ファッションコーディネーターは、ファッションに興味がある女性にふさわしい仕事です。

魅力的なコーディネートを提案してお客様に喜んでもらうことにやりがいを感じるでしょう。

この記事では、ファッションコーディネーターに活かせるスキルやキャリアパスについてご紹介しています。

ファッションコーディネーターの仕事内容を解説

コーディネーター

ファッションコーディネーターとはその名前の通り、さまざまなファッションアイテムの組み合わせを考えることが主な仕事です。

ファッションアイテムは洋服だけではありません。

靴やバッグ・アクセサリーなどの小物も含めたトータルコーディネートを考えられることが重要です。

ファッション雑誌などで流行をこまめにチェックするのはもちろんのこと、自分のセンスをみがく努力も必要となります。

ファッションコーディネーターの活躍の場と仕事内容

笑顔の女性

ファッションコーディネーターが活躍できる場は、ファッション業界全般です。

企業やブランドがリリースする商品の販売を促進することが仕事の目的となります。

商品開発の担当になると、シーズンやコンセプトにあわせたコーディネートをたくさん提案していくことになるでしょう。

イベント企画やお店のカタログ、ウェブやメディアの広告などもファッションコーディネーターのアイデアが光る場面です。

自分の工夫が売り上げにつながれば、モチベーションアップにつながります。

アパレル企業

アパレル企業は、ファッションコーディネーターが活躍できる代表的な場所です。

配属先はデザイン・企画など、商品開発に関する部門となることが多いです。

企業が店舗販売も行っているのであれば店頭の販売スタッフに配属されることもあります。

いずれの場合も、お客様のニーズに応えられるようなコーディネートを提案しなければならないことは同じです。

大規模な企業であれば、幅広い年齢層向けにいくつかのブランドを展開していることもあるでしょう。

どのような商品が必要とされているのか、ターゲットごとに見極めるマーケティング調査も大切です。

百貨店

近年お客様にファッションコーディネートのサービスを行う百貨店が増えています。

実際にお買い物に同行して洋服を選ぶサポートをすることもありますので、丁寧な対応を心がけましょう。

冠婚葬祭のためのフォーマルウエアなど、特別な日のためのファッションを探して百貨店にいらっしゃるお客様も多いです。

ファッションコーディネーターとしてのスキルに加えて、TPOにあわせたマナーも身につけておく必要があるでしょう。

専門店

アパレルショップ

ファッション専門店やブランドショップでは、接客をメインとした販売部門からスタートすることが多いです。

接客だけでなく、商品の陳列や検品、店内のディスプレイを考えることも仕事内容に含まれます。

売り上げが左右されることもある店内ディスプレイは、ファッションコーディネーターとしての技量が試されるポイントともいえるでしょう。

販売スタッフとして実績を積めば、仕入れなどを担当する管理職にステップアップすることも可能になります。

 

ワンポイント
 ファッションコーディネーターが活躍できる業界は、アパレル企業・百貨店・専門店の3つが代表的。

活かせるスキルは?

洋服ガッツ

ファッションコーディネーターの仕事では、ファッションに関するあらゆる知識を活かすことができます。

ファッション関係の知識だけでなく、美術や音楽などの文化的な教養を高めておくこともポイントです。

美しいものに触れることで、自分のセンスをみがくことができます。

常に新しい情報に興味を持ち、さまざまな分野から情報を集めることも大切です。

ファッションに関する知識

ファッションに関する知識は、色の配色やデザインなど幅広いです。

ファッションアイテムの組み合わせだけでなく、生地や縫製に関する知識があるとなお良いでしょう。

百貨店のファッションコーディネートサービスの場合、骨格診断パーソナルカラー診断を伴っていることが多いです。

百貨店に就職を希望するのであれば勉強しておくことをおすすめします。

ファッションに関する資格

ファッション

ファッションコーディネーターになるための国家資格などは特にありません。

資格を取得するメリットは、転職活動のときに自分のスキルを証明する手段として役立つことです。

ファッションコーディネーターに関係する民間資格は、下記の5つとなります。

  • ファッション販売能力検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定
  • 服飾インストラクター

いずれの資格も学歴や年齢に関係なく受験することができます。

資格の勉強は服飾関係の学校やコースに通うほか、通信教育や独学で学ぶことも可能です。

情報を収集する能力

雑誌を読む

シーズンごとに新商品が発売されるファッション業界において、情報を収集する能力はなくてはならないスキルです。

ファッション雑誌や顧客のニーズ・競合他社の商品・流行やトレンドなど、収集する情報は多岐にわたるでしょう。

常に好奇心を持って新しい情報を取り入れることができれば、企業やブランドの販売戦略に役立ちます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が必要とされるのは接客・販売のシーンだけではありません。

商品開発などのプロジェクトチームを任された場合、チームをまとめるためにもコミュニケーション能力は必要となります。

商品開発の企画会議においては、自分の伝えたいことを的確に表現できるプレゼン力も必要です。

聞く力だけではなく、総合的な会話術を身につけておくといいでしょう。

語学力

勤務先が海外のアパレル製品を取り扱う会社であれば、語学力も必要となります。

日本で販売されている商品は中国をはじめ海外のアパレル製品も多いです。

仕入れでのときに英語や相手の国の言葉でやり取りをすることもあるでしょう。

日常会話に加えて、ファッションに関する専門用語も覚えておくことをおすすめします。

ワンポイント
 ファッションの知識だけでなく、教養も高めておくことが自分のセンスをみがく秘訣。

ファッションコーディネーターの適性

お教えします

ファッションコーディネーターに向いているのは、普段からファッションに興味を持っている人です。

さまざまなコーディネートを考えるのが楽しければ、意欲を持って仕事に取り組むことができます。

ファッションの好みが多様化している今は、顧客ひとりひとりと会話をしてニーズを細かく探ることも必要になってくるでしょう。

世の中の流行を追うだけでなく、次にブームになりそうなものを自分から提案できるようなマーケティング力は将来のためにも役立ちます。

ファッションへの関心が強い人

ファッションアイテム

ファッションおしゃれをすることへの関心が強い人は、ファッションコーディネーターに向いています。

洋服に囲まれて仕事できる環境は、ファッションが好きな人に最適といえるでしょう。

さまざまなファッション雑誌をこまめにチェックし、新しい情報を積極的に取り入れる姿勢も大切です。

旬のアイテムを取り入れることで、コーディネートのバリエーションを増やすことができます。

人と話すことが好きな人

人と話すことが好きということは、ファッションコーディネーターの仕事においてとてもプラスになります。

ファッションコーディネーターの仕事は接客業からスタートすることが多いです。

お客様との何気ない会話の中から潜在的なニーズを探り、理想的なコーディネートが提案できれば売り上げにもつながります。

また、現在はアパレルメーカーと他のブランドやキャラクターとのコラボレーション企画もたくさん行われています。

人と話すことが好きであれば、他の企業との交渉もスムーズに進めることができるでしょう。

リーダーシップが取れる人

リーダーシップが取れる人は、ファッションコーディネーターとしてのキャリアアップを目指すときに有利です。

ファッションコーディネーターは、販売戦略の方向性を決めるときに中心的な役割となることも少なくありません。

リーダーシップを発揮できれば、プロジェクトを成功に導くことが可能になるでしょう。

ファッションコーディネーターになる方法

洋服を選ぶ

ファッションコーディネーターになるには、アパレル関係の企業や百貨店に就職するのが一般的です。

ただし、ファッションコーディネーターという単独の職種で採用されることは少ないかもしれません。

ショップの販売員や企画も含めた商品開発部門で、ファッションコーディネーターとしてのスキルを活かすことになるでしょう。

未経験で転職する場合は、通信教育や独学で勉強してから応募することをおすすめします。

待遇と年収

いいね!

ファッションコーディネーターの待遇と年収は、就職した企業によって異なります。

ブランドイメージを左右する大事な職種であることから、雇用形態は正社員が多いでしょう。

百貨店などの大手企業に就職した場合は勤続年数によって年収がアップすることがほとんどです。

全国展開している企業であれば転勤を伴うことがありますので、応募する前に労働条件はきちんとチェックしておきましょう。

福利厚生

福利厚生やボーナスに関しては、企業の規模が大きくなるほど手厚くなる傾向にあります。

インセンティブ制度が充実している、定期的に給与査定を行っている企業であれば実績に応じた収入アップが見込めるでしょう。

アパレルメーカーによっては社員割引制度を設けているところがあります。

自社製品を店頭価格より安い値段で購入することができるので、好きなブランドに就職できればかなりメリットが大きいです。

年収

ファッションコーディネーターの年収は280万円~450万円程度です。働く企業や勤続年数によってかなり差があります。

大手の企業で働く場合は年数を重ね、経験を積むほど収入が増えていくでしょう。

また、販売部門よりは商品開発に携わる部門の方が給料は高い傾向にあります。

フリーランスとして独立している人は年収500万円以上稼いでいる人もいますが、軌道に乗るまではかなり険しい道のりになるでしょう。

 

ワンポイント
 企業の規模が大きくなるほど福利厚生は手厚くなる傾向にある。

キャリアパス

あこがれる~

個人事業主であることが多いスタイリストと違って、ファッションコーディネーターはアパレル関係の企業に就職することがほとんどです。

キャリアパスの例としては、最初は販売員として勤務し、経験を積んでからショップの店長に昇格するか企画部門への配属となるでしょう。

個人のお客様とのやり取りがメインの販売員と異なり、店長や企画部門は仕入れや商品開発など業務内容が売り上げに直結します。

ファッションコーディネーターとしての実力が試されることになるでしょう。

実績を重ね、顧客をたくさん獲得することができればフリーランスとして独立することも可能です。

ファッションコーディネーターの需要と将来性

ビジネス街

ファッションコーディネーターという仕事がなくなる可能性は限りなく低いでしょう。

なぜなら、ファッションは衣・食・住の「衣」の部分であり、私たちが生活していく中でなくてはならないものだからです。

ただし、現在は実店舗が減少し、インターネット上での販売が増加していく傾向にあります。

ファッションコーディネート用のアプリも登場し、お客様と対面でコーディネートのアドバイスを行う機会は減っていくかもしれません。

ファッションセンスだけでなく、マーケティング力企画力を兼ね備えた人材が必要とされるでしょう。

マーケティング力を備えた人材への需要

ファッションの好みが多様化している現代社会。

世の中の流行を敏感に察知するマーケティング力を備えた人材の需要が年々高まる傾向にあります。

インターネットによる検索だけでなくお客様や同業者など、さまざまな人からの情報を得られるような人脈づくりも大切です。

イベント企画力も求められる

業績が伸び悩んでいる企業が多いファッション業界にとって、イベント企画は販売促進の起爆剤となる重要な役割をもっています。

イベントを行う場合は企画力がもっとも大切です。新しいアイデアをどんどん打ち出していく発想力も求められます。

ファッションに限らずさまざまなジャンルに常にアンテナを張っておくようにしましょう。

 

 

ワンポイント
活躍を続けるためにはマーケティング力とイベント企画力が求められる。

ファッションコーディネーターへの転職なら転職エージェントを活用しよう

OKの女性

ファッションコーディネーターへ転職を希望するのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

ファッション業界の求人情報はとても多いので、それぞれの内容を確認するだけでも大変です。

転職エージェントを利用することで、希望する条件に合った求人情報をスムーズに見つけることができます。

転職活動に関わるサポートが充実しているのも魅力です。

まとめ

笑顔と洋服

ファッションコーディネーターは、ファッションが好きな人におすすめの仕事です。

正社員として雇用されることが多く、大手の企業であれば充実した福利厚生が望めます。

将来はファッションコーディネーターとしてのスキルの他に、マーケティング力企画力を兼ね備えた人材が求められることでしょう。

時代の変化に対応するために、さまざまな方面からの情報を積極的に吸収する姿勢も必要です。

ファッションコーディネーターの仕事に興味がある人は、まず転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら