高齢化の進む中福祉業界への転職希望者は多く、特に女性の転職も増えています。福祉業界にはどのような職種があるのでしょうか。

そしてどのような仕事内容なのでしょう。こちらでは仕事内容と共に福祉業界の転職事情も解説しています。参考にしてください。

福祉業界の職種を解説

案内する医療スタッフ

福祉業界の職種には高齢者に対するものだけではなく、児童福祉障害者福祉も含まれます。

職種別に仕事内容や特徴、必要な資格などを解説していきましょう。どのような職種があるのでしょうか。

  • 介護系職種
  • 保育系職種
  • 相談援助系職種
  • 介護・リハビリ系職種
  • 栄養管理・調理系職種
  • その他の職種

福祉業界の職種は上記のようにさまざまですが、どの職種も今援助を必要としている人に対して支援を行う仕事に違いはありません。

それぞれどのような仕事を行っているのかを詳しく確認していきましょう。

 

ワンポイント
 福祉業界の職種は高齢者のみでなく児童福祉や障害者福祉も含まれます。

介護系の職種

看護師

介護系の福祉の職種にはホームヘルパー介護福祉士があります。要支援・要介護者に向けての援助・介護を行う仕事です。

ホームヘルパーは支援者を主に自宅に訪問して援助する仕事を行っています。

ホームヘルパーになるには研修を受ける必要があり、ホームヘルパーの行える範囲は定められているのです。

介護福祉士は福祉業界では中心的な職種として、介護・生活支援・相談など重要な部分を担います。

介護福祉士になるためには国家資格を取得する必要があり、活躍の場もあらゆる介護福祉施設など幅広くなります。

ホームヘルパー

ホームヘルパーは利用者の家庭での援助を行う職種です。あくまでも日常的な事柄が中心です。具体的内容を挙げてみましょう。

  • 身体状態に合わせた介助
  • 家事の援助
  • 通院の為の介助・乗降介助

身体状態に合わせた身体介助は、利用者の状況に応じて食事や排泄の介助を行ったり入浴や薬の服用を介助します。

利用者の状況によっては起床・就寝の介助も行います。利用者の身体状況によりホームヘルパーの仕事内容も異なるでしょう。

家事援助では日常の掃除や洗濯買い物といった家事を利用者に代わって行います。

食事援助も調理して配膳までは行なえますが、一緒に食事をすることはありません。薬の受け渡しもホームヘルパーの仕事です。

また健康チェックを行い、エアコンの温度調節などに気を配るなども必要な仕事のひとつなのです。

介護福祉士

ファイルを持つ女性

介護福祉士は国家資格を有する人をいいます。仕事内容はホームヘルパーと同様の身体介助・家事援助、加えて相談や助言も行います。

唯一の国家資格である介護福祉士は、利用者や家族の相談を受けアドバイスや心のケアを行うという重要な仕事を担っているのです。

その他ホームヘルパーや介護ヘルパーの育成、利用者一人一人に合わせた介護計画を立てるなどの仕事も行っています。

 

ワンポイント
介護系の職種にはホームヘルパーや介護福祉士があります。

保育系の職種

ままごとセット

保育系の職種には保育士・保育教諭があります。そもそも保育士と保育教諭とはどう違うのでしょうか。

保育士は0歳から5歳児の日常生活の補助や生活習慣を身につけさせるための手伝いを行います。

保育教諭は、知識や情操の指導教育を行う幼稚園教諭と、保育士の両方を兼ね備えた資格を持つと考えればよいでしょう。

保育士

保育士は児童福祉法に基づいた国家資格です。取得後各都道府県の保育士登録名簿に登録され、初めて保育士として働けるのです。

保育園で0歳から5歳児を預かり日常生活を補助し幼児が生活習慣を身につける為の手伝いを行うのが保育士の仕事です。

保育教諭

保育教諭は保育士と同様に0歳から5歳児を保育園で預かりますが、生活の補助とともに幼児教育も行うところが違っています。

保育と教育を両方行うため、保育教諭になるには保育士資格幼稚園教諭免許が必要となるのです。

最近では保育園よりも幼保連携型認定こども園と呼ばれる施設が増えているため、保育教諭の需要が多くなっているのが現状です。

相談援助系の職種

相談

福祉業界の仕事の中には、介護福祉士と重なる部分もあるのですが、主として利用者や家族の相談を受け実際に援助を行う職種があります。

広く社会福祉の相談を受ける社会福祉士と、介護福祉の利用者に寄り添うケアマネージャーがその職種です。

社会福祉士は国の援助を必要としている、高齢者や障害者・生活保護・児童福祉など生活困難者への支援や助言を行います。

相談を受けて、施設への入居や助成金などのアドバイスを行いサポートします。

社会福祉士

社会福祉士になるためには、社会福祉士国家試験に合格し資格を取得する必要があります。

社会福祉士国家試験を受験するには福祉大学などで指定科目を履修、相談援助実務や養成施設などでの履修により受験資格を取得します。

社会福祉士の資格を取得することで、生活指導員・ソーシャルワーカー・ケースワーカーなどでの活躍が可能となります。

ケアマネージャー

マネージャ―

ケアマネージャーは介護を必要としている人の相談を受けケアプランをたて、介護保険のサービスを充分に受けられるよう計らいます。

高齢者の生活における問題点を分析し、目標を定め目標に向けての見守りとサポートを行うのです。

また高齢者とサービス事業所との調整や介護給付費の管理などもケアマネージャーの重要な仕事となります。

ケアマネージャーになるには介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があり、試験の受験資格もかなり厳しくなっています。

必要な資格を取得し5年以上の実務経験を積む必要があるのです。必要な資格を挙げてみましょう。

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 医師
  • 保健士
  • 理学療法士
  • 栄養士

資格を取得し実務経験を5年以上積み初めて試験に臨めます。また試験に合格した後研修を修了する必要もある厳しさです。

それだけケアマネージメントは重要で、ケアマネージャーは広く活躍が期待できる職種だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 相談援助系の職種ではケアマネージャーと社会福祉士が挙げられます。

看護・リハビリ系の職種

リハビリ

福祉業界ではリハビリテーションで働く看護師・看護助手などもその職種に含まれます。

治療を終えた、もしくは治療中であっても患者の社会復帰を援助するためのリハビリテーションですが、高齢者にも適応されます。

看護助手

リハビリ看護助手とは理学療法士の手伝いを行う人をいいます。仕事内容は次のようなものになります。

  • 理学療法士のサポート
  • 患者のサポート
  • 事務作業
  • 雑務

理学療法士をサポートして患者の誘導や、必要な準備を行うなど患者の症状に合わせて必要なサポートを行います。

PCデータ入力など事務の作業も看護助手の仕事となる場合が多いです。その他開所前の清掃などの雑務も大切な仕事となります。

准看護師

看護師

看護助手は特に資格が無くても従事できる職種ですが、リハビリの場合でも準看護師は都道府県知事の免許を必要とする職種です。

看護師や理学療法士の指示のもと、患者の世話をし診療の補助を行います。リハビリテーションでは患者や高齢者の社会復帰を支援します。

 

ワンポイント
 リハビリ系の職種では理学療法士のサポートを行う看護助手や準看護師があります。

栄養管理・調理系の職種

ガッツポーズ女性

福祉業界の職種には、介護施設などで食事の提供を行う調理師や栄養管理の仕事も含まれます。

高齢者や障害者の栄養が偏ることなく日々注意を払い、食の方面から利用者をサポートするのが栄養士・調理師の仕事です。

施設内で日々の食事を利用者へ提供します。栄養面でも気を配り献立を決めて利用者のために調理し提供するのが仕事内容です。

栄養士は利用者の健康管理や健康相談などにも携わります。調理員は栄養士の指示のもと施設内で利用者に合わせた食事を作ります。

栄養士

栄養士の活躍の場は福祉業界のみではありませんが、福祉業界においても各福祉施設で栄養士が活躍しています。

栄養士とは栄養士資格を有した食に関した職種に従事する人をいい、その仕事の場は介護施設・障害者施設・児童福祉施設などです。

栄養士としてキャリアを積み管理栄養士にキャリアアップする人も多く、さまざまな場で活躍が期待できる職種になります。

調理員

調理員は各福祉施設などで食事作りや配膳を行います。施設内では栄養士の指示のもと、利用者に合わせた調理を行う必要があります。

どのような調理法であっても、美味しく食べてもらえるように心を込めて料理を作るという気持ちが大切です。

食は直接利用者の健康を左右するため、細心の注意をはらう必要もあるのです。またそれだけにやりがいを感じる職種でもあるでしょう。

その他

女性

一口に福祉業界といっても、さまざまな職種があることがお分かりいただけたでしょうか。

その他にも医療施設や福祉施設を仕事の場とする医療事務やクラーク(介護事務)などの職種も福祉業界で活躍しています。

医療事務

医療事務は医療施設に勤務し、受付業務や患者の「診療報酬明細書」の作成などを行います。仕事に従事する上で必須の資格はありません。

ただ医療保険制度に基づき患者さんの負担金額を計算するため、「医療事務技能審査試験」などの資格の取得を目指す人は多いです。

クラーク

クラークは介護事務のことです。医療事務と仕事内容は似ていますが、クラークは福祉施設で事務を行うという点が違います。

医療事務と同様に民間の資格試験を受け、ケアクラークとしてキャリアアップする人も多いのです。

福祉業界の転職事情は?

パソコン作業をする女性

高齢化が進む今、福祉業界への転職は年々増加しています。介護施設の求人も多いのですが、それを上回る希望者が多いのが実情です。

以前は未経験者であっても福祉業界への転職を成功させる人が多かったのです。今資格を取得する人や経験者が有利といえるでしょう。

もちろん未経験者でも転職が不可能な訳ではありません。転職エージェントに相談することで成功させましょう。

求人はどのくらいある?

高齢者施設や介護施設の特に新設された施設では多くの求人がみられます。高齢者施設では慢性の職員不足となっている所もあります。

そういった施設では求人も多い状況です。福祉業界ではその他多くの職種での求人があるので、情報網を持っていると強みです。

福祉業界は職種も多く、資格や経験が必須という職種ばかりではありません。自分のやりたい仕事をまずは目指しましょう。

最終的にどうなりたいのかもしっかりと計画して、少しずつキャリアアップし目標に向かうという方法で転職を成功させてください。

向いている女性の特徴は?

福祉業界は、人のために役に立ちたいと考える人が多い職種です。社会的に弱い立場の人を支援するという強い気持ちが必要です。

そのようなことも含めて、福祉業界に向いている女性の特徴は次のような人といえるでしょう。

  • おもいやりのある人
  • 観察能力のある人
  • 向上心のある人
  • 健康で忍耐強い人

何よりもおもいやりの気持がなくては福祉の仕事は務まりません。いつも明るく優しい気持ちで接することの出来る人が向いています。

多くの利用者のお世話をするため、危険なことを察知したり、利用者の気持に気付く観察能力が必要になります。

日々勉強することの多い福祉業界の中で、資格取得が必要な場合もあります。前向きに向上する気持ちが無くては務まりません。

福祉の仕事はやりがいとともに、肉体的にも精神的にもかなりの労力を必要とします。身も心も健康で忍耐強い人が向いています。

福祉業界の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性

福祉業界の仕事は多岐に渡っています。どのような仕事がしたいのかはっきりとさせた上で転職活動を行いましょう。

希望する職種についてわからないことや、どのような求人があるのか教えて欲しいときには迷わず転職エージェントに相談してください。

転職エージェントの豊富な経験から適切なアドバイスが期待でき、きっとぴったりの職種を見つけることができるでしょう。

まとめ

ポイント

福祉業界の職種には、介護系保育系相談援助系などに分けられる多くの仕事があります。

介護系なら介護福祉士やホームヘルパー保育系なら保育士や保育教諭など相談援助系ではケアマネージャーや社会福祉士などです。

福祉業界の転職状況は高齢化ということもあり求人は伸びている状況です。施設が新設された場合などは特に多くの求人があります。

ただ即戦力として働いて欲しいという場合も多く、資格保有者や経験者を求める職種が多いのが実情です。

ホームヘルパーとして経験を積み、最終目標であるケアマネージャーや介護福祉士を目指すなどの計画を立てることも可能です。

未経験者の転職なら転職エージェントに相談して、未経験者でも転職可能な職種をピックアップしてもらうのもよいでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら