転職でホームヘルパーを目指す場合、志望動機はどのように書いたらいいのでしょうか。

ただ事実を羅列するのではなく、より採用に近づくために、採用担当者に好印象を与える志望動機を書きたいものです。

この記事ではホームヘルパーを目指す女性のために、好印象を与えられる志望動機の書き方を解説します。

注意点例文なども紹介していますので、ぜひ最後までご覧になって参考にしてみてください。

Contents

ホームヘルパーの志望動機の書き方を解説

メモをとる女性

ホームヘルパーを目指して転職を考えている際に、志望動機の書き方に悩む方も多いでしょう。

特に未経験の人は、どんなアピールをすれば採用につながるのかが分かりづらく、不安になってしまいがちです。

ここではホームヘルパーの志望動機の書き方について詳しく解説していきます。

この記事で紹介しているポイントをしっかりおさえ、ぜひ志望企業の内定を勝ち取りましょう。

ホームヘルパーは女性が多く活躍している

ガッツポーズする女性

ホームヘルパーとして働くためには、円滑な意思疎通のためのコミュニケーション能力や相手のことを思いやる心が不可欠です。

また、相手に安心感を与え、リラックスしてもらえるような関係づくりも必要になります。

そういった点で、ホームヘルパーは女性が多く活躍している仕事といえるでしょう。

女性ならではの細やかな気遣いやコミュニケーション能力といった長所があれば、それを存分に活かして働くことができます。

また、家事のスキルを活かして働けることや自由な時間で働きやすいことも、女性が多く志望している理由です。

 

ワンポイント
ホームヘルパーは女性ならではの長所が活かせる職場といえます。

志望動機を考える前の準備

ノートパソコンを見て考える女性

志望動機を考え始める前に、まずは準備としてしっかりと情報を集めましょう。

自己分析企業研究を入念に行うことで、志望動機をより具体的に考えやすくなります。

それぞれどのような点について考えたらよいのか、詳しく見ていきましょう。

自己分析を深めよう

転職を考える上で自己分析は欠かせません。

特に自分の強みについてはしっかりと把握し、その強みを活かせる職場を探すことで、楽しく生き生きと働くことができます。

ホームヘルパーに必要とされるコミュニケーション能力ホスピタリティはもちろんのこと、その他の強みも探してみましょう。

なぜホームヘルパーになりたいのかという動機についても、具体的なエピソードを思い出しておくと役に立ちます。

企業研究を徹底しよう

企業についての情報もしっかりと集めておくことが必要です。

給料終業時間はもちろんのこと、どのような施設でどういった制度があるのかなどについても詳しく調べておきましょう。

また表面的な事だけでなく、企業理念などもきちんと調べておくことをおすすめします。

自分が「ここでなら安心して働けそうだ」と思える職場を見つけられるよう、企業研究を徹底しましょう。

志望動機で好印象を与えるポイント

ポイント

志望動機を書くための材料がそろったところで、好印象を与える志望動機の書き方についてのポイントの確認です。

  • 目指す理由を明確にする
  • 活かせる経験を盛り込む
  • 入社後のビジョンを明確にする

これらのポイントを押さえて書くことで、自分が企業に必要な人材であることを効果的にアピールできます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ホームヘルパーを目指す理由を明確にしよう

志望動機というからには、ホームヘルパーを目指す「動機=理由」が明確でなければいけません。

特に介護職の場合は、楽しいだけの仕事とはいえないため、長く続けていくためには強い動機が必要と考える採用担当者も多いでしょう。

そこで、自分がなぜホームヘルパーを目指そうと思ったのかを具体的なエピソードを添えてアピールすることが重要です。

例えば身近な人がホームヘルパーをしている、あるいは利用しているといった実体験は説得力も高くなるでしょう。

応募先企業で活かせる経験を盛り込もう

看護師

ホームヘルパーは気持ちだけでできる仕事とはいえません。

人と関わる仕事であり、介護や介助のためにはある程度のヒューマンスキル専門知識が必要とされます。

経験者であればもちろん前職での経験が転職に活かせるため、どんな施設でどのような仕事をしていたのか具体的に伝えましょう。

未経験者の場合は、前職で得た経験の中で介護の仕事に活かせるスキルを探し、その点をアピールする必要があります。

しっかりと応募先企業の企業研究を徹底していれば、求められる人材に沿うようなスキルかどうかを判別できます。

入社後のビジョンを明確にしよう

ホームヘルパーを目指す気持ちに嘘がなくても、入社後に「思っていたのと違った」という理由で辞めてしまう人は後を絶ちません。

採用担当者としてはそのような人を採用してしまわないよう、入社後のことをきちんとイメージできているかどうかを見ています。

そのため、自分が入社したらこのように働きたいというビジョンを明確にし、それをはっきりと伝えることが重要です。

それによって採用担当者も「この人なら長く働いてくれそうだ」と安心し、好印象を持ってくれるでしょう。

 

ワンポイント
好印象を与えるために、目指す動機や活かせる経験・入社後のビジョンを明確にして伝えましょう。

志望動機の注意点

ポイント

志望動機を書く際の注意点についても確認しておきましょう。

介護職に向いていない人という印象や、働く場所はどこでもいいという印象を与えないように注意しなければなりません。

できる限りネガティブな内容は避け、また、応募先企業を選んだ理由を明確に伝えるようにしましょう。

それぞれ詳しく説明していきます。

ネガティブな内容を避ける

志望動機を書く上で、できるだけネガティブな内容は避けた方が無難です。

例えば転職する理由として、前職に不満があったために転職を決意する場合もあるでしょう。

しかし事実ではあっても、それを書いてしまうと採用担当者に悪い印象を与える可能性があります。

悪くすると、「不満があったら改善する努力をせず逃げ出してしまう人」のように受け取られかねません。

あまりネガティブな面は前面に出さないように、「やりたいこと」や「目指したいこと」を中心に内容を組み立てるようにしましょう。

応募先企業を選んだ理由を明確にしよう

数ある企業の中でなぜ応募先企業を選んだのかについても明確に書く必要があります。

しかしこの時に気を付けなければならないのは、福利厚生に重点を置きすぎないということです。

給料や待遇の良さで企業を選ぶ人は、他にもっと待遇のいい企業が出てきたらまた辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。

そう思われないように、その企業独自の魅力をしっかりと分析し、その点について触れながら志望動機を書くようにしましょう。

 

ワンポイント
志望動機にはネガティブな内容を避け、その企業を選んだ理由を明確に書きましょう。

ホームヘルパーの志望動機の例文

女性

それでは、実際にホームヘルパーの志望動機について例文を見ていきましょう。

例文では、それぞれ「経験者」「未経験者(同業種)」「未経験者(他業種)」に分けて例を挙げてみました。

当てはまるところを参考にしつつ、自分の志望動機を書く際に取り入れてみてください。

経験者の志望動機の例

現職ではホームヘルパーを3年間務めており、一通りの業務を経験いたしました。

利用者との信頼関係を大切にしつつ、決められた時間内に介助を行うよう意識して業務に努めております。

しかし、これからはより高度な介助に携わりたいと考え、実務者研修制度の整っている御社を志望いたしました。

入社後は前職での経験を活かし、即戦力として業務にあたるとともに、介護福祉士の資格を取得して御社に貢献したいと考えております。

未経験者(同業種)の志望動機の例

メモ

前職では社会福祉士として、デイサービスセンターにて生活相談員を務めてまいりました。

介護職は未経験ではありますが、職場での介護の様子について常に注意を払っており、業務内容は把握しております。

そういった環境の中で、施設ではなく自宅で過ごされる方々の役に立ちたいと考えるようになり、御社を志望いたしました。

前職で様々な立場の人と接した経験を活かし、利用者1人1人に寄り添う介助を心がけてまいります。

未経験者(他業種)の志望動機の例

前職では接客業をしておりましたが、家族が要介護になったことをきっかけに退職し、自宅での介護を行っておりました。

その中で初任者研修の資格を取得し、またホームヘルパーという仕事の重要性を痛感したため、この仕事を志望しております。

その中でも、御社の「利用者ファースト」という理念が私の目指す姿に最も近く感じたため、御社を志望いたしました。

前職での経験や家族の介護で得た知識を活かし、1日も早く戦力として活躍できるよう技術の修得に努めてまいります。

ホームヘルパーの志望動機のNG例文

NGを出す女性

逆に、実際は書かない方がいいNG例文も用意してみました。

よくない点を強調してありますので、前述した「志望動機の注意点」も参考にしながら、どこがよくないのか確認してみてください。

経験者のNG例文

前職ではホームヘルパーを務めておりましたが、職場の人間関係が原因で転職を決意いたしました。

御社を志望した理由は、他社に比べて給与が高く、時間の融通が利きそうだと思ったからです。

また御社は研修制度が整っているため、怠け者の自分でもしっかりとステップアップできそうだと感じたため志望いたしました。

未経験者のNG例文

バツ

前職では事務の仕事をしておりましたが、デスクワークが向いておらず、介護の仕事に憧れて転職を決意いたしました。

御社を志望した理由は、自宅から近いため通勤に無駄な労力をかけなくて済むと思ったからです。

また、無資格者でも可能との募集要項を見て、これから学んでいくにはぴったりの環境だと思い志望いたしました。

NGな志望動機にならないためのチェックポイント

上記の2つのNG例文を見て、どこがよくないポイントか分かりましたか?

まず、転職理由はネガティブにならないように気を付けましょう。未経験の場合は具体的な動機も付け加える必要があります。

また、志望理由として待遇面ばかりを前面に押し出さないようにしましょう。

そして、新しい環境で学んでいく姿勢は大切ですが、あまりにも他力本願と思われるような書き方にならないよう注意が必要です。

以上のことに注意しながら、自分の言葉で志望動機を組み立ててみましょう。

志望動機がまとまらない時の対処法

考え事をする女性

実際に自分で志望動機を書いてみて、どうしてもまとまらないと行き詰ってしまうこともあるでしょう。

そんな時には、ここまでに挙げた自己分析企業研究がしっかりできているかをまず見直してみてください。

志望動機がしっくりこない場合は、この2つが不足している場合が多いのです。

また、自己分析と企業研究をしっかり深めた上で、自分の転職の軸を見直してみるのもいいでしょう。

「なぜ転職したいか」「今の仕事ではなぜだめなのか」「転職してどうなりたいか」を突き詰めていけば、志望動機につながります。

 

ワンポイント
 志望動機がまとまらない時は、自己分析・企業分析・転職の軸を改めて見直してみましょう。

志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

打ち合わせするビジネスウーマン

どうしても自分1人で志望動機を考えるのが難しいという時は、転職エージェントに相談してみましょう。

プロのキャリアアドバイザーが現在の状況や求める条件をしっかりとヒアリングしてくれ、様々な相談に乗ってくれます。

その中で自己分析・企業分析の仕方や志望動機のまとめ方まで、わからないことがあればどんどん質問してください。

転職エージェントは無料で利用できるため、積極的に活用してぜひ転職活動を成功させましょう。

まとめ

OKサインをする女性

ホームヘルパーの志望動機の書き方についてはご紹介してきました。

好印象を与える志望動機を書くためには、ホームヘルパーを目指す理由やその企業を選んだ理由が明確でなければなりません。

そして、入社後に活かせる経験をもっていることを最大限アピールしましょう。

そのために自己分析企業研究をしっかりと行い、地に足の着いた転職活動でぜひ内定を勝ち取ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら