銀行などの金融業界の事務職は女性からの人気が高い職種です。

特に金融事務は福利厚生などの体制がしっかりと整っている企業が多いので倍率も高いといえるでしょう。

その狭き門をくぐり抜けて採用された人は、金融事務という職種に沿った対策を行っています。

その対策の中でも面接対策は転職成功の鍵を握るものです。

面接を成功させるためにすべき対策やよくある質問などを解説します。

Contents

金融事務の面接を成功させる対策

メガネの女性

金融業界以外だけではなく、どの業界にも共通して面接で採用の合否が決まります。そのため、面接対策が非常に大切です。

学歴や経歴が良くても、面接で志望動機や自己PRなどでしっかりアピールが出来ないと合格は難しくなります。

逆にいえば、志望動機や自己PRをうまくアピールできれば採用を勝ち取ることに近づけるでしょう。

しかし面接という非日常的な場面では、緊張してしまいうまくできないという人も多いものです。

成功させるには事前の面接対策が大切になります。面接を成功させるためのポイントを押さえて徹底的に対策しましょう。

金融事務の主な仕事内容

その業界で働きたいと思った時に、その業界はどんな仕事をしているのかを知っている必要があります。

面接で企業に対しどのように貢献出来るかと聞かれた場合に、仕事内容を知らないとすぐに答えられません。

また、採用された場合にその企業での仕事内容をより具体的にイメージも出来るでしょう。

金融事務では、どんな仕事をするのか代表的なものを紹介します。

銀行業務

相談を受ける女性

銀行で金融事務の仕事をする場合は、口座開設や振り込み手続きといった窓口業務が主な仕事となります。

窓口業務を担当する場合、直接顧客の対応を行うため、ビジネスマナーコミュニケーション能力が求められるでしょう。

それに加え、各種申し込み手続きや書類確認などのバックオフィス業務も行います。

場合によっては資産運用などの相談・手続きを行う場合もあるため、これらに関する知識を求められる場合もあるでしょう。

証券・保険業務

証券会社での事務をする場合は、有価証券の販売に関する窓口業務が主な仕事です。

しかし、部署や担当業務によっても大きく異なることがあります。

募集要項の中に担当業務等が記載されている場合には必ずチェックしましょう。

さらに企業によっては保険商品の説明や相談といった業務を担当する場合もあります。

この場合、契約に関する書類の作成や各種変更手続きなどの事務作業も業務の1つになるでしょう。

金融事務の面接の自己PR方法

ポイント

自己PRは面接の中でも最も大事だといわれているほど重要なものです。

他の受け答えがしっかりと出来ていても、自己PRが出来なくては採用されるのは難しいでしょう。

また、自己PRは自分の強みだけでなく、その企業でどのように貢献出来るかということも伝えられなくてはいけません。

金融事務の仕事は、窓口業務とバックオフィス業務が主体となる可能性が高いです。

そのため、コミュニケーション能力や事務処理能力など、どちらもこなせることをアピールすることが大事になります。

 

ワンポイント
業務に関連した強みをアピールしよう。

金融事務の面接の志望動機の伝え方

ポイント

志望動機も企業側が採用を決める重要なポイントです。

例えば、銀行で金融事務を行いたいとします。銀行は大手から地銀まで、多くの企業があります。

そのうちの1つで面接をすることが決まった場合を考えてみましょう。

金融事務に限らず、ほとんどの企業が面接で尋ねることは「当社の志望理由を教えてください」です。

この質問には、この業界を志望している理由だけではなく、なぜその企業が良いのかを明確に答えられなくてはいけません。

その企業の企業理念、特色などのどこかにひかれたからその企業を志望したはずです。

その企業ならではの理由を明確に企業にアピールすることで採用への道が開けるでしょう。

 

ワンポイント
応募企業を選んだ理由を明確にしよう。

面接官は応募者の何を見ている?

自己PR・志望動機の他にも面接官が見ている大切なポイントがあります。

面接官はわずかな面接時間で、応募者がどんな人なのかを判断しなくてはいけません。

より採用される確率を上げるために、具体的にどんなことを気をつけたらいいのかお伝えします。

ビジネスマナー

女性

服装や髪型などの身なりや、入退室でのマナーなど、ビジネスマナーとして意識すべきことはいくつもあります。

それくらい大丈夫だろう、という油断が面接本番での失態に繋がってしまうでしょう。

転職の場合は社会人経験のある人材を採用するため、企業は社会人としてビジネスマナーは出来て当たり前と考えています。

だからこそ、出来ていない時に特に悪目立ちしてしまうのです。

また、自分ではできているつもりでも実際にはマナー違反になってしまう場合もあります。

面接を機に自分のマナーは本当に問題ないのか見直してみるとよいでしょう。

堅実さ

企業は利益を生むために、真面目に仕事に取り組む人材を求めています。

また、不祥事を起こさないかなど会社が不利な状況になることは絶対に避けたいと考えています。

そのため、面接の段階で注意深く応募者の性質を見極めなければなりません。

自分が仕事に対して真面目に取り組む姿勢や堅実さをアピールすることが大事なのです。

しかし、自分が堅実であると直球に伝えるだけでは良い印象にはなりません。

自身の経験を踏まえたエピソードなどで堅実さをアピールすると良いでしょう。

コミュニケーション能力

スーツ 女性

ビジネスマナーや誠実さといった真面目な印象も大事ですが、コミュニケーション能力があるかも大切なポイントです。

その人が入っても会社の雰囲気は変わらないか、一緒に仕事をしたいと思えるのかといったことを面接官は確認します。

また、コミュニケーション能力は窓口業務がある金融事務ではとても重要になってきます。

もし自分の強みはコミュニケーション能力だと自己PRで話す場合は、面接中のコミュニケーションにも注意が必要です。

面接中の会話や意思疎通がうまくいかなければマイナスのイメージを持たれてしまいます。

アピール内容と実際の態度が矛盾するということのないよう注意しましょう。

金融事務の面接でよくある質問と回答例

面接で抑えるべきポイントをご紹介しましたが、より具体的にお教えします。

金融事務の面接でよくある質問と回答例を紹介するので、ぜひご参考ください。

例①業務上で必要なこと

面接

質問『銀行の窓口業務に必要なことはなんだと思いますか?』

回答『銀行の窓口にお越しになったお客様の要望に、出来るだけ丁寧にかつ迅速に対応することが大切だと思います』

この質問では、面接者の仕事への理解度とやる気が確認できます。

窓口は銀行の顔ともいえる大事な存在です。そのことを理解し、窓口に求められている対応を心得ていることを伝えましょう。

例②入社後のビジョン

面接

質問『入社したらどのような業務がやりたいですか?また、その業務を通じてお客様からどのように思われたいですか?』

回答『銀行の窓口業務を行いたいと思います。

丁寧でミスのない対応を心がけ、お客様に信頼もでき、親しみやすい担当者と思われたいと考えています』

金融事務は窓口業務を担当する場合は多いですが、もちろん他の業務を行う場合もあります。

いずれの業務であっても、自分のやりたい業務でどのような存在になりたいのかを、しっかりと伝えられるようにしましょう。

例③セールスに関係する質問

質問『窓口業務以外にiDeCoなどのセールスもしてもらう場合がありますが、これらの勉強はしていますか?』

回答『申し訳ございません。現在は勉強しておりませんが、入社までに勉強いたします』

時には、このような面接者を試すような質問をされる場合もあります。

自分に知識があり、しっかりと受け答えが出来るようであれば答えるようにしましょう。

しかし、ここで面接官が特に注目しているのは仕事に関係する物事への学習意欲です。

そのため今後勉強に取り組む意欲があると伝えることを意識しましょう。

 

ワンポイント
面接官の質問の意図を理解した上で回答しよう。

金融事務の面接でしたい逆質問

面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。

その際には、「特にありません」や「大丈夫です」などとは言わずに何か質問するようにしましょう。

何も質問しないのは、企業側から「意欲がない」と思われ良いイメージを持たれません。

そして、自分がその会社の知りたいことを聞ける絶好の機会です。面接でしたい逆質問例をご紹介します。

例①出産・育児と仕事の両立に関する質問

赤ちゃんとお母さん

出産・育児と両立している女性社員の方はいらっしゃいますか?』

女性の場合、仕事を続ける上でどうしても問題の1つとなってしまうのが出産や育児です。

産休・育休などの制度が整備されていても、実際に運用されているかどうかは企業研究をしても分かりにくい場合があります。

制度が形骸化してしまっている場合もあるため、面接の場で確認しておきましょう。

この質問は、面接官は人事部の担当者が行う一次面接で聞くと良いでしょう。

面接は選考段階が近づくにつれて役職が上がる傾向にあり、上にあがるほど実態を正確に把握していないことも考えられます。

一次面接は会社全体の勤務環境を把握している人に直接聞けるチャンスといえるのです。

またこの質問は出産・育児をしても仕事を頑張りたいという意欲も伝わります。

例②仕事への意欲を示す質問

『自己PRにて私の経験をお話させていただきました。もし御社にご縁をいただいた場合さらに努力すべき点はありますか?』

この質問では働くことに対し意欲的という印象も残すことが出来ます。

これまでの経験をふまえた上で、さらに努力する姿勢を示すことで向上心があることもアピール出来るでしょう。

例③面接官個人への質問

女性

『○○様は御社で働く際に心得えるべきことは何だとお考えでしょうか?』

このように面接官個人に尋ねる質問は、他の面接者に対し差別化をはかることが出来ます。

しかしこの質問の場合は、面接中に面接官の人となりをよく観察し、快く答えてくれそうか判断しなくてはなりません。

面接官個人にする質問は、適切な質問が出来れば良いイメージとして残ります。

また、こういった質問は和やかな雰囲気になるため、ついついフランクな言葉使いにならないように注意しましょう。

逆質問のNGポイント

逆質問ができるタイミングで何も質問をしないのは意欲がないと判断されてしまう場合があります。

しかし、以下のような場合は質問をしても印象を悪くしてしまう可能性が高いため注意が必要です。

  • 面接で説明されたことを質問
  • 事前に調べて分かることを質問
  • はい・いいえで答えられる簡単な質問

面接で説明されたことを質問すると、話をちゃんと聞いていないのだと思われてしまいます。

もし事前に用意していた質問が面接の最中で解決した場合もあるでしょう。

その場合に備えて他の質問ができるよう事前に準備しておき、臨機応変に対応するようにしましょう。

逆質問は自分の印象を強く残す絶好のチャンスです。

面接官からの質問が終わっても、最後まで気を抜かずに自分をアピールしましょう。

金融事務への転職にあると役立つスキルや資格

金融事務の中途採用は新卒採用よりも狭き門のため、スキル資格が重視されます。

スキルや資格があると、自分は即戦力になる人材だということをより企業にアピール出来るでしょう。

今の会社から金融事務へ転職したいと思った際に、役立つスキルや資格をご紹介します。

PCスキル

ノートパソコン

金融事務は窓口業務の他にも、バックオフィス業務がありパソコンを使う仕事も多くあります。

また、金融事務は少しのミスがあだとなるので正確に業務を行うことが重視されます。

PCスキルをアピールするなら、前職では工夫して効率の良い仕事が出来たなどの具体的なエピソードを交えて伝えましょう。

またパソコンの検定やMOSなどの資格でアピールするのも良いでしょう。

事務処理能力

転職相談に乗る女性

PCスキルと似ていますが、事務処理能力はより高度な事務作業の処理能力を求められます。

金融企業は正確かつ迅速に、効率よく事務作業をこなせる人を率先して採用したいと考えている企業がほとんどです。

また、事務処理能力が高いと他の志望者と差をつけることが出来ます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは必須の仕事ではないですが、銀行や保険会社では採用後に資格取得を促される場合があります。

あらかじめ保有しておくと、企業に対して良いイメージを与えることが出来るでしょう。

また、ファイナンシャルプランナーは銀行・証券会社・保険会社のどこで金融事務をするにも役立つ知識をつけられます。

その仕事に対しての理解をより深めることも出来るため、勉強して損はないでしょう。

未経験で金融事務を目指す場合に対策しておくべきこと

ワンポイント

金融事務では、正確かつ迅速に事務処理ができる人材が求められるため、経験者が優遇されやすい傾向にあります。

しかし、未経験だから採用されないということはありません。

未経験で募集している求人もあるため、募集要項はしっかりと確認するようにしましょう。

金融事務は未経験であっても、業務の中で活かせる強みがあれば大きなアピールポイントになります。

そのため、仕事で活かせるスキルがないか、自己分析をして把握しましょう。

さらに未経験の場合は業界の知識なども十分ではなく、最初は勉強することが多いという状況が考えられます。

それらを自分から習得する意思意欲的な姿勢を示すことで、仕事に対する熱意を伝えることを心がけましょう。

 

ワンポイント
未経験の場合は業務に活かせるスキルや仕事への意欲・熱意を伝えよう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

働く女性

転職において面接は避けては通れないものですが、苦手意識を持っている人も多いことでしょう。

しっかりと面接対策を行うには、応募企業や応募職種への理解を深めることが大切です。

しかし1人で調べるには限界があり、どうしても情報不足になってしまいます。

さらに面接練習は実際に面接官役の人がいないと練習にならないという人もいるでしょう。

思うように面接対策ができない場合は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントを活用することで、自分1人では知り得なかったであろう情報を知ることが出来ます。

さらに転職に関するあらゆる不安や疑問に応えてくれる存在であり、面接についてもアドバイスをもらうことが出来るでしょう。

プロとして専門知識を活かしたアドバイスをくれる転職エージェントは、きっと心強い存在となるはずです。

なかなか採用に辿り着かない時のバックアップをしてくれる場合もあるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

ポーズをする女性

今回は、金融事務での採用を成功させる対策をご紹介しました。

金融事務は倍率も高く、採用基準も厳しい印象のある職種です。

面接はその採用を左右する局面であり、失敗しないためには事前の準備が非常に大きな役割を担います。

緊張しても自分をアピールできるようしっかりと対策をして自信を持って面接に挑みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら