子どもから大人まで楽しむことができるテーマパークで働くスタッフはどのような仕事に携わっているのでしょうか。

スタッフがいなければテーマパークは成り立ちません。

テーマパークを支える存在として大きなやりがいを感じることができるはずです。

当記事では、テーマパークスタッフの仕事内容や職種、向いている女性の特徴、1日のスケジュールをお伝えします。

テーマパークスタッフの仕事内容を解説!

メモをとる女性

一言でテーマパークといっても動物園や水族館、遊園地などあらゆる施設が存在します。

どのテーマパークにおいてもスタッフの存在は欠かせません

スタッフが支えることによってテーマパークの運営が成り立っているのです。

さらにテーマパークでお客様が存分に楽しむことができるよう演出するのもスタッフの役目。

目に見える場所から裏方までさまざまな仕事をこなします

ではテーマパークスタッフの職種は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

続けてみていきましょう。

 

ワンポイント
テーマパークスタッフは運営を支える大事な役目!

テーマパークスタッフの職種

ガッツポーズする女性

テーマパークスタッフには大きく分けて6つの職種があります。

  • 受付
  • 運営、案内、誘導
  • 清掃スタッフ
  • 調理スタッフ
  • 売店スタッフ
  • ステージアシスタント

それぞれの職種においてどのような仕事に携わるのか具体的にみていきましょう。

受付

受付担当はテーマパークの顔です。

来場するお客様に対して園内の説明をしたりチケットを販売したりとさまざまな仕事を担当します。

時には迷子の子どもを保護したり落とし物を預かったりすることもあるでしょう。

事務仕事から接客まであらゆる業務をこなすのが受付担当です。

たくさんの人が訪れるため笑顔で接客することがポイントといえます。

また、受付は混雑しがちなので後ろが詰まってしまわないようスムーズに仕事を進める必要があります。

運営、案内、誘導

営業

運営担当はテーマパーク全体の運営を担います。

運営がいなければテーマパークは成り立ちません。

来場されるお客様が楽しむことができるようサポート力や企画力が求められるでしょう。

案内や誘導担当はお客様が各施設へ行きやすいようご案内したり混雑しないよう誘導したりします。

テーマパークは敷地が広いので迷うことなく目的地へ行くことは困難です。

そんなとき案内や誘導担当がお客様をサポートすることがポイント。

困っていそうな方がいたら自分から積極的に声をかけることが大切です。

清掃スタッフ

清掃スタッフは園内を綺麗に保つ大切な役割を担います。

ゴミが散乱していたりいすやテーブルに食べ残しがあったりすればお客様は不愉快な気持ちになるでしょう。

常に園内全体を見渡してゴミが散らばっていないかチェックする必要があります。

テーマパークでの時間を気持ちよく過ごすことができるよう清掃スタッフは欠かせない存在です。

調理スタッフ

調理スタッフは園内にあるレストランやカフェ、キッチンカーなどで調理を担当します。

テーマパークに訪れるお客様はアトラクションだけでなくテーマパークグルメも楽しみにしているものです。

テーマパーク独自のグルメは人気が高いので注文も殺到するでしょう。

また、園内の食事施設は混雑しがちなので回転を良くするため料理の提供スピードが必要です。

家族連れやカップルで来園することが多いので1つのグループに同じタイミングで料理を提供する必要もあります。

料理の腕前だけでなく短時間で複数の料理を作ることができる技術が求められるでしょう。

売店スタッフ

営業

売店スタッフはテーマパークのグッズなどを販売するスタッフです。

ぬいぐるみやマグカップ・手帳・シールなどあらゆるグッズが揃えられています。

お客様の中にはある特定のグッズを求めて来園する方もいらっしゃるでしょう。

グッズの質問をされたとき園内のどこのショップで購入できるのか、在庫はあるかなど情報管理力が求められます。

ステージアシスタント

ステージアシスタントはパレードやショーが成功するようサポートする役割を担います。

テーマパークの目玉であるパレードやショーを見るために来園するお客様がいらっしゃいます。

最初から最後まで楽しんで見ることができるよう証明や音響設備などステージ全体のサポートが重要です。

テーマパークスタッフに向いている女性の特徴

オッケー

コミュニケーションスキルが高い女性はテーマパークスタッフに向いています。

テーマパークスタッフは子どもから大人まであらゆる人々と関わる仕事です。

全ての人に対して平等かつ笑顔で接するにはコミュニケーションスキルが欠かせません。

特に受付や案内・誘導・売店スタッフなど直接お客様と関わる職種はコミュニケーションスキルが必要不可欠。

日常では味わうことができない時間を楽しむためにお客様はテーマパークへ訪れます。

スタッフの態度が悪ければお客様は楽しい思い出を作ることができないでしょう。

疲れているときでも笑顔を絶やさないことがポイントといえます。

最初から最後まで楽しんでいただき最高の気分で岐路につくことができるようにすることがスタッフの役目です。

テーマパークスタッフに必要なスキル

ポイント

テーマパークスタッフには全体を見渡す力が求められます。

常に全体を見渡すことでお客様が不便を感じていないか把握することができます。

運営や調理、清掃スタッフなどどの職種においても自分の仕事だけに注力していては足りません。

担当業務を以外にも気を配る必要があるのです。

たとえば清掃スタッフは園内をクリーンに保つだけでなく時には道に迷っている人を誘導する必要があります。

清掃しながら園内全体を見渡して困っている人がいないか目を光らせておきたいところ。

テーマパークという1つのチームで働いていることを忘れてはなりません。

テーマパークスタッフに転職するため特別な資格は必要ありませんが、全体を見渡す力は身に付けておきたいものです。

 

ワンポイント
テーマパークスタッフとして全体を見渡す力は必要不可欠!

テーマパークスタッフのやりがい

女性弁護士

テーマパークスタッフには5つのやりがいを感じることができます。

  • 接客
  • 再来店
  • 達成感
  • 責任感
  • 働く場所

それぞれ具体的にどうやりがいを感じるのかみていきましょう。

接客

テーマパークスタッフは接客することでやりがいを感じることができます。

子どもから大人まで多くの人と関わり笑顔にすることはこの上ない喜びを感じられるでしょう。

テーマパークを支えるスタッフとして接客を通しお客様が笑顔になります。

お客様の心には優しく接客してくれたスタッフの心づかいがいつまでも残るでしょう。

再来店

お客様が再来園してくれたときにやりがいを感じることができます。

再来園するということはテーマパークでいい思い出を作ることができたということ。

思い出の中にはテーマパークの魅力だけでなくスタッフの笑顔や優しい気遣いも含まれているはずです。

いくらテーマパークに魅力があってもスタッフの態度が悪ければリピートしようとは思わないでしょう。

再来園してくれたときに大きなやりがいを感じることができます。

達成感

女性

パレードやショーなどが成功したときの達成感がやりがいにつながります

1つのイベントを成功させるためには事前準備や当日のサポートが欠かせません。

お客様が笑顔になってくれたり拍手を送ってくれたりしたときには最高の達成感を感じることができるでしょう。

責任感

責任感のある仕事を担当するとやりがいを感じることができます。

テーマパークスタッフはどの職種も責任感が伴うもの。

どれか1つの職種でもお客様に不快感を与えてしまうと評価は下がってしまいます。

テーマパークという1つのチームで働いている責任感があればやりがいを感じることができるのです。

働く場所

子どもから大人まで楽しむことができるテーマパークで働くこと自体にやりがいを感じられます。

テーマパークにはたくさんの夢が詰まっているので非日常を楽しむことができるもの。

多くのお客様を笑顔に変えてくれるテーマパークの一員として働くことは大きなやりがいを感じられるでしょう。

テーマパークスタッフの大変なこと

苦悩する女性

テーマパークスタッフは体力的に大変なことがあります。

特にゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの長期休暇は繫忙期です。

平日休日問わず連日多くの人々が訪れるので休む暇がありません。

さらに屋外のテーマパークは天候に左右されがちです。

夏は暑く冬は寒いうえに雨の日は濡れながら仕事をすることになります。

基本的に休憩時間を除いて立ちっぱなしで仕事するので体力的に厳しいのです。

一方でテーマパークスタッフとして大きなやりがいを感じることができます。

体力的に仕事が大変な分やりがいは大きくなるのです。

 

ワンポイント
テーマパークスタッフは季節や天候を問わず働くので体力的に大変な仕事!

テーマパークスタッフの一日スケジュール

手帳,カレンダー,メモ,ペン

テーマパークスタッフのスケジュールは職種やシーズンによって変わります。

繫忙期および閑散期のスケジュールについてそれぞれみていきましょう。

繁忙期

繫忙期のスケジュールは朝から晩まで大忙しです。

開園2時間ほど前に出社したらユニフォームに着替えます。

その日の注意点や連絡事項を朝礼で共有したら開園準備。

アトラクションに不備はないか、食事の材料はそろっているか、園内にゴミは落ちていないかなどチェックします。

繫忙期は開園時間前から並んでいるお客様が多数いらっしゃることが特徴です。

周囲の迷惑にならないよう誘導することもスタッフに求められるでしょう。

特に開園のタイミングは多くの人が一気に押し寄せます。

お客様が怪我することのないよう的確に誘導することがポイントです。

開園から閉園までずっと仕事に従事し交代で小休憩を挟みます。

閉園後は園内の見回りや掃除、翌日に向けてのミーティングなどを行って終了です。

閑散期

閑散期のスケジュールは繫忙期ほど忙しくはありません

出社時間は開園の1時間から2時間前が目安です。

朝礼を行った後は開園に向けて準備に取り掛かります。

繁忙期ほど開園前に並んでいるお客様は多くないでしょう。

開園時間中はずっと仕事を行いますが交代で休憩を取ります。

繁忙期よりゆっくり休むことができるでしょう。

閉園後は園内の見回りなどを行い次の日に備えます。

テーマパークスタッフの年収事情

お金を手に持つ女性

テーマパークスタッフの平均年収は300万円未満の場合が多いようです。

アルバイトやパートが多いので平均年収は低くなります。

テーマパークスタッフがほかの仕事にくらべて特徴的なことは繫忙期と閑散期でスタッフの人数に差があることです。

繁忙期は多くのスタッフを雇います。

時給は安いパークで1,000円未満、高いパークだと1,500円程度になるようです。

正社員として採用された場合はもう少し給料も高くなり年収が上がることも期待できます。

テーマパークスタッフを目指すなら転職エージェントに相談しよう

女性

テーマパークスタッフを目指すなら転職エージェントに相談することが近道です。

エージェントは転職のプロとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

  • 面接対策
  • 応募書類添削
  • 非公開求人の提案

エージェントを活用することであなたに合った転職先が見つかりやすくなります。

つまりよりあなたの希望を叶えやすくなるということです。

転職エージェントをうまく活用して転職を成功させましょう。

 

ワンポイント
転職エージェントはあなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれる!

まとめ

ポイント

テーマパークには子どもから大人まで連日多くの人々が訪れます。

いろいろな人と関わるうえでコミュニケーションスキルは欠かせません。

常に笑顔でおもてなしすることがテーマパークスタッフに求められます。

一方で1年中営業しているテーマパークで働くには体力が必要です。

特にゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期は大忙しであること間違いありません。

長時間立ちっぱなしで仕事をするので肉体的に疲れてしまいます。

それでもテーマパークスタッフには大きなやりがいを感じることができます。

接客を通してお客様が笑顔になったときはこの上ない喜びを感じられるでしょう。

あなたに合った転職先を見つけるため転職エージェントを活用してください。

エージェントからサポートしてもらうことであなたの転職活動が成功するはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら