女性に人気があるデータ入力の仕事

非正規雇用やアルバイトでの仕事のイメージもありますが、データ入力は正社員での仕事も多いことをしっていますか?

ここではデータ入力の正社員の仕事内容を解説していきます。

データ入力の主な仕事内容をはじめ、向いている人の特徴や続けるためのポイントなど知りたいことがたくさん。

またメリットやデメリットもまとめているので、自分に合うのかも確認してみてください。

奥の深いデータ入力の業務をみていきましょう。

データ入力の仕事内容を解説

新しい挑戦

データ入力の仕事内容は文字の通り、データを入力していく仕事です。

一言にいっても、実は奥の深いデータ入力の仕事。

誰にでもできそうなイメージもありますが、実際はメリットやデメリットなどがあるのも事実。

細かい仕事も多いので、向いている人や続けていくためのポイントなども把握しておく必要があります。

一方で資格や必要なスキルなどもないので、興味がある方も多い仕事かもしれません。

挑戦したいと思っている方は、データ入力の仕事についてしっかり学んでいきましょう。

データ入力に正社員の求人はあるのか?

オフィスにいるビジネスウーマンデータ入力の仕事は気軽にできる仕事というイメージがあります。

非正規雇用やアルバイトの仕事しかないのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はデータ入力の仕事は正社員の求人が多いのも事実。

求人情報などを見ると、正社員で検索するとたくさんの求人が出てくるでしょう。

データ入力の仕事に興味はあっても、正社員の仕事はあまりないから…とあきらめている方もいるかもしれません。

正社員の仕事もたくさんあるので、ぜひ見つけてみてください。

データ入力の主な仕事内容

データ入力と聞く場面が多いけれども、実際何をするのかわからない方も多いかもしれません。

データ入力の主な仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか?

データの入力

女性,オフィス,ビジネス

データ入力の仕事で最も多いのがデータを入力していく仕事でしょう。

顧客の個人情報や会社によって必要なデータを、ExcelやWordといったファイルにまとめていく仕事です。

もちろん、会社専用にデータを入力をするソフトが決められていることもあります。

また、音声データを文字に起こすといった仕事もあります。

耳で聞いたものを文字におこすという少し特殊な仕事です。

基本的にはデータをまとめて保存していくことで、情報を検索しやすくする目的の仕事といえるでしょう。

大切な情報を日々扱う仕事のため、正確な作業を第一とする仕事という特徴があります。

コールセンターとの併行

コールセンター

データ入力の仕事では、コールセンターと並行して行う仕事もあります。

コールセンターで電話応対をして、そのままその顧客のデータを入力するといった仕事です。

コールセンターとデータ入力の仕事をシフト制で行う会社もあるかもしれません。

コールセンターとの併行業務の場合、飽きずにできるというメリットもありますが一方で接客業のスキルも必要になるでしょう。

求人情報にしっかり記載がありますので、データ入力の仕事を探す際に確認してみてください。

事務職との併行

法律事務所

データ入力の仕事では、事務職との併行で行うこともあります。

社外や社内での電話応対や接客、コピー対応などいわゆる事務職対応を一緒に行う仕事です。

デスクではデータ入力を行い、依頼があれば他の事務対応をするといったイメージでいると良いでしょう。

データ入力の仕事はもちろん、たくさんの仕事を依頼されることもあり臨機応変に動く必要があるかもしれません。

こちらもコールセンターと同様、求人情報に記載がありますので確認しておきましょう。

 

ワンポイント
・データ入力はコールセンターや事務職と併行していることもある
・データ入力の仕事のみしたい場合は、求人情報をきちんと確認しておく

データ入力に向いている人の特徴は?

データ入力の仕事は併行して色々な仕事があることもわかりました。

ではデータ入力に向いている人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

根気のある人

仕事をしている女性

データ入力はとにかく同じ作業が続く仕事。

同じ作業に飽きてしまう人や嫌になってしまう人は向いていません。

一方で根気があり、同じ作業を苦と思わない人はデータ入力に向いているといえるでしょう。

同じ作業が続くことが好きで楽しい、と思える人はデータ入力の仕事がぴったりです。

根気がある方はデータ入力の仕事にぜひ挑戦してみてください。

PCスキルがある人

女性,デスクトップパソコン

データ入力はExcelやWordといったオフィスソフトを使うことが多い仕事です。

また、会社専用のソフトや他のデータ入力用のソフトを使用することもあるかもしれません。

そのため、PCスキルがある人はどのようなソフトにも対応でき仕事に向いているといえます。

タイピングも常に必要となるため、タイピングスキルがある方もデータ入力にぴったりでしょう。

ソフトの使用に慣れている人やタイピングスキルが得意な人は、データ入力の仕事に向いているかもしれません。

1人で細かい作業ができる人

仕事する女性の画像

データ入力の仕事は基本的には1人で黙々と行う仕事です。

他のメンバーと会議をしたり話し合ったりする場面はほとんどなく、1人で作業をすることになります。

1人で仕事をするのが好きで、細かい作業ができるという方にはぴったりの仕事でしょう。

集中力があり黙々と仕事がしたいといった方は、データ入力の仕事に挑戦する価値があるかもしれません。

 

ワンポイント
・データ入力は根気があり、1人で細かい作業ができる人におすすめ
・PCスキルがある方もデータ入力の仕事に向いている

データ入力の仕事のメリットは?

データ入力の仕事のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

PCスキルが向上する

仕事を楽しむ女性

データ入力の仕事ではほとんどの時間でPCを触っていることになります。

専用のソフトをはじめ、タイピングをして入力をしている仕事がほとんどでしょう。

そのため、必然とPCスキルが向上するのが事実。

基本操作をはじめ、ソフトやタイピングスキルも向上していくでしょう。

PCになれていなかった人も仕事をしていくうちに、スキルが向上していたということもあります。

データ入力の仕事はPCスキルを向上したいと考えている方にも人気の仕事なのです。

快適な環境で仕事ができる

問題解決する女性

データ入力の仕事は、基本的にはオフィスやテレワークなどでも可能な仕事です。

営業とは違い、外回りや外出をするといったこともないため、快適な環境で仕事ができるでしょう。

立ち仕事や外回りが苦手な方にもメリットの多い仕事といえます。

暑い日や寒い日でも落ち着いて仕事ができるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

オフィスで落ち着いて仕事がしたいといった方にはおすすめの仕事でしょう。

 

ワンポイント
・タイピングスキルなどPCスキルが向上するのがデータ入力のメリット
・外回りなどもなく、快適な環境で仕事ができるのも人気の理由

データ入力の仕事のデメリットは?

データ入力の仕事のメリットを確認しました。

一方でデータ入力の仕事のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

同じ作業の繰り返しになる

ミーティングする女性

データ入力の仕事に向いている人の特徴でも説明しましたが、データ入力は基本的には同じ作業の繰り返しになる仕事。

同じことの繰り返しが向いている人がいる一方で、同じ作業をすることが苦手という方もいるでしょう。

単調な作業が繰り返されるため、苦痛に感じてしまう人もいるかもしれません。

同じ作業の繰り返しになってしまうことがデータ入力の仕事のデメリットだといえるでしょう。

正確さが問われる

女性,デスクトップパソコン

データ入力の仕事で最も大切なのが正確さが問われるということ。

顧客の大切な情報や会社の情報をまとめていく仕事なので、ミスは許されません。

電話番号ひとつ間違えて入力してしまえば、お客様にも迷惑がかかることにもなります。

データ入力では正確さが問われることはデメリットだといえるでしょう。

失敗することが不安に思ってしまう方には少し辛い仕事だといえるかもしれません。

 

ワンポイント
・同じ作業の繰り返しになることがデメリット
・データ入力の仕事は正確性が求められる

データ入力正社員が仕事を続けるためのポイント

データ入力正社員が仕事を続けるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

情報管理の徹底

女性,ノートパソコン,オフィス,会議

データ入力の仕事では大切な情報を毎日扱う仕事です。

お客様にとっても会社にとっても大切な仕事なので、取り扱いには注意が必要です。

別の人に送ってしまったり、印刷した紙をなくしてしまったりすることは許されないでしょう。

自分の信用だけではなく、会社にも迷惑をかけてしまうことにもなるのでかなりの注意が必要です。

とはいっても、基本的な業務ができれば間違いは起こりません。

大切な情報を管理している仕事という意識をもって対応すれば問題ないでしょう。

情報管理を徹底することは、データ入力の仕事を続けていく大切なポイントなのです。

ミスの予防

女性,チェック

データ入力の仕事はミスが許されない仕事だと説明しました。

とはいっても、人はミスをしてしまうもの。

ミスをしないようにできるだけ予防をしていくことが大切といえるでしょう。

例えば自分が入力したデータを見直す、別の人にチェックしてもらうなど、ダブル体制で行うと良いかもしれません。

会社によっても体制がしっかり構築されていることもあります。

体制がなければ自分自身でどのようにミスを防ぐか考えておくことが大切かもしれません。

ミスを防ぐために何ができるか考えていくことが、データ入力の仕事を続けていくポイントでしょう。

集中力を保つ工夫

女性,スーツ,オフィス,ビジネス,仕事,苦悩,頭痛

データ入力の仕事は同じ作業を繰り返していく仕事です。

そのため、集中力を保って仕事をしていく必要があります。

とはいっても、どんなに努力しても人の集中力は限界があるのも事実。

働く環境を整えたり、集中できる環境づくりをしていく必要があるでしょう。

データ入力の仕事を長く続けるために、集中力を保つことも大切なポイントなのです。

奥の深いデータ入力の仕事を理解しよう

仕事をする女性の画像

データ入力の仕事について解説してきました。

  • データ入力はコールセンターや事務職と併行していることもある
  • 根気がある細かい作業が好きな人向き
  • PCスキル向上が見込めるのは大きなメリット
  • ミスが許されないのがデメリット

このようにデータ入力の仕事にはポイントがいくつかありました。

データ入力の仕事は聞いたことがある方も多く、興味がある方も多い仕事かもしれません。

意外にも正社員での仕事も多く、求人もたくさんあるのが事実です。

同じ作業の繰り返しではあるものの、ミスが許されず正確性が必要な仕事といえるでしょう。

簡単そうにも見えますが実は奥が深いデータ入力の仕事。

内容をはじめ、向いている人の特徴やメリットなどもしっかり学んでおくと良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性

データ入力の仕事に興味はあるけれど、求人の探し方や自分が向いているかわからないといった方もいるかもれいません。

そのようなときは転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントでは非公開の求人や転職の相談にものってくれます。

プロの視点から意見をもらえるので、不安なことがある人にもぴったりでしょう。

最初の勇気がない方もいるかもしれませんが、なんでも相談できる転職エージェントはむしろ強い味方。

データ入力はもちろん、小さいことでも聞きたいことがある方はぜひ転職エージェントを活用してください。

まとめ

女性,パソコン,仕事,スーツ,在宅,オフィス

データ入力の仕事について解説しました。

正社員としても挑戦できるデータ入力の仕事は、事務職に興味がある方にもおすすめの仕事です。

同じ作業を続けたり、静かな環境で仕事がしたい方にはぴったりの仕事でしょう。

正確性が問われて辛い場面もあるかもしれませんが、ミスを予防しながら続けていくことがポイント。

データ入力の仕事を続けていくコツをつかめば、長く続けていける仕事といえるでしょう。

転職エージェントに相談しながら、データ入力の仕事にぜひ挑戦してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら