具体性に欠けた表現ではなく、もっと掘り下げた内容を簡潔に伝えられると好印象です。

面接対策をしっかりしよう

考えるビズネスウーマン

志望動機と面接は密接に関係しています。採用担当者は、志望動機を読みながら質問をしてくるといっても過言ではありません。

実際に志望動機は必ず聞かれます。面接対策をしっかりすることで、志望動機も活きてくるのです。

映画業界では、どの職種においても、コミュニケーション能力が必須になります。

丁寧な仕事ができて自分の考えを主張できるスキルは、どの会社でも好印象で受け入れられるでしょう。

女性特有の能力は面接でも有利です。

面接官は、あなたの元気で明るい印象や言葉使い、コミュニケーション力を見ています。

面接対策としては、志望企業の業績や具体的な映画作品などを事前に調べておきましょう。

映画に関する法律や興行についての知識も理解しておいた方が良いです。

特に配給会社や宣伝会社では営業の資質も問われます。

志望動機で記載した内容をさらに掘り下げて理解しておくことも重要です。

自分のスキルやアピールポイント、志望のきっかけなどはいつでも話せるように準備しましょう。

 

無料転職相談をして志望動機を書こう

 

志望動機を書くのに困った場合は

合わない

志望動機が書けないのは、自己分析や企業の分析が不足しているからです。

自分のスキルとの接点が見いだせないため具体的な文章が書けません。

もう一度自分を見つめなおしてみましょう。

なぜ転職したいか、何がやりたいかを深掘りすることが大事です。

なるべく朝早い時間とかリラックスできるときに考えると効果的ですね。

 

ワンポイント
 志望動機が書けないときはリラックスして自分を見つめなおそう。

映画の志望動機に困った場合は転職エージェントに相談しよう

営業の女性

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書、志望動機書などの書類作成の手助けや添削などのサービスを行っています。

志望動機で行き詰まったら転職エージェントに相談してみましょう。無料でサービスが受けられるものもあります。

映画業界は求人数が少ない割に、就職希望者が多いのが現状です。

転職する際には、求人情報を随時チェックして状況の確認をすることが必要です。

転職エージェントでは豊富なデータと経験をもとにしたアドバイスを受けることもできます。

他の応募者よりも書類選考の時点で高い評価を得るためにも、業界に詳しいエージェントサービスを活用することをお薦めします。

 

無料転職相談をして映画業界にデビュー

 

まとめ

女性

映画業界に転職するための志望動機の書き方についてまとめてみました。志望動機は書類選考での重要な項目です。

採用担当者の印象に残る志望動機を書いて、まずは一次審査を通過しましょう。

書類の書き方や添削は転職エージェントを活用すると便利です。

ウィメンズワークスでは他にも女性の転職に関する記事が満載です。この機会に是非チェックしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する