福祉業界にはさまざまな職種があります。高齢化が進む中福祉業界への転職を希望する人は年々多くなっています。

こちらでは福祉業界への志望動機の書き方についてお話ししています。例文も紹介しているので参考にしてください。

Contents

福祉業界の志望動機の書き方を解説

履歴書

福祉業界とは高齢者や障害者など支援を必要としている人に、さまざまな援助やサービスを行う業界をいいます。

高齢化の今、福祉業界ではさまざまな業種での需要は高まる一方です。転職の際の志望動機を各職種別に解説していきましょう。

まず福祉業界にはどのような職種があるのか、主なものを挙げてみます。

  • 介護系
  • 保育系
  • 相談援助系

介護系には介護福祉・ホームヘルパー、保育系は保育士・保育教諭、相談援助系は社会福祉士・ケアマネージャーなどの職種があります。

どのような職種で仕事がしたいのかによって、志望動機の書き方も考え方も違ってきます。それぞれ詳しく解説していきましょう。

福祉業界の中でもどの職種を志望するかによって書き方は異なる

歯科助手,向いている人

介護系の職種を志望する場合は、介護という仕事をどれだけ認識しているかその為にどのようなスキルを身につけたかが重要になります。

保育系は保育士・保育教諭など資格を取得する必要のある職種です。資格を活かしての志望動機が必要となります。

相談援助系の場合も国家資格が必要です。資格を取得するために勉強したことを志望動機に含めるとよいでしょう。

 

ワンポイント
 福祉業界の転職での志望動機は職種によって書き方も異なります。

志望動機を書く前のポイント

介護助手

職種によって志望動機が違ってくるとお話ししましたが、どの職種であっても基本的な志望動機の書き方は同じです。

その上で福祉業界の中のその職種をどうして志望したのかを、明確に書くことが大切なのです。

その為には福祉のことや自分が志望する職種についても、しっかりと調べておく必要があります。

自分がその職種でどのような仕事をして企業に貢献できるのかも、イメージしておくことも志望動機を書く時には必要です。

自己分析を徹底しよう

勉強する女性

福祉業界の特に介護職で求められる適性は、資格に加えて人を思いやる気持ちの強い人、観察力や素早い判断力のある人です。

自分がどの職種に向いているのかを自己分析して、福祉業界の中でもどの職種を目指すかを決めるようにしましょう。

自己分析をすることで思ってもいなかった職種へ志望を変えることができたり、自信をもって自己PRをすることが出来るのです。

応募企業・施設の研究をしよう

一口に福祉業界といっても、たくさんの職種や施設があります。特にその企業のその施設を選ぶ理由も明確にする必要があります。

応募する企業や施設のことも充分に研究し、なぜその企業に応募したのかを志望動機の中に書き入れると効果的です。

企業の研究をすることで、よりその企業への思いが強くなり志望動機も実感のこもったものとなるでしょう。

志望動機で魅力を伝えるポイント

ファイル

その仕事にどのような魅力を感じているのか、自分がどのように貢献できるのかなど伝えたいいくつかのポイントがあります。

  • その職種を選ぶ明確な理由
  • 入社後のビジョン
  • 活かせる経験の有無

志望動機は長々と書くだけでなく、ポイントを絞ってしっかりと明確に伝わるような文言で書くようにしましょう。

福祉業界の中でなぜその職種を目指すのか明確にしよう

福祉業界の特にこの職種が自分には合っていることを明確にアピールしましょう。

その為には自分自身の性格や、その職種の内容を充分に理解し研究しておくことが大切です。

職種によっては資格が必要なものも多くあります。経験や資格取得によってその職種を目指していると明確に伝えることができるでしょう。

入社後のビジョンを明確にしよう

ガッツポーズする女性

入社後にはどうなりたいのか、自分にできることやビジョンを明確にして志望動機に加えるようにしましょう。

志望動機では、企業への貢献を約束する文言が重要視されやすいです。採用することでメリットとなると感じてもらうことが大切です。

可能ならキャリアパスを作成して、将来はどのようなことをしたいのかも明確にしておくと自分自身のモチベーションも上がります。

今までの経験で活かせる部分を記載しよう

取得している資格や自分に身に付いているスキルは最大限記載して、仕事に活かせることをアピールしましょう。

福祉業界では国家資格の取得が必要な職種が多いです。資格取得のためにしてきた経験も充分な強みとなります。

こんな事は書かなくてもよいかと思うことでも、受け取り方によってはプラスになることもあるのです。

 

ワンポイント
 志望動機は明確に入社後のビジョンや活かせる経験も記載しましょう。

志望動機の注意点

女性

志望動機を書く上で必要なのは、いかに自分がその仕事に向いているかということと、どれだけ貢献できるかを知ってもらうことです。

長々と書き連ねても内容が明確に伝わらなければ、採用担当者には響きません。

明確にポイントを絞って、この人に会ってみたいと感じられる志望動機を書くようにしましょう。

ネガティブな内容はポジティブに持っていこう

ポーズをする女性

ネガティブな書き方はマイナスです。できるだけポジティブな内容で書くようにしてください。

明るさやおおらかさが必要な福祉の仕事ですが、反対に細かいことに素早く気付くことも大切になります。

心配性で小さなことが気になる性格というとネガティブに感じられてしまいます。

細かいところまで目を配る力や些細な変化にも気付ける性格とすれば、同じ性格でもポジティブなイメージに変わるでしょう。

応募先企業・施設を選んだ理由を明確にしよう

数ある福祉業界の仕事の中で、どうしてその企業や施設を選んだのかは、応募先企業にとって一番知りたい動機の一つです。

あいまいな書き方でなく、明確に理由を書くようにしてください。

福祉業界では働く人の待遇や働き方についても、さまざまな工夫や改革を行っている企業が少なくありません。

福祉の仕事はきつい、大変だというイメージを変えたい企業も多く、そういった利点を志望動機に取り入れるのもよいでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機は明確な書き方とポジティブな書き方を心掛けることです。

福祉業界の志望動機の例文

職務経歴書

それでは実際にどのような志望動機が、採用担当者の目に留まりやすいのか例文を挙げてみましょう。

福祉業界の職種で転職希望の多い介護福祉、またどの職種においても通用する志望動機として参考にしてください。

例文①

「高校生の頃から福祉の仕事がしたいと考え福祉関係の学校に進学し、資格も取得しました。

貴社の利用者に対する思いや、利用者に寄り添いたいとする理念に強く共感いたしました」

福祉業界への志望動機と資格を取得している点、そして何故その企業へ応募したのかも短くても明確に記載されています。

例文②

「祖母の介護をしたことが福祉の仕事をしたいと思うきっかけでした。祖母に関わってくれた施設の方の仕事に感銘を受けたからです。

未経験ですが持ち前の明るさと忍耐力で長く仕事を続け、必ず貴社に貢献できるように頑張りたいと考えています」

志望動機となったきっかけを述べて、未経験というネガティブな事柄をポジティブに置き換えて書いています。

例文③

「ホームヘルパーとして3年の実績があります。かかわった利用者様やご家族からは信頼していただき感謝の言葉もいただきました。

その経験を活かし、より高度なスキルを身につけたいと考えるようになりました。

貴社の多職種との連携や研修制度の内容に魅力を感じ、その中で自分の力をしっかりと発揮したく応募させていただきました」

大切なのは何故福祉の仕事をしたいと考えたか、何故その企業や施設を選んだのか、

採用後にはどうなりたいかを明確にすることです。

端的に明確に3つの要素を入れた志望動機文を作成するように心がけましょう。

 

ワンポイント
 端的に明確に3つの要素を入れた志望動機文を作成しましょう。

福祉業界の志望動機のNG例文

NG

志望動機には福祉業界のみでなく、使わない方が良いNGワードがあります。どのような言葉なのでしょうか。

また、同じことを書いていても書き方ひとつで受ける印象が違う場合もあります。気を付ける点もふまえてNG例を挙げてみましょう。

例文①

「貴社に応募したのは、人のためになる仕事をしたいと考えたからです。また貴社の充実した研修制度にも魅力を感じました。

研修でさまざまなスキルを身につけていきたいと思っています」

企業が求めているのは即戦力です。もちろん研修は行ないますが、介護という職業柄基本的な知識は持っていて欲しいのです。

その上でより自分を高めるための研修です。研修で一から学ぶというニュアンスに取れる書き方はマイナスポイントとなります。

人のためになる仕事という書き方もあやふやです。明確にどのような内容の仕事なのかを書くようにしましょう。

「以前から高齢者に接する機会が多くお世話をさせていただくことに喜びを感じ、もっと人のためになる仕事をしたいと考えたからです」

このようにすると、志望動機がより具体的になります。志望動機を明確に具体的に書くことで訴える力はより大きく伝わります。

例文②

「祖母が介護施設のお世話になり、その時に親切にしていただいた介護士さんを見て自分も介護の仕事をしようと心に決めました。

介護の仕事がきつくて大変なことはよくわかっています。忍耐強い性格をしているので、頑張って努めたいと思います」

一見よく出来た志望動機のようにも思えますが、介護の仕事はきつくて大変だと断定していると感じられます。

「介護の仕事は大変なことが多い分、やりがいのある仕事だと思います」とポジティブに捉えていることを感じてもらいましょう。

NG例にならないために意識すべきこと

志望動機は採用担当者にこの応募者に会ってみたいと思ってもらうための、最初の自己PRであると考えてください。

ちょっとした言い回しや書き方で、相手に与える印象がずいぶん違ってくることを知っておく必要があるのです。

「きつくて大変な職業」を「きつくて大変なだけにやりがいはその何倍もある職業」と置き換えると印象はがらりと変わります。

「人のためになる職業」を具体的に「祖母がお世話になった介護施設の介護士さんを見て」と書くことでより動機がはっきりと伝わります。

書き方にネガティブな面はないか、明確に具体的に動機が書かれているかなどを充分確認するようにしてください。

志望動機を丁寧に書いて面接に備えよう

看護師

志望動機は長々と書く必要はありませんが、明確に具体的に書く方が伝わりやすくなります。

またアピールすべき点はできるだけ丁寧にすべてを書くようにしましょう。採用担当者の第一印象で面接に進めるかが決まるのです。

志望動機は丁寧に、もう少し話しを聞いてみたいと思ってもらえるような文言で書くようにしてください。

面接に進めたら、より詳しく志望動機や自分自身のアピール点などを聞かれることも多いです。

どのような質問をされても対応できるように備えておきましょう。

福祉業界の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

ビジネスウーマン

福祉業界の転職は職種が多岐に渡っている分、志望動機も職種に合わせて書くなど難しい点がたくさんあります。

志望動機の書き方に迷ったら、転職エージェントの力を借りましょう。志望動機の書き方について適切なアドバイスも受けられます。

また福祉業界の転職について一人ではわかり難いことも相談に乗ってもらえ、安心して面接に向かえるのも嬉しいです。

さまざまな業界の転職に詳しい転職エージェントに、転職のことや転職後のことなど何でも相談して転職を成功させましょう。

まとめ

ポイント

福祉業界の転職での志望動機はたくさんある業種によって少しずつ考え方が違ってきます。

福祉業界の職種は介護職・保育職・相談援助職などですが、それぞれの仕事内容を充分に研究して志望動機を書く必要があります。

書き方のポイントは、その企業を選んだ理由を明確に書くこと入社後のビジョンを立てて志望動機に加えることです。

そして仕事に活かせる経験や資格がある場合にはしっかりと記載することも必要です。

志望動機は明確に、ネガティブになりがちな文言はできるだけポジティブに置き換えて書くようにしましょう。

面接に進めるかどうかは履歴書の特に志望動機の書き方にかかっています。採用担当者の目に留まる志望動機を書くようにしてください。

どのような志望動機が担当者の目に留まりやすいのか、志望動機の書き方は転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

転職に成功するためのアドバイスを受けながら、志望動機を仕上げるようにしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら