アミューズメントとは、ゲームセンターやカラオケといった娯楽施設を指します。

誰しもが一度は、遊びに行ったことがあるのではないでしょうか?

多くの人に楽しさを与えるアミューズメント業界に、憧れを持っている人も多いと思います。

そこで今回ご紹介するのは、アミューズメント業界の志望動機の書き方です。

アミューズメント業界への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

アミューズメント業界の志望動機の書き方を解説!

女性、初心者マーク

アミューズメント業界で働くのは楽しそうだというイメージがあると思います。

しかし、未経験からだと転職するのは難しいのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか?

実はアミューズメント業界は、未経験からの転職も多い業界です。

女性でも活躍できる職場でもあるので、アピール次第で未経験からの転職も十分に目指せます。

それでは、アミューズメント業界に就職する上での志望動機の書き方を見ていきましょう。

志望動機を書く前の業界研究が大切

パソコンで仕事中の女性

志望動機を書く前に大切なのが、業界研究です。これはアミューズメント業界だけに限りません。

業界研究が中途半端だと、的外れな志望動機になってしまう可能性があります。

上辺だけの知識だけで書こうとせず、しっかりと業界研究を行うことが大切です。

もし知り合いに、アミューズメント業界で務めている人がいれば話を聞いてみることも良いでしょう。

業界研究をしているかどうかは採用担当者に伝わります。

業界研究ができていれば、それだけ志望度が高いことが伝わるので、決して怠らないようにしましょう。

 

ワンポイント
 志望動機を書く場合、業界研究をしっかり行うことが大切。

アミューズメント業界で求められる人物像

カラオケ

アミューズメント業界で求められているのは、以下のような人物像です。

これからご紹介する人物像に当てはまるようなエピソードがあれば、積極的に話しましょう。

笑顔と元気

片手を上げるビジネスウーマン

アミューズメント業界で最も大切といわれるのが、笑顔と元気です。

働いている人が笑顔や元気でなければ、訪れた人を楽しませることはできません。

子供から大人までさまざまな人が訪れるアミューズメント施設で、全ての人を笑顔にすることが従業員の役目です。

面接の際は笑顔と元気を忘れず、実際に働いているイメージをしながらハキハキと答えましょう。

体力がある人

女性 運動

アミューズメント業界は、体力仕事な一面があります。

屋外にある施設も多く、夏の暑さと冬の寒さに耐えなければなりません。

屋内施設の場合でも、従業員は動き回ることが多いので体力がなければ務まらないでしょう。

学生時代などに運動の経験がある人は、積極的にアピールしてください。

ストレスに強い人

女性、OKサイン

アミューズメント業界で働いていると、ストレスが溜まってしまう場合があります。

ときにはお客様から、クレームを受けることがあるかもしれません。

辛かったり苦しかったりする瞬間になったとき、そこでへこたれない力が必要です。

自分なりのストレス発散方法を見つけ、すぐに切り替えられる人であればアミューズメント業界では重宝されるでしょう。

 

ワンポイント
 アミューズメント業界で求められる人材
・笑顔で元気な人
・体力がある人
・ストレスに強い人

志望動機の基本的な書き方

職務経歴書

志望動機を書く場合、いくつか記載すると良い項目があります。その項目がこちらです。

  • なぜ志望したのか
  • 入社したらしたいこと
  • これまでの経験で活かせること

大きく分けて、この3つの項目を記入すれば、受かりやすい志望動機となります。

志望動機を書く場合は、まず伝えたいことを箇条書きにし、文章にしていくと良いでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機で書くと良い項目
・志望した理由
・入社後にしたいこと
・アミューズメント業界で活かせること

文章構成のコツ

女性

志望動機に書いた方が良い内容がわかったところで、文章構成のコツをご紹介します。

これから紹介する手順に沿って文章を書くことで、わかりやすい文章となるでしょう。

結論

まず書くべきなのは結論です。結論から述べることで、次からの文章が伝わりやすくなります。

中には理由を長く述べてから結論に入る人がいますが、その書き方は志望動機には向いていません。

結論が最初になければ、最後まで読んでもらえない可能性もあります。

最初に結論を出し、その結論で好印象を与えるようにすることで、あなたの印象もアップするでしょう。

理由

結論を述べた後は、その結論に至った理由を述べます。

理由は難しい言葉を使わず、わかりやすい言葉で伝わるように心がけましょう。

理由が具体的であれば、結論に対しての信憑性も高くなります。

あなたがどれだけ具体的な理由が述べられるかで、説得力も変わるので理由にも力を入れてください。

根拠

続いて述べるのが、結論や理由の根拠です。

もし、そう思うようになったエピソードがあれば伝えると良いでしょう。

自分ならではのエピソードがあれば、それだけで採用担当者の印象に残ります。

志望している企業のアミューズメント施設に行ったことがあるのなら、そのときのエピソードを伝えましょう。

結論

志望動機について一通り述べられたら、最後にもう一度結論を伝えます。

最初に述べたからといって、最後の結論を省いてしまってはなりません。

もう一度結論を伝えることで、採用担当者の頭の中にあなたの志望動機がインプットされます。

最後のまとめとして、結論をあなたの口からしっかりと伝えましょう。

 

ワンポイント
志望動機の構成
結論→理由→根拠→結論

業界未経験の女性がアピールすべきポイント

オフィスの女性

アミューズメント業界を経験したことがない人は、どこをアピールすれば良いかわからないかもしれません。

そのような人は、接客・営業・受付など、人と接したエピソードでアピールしましょう。

社外の人と接する機会がなかった人は、社内でのエピソードでも問題ありません。

笑顔・元気・コミュニケーション能力をアピールすることができれば、転職活動は有利に進みます。

もし、個人業務が多くて他の人と接する機会がなかった人は、ストレスに強いことをアピールしてください。

辛いことや苦しいことがあってもすぐに切り替える力があることが伝われば、未経験でも頑張ってくれると期待されるでしょう。

志望動機OK例文

OKサインをする女性

志望動機の書き方について紹介してきましたが、自分がどのような志望動機を書くかイメージができましたか?

ここでは、志望動機の例文もいくつかご紹介します。こちらも併せて参考にしてください。

業界が好きなことをアピール

アミューズメント業界には、好きを仕事につなげる人も多くいます。

そこで、ゲーム業界を例に志望動機を紹介していきましょう。

私は、ユーザーの心を動かすようなゲームを作りたいと思っています。

幼い頃からゲームが好きだった私は、ゲームをしているとつい時間を忘れて熱中していました。

辛いことがあったときも、ゲームの世界に入り込めばいつの間にか笑顔になっていたことを覚えています。

ゲームは友達とのコミュニケーションツールでもあり、私にとって欠かせない存在でした。

そして私は、幼い頃から生活を支えてくれたゲームを自分の力で作りたいと思うようになりました。

ゲーム業界の中でも御社は、ユーザーの心に残るような物語性があるゲームを作られています。

私も御社の一員となり、ユーザーの心を動かしていきたいと思い、志望いたしました。

ゲーム業界を目指した理由と他社との違いをしっかり述べています。

競合が多い業界の場合、どうしてその企業を選んだのかを具体的に伝えることが大切です。

社風に魅力を感じたことをアピール

アミューズメント業界は、若いうちから活躍している人が多い業界です。

そのため、年齢に関わらず挑戦できる環境に魅力を感じている人も多いでしょう。

ここではカラオケ業界を例に挙げ、志望動機をご紹介します。

私は御社の若手から活躍できる環境に魅力を感じ、志望いたしました。

学生時代からチャンスがあれば、得意不得意に関わらず、さまざまなことに挑戦しています。

〜挑戦したことがあるエピソードを話す〜

御社では、年齢関係なく活躍できる環境であることを伺いました。

私も御社に入社し、いろいろな業務に挑戦しながら成長していきたいと考えております。

カラオケ業界で働いた経験はありませんが、持ち前のチャレンジ精神を生かして精進いたします。

自分の性格や特性と企業の社風がマッチしていれば、十分なアピールポイントとなるでしょう。

この場合、エピソードも付け加えられると、より採用担当者の印象に残ります。

適正があることをアピール

最後に、アミューズメント業界に適正があることをアピールする場合です。

こちらはテーマパークを例にしています。

笑顔と元気を届ける仕事がしたいと思い、御社を志望しました。

私は現在、営業職をしています。

お客様と接するのはとても楽しく、直接お礼の言葉を言われたときは私も嬉しくなります。

しかし、今以上に不特定多数の人を笑顔にしたいと思い、転職を決意しました。

御社が運営しているテーマパークに友人と訪れた際、従業員の方の笑顔に元気をもらったことを覚えています。

私も御社に入社し、テーマパークに訪れる人に笑顔を届けたいと思いました。

学生時代には接客業もしていたので、笑顔と元気には自信があります。

これまでの経験と志望する理由となったエピソードがあれば、オリジナリティのある志望動機となるでしょう。

アミューズメント業界で働く際に役立つスキルも併せて、しっかりアピールしてください。

志望動機NG例文

NG

続いて、志望動機のダメな例文をご紹介します。

志望動機を書いた際は、これから紹介するような文章になっていないか確認してください。

福利厚生が良いから

アミューズメント業界は福利厚生が整っている企業も多いです。

福利厚生にばかり触れると、魅力がない志望動機となってしまいます。

私は御社の社員割引に魅力を感じました。

御社が運営している施設には良く行くのですが、入場料が無料になるという福利厚生は魅力的でした。

大好きな御社で働きつつ、休日は御社の施設でリフレッシュしたいと思います。

このように福利厚生に触れると、遊ぶことばかり考えているのではないかと思われるので注意してください。

別の志望動機を述べる方が無難でしょう。

前職の悪口を述べる

転職活動を行っているということは、所属している企業に不満があるのかもしれません。

しかし、面接等で前職の悪口は述べないようにしましょう。

前職は残業も多く、人間関係も良くありませんでした。

上下関係が厳しかったため、日々の業務でストレスも溜まっていました。

しかし御社は風通しの良い職場環境で、自分らしく働けると感じました。

いくら働いている企業がブラック企業であっても、悪口をいってしまっては印象は良くありません。

ネガティブな言葉ではなく、ポジティブな言葉で伝えるように意識しましょう。

「教えてください」という姿勢を見せる

職場は学校ではありません。そのため「教えてください」という受け身の姿勢であれば印象は悪くなります。

御社の教育体制が整っているという部分に魅力を感じました。

私はアミューズメント業界は未経験です。

しかし、先輩方からの指導を受けながら成長していきたいと思います。

未経験からの転職だと、教育体制は気になるところでしょう。

一から教えてくれる環境であれば、そこに魅力を感じてしまうかもしれません。

しかし、それが志望動機となってしまっては、主体性がないと判断されてしまいます。

自分からも学んでいく姿勢をしっかり見せてください。

アミューズメント業界の志望動機に悩んだら転職エージェントに相談しよう

接客中のビジネスウーマン

アミューズメント業界を目指しているけど、自分の書いた志望動機で大丈夫なのか不安に思っている人もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書や面接の手助けもしてくれます。

初めて転職をする人は特に、どのように転職活動を進めていけば良いのかわからないでしょう。

転職エージェントは無料で利用でき、担当者からのサポートを受けながら内定獲得を目指すことができます。

志望動機だけに限らず、転職活動で悩んでいることがあれば、積極的に転職エージェントを活用してください。

まとめ

ゲーセン

アミューズメント業界の志望動機の書き方について解説しましたが、志望動機を書く際のヒントになりましたか?

未経験だとアピールできるポイントがないと思っていた人もいるかもしれません。

しかし、大切なのは経験や技術だけではなく、熱意ややる気です。

アミューズメント業界は多くの人に笑顔と元気を与える仕事でもあります。

あなたの笑顔で、アミューズメント施設に訪れた人を笑顔にしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら