結婚式やパーティーなどで、華やかな雰囲気を演出するアイテムの1つである「お花」。

会場に大きく飾られた華やかなお花を見ることで、来場した人達に感動や高揚する気分を演出することができます。

そうしたお花をきれいに飾り付けるには、色彩感覚のセンスや植物の知識を豊富に持っていることが必要です。

そこで、このような場面では専門知識を数多く持つ「フラワーコーディネーター」が活躍しています。

今回はそのフラワーコーディネーターにスポットを当て、仕事内容や業務の流れ、やりがいなどについて調べてみました。

お花を使った仕事に興味がある方などは、ぜひ参考にしてみてください。

フラワーコーディネーターの仕事内容を解説

花束を持つ女性

フラワーコーディネーターの主な仕事内容は、結婚式やパーティーなどのイベントで会場をお花を使って装飾を行うことです。

他にも講演会や祝賀会、お店の開店祝いやお葬式などさまざまなシーンで活躍する機会があるでしょう。

装飾を行う際にはお客様の希望や予算をしっかりと聞いた上で、状況に合わせたものを選択し飾り付ける必要があります。

そのため、同じ結婚式での装飾であっても希望のイメージや季節によって飾り付け方はまったく違ったものとなるでしょう。

毎回違った装飾を行うには、お花についての幅広い知識さまざまな装飾方法を身に付けていなければなりません。

幅広い知識やセンスが問われる職業ですが、その分毎回違った刺激を得られるのでやりがいのある仕事であるともいえます。

 

ワンポイント
・フラワーコーディネーターはイベントなどでお花を使って装飾を行う
・装飾を行う際にはお客様の要望に沿ったものを作ることを意識する
・お花についての幅広い知識とさまざまな装飾方法を身に付ける必要がある

フラワーコーディネーターの主な業務内容

パステルカラー デスク

フラワーコーディネーターの業務内容の詳細について解説していきましょう。

お花を使って大事な日の演出を行う

フラワーコーディネーターは結婚式やパーティーなどの特別なイベントでお花を使って華やかな演出を行うことが仕事です。

お客様と入念に打ち合わせを行い、要望に沿ったイメージで飾り付けをしていきます。

その際、季節や会場のその他の装飾も考慮する必要があり、花言葉などにも意味を持たせてお花を選定するのです。

そういったさまざまな要素を考える必要があるので、植物に対しての知識だけではなく繊細な気配りも求められる職業でしょう。

花束の制作

花束を作る女性

イベント会場などで大掛かりな装飾をするだけでなく、ギフト用の花束の製作も請け負います。

美しい花束を作るのにもイベントの装飾同様に優れた色彩センスが必要となるでしょう。

最近では花屋などの店頭で販売するだけでなく、インターネットで注文を受けて発送するサービスも増えています。

こういったシステムを活用することで、近隣に住む方だけでなく全国各地にも顧客の幅を広げることができるようです。

お花の管理

水やりする女性

イベントで使うものや店頭で販売するお花の管理を行うのも、フラワーコーディネーターの仕事の一部です。

最近は技術が進化しており、以前に比べてお花の品質を長持ちさせられるようになっています。

しかし、少しでも長く商品価値を保たせるには徹底した管理が必要です。

気温湿度などを適切に保ち、必要なタイミングでお水をやるなど多くの手間がかかります。

それだけ多くの作業を行い商品を最高の状態を維持したとしても、売れ残ってしまうこともあるでしょう。

多くの時間を割いて育てたお花を自分の手で処分しなければならないというのは精神的にもきつい作業です。

また、お花は生活に欠かせないものというわけではないので、景気の影響が大きく需要を左右します。

そのため、不景気の状況では売上が落ち商品の管理もさらに難しくなることは覚悟する必要があるでしょう。

 

無料転職相談をして業務内容を聞いてみよう

 

フラワーコーディネーターの仕事の流れ

ポイント 女性

次にフラワーコーディネーターの仕事の流れについて解説していきましょう。

お客様との打ち合わせ

案件の依頼を受けたら、まずはお客様と打ち合わせを行わなければなりません。

そこで、どのようなイメージを希望しているのか詳しくヒアリングを行い予算についても確認していきます。

そのヒアリング内容を踏まえた上で構想を練り、商品の製作案を作り上げるのです。

構想段階でお客様と再度打ち合わせを行い方向性の確認を行っていきます。

フラワーコーディネーターは必ずしも自分の作りたいものを製作できるわけではありません。

重要となるのは顧客の希望に沿った満足度の高い商品を提供することです。

そのためにはしっかりと打ち合わせを行い、顧客の希望を具体的に引き出す必要があります。

ブーケや花束の制作

結婚式では会場の装飾だけでなく、ブーケの製作依頼を受けることがあります。

また、花屋で勤務するフラワーコーディネーターの場合はギフトで使われる花束の注文を受けることも多いでしょう。

贈り物で使われる場合には、見た目の華やかさだけでなく花言葉なども意識して送り主の気持ちを表現する必要があります。

効果的な組み合わせを作るには、専門知識を幅広く備えておくことが求められるでしょう。

お客様へ届ける

以前はお花は店頭へ顧客自身が買いに行くことがほとんどでしたが、最近では配送サービスも広く使わるようになりました。

花屋や園芸ショップで働く場合には、その配送業務もフラワーコーディネーターの仕事となる場合もあります。

お花の需要が高いのは結婚式が多く行われる時期や母の日やクリスマスなどのイベントのシーズンです。

裏を返せばイベントシーズン以外では需要が下がってしまうので、少しでも仕事の幅を広げる必要があるでしょう。

今はインターネットを活用して、自宅にいながらお花の注文をして配送を受けるサービスの需要が高まっています。

繁忙期以外でもコンスタントに仕事を得るためにも、こういったサービスは積極的に活用していったほうが良いでしょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


フラワーコーディネーターのやりがい

花束を持つ女性

フラワーコーディネーターの仕事のやりがいにはどういったものがあるでしょうか。

代表的なもの2つについてご紹介します。

お客様の大切な日をサポートできる

フラワーコーディネーターはお客様の大切な日をお花を使って華麗に演出します。

何度も試行錯誤を繰り返して時間をかけて作り出された作品は、イベントに訪れたすべての人達を幸せな気持ちにするでしょう。

また、何年かしてその日のことを思い出した時にも、きれいなお花のイメージは人々に強い印象を与えることができます。

フラワーコーディネーターはお花を通じて、お客様の大切な日を美しく彩ることができるのです。

そうしたお客様の幸せを自分の幸せとして感じることができる人にとっては、まさに天職であるといえるでしょう。

唯一無二の演出ができる

同じ結婚式の装飾の依頼であったとしても、お客様の要望や使うお花の種類によってできあがる作品は毎回異なります。

そのため依頼の度に毎回違った唯一無二の演出をすることができるのです。

考慮する要素が多岐にわたるので、同じことを繰り返し続けるような単純作業になりづらいのもこの職業の特徴でしょう。

お客様の希望を忠実に反映させた演出を行うことで、他のイベントのものとは違う独自の特徴を表すことができます。

そうすることで、お客様にとっても印象強い思い出になることにつながっていくのです。

 

ワンポイント
・フラワーコーディネーターはお花を通じてお客様の大切な日を美しく彩る
・お客様の要望も人によって違うため唯一無二の演出を毎回作り出すことができる

フラワーコーディネーターに活かせる経験

パソコンを操作する女性

  • 色彩感覚のセンス
  • ヒアリング技術

フラワーコーディネーターに活かせる経験というのは、お花に関することだけではありません。

お花を組み合わせる色彩感覚は、アパレル関係で働いている人であれば洋服の組み合わせを行うのも同じ要領でしょう。

この色と相性が良いのはこういった色合いのもの、というような感覚が身についていればそのセンスを活かすことができます。

また、フラワーコーディネーターは自分の感覚だけで装飾を行うのではなく、お客様の要望に沿ったものを作る必要があるのです。

そのため、お客様から依頼を受け打ち合わせをして仕事をした経験があれば、そのヒアリング技術を活かすことができます。

打ち合わせで重要なことは、お客様がどのようなイメージをして依頼をしているのか詳細な希望を引き出すことです。

せっかく苦労して作り上げてもお客様のイメージとかけ離れてしまっていては、お客様を満足させることができません。

イメージというのは言葉で説明することが難しいからこそ、ヒアリングの精度は依頼を受ける上で非常に重要な要素です。

異業種から転職を行う際には、フラワーデザインの知識の他にもこうした前職での経験も積極的にアピールしていきましょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

フラワーコーディネーターに向いている女性の特徴

花束を抱える女性

フラワーコーディネーターにはどういった女性が向いているのでしょうか。

代表的な特徴を3つご紹介します。

お花が心から好きな人

お花がメインの職業であるため、お花や植物が心から好きであるというのは重要な要素です。

色彩感覚などデザインスキルも必要ですが、まずはどういったお花があるのかその知識がなければこの仕事は始められません。

さらに、現在は技術が進歩していて品種改良や品質維持のために必要な技術がどんどんアップデートされています。

基礎的なことを学んで終わりではなく、常に新しい情報を仕入れる探求心を持つには興味関心が強くなければ難しいでしょう。

お花が好きで関連する情報を自ら進んで調べている人であれば、趣味を職業にするような感覚で働くことができると思います。

お客様の手助けをしたい人

フラワーコーディネーターは一見すると華やかなイメージが強い印象ですが、実際は地味で大変な作業もたくさんあります。

お花の品質を保つには地道な作業を毎日続けなければなりません。

イベントの装飾を行う場合では、事前の会場準備に十分な時間がないと徹夜で作業を行わなければならないこともあります。

そんな地味で大変な作業を続ける原動力としては、お客様の喜ぶ顔が見たいという気持ちも大きな支えになるでしょう。

人の幸せを自分の幸せとして感じられることがフラワーコーディネーターの仕事に向いている素質だといえます。

お花を通して演出をしたい人

自分の大好きなお花を使ってお客様を喜ばせたいと思えることが、フラワーコーディネーターとして働く上で重要な要素です。

演出の方法はいろいろとありますが、その中でもお花を使った演出をしたいと考えそのイメージが湧く人こそが向いています。

あまり深く考えなくても、自分が経験したことがきっかけでこの道を目指すというのも立派な理由でしょう。

例えば、出席した結婚式のフラワーアレンジメントの素晴らしさに感動し、自分でも作ってみたいというのも大事なきっかけです。

そういった憧れにも似た感情というのは、この仕事が好きでなければ生まれない感情でしょう。

色彩感覚や美術の才能に自信がなくても、仕事が好きだと感じられることはそれだけでも十分な適性だといえます。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

フラワーコーディネーターの正社員雇用

ポイント 女性

未経験からフラワーコーディネーターの正社員雇用は、結論からいってしまうとかなり高いハードルでしょう。

なぜかというと、フラワーコーディネーターは景気に左右されやすく需要があるシーズンも限られているのです。

不景気になってしまうと、ギフトでお花を贈るような人は少なくなってしまいます。

また、母の日やクリスマスではギフトとして使う人は多いですが、その他の何でもない日にお花を贈るケースは少ないでしょう。

そのためフラワーコーディネーターを雇う企業としては、必要な時期だけピンポイントで採用したいと考えます。

その結果正社員雇用を行う企業は限られてしまい、ほとんどがアルバイト契約社員といった雇用形態になってしまうのです。

正社員雇用の母数が少ない業界であるので、未経験からいきなり正社員として採用されるケースは残念ながら少ないでしょう。

しかし、中にはホテルやレストランと提携していてコンスタントにイベントの仕事が入る企業では正社員雇用も行っています。

長く働くことを考えている場合では、将来的に正社員への昇格目指して可能性の高い企業を選んだほうが良いでしょう。

 

ワンポイント
・フラワーコーディネーターの正社員雇用は少ない
・長期的に働く場合には、正社員雇用の可能性が高い企業を選ぶことが重要
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


フラワーコーディネーターの将来性と待遇

花のリースと女性

フラワーコーディネーターの将来性と待遇はどういったものがあるでしょうか。

キャリアパス年収について解説していきましょう。

キャリアパス

フラワーコーディネーターは実績を積んで実力が認められれば独立開業する道も現実的にあります。

それまでには、多くのイベント演出の経験を重ねてお客様から指名を受けるような状態になることも必要です。

また、独立開業するためにはフラワーデザインに関する資格を取得して信頼を得ることも重要でしょう。

簡単な道ではないですが、実力社会であり学歴や経歴が重要ではないため努力次第で活躍のチャンスを掴むことができます。

会社に在籍している内に、自分の仕事の中で特に強い分野を作っておくと独立した際に仕事を受注しやすくなるのです。

例えば、イベントの演出の中でもおしゃれな雰囲気の装飾を得意とすれば、仕事のターゲットを絞ってアピールできるでしょう。

年収

フラワーコーディネーターの給与は、所属する花屋や園芸ショップの経営状態によって大きく異なります。

一般的には正社員の給与で約15~25万円程度だといわれているようです。

パートやアルバイトの場合は1,000円前後となり、他のアルバイトと大きな差はありません。

ただ、あらかじめ「フラワー装飾技能士」などの資格を取得して専門知識があれば給与にも反映されます。

独立して直接仕事をもらえるようになれば、1,000万円以上稼ぐ人もいるので将来性のある職業であるといえるでしょう。

しかし、前述の通り実力がものをいう業界であるため新たに優れた人が現れれば仕事を取られてしまう可能性もあるのです。

また、景気の影響も受けやすいので会社に所属していたとしても状況によっては給与が安定しないことも覚悟しておきましょう。

 

ワンポイント
・フラワーコーディネーターは実績を積めば独立開業もできる
・一般的な給与平均は正社員で約15~20万円、独立すると1,000万円以上稼ぐこともできる
・景気の影響を受けやすい職業であるため給与が安定しない可能性もある

フラワーコーディネーターを目指すなら転職エージェントに相談しよう

接客中のビジネスウーマン

フラワーコーディネーターは必要な知識を身に付けたとしても働く企業を慎重に選ぶ必要があります。

しかし、未経験から転職する場合には知らない業界の知識を集めるのは容易ではありません。

転職について悩みがあれば、転職エージェントに相談するのが効果的です。

転職エージェントは幅広い業界の知識を持っており、求人情報に書かれていない企業の実情なども把握していることがあります。

そのため、転職先企業を選ぶのに強い味方となってくれるでしょう。

さらに、インターネットなどには掲載していない非公開求人の情報を持っていることもあるので選択肢を広げることができます。

また、相談費用もすべて無料となっているので気軽に相談することができるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

桜 ポートレート

結婚式などのイベントの場をお花を使って華やかに演出するフラワーコーディネーター。

お祝いムードを演出し、依頼したお客様や来場した方達の心に強く印象づけるのにお花は効果的なアイテムの1つでしょう。

効果的な色の組み合わせや、花言葉の意味も考えた上で装飾するには専門知識とセンスが要求されます。

また、景気の影響を受けやすく給与も不安定になりがちな職業であるからこそ転職先企業は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

いろいろと難しい面はあるのですが、自分の作品でお客様の大切な日を演出できるのは大きな達成感を得ることができます。

お客様の喜びを自分の喜びとして感じられる人にとっては、まさに天職といえるような職業ではないでしょうか。

少しでも興味があれば、一度転職エージェントに相談して詳細な内容を聞いてみることをおすすめします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!