ストレス社会と呼ばれる昨今では、疲れた身体を癒す効果があるものが強く求められています。

今回はそんな人々に「癒し」を提供し、ストレス軽減や身体の不調を改善していく「セラピスト」の職業について調べてみました。

セラピストの中でも最近ではアロマセラピストボディセラピストなどいろいろなジャンルに分かれているようです。

それぞれのジャンルの特徴や業務の流れ、収入などについてご紹介していきます。

特に女性が多く活躍しており人気の業界ですので、転職を考えている場合ではどんな仕事なのかぜひ参考にしてみてください。

セラピストの仕事内容を解説

笑顔のエステティシャン

実はセラピストという職業には明確な規定はありません。

もともとは「セラピー」という治療や療法を意味する英語を派生させて、その職業を行う「治療士」などを指す言葉でした。

ですので、心理学などを用いて治療や施術を行う職業をセラピストといっていましたが、現在はもっと広い意味で使われています。

その中でも、エッセンシャルオイルという植物由来の香り高いオイルを使って施術を行うアロマセラピストが有名でしょう。

これは施術といっても、どちらかといえばアロマの香りを使った「癒し」を主な目的としています。

他にも、色や音楽を使ってストレスを軽減させるリラクゼーション系のセラピストも増えているようです。

同じような癒しを促す職業としてエステティシャンもあります。

2つの職業の違いとしては、エステティシャンは美容や美肌など外面からサポートしていくのが特徴です。

対して、セラピストは主に心のケアを目的とすることが多く内面から相談者の悩みをサポートしていきます。

癒しを提供する職業は数多くありますがアプローチの仕方がそれぞれ変わるので、その特徴を把握した上で選んでいきましょう。

 

ワンポイント
・セラピストは治療士を意味する言葉で、現在ではさらに広い意味で使われている
・美容など外面のサポートを行うエステティシャンと違い、心のケアなど内面のサポートを行う

セラピストの種類

マッサージを受ける女性

セラピストは専門とする技術の違いでさまざまなジャンルに分類されます。

その代表的なもの2つについてご紹介しましょう。

心理治療

カウンセリングする女性

心理治療を行う心理セラピストは、心や精神を病んでいる相談者の話を聞き快方へと進むようにサポートするのが仕事です。

同じような職業として心理カウンセラーがあります。

違いとしては、心理カウンセラーは相談者の話を傾聴することで解決方法を見出していくのが特徴です。

心理セラピストはカウンセリングだけでなく、心理療法を使って直接的にストレスを軽減させていきます。

心理療法は心理学の専門知識を持った臨床心理士などが、投薬治療ではなく精神的な治療を行っていくものです。

治療には認知行動療法催眠療法など、潜在意識に働きかけ内面から悩みの原因となっている部分を探っていきます。

整体・マッサージ

マッサージ

心理治療のように内面へのサポートを行うのではなく、直接体に働きかけてストレスを軽減させていく方法もあります。

これも「整体師」の職業と業務内容が似ている部分もあるでしょう。

一般的に整体師は身体の歪みを直していくのに対して、セラピストは足裏のマッサージにより自律神経を改善させていきます。

直接的に治療を行うというよりは、ホルモンバランスを整えリラックス効果を得ることに重点が置かれていることが特徴です。

セラピストの業務内容

整体のカウンセリング

セラピストの実際の業務内容にはどういったものがあるのでしょうか。

主な仕事の流れについて解説していきます。

カウンセリング

まずは、相談者の悩みを聞くカウンセリングから始めます。

どういった悩みや不調を抱えているのか具体的に聞いていき、心理療法ではその不調に至る経緯も確認することが必要です。

このカウンセリングによって、どういったアプローチを行っていくか悩みに合わせた治療の方針を決めていきます。

人は悩みを打ち明けることで安心感を得られたり、共感されることでストレスが軽減されたりするものです。

そのため、カウンセリングでは即座に解決方法へと誘導することだけが重要ではありません。

相談者の話をじっくり聞いてリラックスさせていくことが重要となります。

施術

そして、カウンセリングで得た情報をもとに相談者にあった施術を行っていきます。

施術の方法は、セラピストの種類によってさまざまです。

ボディセラピストであれば、実際に身体にふれて新陳代謝を高めたり自律神経を改善させたりしていきます。

心理セラピストは、相談者が抱えるストレスや悩みの原因を探っていき心理的負担を軽減させるようアプローチしていくのです。

他に医療行為を行うメディカルセラピスト、五感を刺激しリラックス効果を高めるリラクゼーションセラピストなどもあります。

それぞれ専門知識を使って、相談者のストレスを軽くしていき高いリラックス効果を得るためのサポートを行っていくのです。

その他事務作業

セラピストは施術を行うだけでなく、所属する店舗の顧客管理などの事務作業も兼務する場合があります。

来店する顧客情報の管理も店舗にとって重要な仕事です。

施術の空き時間を使ってこのような事務作業は行われ、経験を積んでいくと店舗のマネジメント業務も任される場合もあります。

その段階になると顧客の管理だけでなく、働く従業員の管理も行い店舗全体のマネジメントを意識することが必要です。

どのような働き方を求めるかによって、同じセラピストの業務であっても大きく内容は変わっていきます。

セラピストのやりがい

応援する白衣の女性

お客様を癒すことが仕事になるセラピストにはさまざまなやりがいがあります。

その一例についてご紹介しましょう。

お客様を癒すことができる

セラピストの職業の大きなやりがいとして、お客様を癒して感謝されることが挙げられるでしょう。

ストレスを抱えたお客様を癒し満足いただけることは、施術を行うセラピストにとっても大きな達成感が得られます。

またお客様から感謝の言葉をかけられると、モチベーションも上がり自身の仕事に誇りを持つことにもつながるでしょう。

そうした癒しを与える存在となることで、お客様にも大きな安心感を与えリラックス効果が増幅されていきます。

お客様の心身の不調の改善に貢献できる

ボディセラピストや心理セラピストなどは施術によりお客様の体調が改善していく様を目に見えて確認することができます。

自身が立てた方針のもとにアプローチを行い、効果が上がる様子を実感できることは大きなやりがいにつながるでしょう。

また、成功へと導ければ自分の仕事に自信を持つことにもつながっていきます。

たくさんの成功体験を得ることで確かな技術が身につき、さらに多くのお客様の体調を改善させることができるでしょう。

専門知識や経験が得られる

セラピストとして働いていくことで、癒しの手法やストレスの軽減方法についての知識がさらに深まっていきます。

必要な知識を持つことは前提条件となりますが、現場での実務の経験を積むことでより実践的な技術が身についていくのです。

同じような悩みを抱えている相談者の施術でも、それぞれ置かれている状況が違うためアプローチの手法も異なります。

状況に即した判断技術が身につくことで、その後の自身の施術の幅も広がっていくでしょう。

 

ワンポイント
セラピストのやりがいは、お客様を癒すことや心身の不調改善に貢献すること、実践的な技術が身につくことなどが挙げられる。

セラピストに向いている女性の特徴

スッキリした表情の女性

セラピストにはどんな女性が向いているのでしょうか。

その特徴について3つご紹介します。

人の役に立ちたい人

セラピストは相談者の悩みやストレスを解決することが主な仕事になります。

そのため、人の役に立ちたいという奉仕の精神は持っておくべきでしょう。

人の悩みを解決するには、相手の立場になって考える必要があるので自分の悩みを解決するよりも難しい場合が多々あります。

それでも、お客様の役に立ちたいと考え献身的な姿勢で業務にあたることがセラピストには求められるでしょう。

人の心身を癒したい人

セラピストは相談者の心を癒しストレスを軽減できる存在になる必要があります。

同じように心や身体の悩みを解決する医師の仕事とは違い、セラピストは施術に薬を使うことはありません。

その代わりにアロマや自身の心理学の専門知識などを使って、リラックスできる空間を演出します。

そんな癒しの空間を作り出し、お客様に喜んでもらえることが好きな方がセラピストには向いているでしょう。

聞き上手な人

セラピストは施術前にお客様の悩みや抱えているストレスについてカウンセリングをするところから始めます。

また、施術を進めていく中でもお客様と対話を繰り返すことで気分を楽にしていくこともあるでしょう。

そういった場合にはヒアリング技術が重要となります。

お客様によっては具体的な解決策を的確に指摘されるよりも、ゆっくりと悩みを聞いてもらいたい場合もあるのです。

相談者がどのような思考の傾向を持つのか引き出すためには、高いヒアリング技術が必要となります。

日常生活での相手の話を聞くことが多く、相談されることが多い人にとっては自然と身についている技術でもあるでしょう。

セラピストの年収は?

お金

セラピストの年収は仕事の種類によっても大きく変わってきますが、一般的には300万円前後が相場のようです。

ただし、店舗の給与形態によっては歩合制を取り入れている場合もあり実力次第ではさらなる給与アップも見込めます。

裏を返せば指名の数が自身の給与に大きく影響するシビアな世界であることも考えておく必要があるでしょう。

また、経験を積んで自分の知名度が上がっていけば独立開業する道もあります。

店舗勤務であれば月の給与は20~30万円程度となりますが、努力次第でそれ以上のレベルも目指すことができる業界です。

 

ワンポイント
・セラピストの年収は平均300万円前後
・歩合制を採用している企業では実力次第でさらなる給与アップも見込める

セラピストのキャリアパス

書類を持つ女性

  • 店舗マネジメント
  • 独立開業
  • フリーランス

キャリアパスとしては、店舗勤務であれば実績を積み信頼を得ることでマネジメント業務を任されることがあります。

店舗の責任者として、お客様対応以外にも売上管理や従業員の管理など店舗全体をまとめる責任のある業務です。

さらに実績を積んでいけば、独立して自身のサロンを開くこともできます。

また、フリーランスとして個人でいろいろなサロンと業務提携を結んで仕事を受けるやり方もあるようです。

どちらも案件に発生する報酬を基本自分で決めることができるので、店舗勤務よりも収入アップを狙うことができます。

もちろん軌道に乗るまでは仕事が少なく収入が減る可能性は覚悟しなければなりません。

しかし、安定して仕事が受注できるようになれば勤務形態も自身で決めることができるので自分のペースで働くことができます。

 

ワンポイント
実績を積むと店舗マネジメントを任されることや、独立開業やフリーランスとして働く道も開ける。

セラピストになるためには

スマホを操作する女性

では、セラピストになるにはどういったステップを踏む必要があるのでしょうか。

その具体例についてご紹介します。

セラピストの勉強をする

ノートを見て考える女性

セラピストの種類はいろいろとありますが、どんなセラピストであっても多くの専門知識を身につける必要があります。

アロマセラピストであれば、施術に使うアロマの種類や成分などを熟知しておかなければなりません。

心理セラピストであれば、心理学についてさまざまな知識を身につけ状況に応じて対処法を提案できることが重要です。

また施術に使用する手法だけでなく、お客様の対応についても十分に理解しておかなければならないでしょう。

優れた技術があっても、適切な対応ができなければお客様を癒すことができず逆にストレスを抱える原因となることもあります。

お客様の立場になって考え、どのようなアプローチを求めているか考えながら対応していくことが必要でしょう。

専門資格を取得する

パソコンに向かう女性

セラピストの業務には関連するいろいろな資格が設けられています。

資格を取得することは、必要な能力を持ち合わせていることを証明するのにもっとも効果的な方法です。

特に独立開業やフリーランスで仕事を受ける場合には、資格を持っているとクライアントに安心感を与えることができます。

主なものでは、整体に関する作業療法士や理学療法士などです。

これらは国家資格であり、受験資格として専門の養成校を卒業する必要があるので取得ハードルの高い資格といえるでしょう。

国家資格を使った職業の場合、民間資格と違い保険治療を行うことができるというメリットもあるようです。

民間資格も数多くあり、さまざまな団体が独自の審査基準を設けてライセンスを発行しています。

セラピストに関する資格のほとんどは民間資格であり、スクールや通信講座で学べるようになっているのです。

取得に必要な期間も資格によってさまざまで、短いものであれば2~3ヶ月、長いものでは2年かけて取得するものもあります。

自身が目指す職業に必要な技術によって、その学習時間は変わっていくでしょう。

セラピストの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

胸に手を当てる女性

セラピストと一口にいってもさまざまな職業に分かれています。

また、関連する民間資格も数多く選択肢があり異業種からの転職ではどのように学んでいけばいいか迷うこともあるでしょう。

そういった転職で困ったことがあれば、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは幅広い業界の知識を持ち合わせており、転職の進め方も丁寧に説明してもらえます。

また、インターネットなどには掲載されていない非公開求人などを持っている場合もあるので転職先を選ぶ幅も広がるのです。

相談にかかる費用もすべて無料となっているので、気軽に話を聞くことができるでしょう。

まとめ

健康のイメージの女性

セラピストは女性の支持が高い職業であり、転職の際にも人気の業界です。

華やかなイメージの強い業界ではありますが、働くには必要な専門知識を数多く身につけなければならない厳しい面もあります。

また店舗勤務の場合比較的収入が伸びづらい面もあるので、転職の際の企業選びも慎重に行わなければなりません。

何か分からないことや不安な点があれば、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職に必要な知識をしっかりと身につけ、よりよい転職活動が行えるようにしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら