音楽業界への転職を目指す時に志望動機の書き方に悩む女性は多いのではないでしょうか。

志望動機は転職活動を成功に導くカギとなるので入念に準備しておきたいところです。

今回はそんな音楽業界の志望動機の書き方について詳しく解説していきます。

Contents

音楽業界の志望動機の書き方を解説

メモをとる女性

音楽業界への転職を目指す時に大切なのが志望動機です。

転職活動ではまず志望する企業に履歴書・職務経歴書を提出します。

そして書類選考を通過した人が次のステップに進むことができるのです。

そのためまずは採用担当者に好印象を与える書類を作成することを心がけましょう。

中でも事前準備をしっかりして書くべきなのが「志望動機」です。

自分がいかにその企業を志望しているのかを伝えて書類選考を通過しましょう。

今回は音楽業界の転職を成功させるための志望動機の書き方を詳しく解説します。

音楽業界の志望動機の例文や面接対策もご紹介するのでぜひ最後まで読み進めてくださいね。

志望動機を書く前のポイント

案内

転職を成功に導く志望動機を書く時には準備をしておくことが大切です。

ここでは音楽業界の志望動機を書く前のポイントをご紹介します。

自己分析をしよう

志望動機を書く前に自己分析をする必要があります。

自己分析しておきたい内容をチェックしましょう。

  • なぜ音楽業界がいいのか
  • 音楽業界でどのような仕事をしたいのか
  • 自分の長所・短所
  • 自分の強み
  • これまでの経験やスキル
  • 経験・スキルを音楽業界でどう活かすことができるか

転職活動では自己分析が大切ですが考えるべきことはたくさんあります。

自分自身のことを理解してこそ転職活動でアピールすることができるでしょう。

応募企業・施設の研究をしよう

ノートパソコンを操作する女性

まずはあなたが応募する企業・施設についてよく調べることをおすすめします。

志望動機を書くのですからその企業について知っておかなければなりません。

よく知らないまま志望動機を書いても説得力に欠けてしまうでしょう。

企業研究をすることで志望動機が明確になることも多いです。

応募する企業や施設について入念に調べておきましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

志望動機で好印象を与えるポイントは?

ガッツポーズする女性

志望動機は採用担当者の印象に残るように書くことで転職を成功に導くことができるでしょう。

それではどのように書けば採用担当者に好印象を与えることができるのでしょうか。

ここでは音楽業界の志望動機で好印象を与えるポイントを解説します。

音楽業界の仕組みや用語を把握しよう

志望動機を書く時には音楽業界の仕組みや用語を把握する必要があります。

曖昧な知識のまま志望動機を書くとどうなるのか想像してみてください。

採用担当者から「本当に志望しているの?」と不信感を抱かれてしまう恐れがあるでしょう。

そして音楽業界といってもレコード会社・ライブハウス・楽器など活躍の場は多種にわたります。

それらの特徴をしっかり把握して志望動機を書く必要があるでしょう。

入社後のビジョンを明確にしよう

前向きな女性

入社後のイメージを書くと採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

なぜこれまでの経験だけでなく入社後のイメージが大切なのでしょうか。

それは応募者と企業のミスマッチを防ぐためです。

採用担当者は志望動機を見て企業とマッチングするかを確認しています。

そのため志望動機に入社後のビジョンが書かれているとイメージしやすいでしょう。

反対にイメージできない志望動機では印象が薄くなってしまいます。

今までの経験で活かせる部分をアピールしよう

志望動機で書くべきことは以下の内容です。

  • なぜ音楽業界なのか
  • なぜその職種なのか
  • なぜその企業なのか
  • 入社後に貢献できること

その企業を志望する理由を書くことは当然だと思っている女性は多いでしょう。

好印象を与えるためには入社後に企業に貢献できることを書くのがポイントです。

そのためには今までの経験で活かせる部分をアピールする必要があります。

どのような経験をして何を学んだのか、それを今後どう活かすかを明確にしましょう。

採用担当者も応募者が入社後にどのような活躍をするかイメージしやすくなるのです。

 

ワンポイント
志望動機を書く時は入社後のイメージをできるように意識して好印象を与えよう。

志望動機を書く際の注意点

注意喚起する女性

ここまでは志望動機を書く時のポイントについて解説してきました。

転職を成功させる志望動機を書くためにはポイントだけでなく注意点も知っておくといいでしょう。

音楽業界の志望動機を書く時の注意点を押さえて転職を成功に導いてください。

ネガティブな内容は避けよう

悩む女性

志望動機をはじめ応募書類や面接で話す内容に嘘があってはいけません。

しかし真実であってもネガティブな内容は避けた方がいいでしょう。

転職活動でネガティブな内容にはどのようなことがあるのでしょうか。

  • 転職回数が多い
  • 短期間での退職(在職期間が短い)
  • 前職の退職理由

転職回数は履歴書・職務経歴書を見れば分かります。

あまりに回数が多いとマイナス評価になる可能性があるでしょう。

その中で経験したことは決して無駄にはならないものの「入社してもすぐ辞めるのでは?」と思われてしまうのです。

また在職期間が短い場合も要注意です。

これらは志望動機ではなく職務経歴書の中で明確な理由を説明していきましょう。

そのため志望動機の中ではネガティブな内容は避けてください。

どうしてもネガティブな内容に触れる場合はポジティブに捉えられるようにいい変えるのがポイントです。

応募企業を選んだ理由を明確にしよう

志望動機で重要なのが応募企業を選んだ理由を明確にすることです。

ここを曖昧にしてしまうと採用担当者から「どこの企業でもいいのでは?」と思われてしまうでしょう。

そうならないようにするには入念な企業研究が必要です。

音楽業界の動向も一緒に把握しておくと企業への理解も深まります。

音楽業界の志望動機の例文

OKサインをする女性

音楽業界といっても多くの分野があり活躍する場もたくさんあるので志望動機の書き方に悩む女性もいるでしょう。

ここではそんな音楽業界の志望動機の例文をご紹介します。

ぜひ志望動機を書く時の参考にしてください。

コンサートの企画・運営の志望動機

「私は4歳の時からピアノを習い音楽に触れる生活をしてきました。

プロになる夢を抱いたこともありますが大学卒業後は営業職として働いています。

今回御社を志望したきっかけは友人に誘われて行ったコンサートがきっかけです。

御社が運営する〇〇で行われたオーケストラのコンサートで音楽への思いが強いことを再認識しました。

音楽業界での仕事は初めてですが営業職として培ったコミュニケーション能力を活かしていきたいです。

またスケジュール管理は営業の仕事で身に付いているので入社後に役立てることができると思います」

レコード会社の志望動機

「私は高校生・大学生時代に友人とバンド活動をしていました。

大学卒業のタイミングでバンドも解散となり現在は事務職として働いています。

しかし毎日音楽を聞いているうちに音楽に対する思いが強くなり音楽業界への転職を考えるようになりました。

御社はチェレンジ精神や人材育成を大切にしていると伺い自分自身が成長できると思い志望しました。

これから活躍するミュージシャンや歌手をサポートする存在としてバンド経験を活かしたいです」

音楽出版社の志望動機

「私は大好きな音楽を多くの人に紹介したいと思い御社を志望しました。

音楽は音色や歌詞など耳で感じることも多いです。

そんな中で御社のような音楽出版社を志望したのは音楽の魅力を一歩踏み込んだ目線で伝えたいと思うからです。

御社が出版する〇〇をよく拝見させて頂いておりますが斬新な切り口にいつも引き込まれています。

これまでは聞く専門でしたが、今後は情報を発信する仕事をしていきたいです。

私は前職では営業の仕事をしてきたのでアピールする・紹介するスキルを活かして御社に貢献します」

音楽業界の志望動機のNG例文

指でバツを出す女性

志望動機は一歩間違えると印象に残らないどころかマイナス評価になる可能性もあります。

そうならないように好印象を与える志望動機を書きたいですね。

ここでは志望動機のNG例文と改善点を見ていきましょう。

企業への志望度が伝わらない

「私は子どもの頃から音楽が好きで楽器を習ったことがあります。

音楽とは関係のない仕事に就きましたが好きという思いが忘れられずにいました。

音楽好きな気持ちを忘れずに頑張っていきます」

入社後のビジョンがハッキリしない

「御社を志望した理由は音楽業界の中でも大手で人材育成に力を入れていると聞いたからです。

まだどのような職種が合っているのか自分でもよく分かっていません。

そのため御社のような大手の企業で様々な経験をしたいと思います」

NG例文を避けるためには

先ほどお伝えしたNG例のような志望動機を避けるためにはどうすればいいのでしょうか。

2つのNG例文に共通するポイントはこちらです。

  • 志望度が伝わらない
  • 具体性がない

音楽が好きなだけでは志望動機としては不十分です。

なぜ音楽業界なのか、なぜその企業なのかを具体的に伝えるようにしましょう。

具体的ではない内容ではいくら志望度が高くても説得力に欠けます。

志望動機は採用担当者に思いを伝えるチャンスだと思って具体的に書いてください。

 

ワンポイント
志望動機は具体的に書いて説得力を持たせよう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

音楽業界ならではの対策をしよう

紹介する女性

音楽業界の転職は一般企業と同様の面もあれば音楽業界ならではの特徴もあります。

ここでは音楽業界の転職を成功させるために知っておきたい対策を見ていきましょう。

  • 未経験転職なら雇用形態にこだわらないことも必要
  • 音楽業界は人脈が大切
  • 中小企業で経験を積む
  • 外資系は英語力をアピール

音楽業界の中でもコンサートやライブの運営スタッフはアルバイトを募集していることが多いです。

そのため最初はアルバイトで経験を積み正社員になるという方法を検討してもいいでしょう。

アルバイトとはいってもそこでの経験や人脈は将来きっと役に立つはずです。

音楽業界は人脈が大切といわれているので人脈をしっかりと作っていきましょう。

未経験で音楽業界への転職を目指すならアルバイトの他に中小企業で経験を積むという方法もあります。

また音楽業界は国内だけでなく海外とのやり取りをすることもあるでしょう。

外資系企業への転職を目指す女性は英語力があればアピールポイントになります。

 

ワンポイント
音楽業界ならではの転職対策を押さえて転職を成功させよう。

音楽業界の面接対策は?

面接を受ける女性

書類選考を通過したら次はいよいよ面接ですね。

音楽業界の転職ではどのような面接対策をすればいいのでしょうか。

一般企業と同じく面接では志望動機・自己PR・自分の強みを聞かれることが多いでしょう。

そして音楽業界なので好きな音楽や音楽市場の動向についての質問もあります。

あなたが好きな音楽ジャンルとその理由はしっかりと伝えられるように準備しておきましょう。

また近年の音楽業界の動向に対する自分の考えをまとめておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
音楽業界の面接対策では音楽への思いや業界の動向に対する意見をまとめておこう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

音楽業界の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

悩む女性

音楽好きで音楽業界への転職を希望する女性もいるでしょう。

しかし転職活動では志望動機の書き方や面接対策などに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

また「未経験で転職できるの?」「自分に合った求人は?」と転職活動には悩みがつきものです。

そんな転職活動の悩みや不安があれば転職相談に登録することをおすすめします。

まとめ

笑顔のスーツ姿の女性

今回は音楽業界を目指す女性の志望動機の書き方についてご紹介しました。

志望動機は採用担当者にあなたの思いをアピールするチャンスです。

なぜ音楽業界がいいのか、なぜその企業がいいのかをしっかりとアピールしましょう。

そのためには自己分析や企業研究が必要です。

ぜひこの記事を参考に志望動機を書く前の準備をしてくださいね。

音楽が好きというだけでは転職の志望動機としては説得力に欠けてしまいます。

具体的な内容の志望動機は採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

音楽業界の転職で悩みや不安があれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談して音楽業界の転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら