今までに出向・転籍経験があるという方は履歴書での書き方が異なるため迷われる方もいるでしょう。

今回はそうした経験をどのように書けば良いのか、そのポイントについて解説していきます。

そうした経験が企業からどのように見られるのか、具体的にどのように書けば良いのかもご紹介するため参考にしてください。

Contents

履歴書に出向や転籍を書く際のポイントを解説!

遠くを見る女性

出向・転籍の経験があり、現在転職活動をしているという方はそれらについてどう書くべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

履歴書というのは自身のこれまでのキャリアや経験を書くためのものであり、書き方というのは大変重要です。

今回はそんな経験がある方に向けて、書き方を解説していきましょう。

どういったことを押さえて書くと良い印象を与えられるのか知っておけば、転職も成功に近づくはずです。

まずは出向と転籍の違いを知ろう!

笑顔の女性

出向と転籍にはどういった違いがあるのでしょうか。

まず出向というのは元の会社に籍を置いた状態のまま出向を命じられた場所で事前に予告された期間働くというものです。

この場合はその期間が経過したら元の会社へと復帰します。

それに対して、転籍の場合は元の会社との雇用契約を終了し、転籍先の会社と新たに契約を結んでその会社に在籍する形となります。

つまり転籍は元の会社を退職して別の会社に人事異動するようなものだといえるでしょう。

契約が解消しているため元の会社に必ず戻るという訳ではなく、復帰が保証されていないケースもあるようです。

出向の場合は雇用主は元の会社のままですが、転籍では雇用主が転籍先の会社となるという違いがあります。

出向と転籍で雇用主が異なるということを覚えておきましょう。

 

ワンポイント
・出向は元の会社に籍を置いたまま一定期間出向先で働くというもの
・転籍は元の会社との雇用契約を終了し、転籍先の会社と契約を結んでその会社に在籍するというもの

出向や転籍があった際企業からの評価は?

外回りする女性

もし出向や転籍の経験があった場合、転職活動で応募した企業からはどのような評価を得ることとなるのでしょうか。

出向や転籍という言葉から、左遷と同じような意味を思い浮かべる人も多いかと思います。

しかし、実際にはネガティブなものばかりではなく、人材のスキルアップ雇用調整などの意味合いのものが多いようです。

そのため経歴を正直に伝えたところでマイナスイメージになるということはありません。

むしろ出向や転籍の事実を隠すことで良からぬ疑いを持たれる可能性があります。

そのため正直にその経験を履歴書に記載するようにしましょう。

 

ワンポイント
出向・転籍経験があるというだけでマイナスイメージを持たれることはありません。

出向の履歴書の書き方

スーツの女性

まずは出向の場合の履歴書の書き方です。

転籍と出向では書き方が異なるものもあるため、パターン別にどのような形で書くのが良いかご紹介していきます。

パターンによっても書き方が違うため確認しておきましょう。

パターン①:出向し、元の会社に戻った

まず、出向してから期間が満了し、元の会社に戻った場合には以下のように書くと良いでしょう。

「2018年4月B株式会社に出向。○○部△△課に配属。

2019年4月A株式会社に帰任。○○部△△課に配属」

履歴書では上記のように出向した後に元の会社に帰任したことまでしっかりと記載するようにしましょう。

例えば帰任したということを明記しないと、応募した企業は出向先にそのままいるのだと思ってしまいます。

そのため、しっかりと帰任したということが分かるように記載しましょう。

パターン②:グループ会社への出向

笑顔の女性

会社によっては最初に本社で一括採用され、その後グループ会社に出向となるケースがあります。

そのような場合は以下のように記載しましょう。

「グループ会社であるB株式会社に出向。○○部△△課に配属。」

こうすることでグループ会社への出向であるということが採用担当者もすぐに理解できます。

上記のようにわかりやすく書くことを意識しましょう。

パターン③:会社の吸収合併による転籍後、さらにほかの会社へ出向

次は会社の吸収合併によって転籍し、その後にほかの会社へ出向した場合の書き方です。

「2018年4月A株式会社がB株式会社に吸収合併され、B株式会社に転籍。

2019年10月C株式会社に出向。○○部△△課に配属」

転籍や出向が何度かある場合には上記のように複雑化しますが、省略するのは厳禁です。

嘘のないように今までの流れをしっかりと記述しましょう。

転籍の履歴書の書き方

転職活動をする女性

次は転籍の場合の履歴書の書き方について解説していきます。

以下の3つのパターンについて具体的に紹介していきましょう。

書き方も出向とは異なるため、パターン別に知っておくようにしましょう。

パターン①:転籍出向

1度転籍した場合の履歴書の書き方は以下の通りです。

「2016年4月B株式会社に転籍。○○部△△課に配属」

まず最初に入社した会社について書き、その後転籍した時期をしっかりと確認して事実を書きましょう。

その際、転籍先と配属された課なども忘れずに書く必要があります。

パターン②:出向先の会社にそのまま転籍

就職活動

出向先の会社に転籍した場合の書き方は以下の通りです。

「2015年4月B株式会社に出向。○○部△△課に配属。

2017年10月B株式会社に転籍」

上記のように出向先の企業にそのまま転籍することとなった場合には、出向の後に転籍した事実を書くようにしましょう。

その際、最初から転籍と書くのではなく出向した後、転籍となったことが分かるように分ける必要があります。

転籍することになった時期もしっかりと記載することが大切です。

またこのような場合は実際に履歴書に書く場合、どういった理由で出向や転籍となったのかも簡潔に書くと良いでしょう。

そうすることによって応募した企業に対しても事情が伝わりやすくなります。

パターン③:所属部門が他の会社に譲渡され転籍

次は所属部門が他の会社に譲渡され、それが理由となって他の会社に転籍した場合の履歴書の書き方です。

「2015年10月○○工場がB株式会社に譲渡されたため、B株式会社に転籍」

所属部門が譲渡された場合は、上記のように譲渡されたのだということが見てすぐに分かるように記載しましょう。

どうして転籍するに至ったかという理由を知る上で大切な情報です。

忘れずに書くようにしましょう。

履歴書の例文

OKサイン

次は履歴書の例文について解説していきます。

履歴書では以下のような形で出向と転籍について書き分けるようにしましょう。

また、実際に履歴書に書く際には出向や転籍の理由も簡潔に書くようにするとより分かりやすくなります。

例文形式で解説していくので履歴書を書く際の参考にしていただければと思います。

出向

2013年4月A株式会社入社。○○部△△課に配属。

(業務内容を記入)

2016年4月B株式会社(子会社)に出向。○○部△△課に配属。

事業の建て直しを目的として子会社に出向。

(業務内容を記入)

2019年4月A株式会社に帰任。○○部△△課に配属。

(業務内容を記入)

現在に至る。

転籍

2014年4月A株式会社に入社。○○部△△課に配属。

(業務内容を記入)

2016年4月B株式会社(子会社)に転籍。○○部△△課に配属。

キャリアを積むことを目的として子会社に転籍。

(業務内容を記入)

現在に至る。

企業に好印象を与えるポイント

面接をしている女性

次は企業に対して出向や転籍の経験をどのように伝えれば好印象を与えられるのかを解説していきます。

以下のポイントを押さえることによって好印象を与えやすくなるでしょう。

出向転籍先で得たもの

出向や転籍の経験を前向きに捉え、そこで得たものを伝えることによって企業に対して好印象を与えることができるでしょう。

逆にその経験について「企業にいわれ仕方なく従った」などというと業務に対して後ろ向きな印象を与えてしまいます。

不本意な出向・転籍であった場合でも、そこで得たものを伝えることによって業務に対しての意欲をアピールできるでしょう。

うまく伝えることができれば応募している企業に対して業務への意欲が高いと思ってもらうことができます。

企業からの期待値

ガッツポーズする女性

企業は人事交流や業務指導など様々な理由によって出向や転籍を行います。

そうした判断というのは、その人材に対して期待しているからこそ下される場合が多いのです。

そのため、企業からの期待値が高いため出向・転籍したのだということをアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント
・出向や転籍先で得たものをアピールすると好印象
・企業の期待値が高かったことが理由だとすれば優秀な人材であると思ってもらえる

履歴書に出向や転籍を書く際のポイント

仕事をする女性

次は履歴書に出向や転籍について書く際にどういったことを意識すべきかを解説していきましょう。

以下のポイントを守ることは何よりも大切です。

書きながらしっかりと確認しましょう。

ポイント①:誤字脱字がないか

履歴書において、大変重要なポイントとなるのが誤字脱字がないことです。

誤字脱字というのは多くの場合、ケアレスミスが原因で引き起こされます。

そのため履歴書を書きながらしっかりと表現や文字がそれで正しいのかを確認するようにしましょう。

特に漢字は間違いやすいため注意が必要です。

不安なものに関しては、インターネットを活用して漢字を誤って覚えていないかなど1つ1つ確認するように心がけましょう。

企業の採用担当者は他にも多くの応募書類をチェックしています。

そのため、誤字脱字も注意深く確認しているのです。

もし書類に誤字脱字が残ったまま提出してしまった場合、入社への意欲が低いと思われる可能性があります。

企業は意欲の高い人材を求めているため、選考に悪影響を与えてしまうかもしれません。

そのため、誤字脱字には十分に注意しましょう。

ポイント②:記入漏れがないか

履歴書で記載すべき事項に関して記入漏れがあった場合、企業は選考を正しく行うことができなくなってしまいます。

履歴書というのは必要事項が全て記入されているのが前提の書類です。

そのため、もし記入漏れがあるとそこで選考から落ちてしまう可能性が高くなるでしょう。

履歴書は企業に自分のことを知ってもらう大切な書類です。

そのため記入漏れがないかをしっかりと確認するようにしましょう。

ポイント③:内容に誤りがないか

誤字脱字・記入漏れなどの表面的なミスだけではなく、内容についてもしっかりと気を配りましょう。

例えば出向や転籍に関して記載する場合には、いつ出向・転籍したのかを確認し誤りがないようにする必要があります。

選考を進めていく中で辻褄が合わない箇所が出てきた場合、企業はあなたに対して不信感を覚えるでしょう。

そのようなことがないように、履歴書の内容に関しても十分にミスがないか確認する必要があります。

 

ワンポイント
・誤字脱字があると入社意欲が低いと思われる可能性があるため注意
・記入漏れがあると選考で落ちる可能性が高くなる
・内容に誤りがあると企業があなたに対して不信感を覚える可能性があるため注意

転職をするなら転職エージェントを活用しよう!

転職エージェント

転職活動をする場合、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

多くの転職エージェントは無料で様々なサポートをしてくれます。

そのサポートというのは以下のようなものです。

  • 求人の紹介
  • 面接のフィードバック
  • 選考書類の作成
  • 応募企業への推薦
  • 模擬面接の実施

こうしたサポートを転職のプロフェッショナルが行ってくれるため、安心して転職活動に取り組むことができるでしょう。

また、転職エージェントはあなたの条件をヒアリングして、その条件に合致した求人を紹介してくれます。

そのため自分だけで転職活動を行うよりも理想の転職先を見つけやすくなるのです。

もしこれから転職活動を行っていこうと考えているのであれば転職エージェントを活用しましょう。

転職の選考では企業の採用担当者から好印象を得るために客観的な意見が必要になります。

自分1人では限界がありますが、転職エージェントからのアドバイスやサポートを受ければ様々な改善点が見つけられることでしょう。

転職活動を有利に進めていくために、是非転職エージェントの活用を検討してみてください。

まとめ

女性、OKサイン

今回は履歴書に出向転籍について書く際のポイントについて解説してきました。

履歴書というのは今までの自分のキャリアを企業に伝えるための重要な書類です。

そのため、内容を省略することなく正確に記載するようにしましょう。

また、転職活動に関して悩みがある場合には転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

転職対策も転職エージェントのサポートがあれば、安心して行っていくことが可能です。

この機会に転職エージェントへ転職相談を行ってみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら