誰もが子どもの頃に手に取った玩具は大人になっても魅力的なものがたくさんあります。

子どもにとっても大人にとっても夢が詰まった玩具作りや販売に関わるのが玩具業界の仕事です。

今回はそんな玩具業界の仕事内容や女性が転職する時のポイントを詳しく解説していきます。

玩具業界の仕事内容について解説!

ポイント

玩具売り場には多くの玩具が並んでいて子ども達が楽しそうに眺めています。

そんな様子を見て「玩具っていいな」と思う女性は多いのではないでしょうか。

昔からある人形・フィギュア・ブロックだけでなくその時代に合った玩具もたくさんあります。

人気アニメとコラボした玩具は売り場の目立つところに並んでいることが多いでしょう。

子どもだけでなく大人も楽しめる玩具もあります。

そして家族で楽しめるボードゲームも人気が高いですね。

玩具業界はそんな玩具の企画・開発から販売までを担う業界です。

今回は玩具業界の仕事内容について詳しく解説していきます。

また玩具に魅力を感じて転職を目指す女性向けに転職のポイントも見ていきましょう。

玩具業界の仕事内容は?

アイデアを出す女性のイメージ

玩具業界と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。

まずは玩具業界が扱う「玩具」とはどのようなものなのかをご紹介します。

  • 知育・教育(ブロック・積み木・絵本・ベビー用品など)
  • ホビー(ラジコン・プラモデルなど)
  • ボードゲーム(カードゲーム含む)
  • 家庭用テレビゲーム
  • キャラクター玩具(特撮・ヒーロー・アニメなど)
  • 女児玩具(人形・アクセサリー制作・ままごとなど)
  • 男児玩具(ミニカー・レールトイなど)
  • 季節商品(花火・家庭用プール・クリスマス関連など)
  • ハイテク玩具(キッズパソコン・タブレット・カメラなど)
  • カプセルトイ
  • 知育菓子

玩具業界が手掛ける分野はこれだけ多岐にわたります。

近年では子ども向けのパソコンやタブレットなど電子機器の開発も盛んです。

またショッピングモールなどでよく見かけるカプセルトイも人気が高まっているでしょう。

玩具業界はこれらの玩具の企画から販売までを担う仕事です。

ここで重要なのが「玩具をヒットさせる」「子どもに夢を与える」「安心・安全に遊べる」ということを知っておきましょう。

どのような商品もそうですがヒットさせることができなければ多くの人の手に届くことはありません。

そのためどのような玩具が求められていて市場動向がどうなっているのかを見極める必要があります。

玩具業界の仕事は子どもが喜ぶ玩具を作るだけでなくマーケティングにも力を入れなければなりません。

具体的な仕事の種類はこの後ご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

 

ワンポイント
玩具業界の仕事内容だけでなく多岐にわたる玩具の種類も知っておこう。

混同されがちな玩具業界とゲーム業界の違い

メモをとる女性

先ほどお伝えした玩具業界の仕事内容の中に「家庭用ゲーム」がありました。

玩具の中にゲームが含まれるため「玩具業界」と「ゲーム業界」の違いに悩む女性もいるのではないでしょうか。

しかしゲームが好きだからという理由でゲーム業界に転職すると「こんなはずでは…」と思うことになりかねません。

それは玩具業界とゲーム業界では扱うものに違いがあるからです。

玩具業界で扱うゲームとはボードゲーム・パズルゲームのようなものや家庭用ゲームのことです。

そしてゲーム業界で扱うゲームはオンラインゲームやスマホゲームが多いということを押さえておきましょう。

パソコンやスマホを使うゲームはエンジニアやプログラマーとったIT関連の職種が担当します。

混同されがちな玩具業界とゲーム業界ですが迷ったら求人の仕事内容や職種を確認することをおすすめします。

どんな職種があるの?

ノートパソコンを見て考える女性

玩具の企画・開発から販売に至るまでには多くの過程があります。

そんな玩具業界の仕事内容を種類別に見ていきましょう。

企画

玩具作りの最初の段階である企画です。

どのような玩具がヒットするのかを考えて制作する玩具を企画します。

自分が考えた玩具が世に出ると思うとワクワクする女性も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ企画が通るのはわずかといわれています。

それだけ多くの企画を考えているということでしょう。

営業

玩具業界において営業の仕事は重要な存在です。

自社製品をどのように売り出すのかは企業にとって売れるかどうかの要といえるでしょう。

玩具業界の営業は玩具売り場に直接出向いて陳列を考えることもあります。

売り場のレイアウトによって商品を手に取ってもらえるかどうか差が出るからです。

玩具業界では入社後に営業を担当することが多いというほど重要な仕事とされています。

営業の仕事をしていくうちに玩具売り場の雰囲気や動向を知ることもできるでしょう。

設計・デザイン

玩具は子どもにとって安心・安全でなければなりません。

いくら楽しい玩具でも安全でなければ安心して使い続けることができないからです。

特に乳幼児向けの玩具は誤飲に気をつける必要があります。

安心・安全な玩具作りのためにも設計・デザインの仕事は重要です。

また子どもにとって魅力的なデザインを考えるのも玩具業界にとって大切なことです。

玩具売り場を見ると様々なパッケージデザインの玩具を目にするのではないでしょうか。

どのような玩具なのかパッケージを見ただけでわかるものが多いでしょう。

そんなパッケージデザインを考えるのも玩具業界の仕事の1つなのです。

生産

玩具の企画や設計・デザインができたら次は生産です。

生産は企業ではなく子会社や工場が請け負う場合もあります。

玩具業界で生産過程に関わりたい女性は求人情報の仕事内容を確認しておくといいでしょう。

マーケティング

データ分析

玩具を実際にどのように売り出すのかを計画するのがマーケティングの仕事です。

市場の動向や需要などをリサーチして販売計画を立てます。

玩具業界の情報に常にアンテナを立てながら変化に対応していく必要があるでしょう。

マーケティングリサーチのためにデータ分析の能力も求められます。

物流/販売

工場で生産された玩具はそれぞれの売り場へ輸送されます。

そこで必要なのが在庫管理や輸送の手配です。

工場で在庫を抱えすぎると置き場に困ってしまうでしょう。

また取引をする玩具の数も決まっているので生産管理が必要となります。

物流/販売は生産の仕事と連携を取りながら進めていくことが大切です。

 

ワンポイント
玩具業界の仕事内容を理解してどの種類の仕事をしたいか明確にしよう。

どんな人が向いている?

ガッツポーズする女性

ここでは玩具業界に向いている女性の特徴をご紹介します。

当てはまる特徴があれば転職活動のアピールポイントとして活用してください。

玩具が好きな人

ボードゲームで遊ぶ女性

玩具業界は玩具を世に出すのが仕事です。

そのため何といっても玩具が好きな女性に向います。

むしろ玩具が好きでなければ魅力的な玩具を企画したり売り出すことができないでしょう。

子どもの頃に好きな玩具があったり大人になってからも夢中になれるものがあったりするといいですね。

クリエイト作業が好きな人

クリエイト作業が好きな人は玩具業界に向いています。

玩具業界の中でも企画・設計・デザインの仕事は玩具をクリエイトする作業です。

企画や設計・デザインの案はすぐに通るとは限りません。

何度も熟考を重ねてこそいいものができると思ってください。

だからこそ玩具業界にはクリエイト作業が好きな人が向いているのです。

コミュニケーション力がある

玩具を売り出すまでの過程には多くの人が関わっています。

1人で玩具を作るのではなく大勢で作り上げることでいいものができるのです。

そのため玩具業界ではコミュニケーション力がある人が向いているでしょう。

子どもが好きな人

子どもと女性

子どもが好きな人は玩具業界に向いているといえます。

玩具の多くは子どもが遊ぶことになるでしょう。

もちろん大人向けの玩具や家族で遊ぶ玩具もあります。

しかしやはり玩具といえば子どもが喜ぶものが多いでしょう。

そのため子どもがどのようなものに興味を示し楽しいと思えるか理解することが大切です。

「子どもに喜んでほしい」「楽しめる玩具を作りたい」そんな気持ちが玩具業界で働く女性のモチベーションを高めるでしょう。

 

ワンポイント
玩具業界は玩具や子どもが好きな女性に向いている。

玩具業界のやりがいは?

楽しそうに仕事をする人たち

ここまでは玩具業界の仕事内容について詳しくご紹介しました。

仕事内容を見ていくとさらに興味を持ったという女性もいるでしょう。

そんな玩具業界のやりがいを解説します。

アイデアをクリエイトできる

玩具業界のやりがいの1つはアイデアをクリエイトできることです。

「こんな玩具を作りたい」「玩具にこんな機能がほしい」そんな思いを抱いた経験はないでしょうか。

そんなアイデアをクリエイトできるのが玩具業界なのです。

玩具の企画はそう簡単に通るものではありません。

しかし試行錯誤して自分の企画が通った時や玩具を作り上げたときに強い達成感を味わうことができるでしょう。

社会現象を起こせる

社会現象を起こせることも玩具業界のやりがいの1つです。

これまでに社会現象といえるほどヒットした玩具はたくさんあります。

子どもだけでなく大人も夢中になれる玩具も登場しました。

自分が関わった玩具が社会現象を起こせば仕事を誇らしく感じることができるでしょう。

お給料はどれくらい?

クエスチョンマーク、女性

やりがいのある玩具業界の仕事ですが給料面が気になる女性も多いのではないでしょうか。

ここでは玩具業界の給料についてご紹介します。

大手の玩具業界の年収は700~1000万円以上のところもあり高年収といえるでしょう。

先ほどお伝えしたように玩具業界の仕事は多岐にわたります。

また生産・物流の仕事は子会社や工場に任せることが多く、どの仕事に就くかで給料も違ってくるでしょう。

そのため同じ玩具業界の中でも年収300~500万円くらいの企業もあります。

玩具業界の転職を目指す女性は求人の年収のところもチェックしてくださいね。

転職のポイント

上を指さす女性

玩具業界への転職を目指す時にどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ここでは玩具業界への転職のポイントをご紹介します。

ポイントを押さえて転職を成功させましょう。

活かせるスキルや経験をアピールしよう

玩具業界への転職を成功させるポイントはスキルや経験をアピールすることです。

活かせるものは玩具業界での経験だけではありません。

未経験であっても企画・営業・物流・マーケティングなど活かせる経験はあるはずです。

これまでの経験を振り返り自己分析をすることをおすすめします。

女性が活躍している企業を選ぼう

玩具業界は女性に優しい業界といわれています。

それは玩具作りの企画やデザインには女性ならではの目線が必要だからです。

特にベビー用品や女児玩具には女性のアイデアが求められるでしょう。

そのため玩具業界の中には女性の割合が高い企業も多く存在します。

女性の割合が高い企業は女性が活躍しやすいといえるでしょう。

キャリアアップを目指す女性や結婚・妊娠・出産を経ても活躍したい人は女性が活躍する企業を選ぶことをおすすめします。

 

ワンポイント
女性が活躍できる玩具業界でこれまでの経験やスキルを活かそう。

玩具業界へ転職するなら転職エージェントを活用しよう!

手で丸を作る女性

玩具業界は大手企業から子会社まであり仕事内容の種類も多いです。

そのため「玩具作りに関わりたいけど転職先はどう選べばいい?」と悩む女性もいるでしょう。

そのような時は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントがあなたの希望を伺い求人をご紹介します。

求人紹介だけでなく志望動機・自己PRの書き方や面接対策も行うので自信を持って転職活動ができるでしょう。

悩みがちな転職活動ですが転職エージェントに相談しながら前に進んでください。

まとめ

桜とビジネスウーマン

今回は玩具業界の仕事内容についてご紹介しました。

子どもの頃に誰もが玩具を手に取ったことがあるでしょう。

大人になっても夢中になれる玩具や家族で楽しめる玩具もたくさんあります。

大勢の人を喜ばせることができる玩具作りはやりがいを感じられる仕事です。

そんな玩具業界への転職を目指すのなら転職エージェントに相談しましょう。

自分に合った求人を見つけてこそ転職活動を成功に導くことができます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら