結婚や出産を経ても仕事を続ける事を希望する女性は増えており、今後もその傾向は続くと考えられます。

とはいえ、仕事に求める事や理想的な働き方は、個人によって千差万別です。

また仕事を続けるうえでは、女性ならではの悩みも抱えるケースもよくあります。

女性の働き方のタイプごとの理想の働き方や女性ならではの悩みや価値観とはどのようなものでしょうか。

この記事で詳しく解説していきますので、ぜひこれからの働き方を検討する参考にしてください!

女性の働き方をタイプ別に解説

電話する女性

結婚や出産、育児など自分を取り巻く環境が変わっても働き続けることを選ぶ女性増加傾向です。

また、女性が持つ仕事への価値観多様化しているといえます。

ひとりひとりの女性が目指す働き方を実現するためにはどのように方向性を決めればよいのでしょうか。

今回は女性の働き方についてタイプ別に詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、あなた自身の今後のキャリアを考えるきっかけになれば幸いです。

日本の女性就業率は

女性スタッフ

以前の日本では、男性が外で働き女性が家庭を守るというスタイルが一般的と考えられていました。

しかし、1986年に男女雇用機会均等法が施行されたことをきっかけに変化が生まれたといわれています。

女性も男性と同等に働く機会を得られるようにしようという考え方が浸透し始めたのです。

女性の就業率年々増加する傾向が続いており、特に15~64歳の年齢層で増加が著しいです。

一方で女性はパートや派遣などの非正規雇用で働いていることが多いことも指摘されています。

管理職比率もまだ少なく、女性が活躍できる職場環境づくりは発展途上といえるでしょう。

しかし責任ある立場に女性を起用すればいいという単純なことではありません。

ひとりひとりが働きやすい環境づくりや多様な働き方の選択肢が重要になるのではないでしょうか。

女性にとって理想の働き方は

オフィスで働く女性

働き方にはさまざまな選択肢があり、理想とする働き方人それぞれで異なります。

女性が理想の働き方を実現するために大切なポイントは2つです。

ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランスとは仕事とプライベートバランスがとれた状態を指します。

仕事を続けることを望む女性は、必ずしも仕事だけを頑張りたいという人ばかりではありません。

仕事とプライベートの両方を大切にすることによって、日々の生活が充実したものになるのです。

そのため自分が気持ちよく働けるワークライフバランスを見つけることが大切になります。

柔軟性と多様性

女性は夫の転勤や出産・育児など、自分以外の要因仕事への影響が出ることも多いです。

女性自身が仕事を続けたいと思っても、仕事の継続が難しくなってしまうケースも少なくありません。

ライフイベントがあっても柔軟に対応できるなど、多様選択肢が大切です。

時短勤務やフレックス、リモートワークなど時間や場所にとらわれない働き方が挙げられるでしょう。

また退職しても一定の条件を満たせば再就職できる制度を設けている企業もあります。

あわせて気がねなく制度を使える社内の雰囲気も、女性が理想の働き方を実現するために必要です。

 

ワンポイント
女性の理想の働き方のポイントはワークライフバランスと柔軟性・多様性です。

専門性の高い注目の職種

パソコンを持つ女性

女性が長くキャリアを積んでいくためには「専門性の高さ」も大切なポイントになります。

ここでは専門性の高い注目の仕事を3つご紹介していきます。

旅行企画

旅行企画は、旅行会社などでツアーなどの商品を企画する仕事です。

ツアープランナーとも呼ばれ、旅行会社の花形ポジションといわれています。

お客様のニーズと予算を考慮して、旅程を綿密にスケジューリングしていく重要な職種です。

必要に応じて、宿泊施設や交通機関などと交渉をすることもあります。

旅行業界の心臓部ともいえる仕事で、専門性を磨くことができる魅力的な職種ともいえるでしょう。

旅行が好きで、かつ数値や計画に基づいたデータ分析が得意な女性におすすめです。

システムエンジニア

システムエンジニアは、企業のIT面を支える専門職です。

この職種はIT業界だけでなく、様々な業界で必要とされているといえます。

企業においてIT面の強化は重要な課題であり、高い技術を持つ人はとても必要とされる存在です。

もちろん現場に出向くこともありますが、パソコンがあれば場所を問わず働くことができます。

IT技術について、常に新しい知識にキャッチアップしていく必要はあるものの、復帰もしやすい職種です。

担当する分野や忙しさは、企業によっても異なるためこの仕事を目指す際は慎重に判断してください。

セラピスト

カルテを持つ女性

セラピストは医療機関などでリハビリに関する仕事を担当する仕事をいいます。

リハビリ分野などでは力仕事も多いため、比較的男性に有利な仕事とされてきました。

しかし現在は、女性のセラピストも増えている傾向があります。

また医療ケアが必要な子どもなど障がい福祉分野では、セラピストの重要性が高まっている傾向です。

セラピストとして実務経験を積むことで、さらに専門性も高まっていきます。

経験豊富なセラピストは需要があり、女性が柔軟な働き方をするうえでも注目の仕事といえるでしょう。

キャリアアップのために身につけておきたいスキル

ガッツポーズの女性

長く仕事を続けていくためにはキャリアアップしていこうという意識が欠かせません。

ここではこれから仕事を続けていくうえで、ぜひ身につけておきたいスキルを2つご紹介します。

考える力

考える力と聞くと論理的な思考力をイメージされるかもしれません。

たしかにそうした力も仕事では必要とされますが、素早く正しく分析・計算する事は機械でもできます。

しかし、ひらめきやゼロベースでアイデアを生み出すような発想力は機械にはまだ真似できません。

つまり、これから大切になる考える力とは自分の頭で新たなビジネスや価値を創造するスキルです。

こうしたスキルを磨くことがキャリアアップにつながるといえるでしょう。

調整する力

スマホを操作する手

仕事はひとりではできないものですから、調整する力はとても大切なスキルとなります。

社内のメンバーや取引先などのほか、自分のタスク管理でも調整力が必要な場面は多々あるでしょう。

相手の状況を理解して求められる情報を正確に伝えたり、人材育成をしたりする際に調整力は役立ちます。

そのため社内外でスムーズな人間関係のためには、調整力もキャリアアップに重要な位置を占めるのです。

 

ワンポイント
キャリアアップのためには考える力と調整する力が大切です。

働く女性の抱える悩み

パソコンの前でうつむく人

働く女性の抱える悩みは、男性が抱えるものとは異なることがよくあります。

女性が抱えやすい悩みを3つご紹介しますので、自分と照らし合わせてみてください。

ライフステージの変化

女性にとって、結婚・出産・育児といったライフステージの変化が悩みとなることがあります。

女性の場合、こうしたプライベートでの変化が仕事に与える影響大きいからです。

いわゆる寿退社は減ったものの、出産を機に退職したり仕事をセーブしたりする女性はまだ一定数存在します。

出産後に仕事を続けても時間的制約があってジレンマに悩んでしまうこともよくあるケースでしょう。

柔軟な働き方ができる会社選びやパートナーとの協力がこの悩みを解決するポイントになるといえます。

人間関係

打ち合わせ

人間関係に関する悩みは、働く女性のみならず仕事をする人の多くが抱える悩みです。

職場には様々な価値観を持つ人が集まりますので、合わない人がいるのはある程度仕方ありません。

しかし同僚や上司との関係がうまくいかない時は、出勤するのも気が重くなってしまうものです。

人間関係は環境を変えたり転職したりしても解決するとは限らないため、とても難しい悩みといえます。

相手を変えることは簡単ではないため、まずは自分自身を振り返り、平常心で対応を考えましょう。

また人間関係がうまくいかない時は、明確な理由がなく単なる相性ということもあり得ます。

無理に対処せず仕事に支障のないように業務をこなして自分のキャリアを優先する事も有効です。

仕事と家庭の両立

仕事と家庭の両立も働く女性が抱える悩みとしてよく挙げられます。

まず結婚すると住まいが変わり、通勤時間や生活ペース変化することがほとんどです。

家事も1人の時よりボリュームも増えるため、仕事以外に必要となる時間も多くなります。

子どもが生まれ、保育園などに預けながら働くことになれば時間の制約もあるのです。

こうした仕事と家庭の両立にはパートナーの協力が欠かせません。

女性が働くことに理解があっても、家事は何をしたらいいかわからないという男性も多いです。

あらかじめ話し合って、仕事をしながら家事をするサイクルを2人で回していける仕組みを作りましょう。

あわせて、仕事のペースを柔軟に変化させられるような環境を目指すことも大切です。

雇用形態や勤務時間を変更できる企業を選んだり、仕事復帰しやすいスキルを得たりすることが考えられます。

 

ワンポイント
働く女性の大きな悩みは人間関係と仕事と家庭の両立といえます。

タイプ別価値観

オフィスワーク中の女性

仕事に対する価値観は、人によって異なります。

またその人が置かれている状況や経験してきたキャリアによっても変化するものです。

たとえば、キャリアを積むこととプライベートのどちらをより重視するかは個人差があります。

今回は代表的な価値観のタイプを3つ挙げ、それぞれについて見ていきます。

価値観は変化するものですので、定期的に見つめ直すことが必要な事も心に留めておいてください。

日時快適化

リモートワークやフレックス、パート勤務など希望する日数や時間に合った働き方をする価値観です。

育児や介護などプライベートに重きを置く女性や場所や時間にとらわれない働き方を望む女性にフィットしています。

この価値観では、無理なく快適に働ける環境を実現する事が長く仕事を続けるためのポイントです。

専門性を活用し視野を広げる

仕事に力を入れて専門性を身に付け、キャリアをさらに広げていく価値観です。

ゼネラリストとして活躍したり、さらに責任あるポジションに就いたり様々な選択肢があります。

比較的、若手(20代)の女性でバリバリと仕事をしたい方はこの価値観を持っているかもしれません。

自分なりの武器」を身に付けることが、仕事にやりがいを感じるポイントになるのではないでしょうか。

社会的なステップアップ

社会的に認められた地位獲得するために仕事を続けるという価値観です。

部下を持ったり裁量権の大きい環境で働いたりすることが合う考え方ともいえます。

他者や外部からの適正な評価を受けることが働くモチベーションになるでしょう。

 

ワンポイント
女性の働き方のタイプ別価値観は仕事とプライベートのバランスによって異なります。

女性のキャリアパス

スーツの女性

女性のキャリアパス十人十色ですが、以下のポイントを考慮することがポイントです。

  • 柔軟な働き方ができる制度があること
  • 人間関係の良い職場であること
  • 職場全体に制度への理解が浸透していること

ひとりひとりが描くワークライフバランス実現し、仕事を続けられれば人生は豊かになるでしょう。

「仕事」「結婚」「子ども」など女性には選択をすべきシーンがたくさんあります。

まずは自分自身が仕事に対して、どのような価値観を持っているか考えてみてください。

自分らしく働くために転職エージェントを活用しよう

オフィスにいる女性

ここまで女性の働き方について、タイプ別に価値観などをお伝えしてきました。

実は自分らしい働き方について考えを整理したい時にも転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントと聞くと、転職の時だけ利用するものというイメージがありませんか。

転職を決める前の段階から全般的なサポートを転職エージェントでは行っているのです。

仕事や業界・職種に精通したプロのアドバイザーが在籍しており、キャリアの棚卸しもサポートします。

実際に相談してみることで転職がベストな選択肢かどうかも判断することができるでしょう。

転職を決断した場合にもアドバイザーが一貫してサポートしてくれます。

また転職エージェントであれば、条件や希望を伝えたうえで非公開求人も含めた求人紹介が可能です。

利用は基本的に無料ですので、仕事に関するモヤモヤを感じたら気軽に相談してみましょう。

まとめ

パソコンとコーヒー

女性の働き方には本当に様々な選択肢があり、唯一の答えというものはありません。

結婚や出産を経ても仕事を続ける女性は増加しており、この傾向は今後も続くでしょう。

ワークライフバランスの実現ライフステージの変化に応じて柔軟に対応できる働き方も重要です。

仕事とプライベートについての価値観もひとりひとり異なります。

この記事が自分なりの働き方を見つけるきっかけになりましたら幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら