アパレルプレスという仕事をご存じでしょうか。

アパレルプレスは、ブランドの顔としてブランドのイメージアップ・多くの人に知ってもらうために宣伝を行う仕事です。

ファッション雑誌にアパレルプレスとして掲載されることもあり、憧れや華やかな世界という印象を抱いている方も多いでしょう。

しかし華やかな印象とは裏腹に、裏方のさまざまな業務もこなさなければなりません。

そんなアパレルプレスになる方法や、やりがい・必要な資格などをご紹介します。

これからアパレルプレスに転職をお考えの方はぜひ参考にされてみて下さい。

アパレルプレスの仕事内容を解説

喜ぶ女性

アパレルプレスは、表舞台の華やかな仕事です。

しかし、資料作成やショーの準備・商品管理など裏方の業務をこなす必要があります。

一般的にイメージされるブランドの広報・プレス以外にも具体的にどんな仕事内容があるのかを解説します。

商品リース

商品リースとは、雑誌やテレビの撮影に自社のブランドの服を貸し出すことです。

ショップのディスプレイや展示会で使用される場合もあります。

貸し出しのオーダーが入ると、服を貸し出すのです。

モデルや出演者が服を着用しメディアに露出することで、多くの人の目に触れます。

その結果、自社の服の売り上げアップ認知に繋がります。

ただ服を貸し出せばいいというわけではなく、ニーズに合わせたチョイスやセンスが求められる仕事です。

広告・プレスリリース

新作を雑誌やマスコミにプレスリリースし、新しい情報を発信することも重要な業務の1つです。

プレスリリースを見た報道関係者から、取材を頼まれることもあるでしょう。

また、多くの人にブランドを知ってもらうことで売り上げアップに繋がる可能性があるからです。

どのように広告・プレスリリースするかによって、ブランドイメージは大きく異なります。

注目を浴びるような魅せ方が必要とされます。

取材

ポーズをとる

各メディアから、ブランドの顔として取材を受ける場合もあるでしょう。

自分自身がブランドの顔として取材を受け、ブランドのイメージを多くの人に伝えることができます。

センスが求められる重要な業務です。

展示会やショーの企画

新作の展示会やファッションショーの企画もとり行います。

ファッションショーで服を着用するイメージキャラクターのモデルは誰にするのか、出演交渉も仕事のうちです。

多くのアパレル関係者や、メディアにも注目される重要な機会です。

どんなPR方法で、注目を集めるのかプレスとしての力量が試されます。

SNS発信

近年、多くの企業がSNSを通じて情報を発信しています。

アパレル業界も例外ではありません。

SNSでの発信も仕事の1つです。

とてもおしゃれで楽しそうな仕事内容ですが、どのようにブランドをPRしていくのか戦略方法が問われます。

 

ワンポイント
アパレルプレスの仕事内容は、商品リース・広告やプレリリース・取材・展示会やショーの企画・SNS発信など多岐にわたります。

アパレルプレスになる方法

撮影 女性

「アパレルプレスに憧れていて、将来はアパレルプレスになりたい。」

と考えられている方も多いかもしれません。

アパレルプレスは、おしゃれで華やかなイメージからかとても人気の職業です。

しかし未経験から募集されている求人は少なく、狭き門です。

アパレルプレスになるには、特に資格は必要ありません。

どういったキャリアパスでアパレルプレスになれるのかをご紹介します。

プレスアシスタントから

プレスアシスタントとは、アパレルプレスのアシスタント業務を行う人のことです。

主な業務内容は、宣伝の下準備や商品管理などのアシスタント業務です。

アパレルプレスのサポートをしながら、アパレルプレスの仕事を学ぶことができます。

販売スタッフから

立ち姿

まずは自分が好きなブランドの販売スタッフからアパレルプレスを目指す方法もあります。

  • 実店舗で直接お客さんと触れあい販売方法やコミュニケーションスキルを磨く
  • 商品管理の経験を積む

などの知識を身につけ、売り上げアップに貢献しキャリアアップしてアパレルプレスを目指しましょう。

広告・広報担当から

広告・広報担当であれば、情報を発信することに長けています。

アパレルプレスに必須のPRの知識。

広告・広報担当として培った知識はアパレルプレスにおいても役立ちます。

これまでの経験や実績をどのように活かせるのかをアピールしましょう。

 

ワンポイント
アパレルプレスになるには、プレスアシスタント・販売スタッフ・広告や広報担当からキャリアアップするという方法があります。

アパレルプレスのやりがい

靴を取り出す

華やかなイメージで、多くの人が憧れるアパレルプレスという仕事。

漠然としたイメージしか持っていないという方も多いかもしれません。

アパレルプレスは、どういったやりがいのある仕事なのかをご紹介します。

顔が広くなる

アパレルプレスの業務は多岐にわたり、その中で多くの人と関わりをもちます。

商品リースの打ち合わせや、メディアの取材を受けたりPR活動を行います。

さまざまな業界の人と関わって仕事をするため、次第に顔が広くなるでしょう。

顔が広いことで、新しい仕事を獲得できたり学べることもたくさんありやりがいを感じるでしょう。

ファッションセンスが良くなる

女性の足

アパレルプレスは、自分自身が取材を受けてメディアに露出したりコーディネートを考え紹介することも仕事のうちです。

ブランドの顔としてPRやメディアに露出するので、自分自身もファッションセンスが良くないといけません。

ブランドやファッションについての知識が身についたり、流行のファッションを着用することでファッションセンスが良くなります。

自分のコーディネートがSNSで好評であったりと、ファッションセンスが良くなることにやりがいを感じるでしょう。

トレンドを掴める

ブランドの顔として働くので、常にトレンドを追い続けおしゃれでいなければなりません。

流行の最先端を発信していく立場なので、自分自身もトレンドの洋服をまとい続けます。

そうすることで、今は何がトレンドなのかを敏感に掴むことができるでしょう。

トレンドを発信する立場に、やりがいを感じるでしょう。

 

ワンポイント
アパレルプレスのやりがいは、顔が広くなる・ファッションセンスが良くなる・トレンドを掴めることです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

アパレルプレスの大変なところ

働く女性

アパレルプレスは、ブランドの顔として情報を発信していく華やかな立場です。

しかし、華やかな仕事だけでなくブランド自体や撮影モデルを立てなければいけない立場でもあります。

相反する2つの立場の意識常に持ち続けなければなりません。

撮影が不規則な時間に行われ、朝早い時間やイベントや準備で土日も拘束される場合があります。

複数のイベントが重なったりする場合は、準備しなければならないことも多くなりスタミナが求められます。

戦略を考える頭脳だけでなく、撮影やファッションショーを乗り切る体力も必要といえるでしょう。

必要なスキルはある?

若い女性

基本的にアパレルプレスになるために必要な資格はありません。

しかし、必要なスキル役立つスキルは存在します。

どういったスキルが必要なのか、2つご紹介します。

コミュニケーションスキル

アパレルプレスは、自分自身がブランドの顔としてメディアに露出します。

元々ブランドが好きな人や、新たな顧客獲得のために多くの人に良い印象を与える立ち振る舞いが必要とされます。

取材に応じたり、撮影現場やイベントではファッション業界以外の人と仕事を行うこともあるでしょう。

そういった時、スムーズに仕事を進められるよう相手の立場や考えを理解できるコミュニケーションスキルが求められます。

人と人との繋がりから新たな仕事が舞い込む場合もあるので、アパレルプレスに欠かせないスキルといえるでしょう。

マーケティングスキル

女性の足

雑誌やSNSなどのメディアを通じて、PRを行い多くの人にブランドを認知してもらうことはアパレルプレスにとって大切な仕事です。

ブランドターゲット層には、どういった戦略が効果的なのかを考えるマーケティングスキルが求められます。

マーケティングスキルが高ければ、新規顧客獲得や売り上げアップに繋がります。

そのため、企業からも重宝されるスキルといえるでしょう。

 

ワンポイント
アパレルプレスに必要なスキルは、コミュニケーションスキル・マーケティングスキルです。

アパレルプレスのキャリアパスは?

白い背景

未経験からいきなりアパレルプレスに就職するのは難しいとされています。

まずは、プレスアシスタントや店舗での販売スタッフからスタートさせキャリアアップしましょう。

プレスアシスタント・販売スタッフの期間に、知識やスキルを積みアパレルプレスを目指します。

アパレルプレスの仕事内容や、資料作成・ファッション知識・商品管理などの知識を身につけましょう。

アパレルプレスになったあかつきには、ブランドの顔となりイメージ作りやPR戦略を行います。

ブランドのイメージや売り上げを握る大切なポジションです。

アパレルプレス経験後、マネージャーやディレクターといった役職にキャリアアップする場合もあります。

アパレルプレスの将来性

ネームプレートを下げた女性

服は人が生きていく上で必要なものです。

少子高齢化が進み、日本の人口は減少傾向にあります。

しかし、どの業界にもいえることですが人口減少に伴い大枠の需要減少は避けられないでしょう。

今後おしゃれを楽しみたいという人がいなくなるということは考えにくく、この先も一定数の需要は見込めます。

現在、ファッションブランドは無数に存在しています。

無数に存在するブランドの中から抜きん出るには、独自の強みとオリジナリティーが必要です。

そして、アパレルプレスとしてはPR・マーケティング能力が必須といえるでしょう。

ブランドのオリジナリティーをターゲット層に訴求し、認知度や売り上げアップにつとめることが鍵です。

また、アパレルプレスを営業が兼任するという場合もあります。

さまざまな業務を経験しスキルを磨き、代わりのきかない人材を目指しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

アパレルプレスの平均年収

レモンのサンダル

アパレルプレスの平均年収は、年齢やスキルによって多少の差があります。

おおよその平均年収は、350~450万円とされています。

経験を積んで、スキルを磨けば将来的にはマネージャーやディレクターなどにキャリアアップが可能です。

キャリアアップし、さらなる年収アップを目指しましょう。

アパレルプレスを目指すなら転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

アパレルプレスを目指しているけど、具体的なアクションプランが分からなかったり転職に不安や悩みを抱えていませんか。

そんな時は、転職エージェントを活用しましょう。

経験豊富な転職エージェントが、あなたの転職を力強くサポートします。

一般的にアパレルプレスは、未経験からではなくキャリアアップをした先になれる職業です。

少しでも早く転職エージェントに相談して、転職を成功させキャリアアップを目指しましょう。

まとめ

ハンガーと女性

華やかなイメージのアパレルプレスという仕事。

ブランドの顔として取材を受けたり、最新のトレンドに触れメディアに露出するコーディネートを担当したりします。

しかし、実際には華やかな仕事だけではありません。

商品管理や資料作成といった裏方の作業も求められます。

アパレルプレスになるには、特に必要な資格はありません。

ですが、多くの人と関わりブランドをPRしていく中でコミュニケーションスキル・マーケティングスキルは欠かせません。

未経験からアパレルプレスを目指す場合は、プレスアシスタントや販売スタッフとして経験とスキルを磨く必要があります。

広告・広報担当で培ったマーケティングスキルをアパレルプレスに活かすこともできます。

経験を積んでいく中で、スキルアップを目指しましょう。

アパレルプレスとして働く中で、顔が広くなる・ファッションセンスが良くなる・トレンドが掴めるといったやりがいを感じられます。

転職に悩んでいる方は、転職エージェントに相談して悩みを解決しましょう。

転職のプロがあなたの悩みを解決します。

相談している中で、あなたの思わぬスキルや適性が見つかるかもしれません。

転職を成功させて、新たな1歩を踏み出しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら