「アパレルバイヤー」というおしゃれな言葉に魅力を感じる人は多いでしょうか。

アパレル業界のみならず、様々な業界で今必要とされているのがバイヤーの仕事で、近年活躍の場を広げている職種です。

バイヤーには、単に商品を買い付けること以上に緻密な分析と目利きセンスを駆使して会社の利益を最大化させる重要な仕事が任されています。

本記事では、バイヤーの仕事内容や女性が転職を目指す時のポイントをご紹介しましょう。

バイヤーの仕事内容を解説

パソコンと女性

バイヤーを直訳すると「買う人」という意味で、店頭に並べる商品や自社製品の資材などをメーカーから買い付ける仕事を指します。

百貨店やセレクトショップで洋服を仕入れるアパレルバイヤーがイメージしやすいですが、一般的に業界問わず存在する職種でもあります。

買い付けるといっても、その仕事は単に提示された金額を支払う受け身的なものではありません。

市場の分析・売れる商品の発掘・仕入れを抑えるための価格交渉と、利益を最大化させるための高度な知識やスキルが求められる仕事です。

また自分の貢献度が数字となって明確に現れるバイヤーの仕事は、大きな責任感とやりがいを感じられる仕事でもあります。

仕事の流れは

準備

市場の調査から始まり、商品の仕入れから店頭での販売方法まで幅広い業務に携わるのがバイヤーです。

まずはそんなバイヤーの主な仕事の流れと、仕事の特徴をご紹介していきましょう。

企業や販売店の軸となる重要な役割を持つバイヤーですが、普段どのような働きをしているのか具体的に知っておきましょう。

販売管理

バイヤーの主な仕事は、自社で販売する商品や商品に使用される材料・資材などを買い付けることです。

しかし商品を買い付けして終わりではなく、「買った商品を売りだす」ことまでがバイヤーの仕事に含まれています。

売れるタイミングで商品を揃えておけるように、現場の売れ行きに常に気を配り入出庫管理・在庫管理などを担当します。

他にも店舗の販売員に商品の魅力が伝えたり、売り場でのレイアウトを考えたりすることもバイヤーの仕事です。

商談

商談

仕入れる商品を選定したら、生産元のメーカーに価格交渉をします。

市場での流通量からニーズの移り変わりを分析し、商品の買い付け価格や数量・納期を設定していきます。

できるだけ販売時の利益を増やすために、仕入れ価格を安く抑えることがとても重要です。

市場の状況によって価格は常に変動するため、ここではバイヤーの先読み能力や交渉能力が試されます。

一方的に要望を伝えるだけではなくメーカーと信頼関係を作ることが必要なため、コミュニケーション能力も必要といえるでしょう。

 

ワンポイント
市場調査から商品が店頭に出るまで、幅広い業務を経験できるのがバイヤーです。

バイヤーの仕事に活かせる経験

パソコンの前の女性

市場の状況を分析し売れる商品を見極めるバイヤーは、企業の利益に直接関係する責任のある仕事です。

企業によっては「事業の要」となるバイヤーでの仕事において、活かせる経験や能力を考えていきましょう。

特に役に立つ経験には、主に下記が挙げられます。

  • 情報収集や情報分析の経験
  • コミュニケーション能力を活かして信頼関係を築いた経験
  • 新しい知識を前向きに勉強できる人

前述の通り、情報収集力コミュニケーション能力はバイヤーの仕事において特に重視される特徴です。

店舗の売り上げからニーズを分析した経験や、営業などで顧客と関った経験などはバイヤーの仕事でも役に立つでしょう。

またバイヤーの仕事の中では、常に新たな知識を身に付けることになります。

頻繁に更新される新たな商品知識を地道に吸収する姿勢は、バイヤーにおいてとても重要な要素になります。

活躍できる女性の特徴

見つめる

全体の割合としては男性の方が多いバイヤーの仕事ですが、近年女性バイヤーの割合が増加する傾向にあります。

その理由の一つには、女性独特の感性やセンスが期待されていることが挙げられるでしょう。

ここでは、バイヤーとして活躍できる女性の特徴をご紹介します。

流行に敏感

店舗の客層を分析しながら、「次はこれが売れる」という商品を見極めて市場に出すのがバイヤーの役割です。

他社と差をつけて売り上げを増やすためには、他のバイヤーが目を付けていない商品を発掘しなければなりません。

流通や消費者の好みの動きに常にアンテナをはり、流行の流れやトレンドの移り変わり情報を積極的に仕入れることが重要です。

流行や時代の流れに敏感で自分の知識として吸収できることは、バイヤーとして活躍できる女性の特徴でしょう。

普段からテレビやネット・街中で商品や流行をチェックしたり、情報をキャッチするように心がける必要があります。

ファッションセンス

バイヤーの商品買い付けにおいて一番重要なのは、良いものを見抜くセンスといえるでしょう。

特にアパレルショップのバイヤーであれば、女性のファッションセンスは武器になります。

男性とは一味違った感性やセンスで、女性目線で売れる商品を見出すことができます。

また、女性向けの洋服を実際に試着して評価を行えることもメリットです。

その商品が真におしゃれなのか、使いやすいのかを女性基準で判断できることで、本当に女性に売れる商品を見つけられます。

男性が多いバイヤー業界の中では、女性目線を活かして良い商品を買い付けられれば他社との差別化にも繋がるでしょう。

明るい・社交的

笑顔女性

前述の通り、バイヤーには生産元のメーカーや店舗の店員とコミュニケーションをとる機会が多くあります。

一概にはいえませんが、女性は男性よりも「柔らかい印象」を相手に与えられることが多いです。

明るくて社交的な性格の女性は仕入先メーカーとの距離を縮めやすく、良い関係を作るまでに時間が掛からないでしょう。

相手の心に入り込み信頼関係を築ければ、バイヤーの仕事の要である「商談」を上手く進めることができます。

 

ワンポイント
バイヤーは、女性ならではの特徴や能力を活かせる職種です。

バイヤーの魅力とやりがい

ガッツポーズする女性

企業の利益に直結する仕事を、集めた情報と自分のセンスを元に責任感を持ってこなすのがバイヤーです。

そのような他の職種とは一味違った仕事をこなすバイヤーですが、仕事の中でやりがいを感じるのはどのような瞬間でしょうか。

ここからは、バイヤーならではの仕事の魅力をご紹介します。

自分で選んだ商品の販売

バイヤーは店頭に並ぶ商品のラインナップを決める仕事です。時には現場での商品の陳列方法やレイアウトを考えることもあります。

膨大な分析やデータ収集の末に自分で選んだ商品が実際に店舗に並び、消費者が買っていく姿を見られることは魅力です。

分析や予想が的中し、自分の選んだ商品がヒットして世の中で大きなブームを巻き起こせば、バイヤーとして大きな喜びを感じられるでしょう。

またトレンド情報をいち早く把握することで、時代を先取りできることもバイヤーの魅力です。

会社への貢献

パソコン 女性

バイヤーの成果は、売り上げとして数字で見える特徴があります。

そのため、自分の会社への貢献度がはっきり分かることもやりがいに繋がります。

またバイヤーは仕入れ価格と販売価格の両方を管理するため、会社が得られる利益を直接管理できる仕事です。

コストをできるだけ抑えて利益を最大化させることで、会社へ貢献している大きな実感を得られるのも魅力の一つでしょう。

経験とスキルアップ

バイヤーは市場の調査・データ分析・仕入れ先との価格交渉・販売管理など多岐にわたる業務を担当します。

様々な仕事を通して、多くのスキルや経験が得られることもやりがいに繋がるでしょう。

またバイヤーは商品知識だけではなく、交渉スキルや市場分析のスキルなど専門的な能力が求められます。

バイヤーとして経験を積み専門スキルを身に付けられれば、トップバイヤーとしてのキャリアアップや他の職種での活躍も目指せるでしょう。

 

ワンポイント
幅広い経験を通じて、会社への直接的な貢献ができることがバイヤーの魅力です。

必要な資格とスキル

女性

自分の仕事の貢献度が可視化され仕事のやりがいを感じやすいのがバイヤーですが、中途採用では経験者採用が中心となっています。

もし未経験でバイヤーへの転職を考える場合、必要な資格やスキルはあるのでしょうか。

結論としては、バイヤーになるために必須な専門資格はありません。

ただし転職を有利に進めるためには、バイヤーで活かせそうなスキルや経験をしっかりアピールすることも重要です。

ここからは、バイヤーの仕事の中で活かせるスキルをご紹介しましょう。

語学力

バイヤーの仕事で有利になるスキルの一つは、語学力です。

もしも国内の商品のみを扱う場合は必須ではありませんが、バイヤーによっては海外に出向いて商品を仕入れることもしばしばあります。

特に、輸入製品を多く扱う販売店であれば世界のあらゆる場所で買い付けを行う機会があります。

現地で商品の仕入れ交渉をするためには、当然語学力が必要です。

メーカーと交渉ができるビジネス会話レベルの語学力、特に英語力は身に付けていると重宝されるでしょう。

コミュニケーション能力

バイヤーの仕事の根幹をなすのは、仕入先と信頼関係を築くコミュニケーション能力です。

販売員としての接客の経験や、営業として顧客と交渉をした経験があればバイヤーの仕事で役立つでしょう。

ここで注意点として、ただの会話の経験というよりも自分の希望と相手の希望をすり合わせる「交渉」の経験を特に重要視すべきです。

価格交渉において信頼関係を得るには、こちらの希望はしっかりと伝えつつも引き際も考えなくてはなりません。

一方的に押し付けるコミュニケーションではなく、相手との条件交渉を円滑に行った経験があれば転職でもアピールできるでしょう。

分析力

バイヤーは会社の利益に直接貢献できる仕事ですが、その分直接的な損失を出してしまうというリスクもあります。

そのためバイヤーが買い付けを行う際には、想定されるリスクや商品が生む利益を具体的に計算することが必須です。

景気の動向や市場のニーズなどを踏まえて、仕入れる数量・仕入れ価格・販売価格を綿密にシミュレーションしなければなりません。

「コミュニケーション能力」や良いものを見抜く「センス」に加えて、商品を確実に売るための「計算力・分析力」が必要になります。

売り上げデータを分析した経験やエクセルなどでデータを集計した経験などがあれば、バイヤーとしての下地の経験として役立ちそうです。

転職方法のポイント

空とビジネスウーマン

バイヤーへの転職の方法は、経験者か未経験者かによって大きく変わってきます。

経験者であれば、前職の経験を具体的に記述し志望企業への熱量の高さをアピールできれば、それほど苦労することは無いでしょう。

そして前述の通りバイヤーに必須の資格は存在しないため、未経験者からでも転職を目指すことは可能です。

しかしバイヤーは企業の利益に直結する非常に重要な仕事であるため、簡単になれないことも知っておきましょう。

多くの場合では、アパレルブランドや百貨店などで販売員として店頭に立ち、商品の仕入れ業務や売り上げ管理で経験を積むことになります。

現場での業務を積み重ねることで、バイヤーとしての仕事を任されるチャンスがやってきます。

まずは実際の店頭でお客さんの温度感や在庫の動き、トレンドの流れなどを学ぶことが近道になるのです。

バイヤーの将来性と待遇

パソコンの前に女性

バイヤーを目指す前に、その将来性についても確認しておきましょう。

特に女性がバイヤーを目指す際にチェックしておきたいのはキャリアパスです。

出産や育児などのライフイベントと仕事をセットで考えなくてはいけないため、簡単に転職をしづらいのが女性の現状でしょう。

将来自分はどうなりたいのか、しっかりとキャリアパスのイメージを作ってから転職に進めるように準備を整えましょう。

キャリアパス

まず業界としての大きな現状としては、不景気で消費者の財布の紐が固くなる一方でECサイトなどのネット販売は需要が高まってきています。

そのような実店舗を持たないネット上の販売店でもバイヤーを雇うこともあり、活躍の幅が広がっている現状です。

バイヤーは最新のトレンド情報や多くの商品に触れるが豊富にあるため、自分の感性やスキルを磨ける職種といえます。

消費者ニーズを探るスキルを磨けば、企業の「マーチャンダイザー」として商品の開発まで仕事の幅を増やすことも可能です。

また仕入れルートや商品知識を活かして、メーカーの会社を立ち上げることも目指すのも道の一つです。

バイヤーの能力は幅広い汎用性があるスキルですので、上手く応用させられれば多くのフィールドで活躍できる可能性があるでしょう。

年収

バイヤーの年収は企業によって大きく変わり、大手百貨店では800万円を超える企業もあります。

そうでなくても、一般的に店舗販売員の経験を経たのちにバイヤーになることが多いため、平均年収は販売職よりは高い傾向にあります。

数字として会社への貢献度が見えるのがバイヤーの特徴であるので、しっかり利益を出せば社内評価も上がり年収アップも目指せるでしょう。

努力が評価されやすいバイヤーは、感性やセンス・商品知識を日々インプットしていけば安定した給料が得られる職種といえます。

 

ワンポイント
会社への貢献度が見えやすいバイヤーは、努力が認められやすくキャリアアップが目指せる職種です。

バイヤーへの転職で困ったら転職エージェントを活用しよう

相談中

努力が数字として見えるため評価につながりやすいバイヤーの仕事は、給与面でも安定した職種だと分かりました。

AIの発展で仕事の機械化が進む現代において、自分のスキルやセンスを磨けるバイヤーは貴重な仕事だといえるでしょう。

そんな魅力の多いバイヤーですが、前述の通り特に未経験求人の数は多くないのが現状です。

数少ない転職のチャンスを逃さないためには、転職エージェントを活用することがおすすめです。

希望条件をヒアリングした上で最適な求人をピックアップしてくれる転職エージェントは、ぴったりの求人を見逃さずに紹介してくれます。

忙しくてなかなか転職を進められていなかった人にとって特に便利なサービスですので、賢く利用したいところですね。

まとめ

人差し指をたてるビジネスウーマン

バイヤーは高度な分析という左脳的な部分と、センスや感性といった右脳的な部分をバランスよく使いこなす特徴的な仕事でした。

成果が見えやすい仕事の中ではその分リスクや責任も大きいですが、成功した時の喜びは比類ないものでしょう。

この記事を読み終わったあなたは、バイヤーとしてのキャリアのスタートラインには立っているといえます。

時には転職エージェントを上手く活用して、理想の仕事への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら