センスを活かして働く憧れの「バイヤー」になるためには、磨き抜かれた志望動機が必要不可欠です。

採用担当者の印象に残るような文章を作るには、どのようなコツがあるのでしょうか。

本記事では、高評価を受ける志望動機の書き方や自己PRのポイントを解説します。

ご紹介する志望動機の例文を通して方向修正を行い、自分の強みをしっかりアピールできるように準備しましょう。

バイヤーの志望動機の書き方を解説

オフィスワーク中の女性

特にアパレル業界で耳馴染みのあるバイヤーですが、単に商品を仕入れるだけでなく実際に売れるまでをプロデュースする重要な仕事です。

会社の利益に直接貢献する大きなやりがいのあるバイヤーは、女性の人気が高まってきている職種でもあります。

そんな魅力的なバイヤーを目指す際に避けては通れないのが、志望動機でしょう。

採用担当者の目に留まる志望動機は、どのように書けば良いでしょうか。

書き方のコツや注意点をおさえて、高評価をもらえる志望動機を作る準備を整えておきましょう。

 

ワンポイント
会社の利益に直接貢献できるバイヤーは、女性人気の高まっている職種です。

バイヤーならではの志望動機

女性,選択

バイヤーの仕事は、市場の分析からメーカーとの価格交渉・売り場のレイアウト調整まで幅広い業務をこなすのが特徴です。

多岐にわたる専門知識やスキル必要となるからこそ、志望動機作成時にはバイヤーの仕事で特に活かせる過去の経験を振り返る必要があります。

下記では、バイヤーの仕事で特に活かせる経験や能力の一部をご紹介しましょう。

  • 消費者のニーズを調査した経験
  • データをまとめ分析した経験
  • 売れる商品を見極める眼力
  • 顧客と良好な関係を築くコミュニケーション力
  • 店舗や売り場のレイアウトの経験
  • 店舗での仕入れ発注業務経験

また店舗での販売員の経験などを通して商品の販売現場を知っていることは、バイヤーの仕事において大きな強みになります。

商品の流通現場に関わった経験が少しでもあれば、バイヤー向けの志望動機で記述できる内容でしょう。

バイヤーの仕事の特性をしっかりと理解して、具体性の高い志望動機を作成することが重要です。

面接で聞かれること

相談

志望動機を作成するにあたって考えておかなければならないのが、面接の対策です。

一般的に面接では提出した書類の内容を中心に話を進めるため、志望動機の内容もより具体的に話さなければなりません。

本番で焦ってしまわないように、バイヤーの面接でよく聞かれる内容について予習しておきましょう。

何故バイヤーになりたいのか

面接で最も聞かれる可能性が高い質問の一つは、バイヤーを目指す理由です。

質問のされ方は異なったとしても必ずといっていいほど聞かれる内容になりますので、事前に回答を準備しておく必要があります。

バイヤーを目指す理由を熱意を持って伝えることで、仕事への本気度や志望度の高さをアピールできます。

自分がバイヤーに興味を持つようになったきっかけのエピソードを、できるだけ具体的に話すことがポイントです。

何故この会社なのか

バイヤーを目指す理由をもう少し深堀りして、「どうしてこの会社を志望しているのか」という理由まで質問される場合もあります。

この質問を通して面接官が知りたいのは、会社への志望度の高さです。

バイヤーと一口にいってもその業界にはたくさんの会社が存在し、それぞれに違いがあります。

数あるバイヤーの仕事の中からこの会社を選ぶ理由、この会社でなくてはいけない理由をはっきり答えられるように準備が必要です。

事前にしっかり応募企業についてリサーチを行い、その会社独自の強みや特徴を把握しておきましょう。

 

ワンポイント
志望動機の質問で面接官が知りたいのは、志望度の高さです。

自己PRのポイント

仕事やりがい

志望動機と併せて作成しなければいけないのが自己PRです。自己PRは、採用担当に好印象を与えられる数少ないチャンスでもあります。

限られた枠の中で効果的に強みをアピールできれば、採用に一歩近づくことは間違いありません。

ここでは、バイヤーの自己PRで高評価を得るポイントを解説しましょう。

語学力がある

バイヤーの仕事では、海外に出向いて仕入れを行うことも多々あります。

特に輸入雑貨などを扱う店舗のバイヤーであれば、頻繁に海外メーカーとやり取りすることになります。

価格交渉などのコミュニケーションは当然外国語で行われますので、ビジネス会話レベルの語学力は求められるでしょう。

このようにバイヤーの仕事において語学力は必須項目でもあり、自己PRでアピールできる特徴です。

仕事で外国語を使用した経験やTOEICの点数など明確な実績があれば、必ず盛り込むようにしましょう。

交渉力がある

握手するビジネスウーマン

バイヤーの仕事は、店舗で販売するための商品を買い付けることです。

しかし提示された通りの金額で買っているようでは、プロのバイヤーとはいえません。

市場の状況やニーズの移り変わり・世の中の動向を分析したうえで、仕入れ額をできるだけおさえる交渉をするのもバイヤーの重要な仕事です。

仕入れをおさえればそれだけ販売時の利益を増加させられるので、バイヤーは会社や店舗の利益に直接的な影響を与える仕事といえます。

顧客相手に交渉力を発揮した経験や良好な対人関係を築くコミュニケーション能力などは、バイヤーの自己PRでアピールすべき要素です。

志望動機でおさえるべきポイント

指差しするデスクワークの女性

面接や自己PRのポイントを踏まえて、ここからは志望動機でおさえるべきポイントを考えていきましょう。

もちろん記述する内容も重要ですが、それ以上に大切なのは「エピソードの切り取り方」や「表現の仕方」です。

ここでは、高評価を得られる志望動機の見せ方のポイントをご紹介します。

応募企業でなければならない理由を考えよう

「面接で聞かれる内容」の項目でもご説明の通り、応募企業でなければならない理由を明確に記述することが重要です。

どんな企業にも必ずその企業ならではの特色や唯一無二の強みがあるものです。

事前にしっかりと調べ、応募企業ならではのスペシャリティを把握しておきましょう。

特徴や強みが分かったら、自分の志望理由の内容と絡めるように文章を組み立てるのがポイントです。

「自分がバイヤーになってやりたいことが、この企業だからこそ実現できる」という流れで説明すれば、志望意欲の高さが伝わるでしょう。

具体的なエピソードを盛り込もう

志望動機の内容に説得力を持たせるためには、できるだけ具体的なエピソードを添えることが重要です。

抽象的な内容で展開してしまうと、解釈の幅を与えてしまうため相手には「なんとなく」しか伝わりません。

実際の経験をより具体的に記述すれば話にリアリティが生まれ、想像がしやすく説得力のある文章に仕上がります。

また、過去の実績などをアピールする時には、具体的な数字を使うこともテクニックの一つです。

「○○個の販売を記録した」「売り上げを○○倍に増加させた」など明確な数字があることで、努力の成果をより正確にアピールできます。

採用担当者が理解しやすくなるように、内容に具体性があるかどうかもう一度見直してみると良いでしょう。

入社後のビジョンを伝えよう

女性、やる気

志望動機では自分の熱意や強みをアピールする必要がありますが、アピールだけで終わってはいけません。

どのような分野でどのように活躍するのか、入社後のビジョンを具体的に伝えることもとても重要です。

具体的な活躍方法を提示することで採用担当者は入社後の姿をイメージでき、印象に残りやすくなります。

応募企業の事業形態や業務内容・組織図までしっかりと調べ、自分の強みや経験を最も効果的に活かす方法を記述しましょう。

 

ワンポイント
バイヤーの志望動機のポイント
・志望意欲の高さをアピール
・成果を具体的に分かりやすく伝える
・自分がどのように活躍するのか伝える

志望動機を書く際の注意点

ポイント

アピールしようと必死になってしまう志望動機ですが、実は少し表現を間違えてしまうだけで逆に悪い印象を与えてしまうリスクもあります。

自分の熱意を伝える貴重なチャンスに、マイナスの印象を持たれてしまわないように気を付けたいところです。

ここでは、志望動機作成の前にチェックしておきたい注意点をご紹介します。

エピソードや実績で嘘を吐かない

自分を良く見せようとするのは当然ですが、エピソードや実績を語る際に嘘は絶対にNGです。

書類だけで選考が終わるのであれば問題は無いのですが、前述の通り志望動機の内容は面接でも聞かれます。

自分としては隠して話せたつもりでも、何人もの就活生を見てきた面接官には嘘であると伝わってしまうものです。

また自分を取り繕って選考を進んでしまうと、ミスマッチングが起きる危険性も高くなります。

選考の時と評価が変わってしまったり、入社後にお互いにとっての不利益を生んでしまう可能性があります。

決して嘘で取り繕わず、表現方法や切り取り方を工夫してアピールするように心がけましょう。

結論を先に書く

短い志望動機の中で本当に伝えたいことを正しく届けるためには、文章は結論から書くことを意識しましょう。

これはビジネスのシーンで一般的に利用されるテクニックですが、話の趣旨が伝わりやすくなる効果があります。

結論を書いてから、続けてその理由やエピソードというように文章を組み立てましょう。

ネガティブな内容はポジティブに言い換える

女性

エピソードを正直に記述していくと、時にネガティブな内容を書かなければならないこともあります。

この時ネガティブな要素は、ポジティブに伝わるようにいい換えると悪い評価を避けられます。

例えば、前職を辞めた理由を「仕事が幅広くて辛かった」と書くのではなく「一つの業務に集中して極めたいと思った」としましょう。

同じ内容でも、表現の工夫次第で受ける印象は大きく変わります。

短い志望動機の中では一言ひとことが貴重ですので、全ての言葉をプラスの印象に結びつけられるように工夫しましょう。

志望動機例文

ポイント

ここからは、具体的なバイヤーの志望動機の例文をご紹介します。

その内容は、経験者か未経験者かによって大きく変わってきます。自分の経験と照らし合わせながら考えていきましょう。

例  経験者の志望動機①

貴社を志望した理由は、大きな裁量を持って仕事したいと考えるからです。

私は現職ではセレクトショップで商品の仕入れ業務を担当し、3年間従事しています。

トレンド情報を毎日SNSから仕入れニーズをくみ取ることをを意識したことで、昨年は店舗売り上げ前年比120%の達成に貢献しました。

仕事をしている中で、分業化によって業務内容が偏っていることでバイヤーとしての自分の成長度に不安を感じるようになりました。

大きな裁量権を持って仕事できる貴社で、ヒット商品の発掘において活躍し自分自身も成長したいと考えています。

例  経験者の志望動機②

世界中でグローバルに活躍するバイヤーを目指すために、貴社を志望しています。

前職では雑貨関係のECサイトのバイヤーとして、2年間仕入れ業務を担当しました。

現在は、2年間の留学で身に付けた語学力を活かし世界中へ出向いて買い付けをバイヤーへのステップアップを志しています。

特に世界のブランド製品を中心に販売する貴社でなら、海外製品への知識やセンス・語学力が活かせると確信しております。

例  未経験者の志望動機

店舗の利益に直結する責任感のある仕事がしたいと考え、貴社を志望します。

私は現在、アパレルショップの販売員として接客や売り上げ管理を約4年間担当しています。

細かい気配りでお客様を喜ばせることを意識したことで、名前を覚えてくれてご来店いただけるリピーターを約30人ほど獲得しました。

そのような販売員としての経験を経て、仕事の幅をさらに広げて仕入れの業務も担当したいと思うようになりました。

未経験からでも挑戦できる環境が整っている貴社でなら、さらに自分のスキルを磨けると考えています。

入社した暁には、仕入れ先メーカー様との良好な関係構築において貢献します。

バイヤーの面接成功法

人差し指をたてるビジネスウーマン

他職種とは少し違ったスキルが求められるバイヤーですが、面接で成功を収めるためにはどのようなポイントがあるでしょうか。

内容以前の問題ですが、面接の明暗を分けるポイントの一つは事前準備でしょう。

予め聞かれそうな質問に対する回答を事前に用意しておけば、面接の短い時間の中で無駄なくアピールすることができます。

また、バイヤーに求められる最も重要な資質の一つには、仕入れ先と価格交渉をする「コミュニケーション能力」があります。

面接の場面でも無難な受け答えでかわすのではなく、自分の意見をはっきり伝えたり逆質問したりと積極的な投げかけを意識しましょう。

面接官はあなたの「バイヤーとしての適性」を判断しますので、受け答えの中で高いコミュニケーション能力をアピールすると効果的です。

 

ワンポイント
面接ではこちらから積極的なコミュニケーションを働きかけ、バイヤーとしての適性をアピールしましょう。

バイヤーの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

エージェント

バイヤーは必須な専門知識が無いものの、商品仕入れから販売まで幅広く業務を担当するため専門的な考え方や知識が必要になる職種です。

特に未経験の志望動機では、自分の過去の経験をいかに「バイヤーとして活かせるスキル」としてアピールするかが重要です。

どんな志望動機を作ればよいか悩んだ時は、転職エージェントに相談することですべてが解決する場合があります。

転職エージェントはあなたの過去の経験や希望の条件をしっかり把握したうえで、アピールすべきポイントをアドバイスしてくれます。

無料で相談できるサービスですので、一度登録しておけば必ず役に立つことでしょう。

人に相談するだけで悩みが吹き飛ぶこともありますので、自分だけで抱え込まないことをおすすめします。

まとめ

キャリアカウンセラー,資質

バイヤーとして活躍する夢を実現させるには、評価される志望動機でしっかり自己PRすることが重要です。

細かなテクニックなどを解説して来ましたが、一番大事なのは「バイヤーになりたい気持ち」をストレートに伝えることでしょう。

ありのままの熱意を志望動機の中に込められれば、「一緒に仕事をしたい」と思ってくれる企業は必ず現れます。

時には転職エージェントと一緒に悩みながら、そんな企業を探していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら