お花を見ているだけで、気分がリフレッシュされたり、幸せな気持ちになるという人も多いと思います。

お花を通して人々に笑顔を届ける仕事が、フラワーコーディネーターです。

女性の中には、フラワーコーディネーターに憧れている人もいるのではないでしょうか?

今回は、フラワーコーディネーターの志望動機の書き方を解説します。

フラワーコーディネーターを目指したい人は、応募する際の参考にしてください。

Contents

フラワーコーディネーターの志望動機の書き方を解説

花屋

フラワーコーディネーターを目指したいけど、何をアピールすれば良いかわからないという人もいるでしょう。

一般企業で働いていた人だと、仕事上で花に関わる機会も少なかったと思います。

しかし、フラワーコーディネーターは未経験からでも目指せる仕事です。

これからご紹介する志望動機の書き方を参考に、フラワーコーディネーターを目指しましょう。

志望動機を書く前のポイント

職務経歴書

志望動機を書く前に、押さえておいてほしいポイントが3つあります。

これから紹介する3つのポイントを押さえて、志望動機を書くようにしましょう。

自己分析を徹底しよう

応募する企業を決める前に、自己分析を徹底的に行うことをおすすめします。

自己分析をすることで、強みや弱みが見えてくることでしょう。

どの企業が合うかは人それぞれです。自己分析をすることで、最適な企業選びにつながります。

応募先企業の研究をしよう

応募する企業が決まったら、その企業を研究してください。

企業の業務内容や企業理念を調査し、どのような人材を求めているかを把握することが大切です。

企業のニーズと自分の性格がマッチすれば、内定をもらえる確率が高くなります。

逆に、自分の性格や考え方が合わない企業の場合は内定をもらえる確率は下がるでしょう。

内定をもらって入社したとしても、自分らしく働けないので、辛い思いをするかもしれません。

応募する企業を研究して、自分にぴったりの企業を見つけましょう。

雇用形態を把握しよう

企業に応募する前に、雇用形態は把握しておかなければなりません。

契約社員なのか、派遣社員なのか、正社員なのか、雇用形態によって志望動機の書き方は変わります。

また、雇用形態を把握していないと、求人情報をしっかり見ていないと判断されるでしょう。

「志望度が低いのではないか」と思われる可能性もあるので、求人情報は頭に入れておくことが大切です。

 

ワンポイント
 志望動機を書く前に気をつけること
・自己分析の徹底
・企業研究
・雇用形態の把握

女性らしい魅力を伝えるには

花を持つ女性

フラワーコーディネーターを目指す上で、女性だからこそ伝えられる魅力もあります。

女性が活躍している業界でもあるので、女性らしい魅力は志望動機でしっかりアピールしましょう。

お花に関するエピソードを添えよう

お花に関するエピソードを添えることで、自分らしい志望動機になります。

話すエピソードは些細なことでも構いません。日常生活の中で、お花があって良かったことはありませんでしたか?

きっとひとつくらいは、お花に関するエピソードがあるはずです。

志望動機ではお花に関するエピソードを添えて、お花への熱意を伝えましょう。

ポジティブな内容を盛り込もう

志望動機を書く上で頭に入れておかなければならないのが、ポジティブな内容を盛り込むことです。

もしかしたらお花に関するエピソードで、失敗した経験があるかもしれません。

失敗した後に対処法や学んだことがあれば良いですが、失敗しただけではアピールにはならないでしょう。

志望動機はネガティブな内容ではなく、ポジティブな内容を伝えることが大切です。

志望動機を書く際の注意点

書く女性

志望動機を書く際に、気をつけてほしいことが2点あります。以下の注意点を頭に入れて、志望動機を書きましょう。

お花にまつわる経験があれば必ず書こう

これまでお花にまつわる経験があれば、必ず書きましょう。

特に、お花に関する資格がある人は忘れないようにしてください。

学生時代のアルバイトでも、お花に関わっていればアピールになります。

記憶を思い出しながら、お花にまつわる経験がないか考えましょう。

なぜ応募先企業なのかを明確にしよう

なぜその企業を選んだのかをしっかり伝えられるかが、内定獲得の鍵です。

応募する企業をしっかり研究し、選んだ理由を明確にしましょう。

なかなか言葉にできない場合は、まず箇条書きで企業の魅力をリスト化してください。

選んだ理由がしっかり伝わることで、内定獲得に一歩近づきます。

フラワーコーディネーターの志望動機の例文

ポイント 女性

フラワーコーディネーターの志望動機を書く上でのポイントをご紹介してきました。

志望動機を書く上でのポイントがわかったのではないでしょうか?

そこで、フラワーコーディネーターの志望動機の例文もいくつかご紹介します。

フラワーコーディネーターを目指したきっかけを盛り込む

結婚式の花

もし、フラワーコーディネーターを目指したきっかけがある場合は、そのきっかけを話しましょう。

こちらは結婚式がきっかけだった場合の例文です。

私がフラワーコーディネーターを目指すきっかけになったのが、友人の結婚式でした。

会場には色鮮やかな花束が飾ってあり、華やかな空間が印象的で心に残っています。

さまざまな仕事を調べていく中で、フラワーコーディネーターを見つけました。

私がコーディネートした空間で、お客様を笑顔にしていきたいと思い、御社を志望しました。

このように、目指したきっかけを書くだけでストーリー性がある文章になります。

他にも目指すきっかけには、このような例があります。

  • 近所のお花屋さんで手伝いをしていた
  • 学校でお花に関する役割を担っていた
  • 訪れたホテルの花の装飾が綺麗だった

お花で感動したことや印象に残っていることがあれば、積極的に伝えてください。

お花に関するエピソードを盛り込む

花束とケーキ

フラワーコーディネーターを目指す人は、お花に関するエピソードがあるはずです。

そのエピソードを交えた場合の志望動機の例文を見ていきましょう。

私の母はお花が好きだったので、毎年誕生日には花束をプレゼントしていました。

母の好みに合わせてお花を選ぶのは、私にとっても楽しみでした。

プレゼントをすると笑顔で「ありがとう」と、母は毎回言ってくれました。

そして、母の笑顔を見るたびに私も嬉しくなっています。

母へのプレゼントを通してお花へも詳しくなり、お花に関する仕事を目指すようになりました。

お花を通して、多くの人を笑顔にしたいと思い、フラワーコーディネーターを志しています。

お花に関するエピソードが話せれば、面接官の心にも残るでしょう。

エピソードが具体的であれば、よりアピールすることができます。

お花が好きなだけではなく、お花を通してどうしたいかまで伝えられればバッチリです。

今後のビジョンを伝える

ガッツポーズする女性

これまでご紹介したのは、過去の経験やエピソードを活かした志望動機でした。

もし、過去に話せるエピソードがないという人は、今後のビジョンを伝えると良いでしょう。

御社のホームページを拝見したところ、教育体制が整っている印象を受けました。

未経験者でも一人前になれる環境で、仕入れから配送まで幅広く経験できる環境が魅力的でした。

私は営業職として勤務しておりましたので、人と話すことは得意だと自負しております。

お客様の声をしっかり聞きながら、最適なプランを提案していきたいです。

これまでの経験も活かし、御社で一人前のフラワーコーディネーターになりたいと思い、志望しました。

企業ならではの魅力に触れることで、企業研究をしているアピールにもなります。

しかし、未来のことだけを話さないように注意してください。

過去の経験にも触れた上で、未来については伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
 フラワーコーディネーターの志望動機で盛り込むべきポイント
・目指したきっかけ
・お花に関するエピソード
・今後のビジョン

フラワーコーディネーターの志望動機のNG例文

不正解を持つ女性

自分の志望動機はどのように書くかイメージが湧きましたか?

志望動機のNG例についてもご紹介するので、自分の書いた志望動機がNG例文になっていないかチェックしましょう。

福利厚生にしか触れない

会社を選ぶ上で、福利厚生が気になるという人も多いと思います。

しかし、志望動機が福利厚生になってしまっては印象が悪いです。

福利厚生について触れた志望動機の例を見てみましょう。

御社の採用情報を拝見した際、福利厚生が整っていることに魅力を感じました。

残業も少なく、プライベートと両立して働けることも魅力です。

ワークライフバランスが整っている企業で働きたいと感じ、御社を志望しました。

仕事内容や企業について触れないと、薄っぺらい志望動機となってしまいます。

もし、福利厚生についてどうしても触れたいのであれば「働きやすい環境」と伝えると良いでしょう。

退職することを前提にしている

フラワーコーディネーターは技術職なので、さまざまな場面で活躍ができます。

中にはフリーランスや起業をして活躍している人もいるでしょう。

独立を目指すことは良いのですが、志望動機で退職を前提にしてはなりません。

それでは、NG例文をご紹介していきたいと思います。

私はフラワーコーディネーターとして独立することが夢です。

そのために、御社で知識や技術を身につけたいと思い、志望しました。

企業は学校ではありません。そのため、学ぶことだけが志望動機であれば印象は良くありません。

独立を目指していたとしても、志望動機では伝えないようにしましょう。

NG例を避けるには

NG例を避けるためには、志望動機で企業に触れることが大切です。

自分のことだけを話しても、なぜその企業を選んだのかが伝わりません。

「他の企業でも良いのではないか」と企業に思われてしまっては終わりです。

応募する企業のどこが良いのかや企業だけの魅力は、必ず伝えてください。

 

ワンポイント
 志望動機を書く上でのNG例
・福利厚生にしか触れない
・退職が前提の志望動機

フラワーコーディネーターの履歴書で気をつけるべきポイント

職務経歴書

フラワーコーディネーターの履歴書では気をつけなければならないポイントがあります。

それは、お花に関する経験や経歴を書くことです。

これまでお花に関する仕事をしたことがない人は、書くことがないと思うかもしれません。

しかし、フラワーコーディネーターを目指しているということはお花が好きなはずです。

仕事ではなくプライベートでも、お花に関わった機会があれば積極的に書きましょう。

お花に関連したボランティアに参加した経験やお花に関する資格など、どんなに小さなことでも構いません。

お花に関する記載があるだけで、あなたの魅力はグンとアップします。

フラワーコーディネーターの面接でよく聞かれること

面接の様子

フラワーコーディネーターの面接でよく聞かれるのは、今までの経験です。

お花や植物に関係したことではなく、どのような仕事をしていたかもしっかり伝えましょう。

フラワーコーディネーターに必要なのは、お花の知識だけではありません。

お客様の意見を聞き、最適なお花のプランを提案することがフラワーコーディネーターの役目です。

お客様の中にはお花に関する知識が全くない人もいらっしゃいます。

そのような人からの意見も汲み取り、お客様に喜んでもらうことが大切です。

面接では、お客様と話しているイメージをしてもらえるよう、笑顔でハキハキと答えましょう。

 

ワンポイント
 面接では今までの経験がよく聞かれる。

フラワーコーディネーターの志望動機に悩んだら転職エージェントに相談しよう

打ち合わせをする女性

もし、フラワーコーディネーターの志望動機で悩んでいるなら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは、転職活動のプロ集団です。これまで多くの転職活動を成功させています。

転職エージェントなら無料で転職相談ができる上に、履歴書や面接のサポートもしてもらうことが可能です。

志望動機をどう書けば良いか悩んでいる人も、最適なアドバイスをしてもらうことができるでしょう。

転職活動で悩んだら転職エージェントを活用して、自分の希望する企業の内定を勝ち取ってください。

まとめ

花束を持つ女性の手

フラワーコーディネーターの志望動機について紹介しましたが、参考になりましたか?

お花に関する仕事ということもあり、フラワーコーディネーターは女性も多く活躍しています。

だからこそ、女性ならではの魅力がアピールになる仕事です。

今回ご紹介した志望動機を書く上でのポイントを頭に入れて、志望動機を作成してください。

自分の魅力をアピールすることで、フラワーコーディネーターとしての一歩が踏み出せるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら