人々に笑顔と元気を届けるものといえば、イベントが思い浮かぶ人も多いでしょう。

人をワクワクさせるような仕事がしたいと思っている人にぴったりなのが、イベント業界です。

イベント業界にはさまざまな職種があります。そして、職種によって仕事内容はさまざまです。

そこで今回はイベント業界の職種について解説していきます。

イベント業界の職種を解説

打合せ ビジネスウーマン

イベント業界には男性が多いイメージがありませんか?体力仕事のイメージもあるかもしれません。

しかし、イベント業界は女性でも活躍できる環境です。

中には、女性ならではの感性が必要とされる現場もあります。

イベント業界を目指すなら、まずはどのような職種に就きたいかを考えることが大切です。

今回の記事を読んで、自分にぴったりの職種があるかどうか検討してみてください。

それでは、イベント業界の職種を解説していきましょう。

イベントプロデューサーの仕事内容

資料を使って説明する女性

イベントプロデューサーは、イベント全体を統括する役割です。

どのようなイベントを開催するかを企画する、クリエイティブな仕事でもあります。

イベントプロデューサーはイベントの責任者ともいわれており、責任感が必要な仕事です。

それでは、イベントプロデューサーの仕事内容をご紹介していきましょう。

イベントの企画提案

イベントプロデューサーの最も大切な役割が、イベントの企画提案です。

イベントに訪れた人が楽しいと思えるようなイベントを提案しなければなりません。

さらに、イベントを運営するクライアントの意向も汲み取る必要があります。

イベントのゴール設定もイベントプロデューサーの役目です。

イベントプロデューサーは企画を考える上で、以下の点を考えています。

  • イベントを通してどのような気持ちになってほしいか
  • イベントに来た人にどのような行動を取ってほしいか
  • イベントの最大の目的は何か

もしあなたがイベントプロデューサーになったら、上記のことを頭に入れながら、最適な企画を提案してください。

コンテンツ・テーマの制作

イベントの企画に合わせて、イベントプロデューサーはコンテンツやテーマの制作も行います。

企画はあくまでも、イベントの大枠です。

来場者を楽しませるためには、細かいコンテンツの設定が非常に重要となります。

そして、イベントに訪れるのは同年代の人だけではありません。

子供から高齢者まで、イベントのターゲットの目線に立って考える力が必要です。

さまざまな人の目線に立って制作することで、会場が大盛り上がりするイベントが出来上がるでしょう。

 

ワンポイント
 来場者やクライアントの立場に立って企画を立てることが、イベントプロデューサーの役割である。

イベントディレクターの仕事内容

オフィスでスマホを使うビジネスウーマン

イベントディレクターは、イベントが円滑に進むようにサポートしなければなりません。

表立って目立つような仕事ではありませんが、まさに縁の下の力持ちのような存在です。

イベントプロデューサーが考えた企画を成功させるには、イベントディレクターは欠かせません。

しっかりと現場を管理することで、イベント当日までスムーズに進むことでしょう。

現場管理・運営業務

イベントディレクターは、イベントの現場管理と運営業務を行います。

イベントが円滑に進むようにサポートすることが役目なのです。

現場のスタッフへ指示を出すことはもちろん、当日の運営の責任もイベントディレクターにあります。

現場をまとめ、うまく回す力がイベントディレクターには必要です。

そのためには、周りのスタッフから信頼されなければなりません。

仕事ができるかどうかも大切ですが、人間性も必要とされています。

スケジュール管理

イベント全体のスケジュール管理も、イベントディレクターの仕事です。

イベント当日までの準備のスケジュール管理はもちろん、当日のスケジュール管理も行います。

準備期間中は進行具合を確認し、遅れている場合には改善策を考えなければなりません。

そしてイベント当日も限られた時間を最大限に有効活用し、イベントを成功するためのサポートが必要です。

 

ワンポイント
 イベントディレクターは、イベント運営における責任者である。

イベントアシスタントディレクターの仕事内容

社内

イベントアシスタントディレクターは、イベントディレクターのアシスタントの立ち位置です。

イベントディレクターとして活躍するためには、アシスタントディレクターとしての経験が役立ちます。

イベント当日までの準備

イベントアシスタントディレクターは、イベントの準備が最も重要な仕事です。

イベントディレクターからの指示を元に、準備を進めていきます。

日程に間に合うよう、効率良く仕事を進められる力が大切な役割です。

イベント当日のアシスタント業務

イベント当日は、イベントディレクターのアシスタント業務を行います。

イベントディレクターの下について働くことで、イベントディレクターの仕事内容もわかることでしょう。

アシスタントという立ち位置ではありますが、時にはスタッフに指示を出すこともあります。

それだけ、イベントアシスタントディレクターも責任感があるポジションなのです。

訪れた人が満足して帰ってもらえるようなイベントを、イベントディレクターと二人三脚で作り上げましょう。

 

ワンポイント
 イベントディレクターのサポートをすることが、イベントアシスタントディレクターの役割である。

イベントスタッフの仕事内容

イベントスタッフ

イベントスタッフは、アルバイトとして勤務している人も多いポジションです。

アルバイトではありますが、イベントスタッフはイベントの成功に欠かせない存在です。

会場設営・管理

イベント会場の設営や管理は、イベントスタッフの役割です。

会場の環境がどうであるかで、イベントの印象はガラリと変わります。

訪れた人が良い気分になれるよう、素敵な会場を設営しましょう。

来場者への案内・誘導

イベント当日は、来場者への案内・誘導をしなければなりません。

会場が広い場合は、迷子になってしまう人も多いでしょう。

そのような人を見つけたら、目的の場所へ案内することがイベントスタッフの役目です。

そのため、イベント会場の地図はしっかり頭に入れておきましょう。

イベント業界で働くメリット

会議

イベント業界の職種についてご紹介しましたが、気になる職種はありましたか?

もしかしたら、イベント業界への転職を考えるようになった人もいるかもしれません。

そこで、イベント業界で働くメリットもご紹介したいと思います。

人に感動を与えられる

イベントは、人に感動を与えることができます。

イベント会場では多くの人の笑顔や感動している姿を間近に見ることができるでしょう。

自分が携わったイベントを通して、笑顔や感動を届けられるとやりがいにもつながります。

そしてイベント業界で働けば、直接イベントの感想をもらうことも多いです。

「楽しかった」や「また来たい」などの言葉をもらえば、これからの仕事のモチベーションにもなるでしょう。

自分の力で感動を与えたいという人には、イベント業界での仕事がぴったりです。

イベントが成功する達成感を味わえる

イベントが成功したとき、大きな達成感が味わえます。

準備は大変ですが、盛り上がっているイベントを見れば疲れも吹っ飛ぶことでしょう。

来場者の笑顔を見ることで、自然と笑顔が溢れること間違いなしです。

長い間、イベントに向けて頑張って良かったと思えることでしょう。

成功体験の積み重ねが、自分の自信にもつながります。

イベント業界の大変なところ

勉強する女性

イベント業界で働くのは楽しそうなイメージがあると思います。

もちろん、楽しい仕事ではありますが、大変なところがあるのも事実です。

大変なところを把握した上で、それが辛くならない企業を選べるかどうかが大切となります。

さて、イベント業界の大変な部分にはどのようなものがあるのでしょうか?

長時間労働の場合がある

悩む

イベント業界では、長時間労働になってしまうことがあります。

イベントは日程が決まっていることがほとんどで、その日程をずらすことはできません。

中には、無理なスケジュールを組まないと間に合わない場合もあるでしょう。

そのため、納期に間に合わせようとして、1日の労働時間が長くなってしまう企業もあります。

長時間労働になってしまうと、体を壊してしまうかもしれません。

企業選びをする際は、労働時間をしっかり確認しましょう。

残業になった場合の残業代や代休などのサポートがあるかどうかもチェックしておくと安心です。

休みが不定休の場合が多い

イベントは土日祝で行われることが多いです。そのため、休みが不定休な場合があります。

土日祝は絶対に休みたいという人には、イベント業界は向いていないでしょう。

イベント業界の休みは、基本的に平日です。

しかし、イベントが多い夏休みや冬休みの時期は、なかなか休めない場合もあります。

その分、閑散期にまとめて長期休みを取っている人が多いのがイベント業界の特徴です。

企業に入社する前に、休みがどのようになっているかは確認しておくことをおすすめします。

向いている女性の特徴

女性パソコン

イベント業界の大変なところも知った上で、それでも目指したいという人も多いと思います。

そこでイベント業界で働くのに向いている女性の特徴も見ていきましょう。

以下の特徴に当てはまっている人は、イベント業界を目指してみても良いかもしれません。

流行やトレンドに敏感な人

化粧品イメージ

流行やトレンドに敏感な人は、イベント業界で働くことがおすすめです。

流行を先取りする力がある人は、独自性があることでしょう。

周りの人よりも一歩先にいるため、先進的なアイディアも生まれやすいです。

特にイベントプロデューサーになれば、イマドキのイベントの企画が生まれるのではないでしょうか?

さらに女性であれば、女性が集まるイベントでは本領を発揮することができます。

流行やトレンドに敏感であれば、ファッションや美容系のイベントで大活躍することでしょう。

もし、流行やトレンドを追うことが好きな人であれば、応募の際に精一杯アピールしてください。

コミュニケーション能力が高い人

社内会議

イベント業界で働く上で欠かせないのがコミュニケーション能力です。

イベントは、一人で成功させることはできません。

多くの人の力が積み重なってひとつのイベントとなるので、たくさんの人とコミュニケーションを取ります。

イベント業界は、どの職種でも多くの人と関わるので、コミュニケーション能力は必須です。

そのため、転職前の仕事で人と話す機会が多かった人は、転職活動に有利になることでしょう。

チーム一丸で成し遂げた経験がある人やクライアントと接する機会が多かった人は積極的にアピールしてください。

 

ワンポイント
 イベント業界に向いている女性
・流行やトレンドに敏感である
・コミュニケーション能力が高い

イベント業界への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

スーツ 女性

先ほどご紹介した通り、イベント業界は企業選びが大切となります。

しかし、求人情報を見ただけではどの企業が良いのかわからないことでしょう。

そこでおすすめなのが、転職エージェントに相談して転職活動をサポートしてもらうことです。

転職エージェントなら、担当者にサポートしてもらいながら転職活動をすることができます。

企業の情報も第三者目線から聞くことができるので、より自分にぴったりの企業を見つけることができるでしょう。

また、転職エージェントに登録されている企業は優良企業である場合が多いです。

安心して転職活動をしたい人は、転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

会議中の会社員

今回はイベント業界の職種をご紹介しましたが、気になる職種はありましたか?

イベント業界は大変なときもありますが、その分やりがいも大きい仕事です。

多くの人に笑顔と元気を与えていると思うと、きつい仕事も頑張れるでしょう。

体力が必要な仕事ではありますが、女性でも活躍ができる業界です。

笑顔と元気を与えたい人やワクワクしながら働きたい人にはぴったりの業界でもあります。

この記事を読んでイベント業界に興味が出た人は、イベント業界への転職を視野に入れても良いかもしれません。

転職エージェントも活用しながら、イベント業界への転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら