歯科助手は国家資格を必要とせず、求人数も多いため転職を希望する女性に人気の職種です。

歯科助手の主な就職先は歯科クリニックとなりますが、転職を成功させるには自分に合った職場を探すことが大切になります。

しかし、労働条件の良い職場は競争率が高く、決して簡単に転職できるものではありません。

そこで大切になるのが志望動機です。とりわけ未経験でも転職可能な歯科助手では、志望動機が合否に大きく影響するといえるでしょう。

この記事では未経験でも好印象を与える、歯科助手の志望動機の書き方や注意点、面接対策について解説します。

Contents

歯科助手の志望動機の書き方を解説

歯科助手,歯ブラシ

歯科助手への転職を成功に導くには、正しい志望動機の書き方をマスターすることが大切です。

国家資格を必要としない歯科助手は、未経験でも転職しやすいため多くの人が求人に応募しています。

しかし歯科助手を採用する歯科クリニックでは、未経験でも優秀な人材を採用したいと考えているため、転職は決して簡単ではありません。

そこで重視されているのが「志望動機」であり、いかに自分の人となりを相手に伝えるかがポイントです。

ここでは歯科助手の転職を成功させる、正しい志望動機の書き方を女性の面接対策とともに解説します。

志望動機を書く前のポイント

歯科助手,志望動機

歯科助手に限らず就職や転職の際に、必ず提出を求められるのが「志望動機」です。

実は志望動機が採用の可否に大きな影響を与えていることをご存知でしょうか。漫然と書いているとマイナス評価となることもあります。

歯科クリニックでは優秀な人材を採用したいと考えているため、志望動機では応募者の人となりを把握することが目的です。

したがって志望動機を書く際には好印象を与えられるよう入念な準備が必要だといえるでしょう。

自己分析を徹底的に行おう

女性,自己分析

志望動機の目的は自分の人となりを相手に正確に伝えることです。そのためには、まず的確な自己分析が不可欠になります。

自己分析を行う際には自分の強み・弱みのほか、これまでの職歴やそこで学んだことを具体的に書き出してみましょう。

改めて自己分析を徹底的に行うことで、自分の人となりを再確認することができます。ひょっとすると新たな発見があるかもしれません。

また、自己分析を徹底することで、自分が本当に歯科助手に向いているのかを見極めることにもつながります。

なぜ歯科助手を選ぶのか明確にしよう

志望動機には必ず「なぜ歯科助手を選ぶのか」を書き入れましょう。世の中には実に多くの職種があります。

その中から歯科助手を選んだ理由を明確に整理することは、仕事に対する意欲・目的意識を相手に伝えることにもなるでしょう。

なお採用担当者は歯科助手として活躍できる人材を探しており、意欲的で目的意識を持っていることが必要条件です。

目的もなく歯科助手を選んだ人材よりも、意欲的で明確な目的を持った人材が採用されることは至極当然だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 歯科助手の志望動機を書く前には自己分析と企業研究を徹底しましょう。

歯科助手の志望動機を書く際のポイント

歯科助手,熱意

歯科助手の志望動機を書く際には、自身のスキルや経験が応募医院の求める人材とマッチしていることをアピールしましょう。

同じ歯科助手であっても、即戦力を求める歯科医院もあれば、未経験者を一から育成したいと考えている歯科医院もあります。

転職希望者は応募医院が求める人材を確認し、求められている人材にマッチしていることを志望動機に記入しなければなりません。

そのためには、自身の強みやこれまでの経験を明らかにするとともに、なぜ応募医院を選んだのかを端的に伝えることが大切です。

ここでは、歯科助手への転職希望者が志望動機を書く際のポイントについて考えてみましょう。

実務経験や接客経験を書こう

歯科助手の志望動機を書く場合、どういった内容とすれば高評価を得られるのかを迷う人は少なくありません。

歯科助手として実務経験がある場合は、その業務内容や実務経験を通じて学んだことを具体的に書き入れましょう。

未経験の場合は前職での経験やその中で学んだことを書き入れ、歯科助手の仕事にどう役立つのかに結び付けます。

前職の接客経験は患者さんと接する歯科助手には優位になる経験です。接客を行う上での苦労やコツなどを書き入れると良いでしょう。

なお、実務経験や接客経験を書く際は具体的なエピソードを盛り込むことで、説得力が格段にアップすることを忘れてはなりません。

なぜその応募医院なのか明確にしよう

歯科助手,PC

応募医院の採用担当者は、歯科助手への転職希望者が「なぜその応募医院に応募したのか」を知りたがっています。

転職希望者に長く応募医院で働いてもらうには、応募医院に対する「愛社精神」が不可欠だからです。

つまり転職希望者は「どうしてもその応募医院に入社したい」といった熱意を伝えることが重要になります。

しかし単に「入社したい」と書いても伝わりません。大切なのは「なぜ」の具体的な理由です。

したがって転職希望者は他の医院にはない応募歯科の魅力を探し出して、共感していることをアピールしましょう。

応募医院との共通点を見つけよう

いくら優秀な人材であっても応募医院の求める人物像とかけ離れていれば、採用を見送られます。

つまり、転職希望者は志望動機に、応募医院が求める人物像と自身の人となりがマッチしていることを書き入れなくてはなりません。

そのためには、業界分析に加えて自己分析と企業分析を徹底して行うことが不可欠です。

その上で、応募医院の求める人材と自身の人となりとの共通点を見い出し、マッチしていることを示しましょう。

 

ワンポイント
 歯科助手の志望動機を書く際には応募医院が求める人材であることをアピールしましょう。

歯科助手未経験でも好印象を与えるためには

歯科助手,好印象

歯科助手は国家資格や特別なスキルを必要としないため、未経験であっても転職しやすい職種だといえます。

労働条件の良い求人には多くの人が殺到し、競争率が高騰するため「狭き門」となることも少なくありません。

したがって、ライバルに打ち勝ち希望医院の内定を手に入れるには、採用担当者に好印象を与える志望動機が不可欠です。

採用担当者に好印象を与えるには、志望動機を読んだだけで「一緒に働きたい」「歯科助手として育てたい」と思わせることが大切になります。

そのためには、自己分析や業界・企業分析を徹底し、熱意と真剣さが伝わる志望動機を書きましょう。

志望動機を書く際の注意点

歯科助手,注意点

歯科助手の転職の成否には志望動機が大きく影響しますので、ここまで解説してきたポイントを網羅することが大切です。

さらに、志望動機の書き方にはいくつかの注意点があります。注意点を把握しないまま書いてしまうと、マイナス評価になりかねません。

ここでは、志望動機でマイナス評価とならないよう、注意すべき表現や内容について解説します。

ネガティブな内容は避けよう

志望動機においてネガティブな内容は避けましょう。ここで注意したいのは、謙虚さとネガティブな内容を混同しないことです。

志望医院の採用担当者に謙虚さを示そうとした結果、マイナス評価となることは少なくありません。

例えば未経験の転職希望者が謙虚さを示そうと「入社後はしっかりと勉強させていただきたい」と書くのはよくあることです。

しかし、採用担当者からすれば「職場は勉強する場所ではない」とネガティブな印象を持ってしまいます。

志望動機は自己アピールの場であり、積極性を伝えることを強く意識することが大切です。

学歴や職歴に嘘をつかない

当然のことですが、志望動機においては絶対に学歴や職歴に嘘をついてはいけません。

歯科助手は求人数が多いものの、条件によっては競争率が高騰するため学歴や職歴にコンプレックスを持つ人も多くいます。

しかし志望医院における採用の可否において、学歴や職歴はあまり大きな影響はありません。

採用担当者が重視しているのは、学歴や職歴ではなく「そこで何を学んだか」「そこでの経験がどう将来に活かせるのか」です。

嘘は必ずバレます。自分を虚偽で良く見せようとせず、正直にこれまでの経験を将来に活かす心構えを伝えましょう。

 

ワンポイント
 歯科助手の志望動機にネガティブな表現や嘘はNGです。

歯科助手の志望動機の例文

良い例

ここまで歯科助手の志望動機の書き方について解説してきましたが、いざ書こうとすると筆が止まってしまう人も少なくありません。

特にあれもこれも盛り込もうとすると文書がまとまらなくなり、どんどん深みに嵌ってしまいます。

こういった状況を回避し相手に伝わる志望動機を書くには、いくつかの例文を読んでおくことがおすすめです。

例文を丸写しするのはNGですが、文書の構成や言い回しなど参考になる点が見つかるでしょう。ここでは見本にしたい例文を紹介します。

応募医院の理念に共感する例文

「私が貴クリニックを志望させていただいたのは、「患者さんに寄り添ったクリニック作り」を徹底されている点に共感したからです。

患者さんへの丁寧な治療内容の説明をはじめ、小さな子供のために保育士を常駐させるなどの対応は当クリニックだけの強みだと思います。

患者さんに寄り添うクリニックだからこそ、歯科助手としてのやりがいも大きいと感じています。

採用となれば貴クリニックの一員として現状に留まることなく、患者さんに感謝していただける歯科助手を目指す所存です。」

志望医院の理念への共感を伝える際には、具体的に「何に共感した」のかを伝え、自分がどう行動したいのかを明らかにすることが大切です。

学生時代の経験をアピールする例文

「貴クリニックは小児歯科として、産婦人科と連携して歯科医療にあたっていることに魅力を感じ志望いたしました。

乳幼児や妊婦の歯の健康は共にとても大切なものであり、とりわけ怖がる子供の心のケアは小児歯科医療には不可欠だと感じています。

私は歯科助手の経験はありませんが、大学時代に児童心理学を専攻しており、その時の経験を活かせると自負しています。

貴クリニックへの採用が叶いましたら、日々、向上することを忘れず、歯科助手の仕事に取り組んで参ります。」

未経験であっても学生時代に学んだことを仕事に活かせることをアピールすることで、採用担当者に好印象を与えることができます。

接客経験をアピールする例文

歯科助手,接客

「少子高齢化が進む中で高齢者に対する歯科医療はとても大切だと考え、歯科助手を目指すこととしました。

前職では飲食店で接客業を行っており、ご高齢の方や小さな子供たちとのコミュニケーションには自信があります。

もちろん、接客業と歯科助手では仕事内容は異なりますが、常に明るく笑顔を忘れず患者さんに和んでいただけるよう努めて参ります。

歯科助手の仕事は未経験ですが、1日でも早く諸先輩方に追いつけるよう、取り組んでいく所存です。」

接客経験は歯科助手の転職にはプラスとなる要素です。歯科助手の仕事が未経験の人でも積極的にアピールしましょう。

歯科助手の志望動機のNG例文

NGな例

前項では歯科助手の志望動機のお手本となる例文を紹介しました。確実に好印象を与える志望動機を書くにはNG例も確認しておきましょう。

実は知らないうちにNGとなる志望動機を書いていることもあり、自分では手応えがあってもマイナス評価になることも少なくありません。

NG例文にはNGとなる理由が多く隠されており、「なぜNGなのか」をしっかりと理解することで同じ失敗を防ぐことができるでしょう。

労働条件を志望動機としたNG例文

「私が貴クリニックを志望した理由はワークライフバランスが実現できると感じたからです。

働き方改革が推奨されている中でワークライフバランスの実現は、働く者にとって非常に大切なことです。

貴クリニックではスタッフを大切にされており、ワークライフバランスの実現に積極的だと伺っています。

ぜひ、貴クリニックに採用していただき、私なりのライフスタイルを確立したいと考えています。」

志望動機において労働条件を志望の理由とするのは、仕事に対する熱意が感じられず自分本位な人だと評価される可能性が高くNGです。

ネガティブな表現を用いているNG例文

私の前職は事務職であり、歯科助手は全くの未経験です。歯科助手を目指した理由は人に役立つ仕事に就きたいと考えたからです。

また、歯科衛生士とは異なり国家資格がなくとも、転職可能である点にも大きな魅力を感じています。

全く経験のない職種なので自信はありませんが、勉強させていただきながら頑張っていきたいと考えています。

まだまだ未熟な私ですが、採用していただけたら真面目に忍耐強く業務に取り組んで参ります。

職場は学校ではありません。ネガティブな表現や「勉強させていただきながら」といった表現はマイナス評価につながります。

NG例にならないために

NG例にならないためには、志望動機が応募医院に貢献できることをアピールする内容で書かれているかをチェックしましょう。

ここまで紹介したNG例はいずれも、自分の都合に合うことが志望動機となっています。

採用担当者はクリニックに貢献できる人材を探していますから、自分の都合を優先する人材を採用したいとは思いません。

特に次に掲げる事項についてはNG例となりますので注意しましょう。

  • 労働条件に関すること
  • ネガティブな表現
  • 「学びたい」など他力本願と取られる表現

歯科助手の面接対策は?

面接対策

志望動機をはじめとする書類選考にパスしたら面接試験が待っています。面接試験においても志望動機は必ず質問される事項です。

歯科助手の面接では、提出した志望動機と乖離しないよう注意しましょう。大きく異なると信憑性が疑われることも少なくありません。

面接担当者は面接において志望動機に記入された内容に乖離がないか、転職希望者はどんな人なのかを確認しています。

ただし、提出した志望動機をそのまま繰り返すのも得策ではありません。自分の言葉で答えましょう。

また、面接では明るくハキハキと受け答え、積極性とコミュニケーション力をアピールすることが大切です。

 

ワンポイント
 歯科助手の志望動機を書く際には面接があることも意識しておきましょう。

歯科助手の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

国家資格を必要としない歯科助手は需要も安定しており、転職希望者にとても人気のある職種です。

労働条件の良い求人には多くの転職希望者が殺到するため競争率が高くなることから、転職活動に不安を感じる人も多いでしょう。

転職エージェントは転職希望者の不安を払拭すべく、様々な経験やノウハウから役立つ情報をレクチャーしてくれます。

また一般には公開されていない、非公開求人を紹介してもらえることもあり、有利に転職活動を進められるでしょう。

一人で悩んでも有効な解決策は見い出せません。早い段階で転職エージェントに相談することがおすすめです。

まとめ

歯科助手,応援

歯科助手は未経験からでも転職が可能であり、需要も安定していることから転職希望者にとても人気があります。

そのため労働条件の良い求人は競争率が高騰することから、採用担当者に好印象を持たれる志望動機を書くことが不可欠です。

志望動機を書く際には自己分析を徹底し、自身の強みやこれまでの職歴から学んだことなどを書き出します。

さらに「なぜ歯科助手なのか」「なぜその志望医院なのか」を明らかにし、自分が求められる人材であることをアピールしましょう。

未経験であることにコンプレックスを感じる必要はなく、接客経験などがある場合は積極的にアピールすることが大切です。

書類選考にパスしたら面接試験が待っています。面接では提出した志望動機を自分の言葉で伝えることを心がけましょう。

なお、転職活動に悩んだら、転職のプロである転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら