ゲームセンターへの転職を希望している方の中には志望動機の書き方に疑問がある方もいらっしゃるかもしれません。

「ゲームに興味がある」ということだけでは他の応募者との差別化は難しいです。

志望動機を書くときのポイントを理解していると何を書けば良いかも分かってくるでしょう。

この記事ではゲームセンターの志望動機の書き方を解説します。

志望動機を考える前にすべきポイントや面接対策も紹介しますので参考にしてください。

ゲームセンターの志望動機の書き方を解説!

ゲームセンター

ゲームセンターの仕事はゲームフロアの接客だけではありません。機械のメンテナンスや清掃・ゲーム景品の補充など業務の幅は広いです。

もちろん「ゲームが好き」だけの志望動機でも熱意は十分伝わります。

それに加えてゲーム以外の業務もこなせる人材だとアピールできれば採用担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

書き方を確認して自分の良さをアピールできる志望動機を作ってください。

志望動機を書く前のポイント

ポイント

志望動機を書く前にやっておきたいことを紹介します。

志望動機を書く時に注意することは「応募先のゲームセンターが求める人材」であるということをアピールできているかどうかです。

どれほど優秀なスキルを持っていてもゲームセンターで活かせないのであれば意味がありません。

ゲームセンターが求める人材だということを伝える志望動機を書くための準備をしていきましょう。

自己分析を深めよう

考える

志望動機はただ単に志望する理由を述べれば良いわけではありません。自分が企業の求める人材であることをアピールする場でもあるのです。

そのため志望動機を書くには自分の能力を知る必要があります。

「なぜこの業界なのか」「なぜこの企業なのか」を伝えつつ、自分がどんな人材であるのかをアピールするのが良いでしょう。

そのためには自分が何を望んでいるのか・自分がアピールできる能力は何かを知る必要があります。

志望動機を書く前には自己分析をしてみてください。自分の経歴を書き出し「なぜ自分はそうしたのか」も一緒に考えます。

そうすることで自分がどのような時に力を発揮するかを知ることができるでしょう。

業界研究をしよう

見つめる

志望動機を書く前の業界研究も重要です。

ゲームセンターが好きだから業界研究は必要ないかもしれないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし業界研究を怠っていると面接時に業界に対する理解がないと判断されてしまうおそれもあります。

また業界のシェアや勢力図を知ることにより自分が将来貢献できる部分を発見できるかもしれません。

自分が貢献できる部分は志望動機でアピールできるポイントにもなります。

もし業界研究が十分でないかもしれないと思ったら転職エージェントにご相談ください。

豊富な情報から的確なアドバイスがもらえます。

ゲームセンターが求める人材

ゲームセンター

ゲームセンターの仕事は以下のようなものがあります。

  • 接客
  • 景品補填
  • 機械メンテナンス
  • 清掃

採用後に業務をこなせる人材が求められますので、上記のような仕事ができる・抵抗がない方が望ましいでしょう。

ゲームセンターはお客様に楽しんでもらうための施設です。そのためお客様を笑顔にできるような人材が求められます。

土日や連休の時期は特に忙しくなるため休日でも出勤可能だと良いでしょう。

ゲームセンター内は大きな音が常に流れています。大きな音が苦手な方には難しいかもしれません。

 

ワンポイント
志望動機を書く前に自己分析をしてどんなスキルを活かせるか考えよう。

志望動機のポイント

ポイント

志望動機の書き方のポイントは書き出しと構成です。採用担当者は志望動機で「企業が求めている人材かどうか」を見ます。

ただ長い文章を書けば良いのではありません。ポイントをおさえて的確な志望動機を書いてください。

書き出しはまず結論を書きます。何が言いたいのかを伝えるために最初からはっきりと結論を書きましょう。

書き出しを読んだ採用担当者が「この人は求めている人材かもしれない」と最初に思えば、その後の文章も好印象のまま読んでもらえます。

また志望動機は自分ならではのものにしましょう。自分の能力や経験を応募先の企業でどのように活かせるかなどを具体的に書くのも手です。

応募先のゲームセンターでどのように活躍できるのかを考えてみてください。

 

ワンポイント
志望動機の書き出しは簡潔に結論から書こう。

志望動機の例

ポイント

ゲームセンターの志望動機の例を見ていきます。

例文と見比べながら自分の志望動機がポイントをおさえているかどうか確認するのも良いでしょう。

OK例①前職の経験を活かす

女性

「前職のアパレル販売の接客経験を活かせると考え志望いたしました。

お客様を笑顔にすることが好きで、ゲームセンターでも景品の配置や清掃などアパレルの経験を活かしてお客様を笑顔にしたいと考えています。

ゲームが好きでゲームセンターでは対戦のクイズゲームに夢中になりました。

お客様に気持ち良く利用していただけるように工夫していきたいと思います」

前職の経験をどのように活用できるかアピールした志望動機です。

OK例②業界の求める人材を研究している

ポイント

「ゲームが好きなことを活かしたいと考えて応募しました。ゲームセンターもよく利用しており楽しい雰囲気が大好きです。

ゲームセンターの勤務経験はありませんが、前職の書店での接客の経験を活かせると考えています。

立ち仕事にも慣れており、休日出勤することにも抵抗はありません。

業務を早く覚えていけるように頑張りたいと思います」

前職の経験を活かせる強みや土日の出勤ができることがアピールポイントです。

ゲームセンターの業界が求める人材をしっかり研究できています。

OK例③自分が採用後何を目指すかがわかる

女性

「昔から人を笑顔にするのが好きでしたので、お客様を笑顔にできるゲームセンターの勤務を志望しました。

学生の頃から友人とクレーンゲーム機やプリントシール機を楽しんできましたので馴染みもあり操作方法も理解できます。

笑顔で接客することはもちろんのこと、機械の整備や清掃を工夫してお客様に喜んでもらえるようにしたいです」

自己分析を行い自分がどんな業務で働きたいかを把握している志望動機になります。

志望動機のNG例

バツ

志望動機では企業が求める人物像とマッチしているかどうかを見られます。

そのためパターン化された志望動機や独りよがりな志望動機はNGです。

書き方ひとつで採用担当者に与える印象は変わります。志望動機のNG例を挙げますので参考にしてください。

NG例①ゲームセンターを仕事場として見ていない

ゲーム

「私はゲームが大好きですのでこちらで働きたいと思い志望しました。

特に謎解きゲームが好きで、クレジットの消費を気にせずにずっと遊んでいます。

他にも格闘ゲームも好きです。全国ランクも高く注目されていました。

ゲームセンターに勤務して大好きなゲームに囲まれていたいと思い、志望いたします」

ゲームセンターは楽しい場所です。しかしそれはお客様が楽しめる場所という意味になります。

ゲームが好きなことは好印象を与える場合もありますが、自分が楽しむことだけを考えた志望動機はNGです。

NG例②前職の悪口

「前職では飲食店の接客業をしており残業が嫌になって転職を決意しました。

人間関係が悪く居心地が良くなかったため、これからは楽しい場所で働きたいと考えています。

残業については特に思うところがあり、仕事は定時で切り上げるべきだというのが私の考えです」

たとえ本当にそう思っていたとしても志望動機で前職の不満や悪口を伝えないようにしましょう。

採用担当者は「うちでも同じように不満に思うかもしれない」と不安になるでしょう。

ネガティブな転職理由や志望動機は良い印象を与えることはありません。

NG例③福利厚生ばかりを話題にする

ゲーム

「私がこのゲームセンターを志望したのは自宅から近いからです。

ゲームのことを詳しく知ることもできるしここなら仕事を楽しく教えてもらえると思いました。

先日スタッフさんとお話した時にスタッフだけのゲーム大会があると聞き、楽しく参加したいと思っています」

勤務地が自宅から近いことは有利になる場合がありますが福利厚生面ばかりを志望動機にするのはおすすめできません。

採用担当者も「条件が良ければうちじゃなくても良いのでは」と感じることが多いようです。

面接の対策

女性

書類選考を通過した後は面接になります。

面接でも志望動機を聞かれることがありますので履歴書と齟齬がないようにしておきましょう。

また何の準備もなく面接を受けるとスムーズにできない可能性もあります。

面接日までに準備することや対策を紹介しますので参考にしてください。

面接当日に行う対策も紹介します。

面接前日までに準備すること

準備

面接で焦らないためには前日までの準備が必要です。

まず何より心の準備をしておきましょう。面接時間を確認してあらかじめ面接会場までの道のりやかかる時間を調べておくとなお良いです。

遅刻は印象が悪くなりますので時間には余裕を持つようにスケジュールを組みましょう。

面接では履歴書の内容を聞かれることも多いため履歴書のコピーを準備してください。

疑問に思ったことを聞くこともありますので求人情報のコピーがあると安心です。

筆記用具と腕時計も事前に準備しておきましょう。

面接当日にすること

ポイント

面接当日は遅刻しないように余裕をもって行動しましょう。携帯電話の電源をOFFにして身だしなみをチェックしてください。

ゲームセンターはお客様に楽しんでもらうための施設ですので、服装には清潔感が必要です。

もし控室で待つことがありましたらウロウロせずに静かに待機しましょう。ノックの仕方やお辞儀のマナーにも注意します。

面接官の話はしっかりと聞き、質問に答える場合はハキハキと話しましょう。

もし遅刻しそうになったらすぐに採用担当者に連絡をしてください。

どうしても面接に行けなくなった場合は無断で欠席するのではなく前日までに連絡を入れましょう。

その他心がけるポイント

面接の対策や準備は多くあります。

しかしあまり考えすぎてしまうと緊張してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

当日緊張しすぎないようにリラックスできる方法も考えてみてください。

 

ワンポイント
面接当日はマナーを忘れず時間に余裕をもって行動しよう。

面接でよくある質問

ポイント

面接ではよくある質問がいくつかあります。

事前にどんな質問があるのかを知っておくことで落ち着いて対処できるでしょう。

面接での質問に応える時は面接官とコミュニケーションをとるように心がけます。

そのため答えを丸暗記せず自分の言葉で話しましょう。

よくある質問①自己紹介

女性

殆どの面接では「自己紹介をお願いします」と自己紹介を求められます。

面接官は採用後に業務を行えるかどうかを見ていますので、名前だけではなく自分のアピールポイントも簡単に伝えると良いでしょう。

自己紹介では簡潔に要点を述べるようにします。

よくある質問②志望動機

「志望理由を教えて下さい」という質問で志望理由を求められることもあります。

面接官はこの質問では以下のようなことを見るでしょう。

  • 応募者の熱意
  • 職場にマッチするか

面接官は熱意や意欲を持った応募者を採用したいと考えます。

自分の経験をどのように活かしていくか・なぜこのゲームセンターでなければ駄目なのかを伝えましょう。

提出した履歴書と齟齬が出ないように注意するのもポイントです。

 

ワンポイント
よくある質問の答は丸暗記せずに自分の言葉で話そう。

志望動機に困ったら転職エージェントを活用しよう!

女性

志望動機に困ったら転職エージェントを活用してください。

ひとりで不安や悩みを抱えていても解決するまでに時間がかかってしまいます。

転職エージェントは転職のプロとして不安や悩みに的確なアドバイスをすることが可能です。

他にも転職についての情報や非公開求人などの紹介も受けることができます。

ひとりで悩まずに転職エージェントに相談して不安や悩みを解消しましょう。

まとめ

ゲーム

ゲームセンターの志望動機は「ゲームが好き」「ゲームセンターに興味がある」以外に自分の能力をアピールできると良いでしょう。

採用後に自分がどのように活躍するのかを意識してアピールポイントを考えてみてください。

もし志望動機の作り方や面接での伝え方に不安がある場合は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロにアドバイスを貰いながら面接を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら