玩具が好きな女性にとって玩具業界は魅力的な仕事ではないでしょうか。

そんな玩具業界への転職を目指す時に重要なのが志望動機です。

しかし志望動機の書き方に悩む女性もいるでしょう。

今回はそんな玩具業界の志望動機を作るポイントを詳しく解説します。

玩具業界の志望動機を作るポイントを解説

ノートをもつ女性

誰もが子どもの頃に玩具で遊んだ経験があるでしょう。

子どもにとって玩具は楽しみだけでなく夢や憧れになるものです。

大人になってからも夢中になれる玩具や家族で楽しめるものもあります。

子どもに夢を与えることができる玩具業界は女性に人気の仕事といえるでしょう。

そんな玩具業界の転職を目指す女性も多いのではないでしょうか。

玩具業界の転職を成功させるためには志望動機の書き方が大切です。

しかしどのように志望動機を書けばいいか悩む女性もいるでしょう。

転職活動で重要視される志望動機だからこそしっかりと対策していきたいものです。

今回はそんな玩具業界の志望動機の書き方について詳しくご紹介します。

志望動機を書く時に知っておくと便利な職場の雰囲気や求められる人物像もチェックしていきましょう。

志望動機の注意点は?

考える女性

転職活動ではまず書類選考を通過しなければならないことが多いです。

履歴書・職務経歴書を提出して選考を通過すると次のステップに進むことができます。

そのため好印象を与える志望動機を書くことが転職成功のカギとなるでしょう。

一歩間違えると採用担当者の印象に残らないだけでなくマイナス評価となる可能性があります。

そんな志望動機はどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

玩具業界の志望動機を書く時に必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • なぜ玩具業界なのか
  • なぜその職種なのか
  • なぜその企業なのか
  • これまでの経験をどう活かすか
  • 入社後のビジョン

その企業を志望した理由だけでなく業界や職種を選んだ動機も書くことをおすすめします。

玩具業界や職種の志望動機を書くことでより説得力が出るからです。

企業への志望度を伝えるためには企業研究を入念に行いましょう。

応募企業が作る玩具の特徴や社風について調べておくのです。

また説得力のある志望動機を書くためには内容に具体性を持たせる必要があるでしょう。

具体性がない内容だと本来の志望度が伝わらないことになりかねません。

これまでの経験や入社後のビジョンは具体的に書いてアピールしてくださいね。

 

ワンポイント
志望動機は企業研究を行い、具体的な内容を書いて説得力のあるものにしよう。

業界の雰囲気をチェック

チェックの文字と女性

転職を考える時に職場の雰囲気は気になる女性も多いでしょう。

ここでは玩具業界の職場の雰囲気をご紹介します。

女性に嬉しいポイントもあるので志望動機に活用していきましょう。

女性に優しい職場が多い

女性が活躍する職場

玩具業界は女性に優しい職場が多いといわれています。

その理由は玩具作りには女性の視点が活かされるからです。

女性の視点が活かされる玩具とはどのようなものでしょうか。

  • 人形・ぬいぐるみ
  • ままごと
  • 女児玩具(キャラクター・アクセサリーなど)
  • ベビー用品

これらの玩具は女性ならではの視点が重視されるでしょう。

そのため職場の女性の割合が高くなり女性が働きやすい職場になっていくのです。

玩具が好きな人が多い

玩具業界で働くのは玩具が好きな人が多いです。

むしろ玩具を作る仕事なので好きでなければできないでしょう。

玩具好きな人が集まって仕事をするからこそいいアイデアが出ることも多いです。

好きなことを仕事にできるのは玩具業界で働く魅力の1つです。

服装規則がゆるい

服装規則がゆるいことが多いのも玩具業界の特徴といえます。

職種にもよりますがビジネススーツが基本ではない職場が多いです。

なぜ服装規則がゆるいのか気になる女性も多いのではないでしょうか。

それは玩具作りにはクリエイティブな発想が求められ、服装にこだわる必要がないからです。

しかし営業のような顧客と接する職種は服装に気をつけなければなりません。

業界が求める人物像は?

案内する女性

志望動機を書く時にはその業界が求める人物像を知っておくといいでしょう。

どのような人材が求められるか知っておくことでその部分をアピールできるからです。

ここでは玩具業界が求める人物像をご紹介します。

トレンドに敏感な人

玩具業界ではトレンドに敏感な人が求められるでしょう。

服やメイクと同じように玩具にもトレンドがあるからです。

自分が子どもだった頃と最近で玩具に違いを感じる女性も多いのではないでしょうか。

例えばキッズパソコンやタブレットのようなものはITの普及とともに登場したものです。

ままごとや人形は昔からあるからトレンドは関係ないのではと思う人もいるでしょう。

しかしままごとセットも最近では本物の台所を見立てたものが登場し女児の心をつかんでいます。

着せ替え人形もその時代のトレンドが反映されているでしょう。

子どもの心をつかむ玩具を作るためにはトレンドをしっかりと把握することが必要なのです。

新しいビジョンがある人

手で丸を作る女性

新しいビジョンがある人も玩具業界で求められ重宝されるでしょう。

先ほどお伝えしたように玩具にもトレンドがあります。

昔からある玩具だけでなく新しい玩具の開拓が必要となることも多いです。

そんな時に既存の考えにこだわらず新しい発想を持つことができる人が玩具業界に必要といえるでしょう。

 

ワンポイント
玩具業界ではトレンドに敏感で新しいビジョンがある人物が求められる。

玩具業界で働くメリットは?

なるほど!

玩具業界で働くと多くのメリットを得ることができます。

メリットが分かると業界への志望度も高まってくるのではないでしょうか。

玩具業界で働くメリットはこちらです。

  • 自分のアイデアをクリエイトできる
  • 企画が採用された時の達成感
  • 自分たちが作った玩具が販売された時の喜び
  • 社会現象を起こすことができる

玩具の企画では多くの案を出しても採用されるのは僅かといわれています。

そんな中で自分が考えた企画が採用されると達成感を得られるでしょう。

また多くの過程を経て玩具が世に出た時には大きな喜びを感じられるはずです。

玩具は時に社会現象ともいえるブームとなることがあります。

自分たちが作った玩具が社会現象を起こすかもしれないと思うとワクワクする人も多いでしょう。

玩具の企画から販売までには多くの過程がありますがその分やりがいや達成感がある業界なのです。

志望動機を作るポイントを紹介

人差し指で上を指す女性

ここまでは玩具業界の雰囲気や求められる人材についてご紹介しました。

玩具業界は女性に優しい雰囲気でやりがいもあるので玩具好きの女性にとって魅力的ではないでしょうか。

そんな玩具業界の志望動機を書く時のポイントを解説していきます。

玩具好きをアピール

ままごとセット

玩具業界への転職なので志望動機の中で玩具好きをアピールしましょう。

子どもの頃の玩具に対する思いや大人になってからの玩具との関わりでもいいです。

あなたがどれだけ玩具が好きなのか伝えることで業界への志望度のアピールになります。

好きな玩具の種類や理由を明確にするといいでしょう。

また志望する企業が作っている玩具について触れるとより志望度が伝わります。

子ども好きをアピール

大人向けの玩具もありますが多くの場合子ども向けの玩具作りになります。

そのため玩具業界では子どもが好きということがアピールにつながるでしょう。

そもそも子どもが好きでなければ魅力的な玩具を作ることができません。

玩具作りで大切なのは「使う人に喜んでもらいたい」という思いだからです。

志望動機の中で子どもが好きという思いをしっかりと伝えましょう。

コミュニケーション能力をアピール

玩具業界ではコミュニケーション能力も必要な場面が多いです。

企画・設計・デザインの過程ではチームでアイデアを出し合いながら進めていくことになります。

また生産や物流の仕事は他職種とのやり取りが重要視されるでしょう。

そのためどの職種であっても玩具業界ではコミュニケーション能力が必要です。

自分自身にコミュニケーション能力がある点もアピールしてくださいね。

 

ワンポイント
玩具好き・子ども好き・コミュニケーション能力は志望動機の中でしっかりアピールしよう。

職種別志望動機の例文

OKサインをする女性

玩具業界で活躍する職種は企画・デザイン・営業・生産・販売など多岐にわたります。

そのためその職種ごとに志望動機が異なるでしょう。

ここでは玩具業界の志望動機の例文を職種別にご紹介します。

企画職の志望動機

「私は子どもの頃に〇〇(志望する企業の玩具)でよく遊んでいました。

誕生日やクリスマスに親に頼んで買ってもらったことを覚えています。

その玩具の魅力はずっと遊んでいても飽きない工夫がなされていることです。

飽きずに遊んでいられる御社の玩具は子どもの頃の私には友達のような存在でした。

私の玩具好きの原点である〇〇は大人になった今でも大切に保管してあります。

子どもの頃に大好きだった〇〇のようにずっと大切にしてもらえる玩具を作りたいと思い御社を志望しました」

デザイン職の志望動機

「私が御社を志望したのはシンプルかつ安全面を考慮した玩具のデザインに魅力を感じるからです。

身近に幼い姪がいるのですが玩具を口に入れたり投げて遊んだりすることがあります。

それを見てベビー用品は安心・安全な設計でなければならないと思いました。

私は御社の主力商品のような木製の玩具が子どもの頃から好きでした。

ぬくもりのある木製の玩具のデザインに関わりたいと思っています」

営業職の志望動機

「私は女性ですが子どもの頃から戦隊ヒーローが好きで玩具を集めていました。

今でも玩具売り場に行きどんな玩具があるのかつい見てしまいます。

大人になってもワクワクできるのが玩具の魅力だと思います。

私はこれまで他業界の営業職として働いてきました。

営業職として培ったコミュニケーション能力を活かして玩具の魅力を伝えていきたいです」

職種別志望動機の注意点

注意喚起する女性

志望動機を書く時には注意しておきたい点もあります。

ここでは職種別に注意点を見ていきましょう。

企画職

企業によって玩具の特徴が異なります。

そのため企画職の志望動機では応募する企業の玩具の特徴を押さえておく必要があるでしょう。

しかし玩具業界で働くためには既存の考えに固執していてはいけません。

あなたの玩具への思いやチャレンジ精神を伝えていくことをおすすめします。

また創造力や発想力といった玩具作りの企画に必要なスキルもアピールしましょう。

デザイン職

玩具業界のデザイン職はパッケージデザインだけでなく安心・安全の設計を求められることもあります。

そのため玩具業界で必要な専門用語を押させておくことがポイントです。

デザインや設計への思いを伝える際には必要な知識を持っていることをアピールしましょう。

志望する企業のデザインの特徴を知っておくことも重要です。

営業職

営業職は特にコミュニケーション能力が必要な職種です。

そのため志望動機の中でコミュニケーション能力に関することを伝えていきましょう。

また営業職にとって自社製品をどのように売り出すかは大切なことです。

応募する企業の玩具への思いを伝えるとアピールになるでしょう。

 

ワンポイント
玩具業界の志望動機は職種別に対策をしよう。

玩具業界の志望動機の作り方で悩んだら転職エージェントに相談しよう

女性

転職活動で志望動機の作り方に悩む女性は多いのではないでしょうか。

志望動機の内容次第でプラス評価になることもあれば採用担当者に興味を持ってもらえないこともあります。

転職を成功させるためにはしっかりと対策をして志望動機を書きましょう。

そんな志望動機の作り方に悩んだら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録すると転職エージェントが志望動機の書き方や面接対策を行います。

悩みがちな転職活動ですが転職エージェントに相談しながら対策していきましょう。

まとめ

やる気の女性

今回は玩具業界の志望動機の作り方についてご紹介しました。

転職活動ではいかに志望度が高いかをアピールしなければなりません。

そのためには業界の特徴や求められる人材を知っておくことが大切です。

企業研究も入念に行い志望動機に活かしましょう。

玩具業界の志望動機の作り方に悩んだら転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功に導く志望動機を作成してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら