子どもから大人まで楽しむことができるテーマパークでスタッフとして働くには志望動機が重要です。

なぜテーマパークスタッフとして働きたいのか理由を明確にする必要があります。

また、数あるテーマパークの中からその企業を選んだ理由も伝えることで熱意をアピールすることができるのです。

では志望動機は具体的にどう書けばいいのでしょうか。

テーマパークスタッフに転職するための志望動機の書き方や職種別アピールポイントをみていきましょう。

テーマパークスタッフの志望動機の書き方

デスクワーク

テーマパークスタッフに転職するためには志望動機が欠かせません。

なぜテーマパークスタッフを選んだのか、なぜこの企業を選んだのか具体的に伝える必要があります

さらに、あなたが持ち合わせているスキルやこれまでの経験をどう活かすことができるか伝えることもポイントです。

テーマパークスタッフとして適性があることをアピールしなくてはなりません。

志望動機はあなたの熱意の高さと直結するので丁寧に書きたいところ。

採用担当者の心に響く志望動機の書き方を確認しましょう。

志望動機を書く前に

女性

志望動機を書く前に準備しておきたいことがあります。

いきなり志望動機を書き始めるのではなく下準備することがいい志望動機を書くポイントです。

では具体的に準備しておくべき3つのことをみていきましょう。

自己分析しよう

志望動機を書く前に自己分析しましょう。

自己分析はあなた自身を見つめなおすことです。

自分のことは自分が一番よく分かっているといわれますが本当にそうでしょうか。

自分でも知らなかった意外な一面が隠されているかもしれません。

自己分析を丁寧に行うことであなた本来の強みがみえてくるものです。

また、自己分析することで本当にテーマパークスタッフとして適性があるかどうか把握できるでしょう。

まずは志望動機を書く前に自己分析してあなたの強みを把握してください。

企業の分析をしよう

やる気の女性

志望動機を書く前に企業の分析をしましょう。

なぜこの企業に応募したのか具体的な理由を伝える必要があります。

ここが抜けてしまうと採用担当者に不信感を与えてしまうでしょう。

転職することができればどの企業でもいいのではないかと誤解されないよう注意してください。

入りたい職種を理解しよう

志望動機を書く前にテーマパークスタッフとして入りたい職種を理解しましょう。

テーマパークスタッフには次のような職種があります。

  • 受付
  • 運営、案内、誘導
  • 清掃スタッフ
  • 調理スタッフ
  • 売店スタッフ
  • ステージアシスタント

それぞれの職種においてアピールポイントや活かすことができるスキルが変わってきます

テーマパークスタッフの中でも具体的にどの職種に入りたいのか明確にしておいてください。

そうすることで漠然とした内容ではなくピンポイントで具体的な志望動機を書くことができるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機を書き始める前にしっかり下準備をしよう!

志望動機で意識するポイント

ポイント

志望動機を書く時にはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

何も考えずに書いても採用担当者の心に刺さる志望動機を書くことはできません。

次の3つのポイントを意識して志望動機を書くことが重要です。

  • なぜを意識する
  • どんな経験を活かせるか
  • 結論、動機、今後の抱負の順番で!

それぞれ詳しくみていきましょう。

なぜを意識する

女性

志望動機を書く時は「なぜ」を意識してください。

なぜテーマパークスタッフに転職したいのか、なぜこの企業を選んだのかなどが考えられます。

「なぜ」が抜けてしまうと採用担当者に熱意を伝えることができません

志望動機で大切なことは内容に具体性を持たせることです。

具体性に欠いた志望動機は高評価を得ることが難しくなるでしょう。

採用担当者が知りたい「なぜ」を伝えることが大切です。

どんな経験を活かせるか

志望動機を書く時はどのような経験を活かすことができるか伝えてください。

あなたがこれまで経験した中でテーマパークスタッフの仕事に活かすことができそうなことを考えてみましょう。

「○○という経験を活かすことができる」と伝えられれば仕事に適性があると判断されるはずです。

採用担当者としてもあなたがテーマパークスタッフとして働いているところをイメージしやすくなります。

過去の経験をどのように活かすことができるのか具体的にアピールしましょう。

結論、動機、今後の抱負の順番で!

志望動機を書く時は結論、動機、今後の抱負の順番で書きましょう。

結論を述べた後に動機や理由を伝えることで論理的な内容になります。

また、志望動機であなたが伝えたいことを最初に持ってくることで採用担当者もじっくり話を聞いてくれるでしょう。

ダラダラと話してしまっては採用担当者も聞き飽きてしまいます。

最後に今後の抱負を伝えて締めくくればまとまりのある志望動機に仕上がるはずです。

結論、動機、今後の抱負の順番を意識して志望動機を書きましょう。

テーマパークスタッフの職種別アピールポイント

ポイント

テーマパークスタッフには大きく6つの職種があります。

  • 受付
  • 運営、案内、誘導
  • 清掃スタッフ
  • 調理スタッフ
  • 売店スタッフ
  • ステージアシスタント

それぞれの職種においてアピールポイントが変わってきます。

ポイントを押さえて効果的にアピールしましょう。

受付

受付として働きたいならコミュニケーションスキルの高さをアピールしましょう。

受付担当はテーマパークの顔といっても過言ではありません。

チケットを販売したり園内に関する案内をしたりとお客様と直接関わることが多くなります。

どのようなお客様に対しても平等かつ丁寧に接するにはコミュニケーションスキルが必要不可欠。

相手の話を聞くときは適度に相槌を打ち自分が話をするときは分かりやすく伝えることを意識しましょう。

運営、案内、誘導

電話

運営として働きたいなら企画力やプレゼン力やリーダーシップが求められます。

テーマパークの運営を成功させるにはお客様が楽しんでいただける企画を考えなくてはなりません。

また、企画を社内で通すためにはプレゼン力が必要不可欠。

さらに実際にテーマパークを運営するにはリーダーとして振舞う必要があるのです。

企画力やプレゼン力、リーダーシップを持ち合わせている人なら運営担当として採用される可能性が高いでしょう。

案内、誘導として働きたいならコミュニケーションスキルの高さをアピールしてください。

直接お客様と関わる職種なのでコミュニケーションは欠かせません。

また、困っていそうなお客様を見かけたら自分から声をかける必要があります。

受け身の姿勢ではなく積極的にコミュニケーションを取ることができるとアピールしましょう。

清掃スタッフ

清掃スタッフとして働きたいなら細かいところに気付くことができる人材だとアピールしましょう。

園内を綺麗に保つには清掃スタッフの存在が欠かせません。

目に見えるゴミを拾うだけでなく人目に触れないような場所も綺麗にすることがポイント。

少しでも汚れているとお客様を不愉快な気持ちにさせてしまいます。

テーマパークで非日常を味わい存分に楽しんでいただくためにも細部までしっかり掃除する必要があるのです。

細かい場所にまで気を配ることができるとアピールして清掃スタッフに適性があることを伝えましょう。

調理スタッフ

調理スタッフとして働きたいなら飲食店で働いたことがある経験を伝えましょう。

テーマパークの調理スタッフは多忙を極めます。

調理師を目指すなら免許が欠かせません。

資格があることに加えスピーディーかつ丁寧に料理を作ることができるとアピールしましょう。

フロアスタッフとして働くならコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

一度に大勢のお客様が来店するので1組ずつ丁寧に対応するスキルも求められます。

売店スタッフ

売店スタッフとして働きたいならコミュニケーションスキルが大切です。

お客様と直接関わることになるので笑顔が欠かせません。

また、テーマパーク独自のグッズや記念品を買おうと売店は混雑することが予想されます。

大勢のお客様を誘導したり商品の説明をしたりと幅広い業務を担うことになるでしょう。

複数の業務を同時にこなすことができるとアピールするといいかもしれません。

ステージアシスタント

ステージアシスタントとして働きたいならサポート力があることを伝えましょう。

ショーやパレードはテーマパークの目玉イベントの1つです。

ステージアシスタントがいなければイベントを成功させることはできないので非常に重要な役割を担います。

舞台上の演出や照明、音響設備の設定など幅広い業務を担当することになるでしょう。

ステージアシスタントにはあらゆる面においてバックアップすることが求められます。

縁の下の力持ちとして働くことができるとアピールしてください。

 

ワンポイント
それぞれの職種の特徴に合わせてアピールしよう!

未経験者が意識すべきポイントは?

女性

テーマパーク未経験者が転職を成功させるにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

具体的に2つのポイントをみていきましょう。

情熱

未経験者はテーマパークに対する情熱があることをアピールしてください。

なぜテーマパークスタッフとして働きたいのか理由を明確化することができれば情熱も伝わるでしょう。

テーマパークに情熱を抱くようになったきっかけがあれば一緒に伝えてください。

子どもの頃の思い出など具体的な経験を付け加えることで情熱をアピールすることにつながります。

真剣さ

未経験者はテーマパークスタッフとして働きたいという真剣さをアピールしましょう。

たとえ業界未経験だとしても真剣な気持ちが伝われば採用してくれるものです。

真剣にテーマパークで働きたいことをアピールしてください。

そのためには仕事に対する適性があることを伝えましょう。

未経験でもスキルを持ち合わせていることでテーマパークスタッフに向いていると判断されれば採用されやすくなります。

志望動機のOK例文

女性

前職で従事していた営業職で培ったコミュニケーションスキルを活かしたく志望しました。

私は子どもの頃から貴社のパレードが大好きで、大人になってからも年に一度は訪れています。

初めてパレードを見たときの感動は今でも忘れることができません

数十年以上経った今でも子どもから大人まで人気が衰えないのは、貴社のパレードに対する愛情の賜物だと思います。

私はこれまで日本中のテーマパークを訪れました。

しかしこれほどまでに地元に愛されるテーマパークは貴社以外に見たことがありません。

これからも長く愛され続けていくよう貴社とともに成長していきたと思います。

 

ワンポイント
活かすことができるスキルや過去の経験を絡めて書こう!

志望動機のNG例文

バツ

「私はテーマパークが大好きです。

子どもの頃何度も貴社に訪れました。

テーマパークスタッフとして地元の皆さまに夢をお届けしたいと考えております。」

NG例は具体的な経験や活かすことができるスキルが書かれていません

これでは採用担当者もあなたに適性があるかどうか判断することができないでしょう。

志望動機を書く時は「なぜ」にフォーカスしたうえで具体的に書くことが大切です。

志望動機の注意点

ガッツポーズする女性

志望動機を書く時はあなたがテーマパークスタッフに向いている人材だとアピールしましょう。

そのためにはスキルがあることをアピールしてください。

特にコミュニケーションスキルは必要不可欠です。

テーマパークに訪れるお客様と接するためコミュニケーションは欠かせません。

あなたの経験からコミュニケーションが得意であることをしっかり伝えてください。

 

ワンポイント
テーマパークスタッフに適性があることをしっかり伝えよう!

テーマパークスタッフの志望動機に困ったら転職エージェントに相談!

転職エージェント

テーマパークスタッフの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しましょう。

エージェントは転職のプロなのであなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。

志望動機の書き方や面接対策など客観的な視点でチェックしてもらいましょう。

また、1人で転職活動を進めるよりエージェントに頼った方があなたに合った求人が見つかりやすくなるのです。

あなたが理想とする未来を手に入れるためにも、エージェントをうまく活用しながら転職活動を進めてください。

まとめ

ガッツポーズする女性

子どもから大人まで楽しむことができるテーマパークでスタッフとして働くには志望動機の書き方が重要です。

なぜテーマパークスタッフとして働きたいのか理由を明確にする必要があります。

数あるテーマパークの中からその企業を選んだ理由も伝えることで熱意をアピールしましょう。

コミュニケーションスキルがありテーマパークスタッフに適性があることも一緒に伝えてください。

志望動機の書き方で迷ったら転職エージェントに相談することがポイントです。

エージェントと二人三脚で転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら