カラーコーディネーターは、色使いで人や物の魅力を最大限高めることができる魅力的な職業です。

イメージにふさわしい色を選定・レイアウトすることがメインの仕事となり、色彩のエキスパートともいえます。

ファッションや建築をはじめとするほとんどの業界のデザイン部門で、スキルを活かすことができるのも魅力です。

カラーコーディネーターになるための特定の資格はありません。色の組み合わせやデザインに興味がある女性におすすめの仕事です。

カラーコーディネーターの仕事内容を解説

色鉛筆

カラーコーディネーターは、カラーアドバイザーやカラーコンサルタントと称されることもあります。

主な仕事は、色彩に関する専門的な知識を活かし、人や物の魅力を引き出すためのアドバイスをすることです。

色がもつ影響力は非常に大きく、微妙な色彩でイメージが左右されることも少なくありません。

色が与えるイメージを分析し、理想的な配色を提案するカラーコーディネーターはどの業界でも必要とされています。

共通する仕事内容は下記の通りです。

  • ターゲットとなる性別や年齢層・流行や季節感などさまざまな視点からのマーケティング
  • 顧客にふさわしい提案

働く業界によって業務内容は多少違ってきますが、消費者や顧客をいかに満足させられるかがポイントとなります。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

カラーコーディネーターが活躍できる業界

インテリアデザイナー

カラーコーディネーターが活躍できる業界はアパレル業界だけはありません。

インテリアをはじめとする建築業界や食品業界・広告業界など、その技術を活かせる場面は多岐にわたります。

一般企業に転職するのであればデザインや商品開発部門に配属されることが多いでしょう。

希望する業界があらかじめ決まっているのであれば、その業界に関する知識も勉強しておくようにしましょう。

カラーコーディネーターのスキルと業界の専門知識を組み合わせて活用できれば、仕事の幅が広がります。

アパレル

アパレル

アパレル業界は、カラーコーディネーターがもっとも活躍できる業界といえるでしょう。

仕事内容は、ショップの販売員・仕入れを担当するバイヤー・デザイナーなどのセクションに分かれています。

お客様の魅力をより際立たせるコーディネートを提案できる販売員は、アパレルショップの強力な戦力となります。

購買意欲を高めるディスプレイやレイアウトは、カラーコーディネーターの腕のみせどころといえるでしょう。

デザイナーを目指すのであれば、色彩だけでなく生地や縫製に関する知識も必要となります。

建築・エクステリア

建築・エクステリア業界でカラーコーディネーターが活躍できる場面といえば外観のデザインです。

建築物は存在している期間が非常に長いので、建築物周辺に配慮したカラーコーディネートを行うことになります。

景観を壊さないよう使用可能な色が法律で定められているなど、建築に関する専門的な知識が必要となることも多いでしょう。

住宅であれば、住む人の希望と周辺の環境をきちんと理解しておくことがポイントです。

建物を使用するそれぞれの目的にあわせて、カラーコーディネートするようにしましょう。

インテリア

インテリア

インテリアや内装の色の配置は、住む人にとって非常に重要です。

睡眠時間も含めて家で過ごす時間は長いので、快適に過ごせる色合いやデザインを提案できるかどうかが顧客を満足させるカギとなります。

インテリアの中でもテーブル・ソファーなどの大物家具や、カーテン・ベッドカバーなどのファブリック類が占める色の割合は大きいです。

好きな色だけを選んで配置してしまうと、ちぐはぐな組み合わせになってしまうこともあります。

カラーコーディネーターが適切なアドバイスを行うことにより、住環境をさらに充実させることが可能です。

 

ワンポイント
 カラーコーディネーターが活躍できる業界は、アパレル・建築・インテリアなど多岐にわたる。

必要なスキルは

指さし

カラーコーディネーターにとって必要なスキルは色彩に関する知識だけではありません。

顧客の希望を細かくヒアリングするためのコミュニケーション能力も大切です。

セオリー通りの色の組み合わせにとどまらない柔軟な発想ができるように、日頃から感性を鍛える努力を怠らないようにしましょう。

働く業界にあわせた専門的な知識も必要となります。

発想力・提案力

オンラインで働く

カラーコーディネーターの仕事では、顧客が求めているコンセプトにあったイメージを提案することがいちばん大切です。

魅力的な提案ができるように、日頃からセンスを磨いておきましょう。

流行に敏感になることもセンスを磨く方法の1つです。

これまでの概念にとらわれない自由な発想を生み出すために、新しい情報は積極的に取り入れるようにしましょう。

自分の企画やデザインを通したい場合は、プレゼン能力を高めることも必要となる場合があります。

色彩に関する知識

色彩に関する知識は、カラーコーディネーターにとって必須といえます。

配色だけでなく色の歴史や仕組み、色が持つ心理的な効果など幅広い範囲についての勉強が必要です。

美術関係の専門学校や大学などで学ぶのがベストですが、通信教育や独学で勉強することもできます。

さらに、希望する業界の専門知識を深めておけば転職活動に役立ちます。

資格

読書

カラーコーディネーターになるための特別な資格はありません

しかし、企業への転職活動を行う場合、資格を取得しておくと有利になることがあります。

おすすめの資格は次の3つです。

  • カラーコーディネーター検定試験
  • 色彩検定
  • パーソナルカラリスト検定

カラーコーディネーター検定試験は求められる知識の幅が広く、商品デザインなどに携わる人が受験することも多い資格です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、顧客のニーズをいち早くつかむためにとても重要なスキルです。

色彩だけでなくTPO全体を把握し、求められているイメージにあった配色を提案できるかどうかがポイントとなります。

自分がコーディネートしたものをプレゼンするときにもコミュニケーション能力が必要です。

なぜこの配色が有効なのか、どういった効果があるのかを効果的にプレゼンすることができれば、企画が採用される確率も高くなるでしょう。

 

ワンポイント
 カラーコーディネーターになるための資格は特に無いが、取得しておくと転職活動のときに有利。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


カラーコーディネーターの適性

適性

カラーコーディネーターに向いている人の条件として、色彩に興味があるということははずせません。

色の特性をよく理解し、効果的な配色を提案できることは何よりも大切です。

ターゲットとなる性別や年齢層が、自分にあてはまらないというケースも多いでしょう。

顧客や消費者の立場になって、いろいろな角度から物事を考えられる人もカラーコーディネーターに向いています。

流行・トレンドに敏感

流行・トレンドを取り入れた提案ができることはカラーコーディネーターとして大きな強みとなります。

自分の働く業界に関することだけでなく、あらゆる範囲の情報を常に取り入れるようにしましょう。

芸術作品を作成するわけではないので、自分の感性だけに頼りすぎないことが大切です。

色彩に興味のある人

色彩に興味のある人は、カラーコーディネーターにうってつけです。

色に関する勉強は覚えることがたくさんあるので、意欲的に知識を吸収することが大切です。

コーディネートを考える時は、ワンパターンの配色にならないよう色に対する好奇心を常に持つようにしましょう。

コミュニケーションの出来る人

コミュニケーション

コミュニケーションが出来る人はカラーコーディネーターに限らず、どの業界でも重宝される人材です。

コミュニケーションが出来るということは、顧客に満足してもらうだけでなく働く環境を良くするという点でもプラスに働きます。

企業に所属していれば、チームを組んで企画を進める場合が多いでしょう。

チーム内での人間関係を良好にするためにもコミュニケーション能力は欠かせません。

フリーランスで活動する場合は顧客獲得の競争がさらに激しくなりますので、基本的なビジネスマナーに加えてより丁寧な対応が求められます。

 

無料転職相談をして自分の可能性を広げよう

 

魅力とやりがい

はつらつ

カラーコーディネーターの魅力は、色の組み合わせ1つでイメージを思い通りに操作できることでしょう。

自分の提案したカラーに満足してもらうことができれば次の仕事にもつながります。

商品の売れ行きが好調である、もしくは喜んでくれる人がたくさんいることはやりがいにも直結します。

良い仕事をして収入がアップすればより多くの達成感や充実感を得られることでしょう。

色の組み合わせで顧客を幸せにする

色の組み合わせを工夫することで、売り上げがアップする、魅力が高まるなどさまざまなメリットを得ることができます。

例えば、アドバイスした色の洋服を着たら他人から褒められてうれしかった。

ディスプレイの配色を変えたらお客様の数が増えた。など、顧客が幸せを感じるシーンはさまざまです。

顧客から感謝や喜びの気持ちを伝えてもらうことにより、より一層やりがいを感じられることでしょう。

色使いにより購買意欲を高められる

この世に存在しているすべての色は、知らず知らずのうちに私たちの心へ影響を与えています。

購買意欲を高めるために、ターゲットとなる性別・年齢層やその時の流行色など、あらゆる点からカラーマーケティングを行うことも効果的です。

購買意欲が高まることによって売り上げはアップし、さらなるキャリアアップへとつながります。

 

ワンポイント
 カラーコーディネーターの魅力は、色の組み合わせで顧客を幸せにできること。

カラーコーディネーターの年収

年収

カラーコーディネーターの年収は平均およそ250~300万円です。働く業界によって多少差があります。

さらなる収入アップを目指すのであれば、カラーコーディネーターに加えて専門的なスキルを身につけるようにしましょう。

フリーランスで活動する場合は経験や実績に加えて、積極的な営業活動も必要となります。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
デザイン|東京

【グラフィックデザイナー】完全週休2日制/大手ナショナルクライアントからの直接取引多数

360万円 ~ 600万円

広告デザイン・コンテンツ企画

グラフィックデザイン

年間休日121日 社保完備
この非公開求人に興味がある

現状と将来性

ガッツ

カラーコーディネーター単独での求人情報は少ないのが現状です。

自分の得意分野の業界で、カラーコーディネーターのスキルを活かした仕事をしているという人が多いでしょう。

認知度は徐々に上がってきているものの、カラーコーディネーター専門で生計を立てることは難しいです。

しかし、多くの人の利用を目的としたユニバーサルデザイン化が国を挙げて推奨されています。

カラーコーディネーターは今後ますます必要とされる存在となることでしょう。

色の組み合わせがもたらす効果は学術的にも実証されていますので、カラーコーディネーターは将来の活躍が期待できる仕事といえます。

 

無料転職相談をして自分にあった求人を探そう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


キャリアパス

デスクワーク

カラーコーディネーターのキャリアパスは、就職する業界によって違います。どの分野で活躍したいかということは前もって決めておきましょう。

企業に就職するのであれば、まず平社員からスタートして経験を積んでいきます。

その後、チームをまとめるディレクター職にステップアップするというのが一般的な流れです。

ディレクター職で実績を上げ、即戦力となるスキルを身につければフリーランスで独立することも夢ではありません。

ディレクター職

打ち合わせ

ディレクター職は、チームのまとめ役としてプロジェクトや企画を成功に導くという責任が発生します。

チーム内の人間関係や顧客との打ち合わせをスムーズに進めるため、より高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。

場合によっては企画書作成などの実務を任されることもあるかもしれません。

ディレクター職を目標にするのであれば、基本的なビジネススキルは身につけておいた方が良さそうです。

フリーランス

フリーランスとして活躍するには、誰が見ても納得できる実績を持っていることが大切です。

じゅうぶん経験を積んでから独立を考えることをおすすめします。

フリーランスになった直後は、仕事の依頼もそれほど多くないでしょう。

将来の顧客獲得のために、できるだけ幅広い人間関係を構築しておくことも忘れてはいけません。

営業活動を行い、カラーコーディネーターとしての自分を積極的に売り込むようにしましょう。

 

ワンポイント
 カラーコーディネーターとして活躍したい業界は前もって決めておこう。

カラーコーディネーターを目指すなら転職エージェントに相談しよう

転職

カラーコーディネーターを目指すのであれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントに相談すれば、ワークライフバランスを考慮した将来設計も可能です。

転職エージェントに登録すれば、希望する業界の非公開求人を紹介してもらうこともできます。

未経験からの転職活動も親身になってサポートしてくれますので、ぜひ登録してみてください。

 

無料転職相談をしてカラーコーディネーターにになろう

 

まとめ

ワンポイント

カラーコーディネーターはさまざまな分野で必要とされている魅力的な仕事です。

色彩に興味がある人、流行や世間のニーズに敏感な人、コミュニケーションが出来る人が向いています。

転職活動を始める前に、自分がどの分野で活躍したいのかを具体的に決めておきましょう。

カラーコーディネーターの求人情報はそれほど多くないので、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!