女性の転職市場で人気を集めているのが、歯科クリニックなどで働く「歯科助手」です。

歯科クリニックなどで、歯科医のアシスタントとして働く姿を誰もが1度は見かけたことがあるでしょう。

しかし、歯科助手の仕事内容はあまり知られておらず、歯科衛生士との違いがわからない人も少なくありません。

実は歯科助手と歯科衛生士では仕事の範囲はもちろん、転職までのステップも大きく異なることを理解しておきましょう。

この記事では未経験から歯科助手を目指す人に向け、転職のポイントやキャリアパスのあり方などを解説します。

歯科助手の仕事内容を解説

歯科助手,仕事

歯科クリニックなどでアシスタントとして働く「歯科助手」はとても魅力のある職種です。

少子高齢化が進む中で歯科医療は大きな役割を担っており、そこで働く人の確保も大きな課題だといえます。

歯科助手は資格がなくとも転職が可能であるだけでなく、キャリアパスの方法も豊富です。

しかしながら、歯科助手の仕事内容を正確に把握している人は意外と少ないのが現状だといえるでしょう。

そこで歯科助手への転職を円滑に進め、将来のキャリアパスが描けるよう仕事内容や転職のポイントを解説します。

歯科助手の業務内容

歯科助手,業務

そもそも歯科助手の業務内容とは、一体どういったものでしょうか。

歯科クリニックで忙しそうに働く姿は見かけても、業務内容については意外と知られていないものです。

とりわけ歯科衛生士と混同しやすく、転職準備を始めてからその違いに気付く人も少なくありません。

歯科助手に限らず転職する際には、ミスマッチを防ぐためにも業務内容を正確に把握しておくことが必須です。

ここでは転職後にミスマッチとならないよう、歯科助手の仕事内容について確認してみましょう。

歯科医院の受付・会計

歯科助手,受付

患者さんの予約管理などの受付業務や会計業務は歯科助手の仕事です。

最近では対面だけでなくWEBメールや電話など様々な方法で診察予約が行われるため、予約管理には迅速性・正確性が求められます。

受付業務では予約管理のほかに保険証・診察券の確認などに対応するほか、簡単な問い合わせにも臨機に回答しなければなりません。

会計事務では医療点数から治療費を算出し、患者さんの自己負担額を計算します。

また、1日の終わりには日締め処理をして経理帳票に使用する振替伝票を作成するのも歯科助手の仕事です。

患者さんの案内・誘導

患者さんを診察室に案内・誘導するのも歯科助手の大切な仕事です。

とりわけ高齢者は幼児は診察前・診察後のサポートやフォローがとても大切になります。

歯科助手の気遣い1つで診察に対する不安が取り除かれることも少なくありません。

また高齢者の場合だと移動中に転倒することも考えられ、歯科助手のサポートが必須だといえるでしょう。

歯科医師・歯科衛生士のアシスタント業務

歯科助手は歯科医師・歯科衛生士が行う歯科治療のアシスタント業務を行います。

ここで注意しなくてはならないのは、歯科助手の仕事はあくまでも「アシスタント業務」であり「治療行為」ではない点です。

歯科助手が行う具体的なアシスタント業務は次のとおりとなります。

診察台でエプロンをかける・患者さんにうがいを促す・診療前に口腔内の唾液をバキュームで吸い取る・歯科医師に治療器具を渡す

治療器具の管理

治療器具

歯科診療に使用する治療器具の準備・管理も歯科助手の仕事の1つです。

歯科診療で使用された治療器具は洗浄・減菌処理を行い、定められた場所に戻して管理します。

なお、患者さんの別に必要な治療器具をセットするのも歯科助手の仕事です。

歯科診療に使用する治療器具には様々な種類があり、それらを覚えるだけでも大変だといえます。

また、衛生面の配慮を怠ると医療事故にもつながりかねません。その点からも非常に神経を使う仕事だといえるでしょう。

歯科医院の清掃

清掃,院内

診療時間開始前・終了後に院内清掃を行うのも歯科助手の仕事です。

大規模な歯科クリニックであれば清掃委託などに依頼するケースもありますが、大半は歯科助手が中心となって行います。

歯科クリニックは誰が見ても清潔で爽やかな印象を与えなければなりません。

ほんの小さな汚れや埃であっても患者さんが不快感を感じれば、イメージダウンにつながってしまうでしょう。

手抜きすることなく歯科クリニックの隅々まで丁寧に清掃するには、集中力と責任感が求められます。

 

ワンポイント
 歯科助手の業務は歯科医師や歯科衛生士のアシスタント・サポートであることを理解しておきましょう。

歯科助手にできないこと

歯科助手,できないこと

歯科助手はしばしば歯科衛生士と比較されますが、「歯科助手にできないこと」を明確にすれば、その違いも明らかになります。

歯科助手は国家資格をもたないため、患者さんの口腔内に手を入れての治療または治療補助行為を行うことができません。

一部の治療または治療補助行為が認められているのは「歯科衛生士」であることを理解しておきましょう。

なお、歯科助手にできない主な治療または治療補助行為は次のとおりです。

  • 歯を削る・抜く
  • 詰め物やかぶせ物を装着する
  • フッ素を塗布する
  • 噛み合わせを調整する
  • 歯型を取る
  • セメントの除去を行う
  • エックス線撮影を行う
  • 麻酔注射を打つ

 

ワンポイント
 歯科助手は歯科医療行為はできないことを理解しておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

歯科助手のやりがい

歯科助手,やりがい

転職前に歯科助手のやりがいを見つけておくことは非常に大切です。

歯科助手に限らず多くの職場では、せっかく転職を成功させたにも関わらず早期に退職する人がいます。

早期退職の理由は様々ですが、思い描いていた職場のイメージと現実のギャップが大きすぎたことも1つの要因です。

転職後のミスマッチを防ぐには、業務内容に加えて「やりがい」を明確にしておくことが不可欠だといえます。

そこで、歯科助手のやりがいとはどういったものなのかを考えてみましょう。

陰ながら患者さんの役に立てる

歯科助手の仕事は決して華々しいものではありません。歯科医師や歯科衛生士を陰ながら支える存在です。

しかし、歯科助手の存在がなければ、円滑な歯科診療は成り立ちません。

実際に歯科治療に携わらなくとも、優しく患者さんに接することで不安を取り除くことはできます。

陰ながら患者さんの役に立てることは、歯科助手の誇りでありモチベーションの源であるといえるでしょう。

自分の行動が感謝される

人は誰でも自分の行動に対して感謝されるとモチベーションが上がります。

歯科助手の存在はまさに、歯科診療を支える「縁の下の力持ち」であり歯科医師や歯科衛生士から感謝される存在です。

また、患者さんと接する機会も多く、患者さんから親しみをもって感謝されることも少なくありません。

歯科助手の多くは、こうしたスタッフや患者さんからの感謝の言葉をやりがいとしてモチベーションにつなげています。

 

ワンポイント
歯科助手は患者さんに役立ち感謝されるやりがいのある仕事であることを理解しておきましょう。

歯科助手に向いている女性の特徴

歯科助手,向いている人

どんな職種にも向き・不向きがあり、転職を成功させるには「向いている」仕事を選択することが不可欠です。

言い換えれば、向いていない職種に転職すると早期退職の原因になりかねないといえます。

したがって、歯科助手への転職を成功させるには、向いている女性の特徴を理解して自分に照らし合わせることが大切です。

そこで歯科助手に向いている女性の具体的な特徴について考えてみましょう。

几帳面な人

几帳面な人でなければ歯科助手は務まりません。歯科助手の仕事の多くは確実性と丁寧さが求められます。

会計事務では医療点数を正確に算出して医療費を請求しますが、ミスが多いと患者さんに迷惑をかけてしまうでしょう。

歯科医療に使用する治療器具類のメンテナンスが雑だと、衛生上の問題が起こりかねません。

こういった問題を発生させることなく、円滑に歯科診療を進めるには几帳面であることが絶対条件です。

臨機応変に動ける人

臨機応変に動けることが歯科助手にはしばしば求められます。歯科診療においてトラブルや臨機の対応は日常茶飯事です。

例えば急に歯痛を起こした患者さんが来院した場合、優先して治療しなくてはなりません。

診療中に急に様態が変わることもあります。そこで臨機応変に動けないと、患者さんに大きな迷惑をかけることもあります。

いざという時に臨機応変に動けるよう、歯科助手には日頃からリスクを想定した行動が求められるといえるでしょう。

コミュニケーション力がある人

歯科助手,コミュニケーション

コミュニケーション力は歯科助手の生命線ともいえるスキルだといえるでしょう。

歯科診療は歯科医師だけが行うものではなく、歯科衛生士・歯科助手が一体となって行うものです。

したがって、自分の仕事だけを淡々とこなしておけば良いというものではありません。

相互に声をかけ合い、助け合いながら進める必要があり、歯科助手のコミュニケーション力は必須です。

また、患者さんとの円滑な関係を構築するためにもコミュニケーション力は不可欠だといえるでしょう。

人の役に立ちたい人

人の役に立ちたいと思うことができなければ、歯科助手はモチベーションを維持できません。

歯科助手の仕事は決して簡単なものではなく、日々の成果が見えにくいのも事実です。

あくまでも歯科医師や歯科衛生士のサポートの立場であることから、「役に立っているの?」と自問自答する人も少なくありません。

しかし歯科助手の仕事は、歯科医師や歯科衛生士・患者さんの役に立っており、歯科クリニックになくてはならない存在です。

歯科助手は人の役に立っていることを強く自覚し、役に立ちたいと思えることが大切だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 歯科助手に向いている人の特徴を理解して転職活動を始めましょう。

歯科助手の平均年収は?

歯科助手,年収

歯科助手への転職を検討する場合、気になるのが平均年収です。転職後に後悔しないためにも事前に確認しておきたいものです。

求人サイトなどでよく見かけるのが月収17~22万円程度、年収に換算すると概ね250~300万円程度となります。

決して高額ではありませんが、20~30代のOLの平均年収と大きく変わりません。

また未経験でも比較的就職しやすく、キャリアを積めば収入アップも可能です。

何より人の役に立ち感謝される職種であることを考えると、金額だけでは計れないメリットがあるといえるでしょう。

歯科助手のキャリアパスは?

歯科助手,キャリアパス

歯科助手のキャリアパスとして考えられるのが、国家資格を取得して歯科衛生士になることです。

ただし、歯科衛生士になるには国が指定する養成校でカリキュラムを修了する必要があります。

そのため昼間は歯科助手として働き、夜学で勉強する人も少なくありません。

歯科助手として専門知識を学び、矯正歯科・審美歯科など労働条件の良い歯科クリニックに転職するのもキャリアパスの一つです。

また歯科助手に国家資格はありませんが、民間資格を取得するとキャリアアップに向け大きく道は開けるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

未経験から歯科助手になるためには

就職活動

歯科助手は歯科衛生士とは異なり、特別な資格を必要としません。

また、多くの歯科クリニックでは歯科助手の不足が課題となっていますから、未経験でも比較的就職しやすいといえます。

しかし、簡単に採用されるものではありません。しっかりと自分の強みを把握し、アピールすることが大切です。

ここでは、未経験から歯科助手になるために知っておきたいポイントを紹介します。

資格は基本的に必要ない

ここまで説明してきたとおり、基本的に歯科助手になるための特別な資格は必要ありません

したがって、未経験でも歯科助手に採用されるには、人材としての魅力が重視されるといえるでしょう。

採用される人材の特徴は素直でやる気や熱意に溢れていることです。また、クリニックの理念に共感しているかも大切になります。

つまりクリニック側から「育ててみたい」「一緒に仕事がしたい」と思ってもらえる人材であることが絶対条件だといえるでしょう。

資格を持っている場合は有利

歯科助手の国家資格はありませんが転職に役立つ民間資格があり、持っていると有利に働くことがあります。

具体的には以下の資格となりますが、より確実に採用されたいなら取得しておくと良いでしょう。

  • 歯科医療事務管理士(技能認定振興協会)
  • 歯科アシスタント検定(全国医療技能検定協議会)
  • 歯科助手資格認定制度(日本歯科医師会)

資格を取得しておくと、仕事の範囲も広がり転職後に役立つことも少なくありません。

歯科助手への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

歯科助手は国家資格を必要とせず求人も多いことから、未経験の人でもチャレンジしやすい職種です。

しかしライバルも多く好条件の職場だと必然的に狭き門となるため、どう転職活動を進めれば良いのか悩むことも少なくありません。

そこで活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントは多くの転職を成功させてきた実績から、様々なノウハウを持っています。

転職エージェントに相談することで不安が払拭されるだけでなく、未公開求人を紹介してもらえる場合もあります。

歯科助手への転職を悩んでいるなら、できるだけ早く転職エージェントに相談することがおすすめです。

まとめ

歯科助手,仕事

歯科助手は特別な資格を必要とせず求人も多いため、転職希望の女性から人気が高い職種です。

歯科クリニックで歯科医師や歯科衛生士が行う治療行為のサポートや各種事務、治療器具の管理などが主な仕事になります。

また、患者さんの案内・誘導なども担うため、感謝されることも多く、まさに歯科クリニックを陰ながら支える存在だといえるでしょう。

歯科助手に向いている人の特徴としては、几帳面であることやコミュニケーション力を持っていることなどが上げられます。

未経験の場合だと「育てたい」「一緒に働きたい」と思わせることが大切であり、素直さ・やる気・熱意をアピールしましょう。

なお、転職活動を円滑に進めるには、転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントでは多くの歯科助手の転職を成功させてきた経験・スキルから、正しい転職活動をレクチャーしてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら