映像ディレクターの仕事内容は幅広く具体的な内容を知りたいという人は多いでしょう。

しかし、動画サイトなどの普及によって映像ディレクターの需要は高まり目指す人も多いです。

今回は映像ディレクターの仕事内容について解説していきます。

映像ディレクターの仕事のやりがいを感じられるポイントや向いている人の特徴についても紹介していきます。

映像ディレクターへの転職を目指す人はぜひご覧ください。

映像ディレクターの仕事内容を解説

女性

SNSやYouTubeの普及によって映像ディレクターの需要は高まっています。

しかし、映像ディレクターが具体的にどんな仕事をしているか知っている人は少ないでしょう。

様々な映像の制作に関わる映像ディレクターの仕事内容について解説していきます。

映像ディレクターの仕事に興味を持っている人はぜひチェックしてみてください。

取り扱う映像の種類はさまざま

ポイント

映像ディレクターが取り扱っている映像の種類は多いです。具体的には以下のような映像を取り扱っています。

  • 映画
  • アニメ
  • テレビ番組
  • コマーシャル
  • ライブ映像
  • ミュージックビデオ
  • WEB動画
  • ブライダルムービー

取り扱う映像の種類は制作会社によって異なります。

そして、映像の種類によって業務内容も変わるのです。

映像ディレクターへの転職を考えている人は自分が関わりたい映像の種類や業務をきちんと把握する必要があります。

そのため、映像の種類や制作会社を選ぶ方法に迷ったときは転職エージェントなどに相談しましょう。

 

ワンポイント
映像ディレクターの取り扱う映像の種類は制作会社によって異なる。

映像ディレクターの一般的な業務の流れ

ディレクター

映像ディレクターの業務内容は企画依頼・予算スケジュールの組み立て・シナリオ作成・撮影・編集です。

内容を聞くだけでもその仕事の多さを感じることでしょう。ここからは、それぞれの業務について詳しく紹介していきます。

業務内容を知ることで転職の際のアピールポイントを知ることができるでしょう。

映像ディレクターに転職する前に、まずは業務の流れについて確認してみてください。

企画依頼

映像制作はまず企画から始まります。

クライアントから受けた映画やアニメ、テレビ番組などの映像作品に関してどのようなコンセプトで制作するかを決めるのが仕事です。

基本的にはクライアントとコミュニケーションを取りながら企画を行います。

また、映像制作の目的や伝えたいこと、ターゲット層を考えて企画を行うことが企画ではポイントとなるでしょう。

企画の段階で制作する映像のクオリティがある程度決まってしまいます。

そのため、企画は映像ディレクターの仕事の中でも重要です。

予算スケジュールの組み立て

女性ディレクター

予算スケジュールの組み立ても映像ディレクターの仕事の一つです。映像を作成するためには費用が必要となります。

クライアントから依頼を受ける場合はクライアントの予算を聞きつつ費用を提示することになるでしょう。

クライアントから依頼を受けない場合は映像作品に出資してくれるスポンサーを見つけなくてはなりません。

また、スポンサーを探すために広告代理店に依頼することも多いため、しっかりと予算スケジュールを組む必要があります。

構成・シナリオ作成

映像制作の準備が整ったら、具体的な構成やシナリオ作成に移ります。

企画を参考に構成やシナリオを作成するため、企画のクオリティが重要です。

また、アニメ制作の場合はこの段階で素材の作成に取り掛かります。

映画やドラマの場合はキャスティング、オーディションロケハンなども行います。

撮影までに必要な準備をこの段階でしておくことが、スムーズな撮影に繋がるため丁寧な仕事が求められることでしょう。

撮影・編集

撮影

全ての準備が整ったら撮影です。映像ディレクターの仕事としては撮影時に現場で指揮を取ることがメインだと思われがちです。

しかし、実際には撮影までに多くの工程がありその全てに映像ディレクターが関わっています。

企画から撮影までの全ての工程で関わっているからこそ統一感のある作品を作ることが可能なのです。

また、撮影後の編集も映像ディレクターが行う業務になります。

多くの業務をこなしてきた映像ディレクターの仕事もこの工程で終わりとなりますが、ここで手を抜いてしまうと全てが水の泡です。

最後まで手を抜かずに仕事をやり抜くことが大切となるでしょう。

映像ディレクターのやりがい

パソコン 女性

映像ディレクターの仕事は量が多く大変です。それでも映像ディレクターを目指す人は増えてきています。

その理由を知るために、ここでは映像ディレクターのやりがいについて紹介していきます。

やりがいを知ることによって、映像ディレクターに転職したいという気持ちが高まることでしょう。ぜひチェックしてみてください。

自分のアイデアを形にできる

映像ディレクターのやりがいの一つが自分のアイデアを形にできることです。自分が考えた企画が映像という形になります。

クライアントから依頼を受ける場合でも、映像クリエイターの想像力が作品に影響するためやりがいを感じることができるでしょう。

また、予算が多ければ豪華な映像作品を作ることもできるため、楽しく仕事をすることができます。

人に感動を与えられる

パソコンをしながら微笑む女性

映像は人に感動を与えることができます。映画やドラマなどを見て涙を流す人も多いことでしょう。

映像として作品を作ることで多くの人が目にすることとなります。

そして、多くの人の目に触れるからこそ自分が制作した映像が人に感動を与えたということを実感しやすくなるのです。

人に感動を与えることは中々できることではないため、やりがいを感じることができます。

エンドユーザーの声が直でもらえる

映像作品はクチコミなどによってエンドユーザーの声を直で知ることができます。

クライアントから依頼されて作成したものであっても、エンドユーザーからの声を知ることができるのは映像の魅力です。

また、エンドユーザーの声を直接知ることができるからこそ、次の作品に活かすことができ自分が成長できます。

世間からの評価がよければ自信にも繋がり喜びを感じられることでしょう。

 

ワンポイント
映像ディレクターは自分のアイディアを形にできてその結果を直接知ることができる。

映像ディレクターに求められる能力

打ち合わせをする女性

映像ディレクターにはマネジメント能力・発想力・演出力が求められます。

これらの能力が求められるのは、映像ディレクターが映像案件のリーダーだからです。

映像ディレクターの能力がそのまま映像作品に影響するため、より多くの能力が求められます。

では、映像ディレクターに求められる3つの能力について詳しく紹介していきます。

マネジメント能力

映像ディレクターは映像制作に関わる全ての仕事の指揮を取らなくてはなりません。

だからこそ映像ディレクターには高いマネジメント能力が必要とされます。

また、映像制作の現場で使用される技術や方法は日々進化しているため、柔軟に対応する力も必要となるでしょう。

そして、今、映像制作に何が必要なのかを見極めどのような指示をすることが適切なのかを瞬時に見抜くことが重要です。

状況に応じて行動する能力がある人はマネジメント能力が高いといえるでしょう。

発想力

OKサインをする女性

発想力も映像ディレクターに必要な能力の1つです。クライアントの要望に応えて企画や映像制作をすることも大切でしょう。

しかし、クライアントの要望に応えるだけではいけません。

それに加えて映像ディレクター独自のアイディアを出すことができればより素晴らしい作品を作ることができます。

ゼロから作品を作り上げることにやりがいを感じ、新しいアイディアが思いつく人が輝ける仕事です。

演出力

映像ディレクターには演出力も求められます。この場合の演出力とはエンドユーザーがワクワクするような作品を作れる能力です。

クライアントから依頼されている場合でも、演出力があれば期待以上の作品を作り上げることができます。

演出力がある映像ディレクターの作品は人の目をひくことが多いため、演出力は映像ディレクターに求められる能力となるのです。

 

ワンポイント
映像ディレクターに必要な能力は3つ
・どんな状況にも対応できるマネジメント能力
・柔軟な発想力
・見る人をワクワクさせる演出力

映像ディレクターに向いている女性の特徴

女性

映像ディレクターを目指す女性の多くは、自分が映像ディレクターに向いているのか不安になってしまいます。

また、映像ディレクターへの転職を考えている人は自分がこの職業に向いていると分かると自信を持つことができるでしょう。

ここでは、映像ディレクターに向いている女性の特徴を3つ紹介していきます。

自分に当てはまる項目があるかどうかチェックしてみてください。

決められた日程や予算でマネジメントできる人

決められた日程や予算でマネジメントを行う能力がある女性は、映像ディレクターに向いています。

基本的に映像作品を作成するときには予算が設定されます。特にクライアントから依頼を受ける場合は予算に限りがあることが多いです。

そして、その限られた予算の中でどれだけ素晴らしい作品を作れるかが映像ディレクターの腕の見せどころとなります。

また、時間や予算で映像作品のレベルを決めてしまうのは映像ディレクターの仕事ではありません。

その状況でできる最高の仕事をすることが映像ディレクターには求められるでしょう。

発想力や感受性豊かな人

話し合い

映像ディレクターが映像を作成するときにポイントとなるのがその発想力です。

今までにある似たような作品を作っても注目を集めることはできません。

ドラマや映画を見る時にワクワクするのは、その後の展開を想像するからです。

似たような作品を見る時に、果たしてワクワクするでしょうか。映像作品では常に新しいものが求められる傾向にあります。

だからこそ、発想力や感受性豊かな人が映像ディレクターに向いているのです。

コミュニケーション力がある人

コミュニケーション力がある人も、映像ディレクターに向いています。

映像ディレクターの仕事ではパソコンなどの画面に向き合うこともあるでしょう。

しかし、その仕事のほとんどは人とコミュニケーションを取ることです。

映像作成チームの仲間とのコミュニケーションに加えてキャストやクライアントなど人とのコミュニケーションが必要不可欠となります。

そのため、素晴らしい発想力や技術力を持っているだけではいけません。

コミュニケーション力があってこそ映像ディレクターとして活躍することができるのです。

映像ディレクターの年収

案内

映像ディレクターの年収は約450万円です。日本人の平均年収を上回っているため、高所得を期待できる職種となるでしょう。

しかし、映像ディレクターの収入は企業によって異なります。

大手のテレビ局や制作会社の場合は年収1000万円を超えることもあるでしょう。

また、フリーの映像ディレクターとして働く場合も高収入が期待できます。

転職の際は企業によって収入が異なることを忘れてはいけません。

 

ワンポイント
映像ディレクターの収入は企業によって異なる。

映像ディレクターのキャリアパス

リフレッシュする女性

映像ディレクターのキャリアパスはアシスタントディレクターから始まり、チーフディレクターへとステップアップしていきます。

また、プロデューサーへステップアップすることもあるでしょう。

ディレクターとしての経験を積むことでフリーのディレクターとして活躍することも可能となり、キャリアパスは広いものとなります。

映像ディレクターへの転職は転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズ

映像ディレクターは今後も需要が高まる職種です。

しかし、多くの能力が求められる仕事でもあるため、転職へのハードルは高くなっています。

そのため、映像ディレクターへの転職を目指す場合は転職のプロである転職エージェントに相談することがおすすめです。

転職エージェントに相談することで転職対策を行うことができます。

また、転職エージェントのみが持っている求人もあるため、転職の幅を広げることができるでしょう。

まとめ

ガッツポーズをする女性

映像ディレクターの仕事は簡単なものではありません。しかし、その分やりがいを感じられる仕事です。

今後需要の高まる仕事でもあるため転職のチャンスはあります。

テレビや映画などの映像が好きな人や、クリエイティブ系の仕事をしたい人は映像ディレクターを目指してみましょう。

また、転職での悩みは転職エージェントに相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら