仕事をしていると自分にはこの仕事が向いていないかもと感じる場面が出てくることがあります。

仕事を辞めるべきか続けていくべきか悩みが生じてしまったらどうしたら良いでしょうか。

ここでは仕事を辞めるべきかどうか悩んだ時の解決方法をご紹介します。

Contents

仕事が合わないと感じた時の解決方法を解説

悩む

仕事が合わないと思うのはどんな時でしょうか。

仕事が合わないと思った時にはすぐに転職を考えてしまいがちです。

しかし転職することで改善するのであれば良いのですが転職した先が今より良いとは限りません。

転職をするその前に今の仕事の何が合わないのか理由を考えてみましょう。

仕事が合わないと感じる理由

合わない

仕事が合わないと感じる理由は色々あります。

社風が合っていなかったり人間関係が良くない場合もあるでしょう。

他にも仕事内容が自分に合わない場合や給与や待遇が良くないなど様々です。

本当に仕事そのものが合っていないのでしょうか。それとも会社に何か原因があるのでしょうか。

具体的に自分で合わないと感じる理由は「何か」を考えてみましょう。

社風そのものが合わない

社風というものは入社してみなければはっきりとわからないものです。

入社後にこんな会社だったら入社しなかったのにと後悔することもしばしばあります。

社風は自分で改善できるものではありません。

我慢して仕事を続けていくにつれ徐々に苦痛を感じるようになります。

どうしても合わない場合には会社を辞めるという選択になるでしょう。

人間関係が合わない

人間関係

どこの会社にも自分と合わない人はいます。

わかっていてもどうにもならないため悩んでしまうのが人間関係です。

無理をしてストレスが溜まってしまい心と体に不調をきたしてしまう場合もあります。

改善できれば良いのですが改善が見込まれない場合には転職を考えたほうが良いかもしれません。

心や体が蝕まれる前に手を打つ必要がありそうです。

自分のキャリアを活かせない

キャリアを活かす

せっかく努力して取得した資格を活かす場面がない時には今の仕事を続けるか辞めるか悩んでしまいます。

今まで積んできた経験などが活かせる場面がない場合もそうです。

自分のキャリアを仕事で何も役に立てられない場合には仕事に対するモチベーションが保てなくなるかもしれません。

キャリアを活かす場面がなくやる気がなくなるような状態であれば仕事が合っていないということが考えらます。

 

ワンポイント
仕事が合わないと感じる理由は人それぞれです。具体的に何が合っていないのかを考えることでどうしたら良いか解決方法が見つかるかもしれません。

仕事が合わないと悩む人の考え方

悩む

仕事が合わないと悩む人の中には会社を辞めようという考えが甘えではないかと思っている人もいます。

辞めることへの罪悪感で会社を辞められず不満を持ったままずるずる会社に居続けてしまいがちです。

我慢し続けることで時間が解決してくれれば良いのですが状況が悪化する場合も。

世間ではまだまだ転職に対して好意的ではない人がたくさんいます。

そんな風潮から仕事が合わなくても途中で会社を辞めるという選択がいけないことだと思ってしまいがちです。

中には親に辞めることを止められたから我慢しているという人もいます。

これらは自分の考えよりも人の考え方を優先してしまう人に多いかもしれません。

また仕事の結果が出せないため仕事が合わないと思いこんでいる人もいます。

仕事が合わないのではなく仕事の仕方が合わないのかもしれません。

しかし結果が伴わない場合には仕事が合わないと考えてしまうようです。

とりあえず3年は我慢

石の上にも

3年も我慢する理由は何でしょうか。

スキルを身につけるためや退職金の支給条件のためなど何らかの理由があるのであれば3年我慢して会社にいても良いかもしれません。

一昔前は「石の上にも3年」ということでとりあえず3年は同じ仕事をしたほうが良いといわれていました。

しかし現在では状況が少し違ってきているためこの考え方を見直した方がよさそうです。

3年もストレスにさらされて体を壊しても意味はありません。

その我慢が必要な我慢かどうかもう1度考えてみましょう。

時間の無駄だからすぐに辞めよう

すぐに辞める

悩む時間がもったいないからすぐに辞めようと考えるのは性急すぎかもしれません。

しかしやりたい仕事がはっきりしている場合はすぐに転職すべきでしょう。

やりたい仕事が職人だった場合にはなるべく早めに実績を積んでいくべきです。

このような場合は躊躇せずに次に進みましょう。

ただ仕事が合わないからというだけですぐに転職をしようとしているのであればちょっと待ってください。

確かに我慢してまで会社にいる必要はないかもしれないのですが辞めて転職した先が今より良いとは限りません。

辞める前に今の仕事を少し振り返ってみてください。

少しでもやりがいや楽しさを感じる仕事なのであればもう少しだけ続けてみましょう。

改善できるところや妥協点が見つかるかもしれません。

仕事を辞める判断基準

基準

現在自分が置かれている状況がどうかということが仕事を辞める判断基準になってきます。

ストレスで精神や体に苦痛を感じているのであればすぐにでも辞めるべきです。

また会社の状況が悪化し生活ができない場合などはなるべく早めに転職したほうが良いでしょう。

しかしただ辞めたいと感じているのであれば考え方を変えてみるのが良いかもしれません。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

もうしばらく今の仕事を続ける方が良いケース

仕事やりがい

辞めることをためらっているのであれば今の仕事を続けたほうが良いでしょう。

転職すればすべてが解決するというわけではありません。

今よりも状況が悪くなる場合も考えられます。

今の環境で我慢できるのであれば仕事を続けていく方法を探ってみてください。

ひとつでもやりがいを感じる

今の仕事にやりがいを感じることはありませんか?

作業が少しずつ早くできるようになってきたなど成長を感じている場合には仕事をもう少し続けてみたほうが良いかもしれません。

またお客様からの感謝の言葉がうれしいと感じたなど些細なことであってもやりがいを感じられたのであれば続けていける可能性があります。

今後もっと仕事が楽しくなりやりがいが出てくるかもしれない場合はもう少し仕事を続けて様子をみても良いかもしれません。

環境が変わる可能性がある

環境が変わる

転職によって環境が変わる場合が多々あります。

会社が今より遠くなれば通勤時間が長くなるでしょう。

始業時間が早くなって起床時間が1時間以上早くなる場合も。

生活のリズムがガラッと変わってしまうことは多々あります。

また社風や会社の文化などはその会社独特のものがあり戸惑うこともしばしば。

これらはストレスの原因となりせっかく転職してもまた同じ繰り返しになる可能性があります。

環境を変えたくないと考えている場合には踏みとどまってみたほうが良いかもしれません。

 

ワンポイント
すぐに転職をするのではなく少しでもやりがいを感じたり環境を変えたくない場合には今の会社に留まってみても良いかもしれません。

今すぐ転職を考える方が良いケース

今すぐにでも転職したほうが良い場合もあります。

ストレスで体調がすぐれない場合や精神的に参っている場合にはすぐに転職したほうが良いでしょう。

そのまま続けていては命の危機になってしまいます。

また自分のやりたいことがはっきりしている場合には早くやりたい仕事に転職し実績を積むのが大事でしょう。

給料の支払いが遅れたり休みが取れないなどの場合も早めに転職をした方が良いと思われます。

人間関係・パワハラ

パワハラ

人間関係やパワハラなどが原因で体に不調をきたしてしまう場合にはすぐに転職したほうが良いといえます。

精神的な不調の原因がはっきりしているのであれば会社を辞めることで改善されるかもしれません。

社内に留まり解決の方法を模索することも「あり」ですがその間に自分が蝕まれていくのであればすぐにでも転職したほうが良いでしょう。

企業自体の経営状態に問題

嘆く

給料の振込が遅れているもしくはきちんと支払われないなどの場合は会社の経営状況が悪くなっていることが想定されます。

生活していくうえで明らかに支障をきたす場合には会社の現状を確認して早急に転職活動を始めましょう。

  • 仕事量が以前よりも減ってしまっていると感じる
  • 忙しいのに人員が補充されない

これらの場合には経営状況が悪化している可能性があります。

そのような状態では自身のスキルアップができないばかりでなく普通に生活ができなくなってしまいかねません。

経営状態の改善が見込めるのであれば良いのですがそうでない場合には早めに転職先を決めたほうがよいでしょう。

自分のやりたい仕事とまったく違う

やりたい仕事と違う

自分のやりたいことがはっきり決まっている場合は今の仕事を我慢して続けても何の利益も生み出しません。

少しでも早くスキルを積んだほうが自分の将来のためになります。

やりたいことと全く違う仕事をしている場合には早めに転職すべきです。

時間は無限ではありません。早めに転職して実績を積んでいきましょう。

 

ワンポイント
今すぐ転職すべき状況なのかよく考えてから転職活動をしましょう。心身ともに疲労している場合や会社の経営状況が悪化していると感じた場合などにはすぐにでも転職すべきです。

プライドや不安は捨てよう

捨てる

転職にプライドは必要ありません。

今まで会社で築き上げてきた実績や役職などは転職先では役に立たない場合があります。

「転職をする」ということは今までのキャリアをリセットして1から築き上げていくという作業が必要なのです。

プライドは捨て謙虚な姿勢で転職活動に臨みましょう。

下手なプライドは転職で失敗の原因になりかねません。

また海外ではステップアップのために会社を移るのはよくあることです。

自分の将来のために転職するのであれば不安を抱く必要はありません。

自分をキャリアアップさせるための転職だと思ってください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

仕事を辞める前にすべきこと

がんばる

仕事を辞める前にもう一度考えてみましょう。

仕事で評価がなかなか得られないために仕事が合わないと思っていませんか?

努力しても結果が出ないなどの場合や評価が得られない場合にはやり方を変えるだけで状況が変わってくるかもしれません。

状況が改善されれば仕事を辞める必要がなくなります。

人間関係で仕事を辞めたいと思っているのであれば他部署への異動などで解決する場合もあるでしょう。

また時期によっては関係が良くない相手のほうが転勤したり異動したりするかもしれません。

しかしそれらが望めず仕事を辞める意志が固まったのであれば辞めるための準備を進めましょう。

仕事を辞める前にすべきことがあるはずです。

ゆとりをもって転職するためにもやれることはやってから転職しましょう。

そのポジションでできることをやってみる

辞めてから後悔しないようにできることはやってみましょう。

仕事のやりかたを今までのやり方から変えてみるだけでも好結果につながるかもしれません。

結果が良くなれば仕事にやりがいを感じるようになるでしょう。

人間関係などは自分の動きかたひとつで改善される場合もあります。

まずは今のポジションでできることを探してください。

色々やっているうちに今の仕事のやりがい楽しみを見つけられるかもしれません。

状況が改善される場合もあるでしょう。

もしやりがいを見つけられたり状況が改善されたのであれば今の仕事をもう少し続けてみてください。

自分のスキルアップを目指す

キャリアを活かす

転職の際に少しでも自分が希望する仕事に就けるようにスキルアップを目指しましょう。

自分のスキルアップで転職への不安が少なくなることに間違いありません。

仕事を辞めると決めた時にはもう些細なことでは悩まなくなっていると思います。

次への期待が膨らんで落ち込まなくなっているはずです。

そんな時だからこそ自分を高められるだけ高めてから次に移りましょう。

転職エージェントに相談する

仕事を辞めたいと思ったら辞める前に転職エージェントに相談しましょう。

在職中ならば仕事についている状態で転職活動をし、転職先を決めたほうがあとあと楽です。

辞めたあとでの転職活動よりも精神的に余裕をもって職探しができます。

自分にあった仕事を余裕のある状態で探すことができるため自分の希望により近い会社選びができるはずです。

また在職中の転職活動は仕事がない状態の転職活動より時間の融通が利かないため困難になる場合があります。

そんな時にプロの力を借りることも転職成功への近道です。

まずは転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

 

ワンポイント
仕事をしながら転職の機会を待った方が転職活動に余裕がもてます。転職エージェントに相談して効率的な転職活動をしましょう。

自分に合った仕事を探すなら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

自分に合った仕事がわかっている場合にはハローワーク・雑誌・Webサイトなどでダイレクトに転職先を探すことができます。

しかし自分のしたい仕事の求人があるとは限りません。

また仕事としては自分に合っているけれども給与や待遇に関してなど応募先に直接ききづらいことも多くあります。

そんな時には転職エージェントに頼ってみてください。

転職エージェントが紹介する求人の中には非公開求人など自分では探すことができない優良求人情報があります。

また転職先企業には直接ききづらい情報も転職エージェントからきくことが可能です。

転職エージェントに相談してスムーズに転職活動を進めてください。

自分に合う仕事がわからないという場合にも転職エージェントは強い味方になります。

転職エージェントが自分の適性を考慮して仕事の案内をしてくれるでしょう。

自分では気付かなかった適職が見つかるかもしれません。

初めての転職であればなおのこと頼れる相談相手が必要です。

転職をするならプロフェッショナルである転職エージェントに相談しましょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

まとめ

仕事が合わないと思う理由は色々あります。

少しでもためらうのであれば今の職場で自分を成長させてから転職を考えても良いでしょう。

しかし心身的にダメージを負っている場合ややりたいことがはっきり決まっている場合にはすぐにでも転職したほうが良いかもしれません。

また会社の経営状況が芳しくない場合にもすぐ転職活動を開始するべきです。

悩んだり迷ったりしたらまずは転職活動のプロである転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの手を借りて自分に合った仕事に転職して充実した日々を送りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら