日常生活の様々な場面で必要となる印鑑ですが、転職活動に欠かせない履歴書でも押すことになる場合があります。

その際に注意すべきなのが履歴書に押す印鑑の種類です。

印鑑の種類には実印・シャチハタ・認印などがありますが、どれを押すのが正しいのでしょうか。

今回は履歴書に押す印鑑の種類について解説をしていきます。

履歴書に押す印鑑の種類について解説!

仕事やりがい

履歴書では募集要項に記載されている場合や採用担当者から指示された場合などに、印鑑を押すことになります。

印鑑は自分の責任を証明するためのものであり、大変重要なものです。

そのため、履歴書でどういった種類の印鑑を押せば良いか、正しい方法を知っておく必要があります。

履歴書というのは企業に自分のことを知らせるための大変重要な書類です。

ビジネスマナーをしっかり身につけているということを印象付けるためにも、印鑑の種類についてしっかり知っておきましょう。

そもそもなぜ印鑑を押すの?

ポイント

そもそも印鑑というのはなぜ押す必要があるのでしょうか。

転職活動では書類選考やその後の面接選考で自身の履歴書を提出することとなります。

その際、印鑑を押すこととなりますが、押す意味を知っていればなぜ印鑑が重要なのかが分かるはずです。

印鑑というのは先述したように、自分の責任や権威を証明するために使われるものだといわれています。

履歴書に印鑑を押すのは、選考を受ける本人が書類を記入したということの証明なのです。

そのため、印鑑を押していなかったり誤った押印の仕方をしていたりすると企業にマイナスイメージを与えてしまいます。

場合によっては選考に落ちてしまうこともあり得るのです。

印鑑について指示されている場合にはしっかりと印鑑を押すようにしましょう。

印鑑の種類

デスクワーク

次は印鑑の種類について解説していきましょう。

ここで紹介する印鑑の種類は実印・シャチハタ・認印の3つです。

ここでは、この3つがどのようなものなのかを具体的に解説していきます。

実印

実印というのは市区町村の役所に自分の印鑑であるということを登録しているものを指します。

この印鑑を役所に登録するという行為を印鑑登録といいます。

印鑑登録を行うとその印鑑は実印として認められるようになるのです。

また、印鑑登録を行った印鑑は、それが実印であるということを証明するために、印鑑証明という書類を発行することができます。

実印は自分自身で書いた書類であるということを表すためのものだといえるでしょう。

実印は人生の転機ともいえるような重要な書類で押印を求められることがあります。

特に不動産の購入・売却をしたり、ローンを組んだりする際の書類作成では実印を求められる可能性が高いでしょう。

シャチハタ

準備

シャチハタというのは普通の印鑑のようにスタンプ台が必要なく、本体の内部にインクが入っているものを指します。

そのためいちいちインクを付ける必要なく、すぐに押印することができるのです。

シャチハタはネーム印・スタンプ印とも呼ばれますが、この種類のものは実印としては使うことができません。

役所や銀行などの書類ではシャチハタを使用する事はできないと考えた方が良いでしょう。

そのため、履歴書においても印鑑を押す際にシャチハタを使用するのは避けた方が良いと考えられます。

以下にシャチハタを使用しない方が良い、または使用できないものを列挙しておきましょう。

  • 印鑑登録
  • 金融機関への届出印
  • 婚姻届への使用
  • 履歴書への使用

これはシャチハタに内蔵されているインクが紫外線によって徐々に薄くなることが関係しているのです。

重要な書類に押した印が消えることを防ぐため、重要な書類ではシャチハタの使用がNGとなるケースがあります。

認印

認印というのは個人が所有している実印以外の印鑑のことを指す言葉です。

シャチハタも認印代わりとして使えるケースがありますが、重要な書類の作成では基本的に朱肉を使う印鑑を使用しましょう。

履歴書で認印としてシャチハタを使用した場合、そのインクの色や形状によって企業にすぐに分かってしまいます。

シャチハタを使っていると分かれば、良くない印象を受ける企業もあるため避けた方が無難でしょう。

また、履歴書で実印を使うのも悪くはありませんが、実印というのは一種の個人情報であるため悪用される可能性があります。

そのため、履歴書のように企業に対して送付するものに使うべきではありません。

印鑑登録していない朱肉を使う印鑑を使用するようにしましょう。

 

ワンポイント
・履歴書で実印・シャチハタを使うのはNG
・朱肉を使う認印を使用すると企業も好印象

どんな印鑑を選べばいいの?

ノートパソコンを見て考える女性

では、具体的にどういった印鑑を選べば良いのでしょうか。

印鑑の大きさや書体などでも企業の採用担当者があなたに対して持つ印象というのは変わってきます。

ここではどういった印鑑が履歴書に相応しいのかを解説していきましょう。

大きさ

印鑑の大きさというのは基本的にどのようなサイズでも問題はないとされています。

しかしながら、採用担当者によっては大きすぎる印鑑を使用していると偉そうだと思われる可能性があるようです。

そのため、一般的な直径の印鑑を使用するようにしましょう。

印鑑の直径が1.5cm程度のものであれば平均的なサイズであり、担当者に悪い印象を抱かせる可能性も少なくなります。

そのため、1.5cm程度の大きさの印鑑を使用するようにしましょう。

書体

また、印字面で使用される書体も誰が押したものかわかりやすいように、読みやすいものを選ぶことが大切です。

行書体楷書体のものは読みやすいため、そうした書体が使用されているものを選ぶと良いでしょう。

こうした細かい配慮の積み重ねによって、採用担当者に良い印象を与えることができます。

そのためしっかりと気にするようにしましょう。

 

ワンポイント
・大きさは1.5cm程度のものがベスト
・書体は読みやすい行書体や楷書体を選ぶと好印象

印鑑を綺麗に押すコツを紹介

女性

次は印鑑を綺麗に押すコツについて解説をしていきます。

履歴書に押した印鑑が掠れていたり、曲がっていたりすると印象にも影響を与える可能性があるでしょう。

また、今後他の重要書類に印鑑を押す際にも役立つため、この機会に覚えておくと良いでしょう。

ポイント①:捺印マットを使う

まず1つ目が捺印マットを使うということです。

捺印マットというのは、印鑑を綺麗に押せるようにするためのマットです。

捺印マットを履歴書の捺印欄の下に敷くことで、印鑑が掠れたり滲んだりするのを防いでくれます。

もしマットを持っていなければ文房具屋などで購入すると良いでしょう。

ポイント②:朱肉は全体になじませるようにつける

朱肉は印鑑全体に満遍なくつけるようにしましょう。

部分的に朱肉がついている状態だと、綺麗に印鑑を押すことができません。

必ずしっかり全体に朱肉がなじむように気をつけながらつけるようにしましょう。

ポイント③:「の」の字を意識して押す

ポイント

印鑑を押す際に「の」の字を意識して押すことによって、綺麗に押すことができるでしょう。

印鑑を押す時には必ず左か右のどちらかに力が偏ってしまいます。

力が偏ると、力が入っていない部分の朱肉が掠れてしまうことがあるのです。

そのため「の」の字を意識して押すことによって、全ての方向に対して均一に力を加えることができ、綺麗に押すことができます。

掠れず綺麗に印鑑を押すためのコツとして覚えておくと良いでしょう。

ポイント④:印面を普段から綺麗に保つ

印面に汚れや朱肉が詰まっていると、綺麗に押すことができません。

そのため普段から印面が綺麗な状態で保存しておくと良いでしょう。

もし印鑑を使用した際に汚れてしまった場合にはしっかりと拭く習慣をつけることで、印面を綺麗に保つことができます。

また、履歴書に押す際には、事前に印面が綺麗かどうか確認し汚れている場合は拭いてから使いましょう。

押印ミスした際の対処方法

悩む

次は押印ミスをした場合の対処方法を解説していきましょう。

ミスといってもそこには程度の差があります。

押印した文字が読める程度のミスであれば、そのまま履歴書を提出しても問題ありません。

しかしながら、文字が読めないほど大きなミスであった場合には履歴書を新しく書き直しましょう

履歴書でミスをしてしまった場合は、二重線を引いて訂正印を押す方法での修正は行ってはいけません。

必ずそのまま提出せずに書き直すようにしましょう。

先に印鑑を押してから履歴書を書き始めることで、このような大きなミスを未然に防ぐことができます。

ミスをしないようにと思うとかえって失敗してしまうため、事前に印鑑を押すという形で対処しましょう。

印鑑のOK例とNG例

バツ

次は印鑑に関するOK例NG例をご紹介していきます。

いざ印鑑を押してみたら、少し掠れたり滲んだりしてしまったというのは良くあることです。

その場合、どの程度であれば一般的に許されるのかを知っておくと良いでしょう。

OK例

先述したように、押印した文字が読める程度のミスであれば、問題ないと考えて良いでしょう。

例えば文字が分かる程度の掠れや滲みであったり、文字が少し斜めになったりしたというミスであれば一般的にOKとされます。

NG例

逆にNGなのは、押印した文字が読めない場合です。

逆さに押してしまったり文字が分からないほど掠れたり滲んだりしてしまった場合はNGと判断されるでしょう。

また、印鑑を二重に押してしまった場合もNGに該当します。

二重に押してしまったけれど読めるからといって提出しないようにしましょう。

 

ワンポイント
・押印した文字が読める程度の掠れや滲みはOK
・押印した文字が読めないものはNG

企業が履歴書で見ていること

クエスチョンマーク

企業は履歴書を通して応募者のどういった部分を見ているのかを解説していきます。

履歴書というのは、ただ自分のキャリアや能力・スキルなどを伝えるだけの書類ではありません。

採用担当者はその書き方からも応募者がどういった性格・特性を持っているのかを確認しているのです。

仕事の丁寧さ

企業は履歴書を見ることによって、その応募者が入社後に仕事をどれだけ丁寧に行うかを確認しています。

もし履歴書を適当に書くような応募者であった場合、その人は入社後の仕事も同じように適当に行うでしょう。

そのため仕事の丁寧さというのは大変重要なポイントです。

履歴書を丁寧に書くことによって、企業の採用担当者に入社後の仕事も丁寧に行う人物であるという印象を与えることができます。

書類作成の適性

ビジネスウーマン

企業の採用担当者は履歴書を通して書類をしっかりと作成できるかということも確認しています。

書式や指示の通りに書類作成を行うことができなければ、入社後も書類作成を正しく行えないでしょう。

そのため企業は履歴書を通して書類作成に関しての適性を知ろうと考えるのです。

ただ綺麗に書けば良いというわけではなく、指定された通りに書類を作成するということも心がけるようにしましょう。

 

ワンポイント
・履歴書が綺麗に作成できていれば仕事の丁寧さをアピールできる
・書式や指示通りに履歴書を作れれば書類作成の適性があると思ってもらえる

転職で迷ったら転職エージェントを活用しよう!

人差し指をたてるビジネスウーマン

もし転職活動で迷っていることがあるのなら、転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントはあなたの転職活動を多方面からサポートしてくれます。

例えば、転職先を選ぶ際には求人の紹介をしてくれたり、選考を控えている場合には線香へのアドバイスをくれたりするのです。

こうしたサポートというのは自分だけで転職活動をしている時には受けることができないものだといえます。

転職活動で迷いを抱えている方は積極的に転職エージェントを活用することで迷いの解消につながるはずです。

転職のプロフェッショナルの意見を取り入れて、自分にとって理想の転職先を見つけましょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回は履歴書に押す印鑑の種類を解説してきました。

履歴書にどういった印鑑を押すかということからも、採用担当者はその応募者の人柄を見ています。

そのためしっかりとマナーを守ることが大切です。

今回ご紹介した内容を参考にして、正しく印鑑を押してビジネスマナーを備えた人材であるということをアピールしましょう。

また、もし転職活動に関して悩みがあるという場合には転職エージェントを使用することで悩みを解消できます。

積極的に活用していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら