プレスとは広報や宣伝の担当として、自社の認知度向上やブランドイメージアップを進める仕事です。

すなわちアパレルプレスとは、アパレル業界において広報や宣伝をおこなう人をいいます。

ファッション雑誌やステージのような表舞台などに登場することもあるため、華やかな印象を持たれることが多いです。

ファッションが好きな人や華やかな雰囲気に憧れを抱く人から注目を浴びています。

この記事ではアパレルプレスの志望動機について、書き方やポイントなどを解説します。

アパレルプレスに興味のある人や転職を検討している人はぜひお読みください。

Contents

アパレルプレスの志望動機の書き方を解説

ポイント

この記事では、アパレルプレスの志望動機の書き方を解説します。

転職活動において、志望動機は非常に重要な意味を持ちます。

適切な志望動機を書けることが、転職活動のスムーズな進行や成功につながるのです。

志望動機という名称ではありますが、志望するに至った理由を素直に書けば良いものではありません。

ポイントを押さえ、アピールすべき点をしっかり盛り込むことが大切です。

さらに業界や職種によって適した文面や盛り込むべき要素は異なります。

アパレルプレスへの転職活動を成功させるための志望動機について解説しますので、ぜひ取り入れてください。

志望動機で意識すべきことは?

ポイント

志望動機で意識すべきことを紹介します。

ただ書けば良いわけではなく、読みやすさや文章構造などの考慮が必要です。

適切な文字数にする

志望動機は適切な文字数にしましょう。長すぎても短すぎても良くありません。

スペースが余るほどの文字数では熱意が伝わりませんし、必要な要素が盛り込まれていない可能性が高いです。

逆に小さな文字でたくさん書いてしまうのも、冗長な文章や過剰アピールにつながってしまいます。

履歴書における志望動機の一般的な文字数は200文字から300文字程度です。

志望動機を埋めるのは難しいイメージがあるかもしれませんが、求められる文字数自体はそれほど多くありません。

むしろ限られた文字数内でしっかりアピールするために、内容を簡潔にまとめる力が必要です。

結論を先に伝える

志望動機を書く際には、結論を先に伝えるようにしましょう。

だらだらと続く文章だと、結局何がいいたいのかわからないものになってしまいます。

志望動機は簡潔でわかりやすい文章にすることが大切です。

付随したい情報がいろいろあるかもしれませんが、まずは結論から伝えましょう。

そのうえで、適切な文字数内に収まるように追記をしていきます。

入社後に貢献できることを伝える

女性

志望動機では志望に至った理由を書きますが、その中で自身が入社後に貢献できることも伝えます。

活かせる知識やスキル、もしくは経験等があればアピールするべきです。

自身を採用することによって企業側に大きなメリットがあることを伝えられると、採用の可能性が高まります。

もちろん曖昧な理由では貢献するというイメージが伝わりません。

仕事に活かせる具体的なポイントを挙げたうえで、活躍の様子をイメージしやすいように伝えましょう。

将来のビジョンを書く

志望動機において、将来のビジョンを書くのも効果的です。

その企業や仕事を通して何をしたいかを書きます。

将来のビジョンが明確ということは、すなわちそれだけ熱意があるということです。

そのため具体的なビジョンがあることが伝われば、その分熱意のアピールもできます。

仕事で叶えたい目標やなりたい将来像などをアピールしましょう。

ブランドの魅力を伝える

似たような仕事ができる企業が複数あるなかで、その企業やブランドを選んだのには理由があるはずです。

ブランドへの熱意や好きという気持ちなど、自身の思うブランドの魅力を伝えましょう。

ブランドの魅力が伝えられるということは、熱意があると同時に企業研究もしっかりしたというアピールになります。

ただし、媚を売るような伝え方ではむしろ逆効果でしょう。

熱意をアピールしながらも、わざとらしくならないように魅力を伝えるようにします。

印象に残る志望動機を書くコツ

女性

採用担当者に響く志望動機にするには、印象に残る文章を作るべきです。

印象に残る志望動機を書くコツを紹介します。

アパレル業界を希望する理由を明確にする

志望動機において重要なのが、希望に至った理由を具体的にすることです。

すなわち数ある業界の中で、アパレル業界を希望する理由を明確にする必要があります。

業界に対して特にこだわりがないと判断されてしまっては、志望動機によるアピールができません。

アパレル業界を選んだ理由を明確にアピールしましょう。

志望動機が具体的かつ明確であるほど、印象に残りやすいです。

そのブランドを希望する理由を明確にする

ポイント

アパレル業界といってもまだまだ幅広いです。

そのため、そのブランドを希望する理由も明確にする必要があります。

ブランドのコンセプトや理念等、共感するところが何かあったはずです。

アパレル業界の中でもそのブランドが良いと思った理由を明確・具体的にしましょう。

採用担当者からの印象が上がると同時に、好感を持たれる志望動機になるはずです。

実体験などの具体的な話を入れる

志望動機の中で実体験などの具体的な話を入れると効果的です。

実体験に基づくエピソードは、他の人には真似できないオリジナリティが高いもののため印象に残ります。

志望するに至った具体的なエピソードなどを志望動機に取り入れます。

他の人には真似できない志望動機となり、印象に残りやすいでしょう。

具体的なエピソードがあれば、なるべく志望動機に取り入れるようにします。

 

ワンポイント
熱意をしっかりアピールできる志望動機にしましょう。

アパレルプレスの志望動機例文

女性

アパレルプレスの志望動機例文を紹介します。

経験者と未経験者でアピールすべきポイントが異なるため、自身に適した方をご覧ください。

経験者の場合

アパレルプレスの経験はもちろん、アパレル業界での他業務や広報・宣伝などの経験があれば経験をアピールします。

具体的な例文は以下のとおりです。

  • アパレル業界における別業務に挑戦し、より成長したいと思い志望しました。
  • 広報・宣伝業務の経験を活かしてアパレルの魅力を伝えたいと思います。

自身の経験を具体的にどのように活かしたいかをアピールしましょう。

経験者は即戦力となり得る点がカギです。

経験を活かしたいことをアピールし、そのうえで具体的なエピソードや将来のビジョンを併せて伝えます。

未経験者の場合

未経験者であれば、アパレル業界やブランドへの強い熱意や活かせるであろう別のスキル・経験をアピールします。

具体的な例文は以下のとおりです。

  • アパレル業界の◯◯という点、そして御社の◯◯の部分に強く惹かれ、ぜひ私も参加したいと思いました。
  • ◯◯を通して得たスキルが、アパレルプレスという仕事で大いに活かせると思います。

共感した点や強く惹かれた点は人それぞれなため、具体的なエピソードを取り入れます。

また別業界での仕事や私生活でなんらかのスキルを得ていれば、そのエピソードも活用可能です。

コミュニケーション能力・情報収集力・デザインスキルなど、求められる能力はさまざまです。

未経験であってもアパレルプレスで活かせるスキルを持っていれば、積極的にアピールしましょう。

アパレルプレスの志望動機NG例文

ポイントを指さすビジネスウーマン

アパレルプレスの志望動機NG例文を紹介します。

志望動機として適さない文章を使ってしまうと採用の可能性が下がってしまうため、注意が必要です。

具体的なエピソードを出さず「アパレル業界に興味があるから」

アパレル業界への憧れは志望動機として有用ですが、具体的なエピソードを併せる前提です。

すなわち曖昧な理由だけでは志望動機として弱く、印象に残りません。

アパレル業界へ興味を持った具体的なエピソードを簡単にでも良いので書きましょう。

どこにでも使えるような志望動機ではアピールポイントとして弱いです。

アパレル業界に興味があるという理由だけでは、誰でも簡単に書けるためNGとなってしまいます。

華やかな雰囲気で働けると思ったから

女性

アパレルプレスの華やかな雰囲気に憧れる人は多いでしょう。

しかし華やかな雰囲気で働きたいという理由だけでは、自分本位すぎるというのが実態です。

本心からの志望動機を伝えることも大切ですが、自分本位すぎるものは隠す必要もあります。

企業にアピールする志望動機として適さないものもあるということです。

自身の憧れや欲求だけによる志望動機はアピールしないほうが無難でしょう。

 

ワンポイント
曖昧な志望動機・自分本位すぎる志望動機はNGです。

アパレルプレスの職務経歴書の書き方

女性

履歴書の志望動機だけでなく、職務経歴書もアピールポイントとして重要です。

アパレルプレスの職務経歴書の書き方を紹介します。

ブランドテイストを詳細に書く

経験した企業のブランドテイストは詳細に書きましょう。

ひとくちにアパレルブランドといっても、テイストやコンセプトはまったく異なります。

そのため自身の経験をしっかり伝えるためには、ブランドテイストの詳細な情報が必要です。

ブランドテイストについてなるべく具体的に書きましょう。

もちろん業務内容についても明確な記載が必要です。

予算規模を伝える

予算規模は業務の規模やボリュームに直結します。

そのため経験した業務の予算規模も明確に伝えることが必要です。

職務経歴書に在籍していた企業について書く際、資本金や売上高・従業員数を記載するでしょう。

これは企業の規模感を把握することで仕事についてイメージするために必要な情報です。

同じように、業務における予算規模も採用担当者がイメージや判断をするために活用されます。

アパレルプレスになるためには資格は必要?

女性

アパレルプレスとして働くために必須となる特別な資格はありません

特に資格を持っていなくても安心して志望できます。

ただし資格を持っていることで知識をアピールできるため、有利な資格を取得して損はないでしょう。

広報や宣伝の分野における資格に「PRプランナー資格認定制度」があります。

資格は3段階に分かれており、PRプランナー補と準PRプランナーはそれほど難しくないため独学で取得可能です。

未経験からの転職であれば、アピールポイントとして資格を取得しておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
資格を取得するとより有利に転職活動が進められます。

未経験でもアパレルプレスになれる?

ノートパソコンを使う女性

アパレルプレスには特別必要な資格やスキルはないため、未経験からの転職も可能です。

しかしアパレルプレスの仕事は非常に競争率が高く、経験者からの志望が少なくありません。

そのため未経験の求人は少ないというのが現実です。

アパレルプレスとして働きたい気持ちが強いのであれば、アパレル業界や広報の経験を積みましょう。

先述した資格を取るのも効果的です。

未経験でもアパレルプレスになることは可能ですが、現実的には難しいと認識しておく必要があります。

 

ワンポイント
競争率が高く、未経験の求人は少ないのが現実です。

アパレルプレスの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

ポイント

アパレルプレスへの転職を目指して転職活動を進める人もいるでしょう。

アピールポイントになる志望動機の作成や面接対策など、やるべきことは多いです。

そのため転職活動の過程で悩みが生まれることは少なくありません。

特に今回紹介した志望動機は、限られた文字数で十分な情報を盛り込む必要があります。

志望動機で困ってしまう人は多くいます。

もし志望動機など、転職活動で困ったことがあればぜひ転職エージェントへご相談ください。

転職エージェントは多くの転職者をサポートしてきた転職活動のプロです。

志望動機の添削やアドバイスも多くおこなってきたため、より良い志望動機にできるでしょう。

一人で抱え込まず、プロのサポートを受けることも大切です。

困ったことがあれば転職エージェントへ相談してください。

まとめ

女性

アパレルプレスの仕事は華やかなイメージや仕事内容から人気を集めています。

そのため転職活動をするのであれば、志望動機のようなアピールポイントを有効活用すべきです。

ポイントを押さえた志望動機は採用担当者から高い評価を得ることができるでしょう。

どの業界・仕事であっても、適切な志望動機や盛り込むべき要素は存在します。

そのようなポイントを押さえ、より良い志望動機を作成することが転職活動成功のカギです。

もしお困りであれば、いつでも転職エージェントへご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら