私たちの日常生活から切っても切れないエンタメ業界。

日々、新しい作品や商品を生み出し人々を楽しませています。

時には、夢や喜びを与える仕事です。

表舞台の華やかな仕事だけでなく、縁の下の力持ちな裏方の仕事も多く存在します。

自分の携わった商品やサービスで、人を楽しませることができる業界です。

人を楽しませることができるエンタメ業界は、とても人気があります。

そのため、興味がある方も多いかもしれません。

エンタメ業界の種類や、やりがい・向いている人の特徴をご紹介します。

これから転職を考えられている方はぜひ参考にされてみて下さい。

エンタメ業界の種類をご紹介

メモをする

エンタメ業界と一言でいっても、その種類はさまざまです。

新しい作品や商品を世の中に生み出していますが、職種によって生み出す作品は大きく異なります。

「エンタメ業界に興味がある。」

「エンタメ業界へ転職を考えている。」

「どういった職種があるのだろうか。」

など疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そんなエンタメ業界の種類をご紹介します。

  • 映像(映画・アニメなど)
  • 音楽(ライブ、コンサートなど)
  • IT(アプリケーション)
  • レジャー・スポーツ
  • ゲーム
  • ギャンブル(パチンコ)
  • おもちゃ

など、商品やサービスで人々を楽しませる業界です。

系統に分けて細かい業務内容を確認していきましょう。

 

ワンポイント
 エンタメ業界は、商品やサービスを通してたくさんの人を楽しませることができます。

制作系の職種

ガッツポーズ

近年、個人の多様性が認知され始めました。

それに伴い、幅広い需要が生まれています。

個人の「これ好き」「楽しい」という気持ちを満たすことが重要といえるでしょう。

コンテンツ制作

コンテンツにはどういった種類があるのでしょうか。

  • 動画
  • 画像
  • アプリケーション
  • ゲーム

などを指します。

スマートフォンが普及し、以前では考えられないほどコンテンツを活用した楽しみが増えました。

アプリ1つをとっても、さまざまな種類のアプリが無数に存在しています。

こういったコンテンツの制作を担います。

デザイン制作

パソコンと女性

デザイナーは主に商品や企業のロゴ、書籍の表紙などをデザインします。

  • グラフィックデザイナー
  • ゲームグラフィックデザイナー
  • Webデザイナー

デザイナーと一言でいっても、たくさんの種類が存在するのです。

グラフィックデザイナーは、雑誌やチラシの広告やお菓子のパッケージなど印刷されるものをデザインします。

ゲームグラフィックデザイナーは、ゲーム内のキャラクターや背景などのデザインを行います。

Webデザイナーは、Webサイト自体の制作やサイトのデザインを担当する業務です。

どのデザイナーにも共通していることは、クライアントの意向や商品購入層に合わせ親しみやすいデザインを考案することです。

デザインによって商品のイメージや使いやすさが大きく変化するので、最適なデザインを考案する必要があります。

マネジメント系の職種

メガネの女性

エンタメ業界と聞くと、まず初めにマネジメント系の職種を思い浮かべる方も多いかもしれません。

そんなマネジメント系の職種にはどういった業務があるのか。

2つの職種をご紹介します。

新人スカウト・育成

才能が見込める人材をスカウトし、プロダクションなどを紹介します。

近年では、街頭・オーディションのみならずSNSなどのメディアからのスカウトも行われています。

そのため、各種メディアのチェックも欠かせません。

スカウトするだけでなく、新人をプロに向けての育成・売り込みを行う業務です。

マネージャー

  • 芸能人
  • 俳優
  • アーティスト
  • スポーツ選手

など、マネジメントする人物の活動がスムーズに行えるようサポートをする業務です。

主な業務内容は以下です。

  • スケジュールの調整・管理
  • 営業活動
  • SNSを使用して情報発信

など、マネジメントする人物のスケジュールからイメージまで幅広く管理します。

1人で複数のマネジメントを行う場合もあり、業務は多忙を極めるといえるでしょう。

広報系の職種

振り返り

広報という業界は知っているけど、具体的な業務内容をイメージするのはなかなか難しいかもしれません。

広報系の職種がどのような業務を行っているのか。

2つご紹介します。

宣伝担当

宣伝担当は、企業の商品やサービス・活動などを多くの人に知ってもらうために発信を行う業務です。

情報を発信することで、売り上げや企業イメージをアップさせます。

企業や商品を多くの人に知ってもらう機会を作る重要な業務です。

その他の業務の種類は以下です。

  • 広告戦略を計画
  • 予算計画立て
  • 広告出稿
  • 報道関係者との打ち合わせ

などといった業務があります。

コンテンツマーケティング担当

外回り

コンテンツマーケティングの業務は、商品やサービスを売るため積極的にアピールを行う業務です。

主に、Web上で作成・公開されています。

例えば、SNSで自社製品の使い方を紹介して販売に繋げるといったことです。

近年では、SNSで情報収集する人も多いので戦略が問われる業務です。

企画・運営系の職種

3人の女性

新しい商品やサービスを生み出す企画運営。

主に企画の業務は、新たな商品を企画する商品企画の業務。

営業戦略を立て、営業担当者のサポートを行う営業企画があります。

今回は、ファンクラブ・施設運営についてご紹介します。

ファンクラブ企画運営

ファンクラブは、アーティストやアイドルなどとファンを繋ぐ重要な機関です。

そんなファンクラブ企画運営の業務内容は、ファンクラブに関連するすべての活動を取り仕切ることです。

具体的な業務は以下です。

  • 情報発信
  • ファンクラブの入退会
  • 会員のデータ管理
  • チケット販売
  • グッズ企画
  • サイト運営

など多岐にわたります。

施設運営

施設の運営や安全管理、施工などのハード面の業務を行います。

施設の魅力を引き出したり伝えることで売り上げアップを目指したり、施設の資産価値を高めるための企画を行う場合もあります。

エンタメ業界でのやりがい

ビジネスパーソン

さまざまな職種のあるエンタメ業界。

そんなエンタメ業界で働く人たちのやりがいとはどういったものがあるのでしょうか。

代表的なやりがいを2つご紹介します。

人に感動を与えられる

あなたは何か商品やサービスで感動をしたことはありませんか。

エンタメ業界の影響力は大きく、素晴らしい商品やサービスを多くの人に広めることができます。

自分自身が携わった商品やサービスで、ポジティブな気持ちになったり感動を与えたりすることができるのです。

実際に喜んだり、感動したりしているお客さんを見るとさらなるやりがいに繋がるでしょう。

集団での達成感を味わうことができる

ポイント

商品やサービスを制作するのには、企画・製造・広報・販売などたくさんの人が関わっています。

アーティストのライブなどでも裏方で多くの人が作業をしています。

予測不能なトラブルも発生する中、たくさんの人が1つの商品やイベントの成功に全力を尽くしています。

みんなで1つのものをつくり上げ、無事成功しお客さんが喜んでいたり感動したりしている姿を集団で分かち合うことができるのです。

 

ワンポイント
 エンタメ業界でのやりがいは、
・人に感動を与えられる
・集団での達成感を味わうことができる

エンタメ業界に向いている人の特徴

OKサイン

エンタメ業界にはさまざまな職種が存在します。

一体どんな人に向いている業界なのでしょうか。

エンタメ業界に向いている人の特徴を3つご紹介します。

自分に当てはまっているものがあるか確認してみましょう。

人を楽しませることが好きな人

エンタメ業界は、自分たちがつくり上げた商品やサービスを通して多くの人を楽しませることができます。

人を楽しませる仕事ができるのが、魅力の1つであり目的でもあります。

お客さんが楽しそうにしている姿を見れば、さらにやりがいや喜びを感じられるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

2人の女性

エンタメ業界は、部署や業務の異なるたくさん人が携わって1つの商品やサービスをつくり上げます。

音楽業界などでは、特に人と人との繋がりが大切といわれています。

そのため、人と人との繋がりを通して仕事が舞い込んでくる場合もあるのです。

人を感動させたり喜ばせたりといった人の心を動かすということを業務としているので、相手の気持ちを考えられる能力が求められます。

コミュニケーション能力が高い人は、部署の異なるたくさんの人と関わることができます。

業界内の職人気質な人とも、良好な関係を築くことができるでしょう。

相手の気持ちや立場になって考え、より良いものを作り出すことができます。

そのため、コミュニケーション能力が高い人はエンタメ業界に向いている人の特徴といえるでしょう。

流行やトレンドに敏感な人

エンタメ業界は、人を楽しませることが重要な業務です。

日ごろから流行やトレンドに敏感であれば、新たな需要を掴み取ることができます。

その需要をもとに、新たな商品やサービスを生み出すことができるでしょう。

SNSなどのツールから新たな流行やトレンドが生み出されることは珍しくありません。

日ごろから、SNSなどのツールから情報収集を積極的に行いましょう。

 

ワンポイント
 エンタメ業界に向いている人の特徴は、
・人を楽しませることが好きな人
・コミュニケーション能力が高い人
・流行やトレンドに敏感な人

女性におすすめの職種

ポイント

エンタメ業界では、コミュニケーション能力やトレンドに敏感な人が求められています。

また、相手の気持ちや立場を考え寄り添うことが必要です。

多くの企業が情報収集・発信は、SNSを使用して行っています。

そういった場合に、女性ならではの感性や視点が必要といえるでしょう。

エンタメ業界での活躍には、女性ならではの感性や視点が役立つ場合があるので女性におすすめの職種といえます。

 

ワンポイント
 女性ならではの感性や視点を武器に、エンタメ業界で活躍しよう。

エンタメ業界の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

相談中

自分の携わった商品やサービスで、人々を楽しませたり感動させたりすることができるエンタメ業界。

そのため、とても人気のある業界といえるでしょう。

「転職を考えているけど、どうしたらいいのか分からない。」

「1人で未経験の分野の転職活動は不安だ。」

「働きながら転職活動を行うのは大変。」

などという、転職に関する悩みをお持ちではありませんか。

そんな時は、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロがあなたの悩みを解決したり、転職活動をサポートしたりします。

相談しているうちに、あなたの思いもよらぬスキルが見つかるかもしれません。

エージェントがあなたにぴったりな職場をご紹介します。

転職エージェントに相談して、あなたの転職を成功させましょう。

まとめ

電話中

エンタメ業界の種類は以下があります。

  • 映像(映画・アニメなど)
  • 音楽(ライブ、コンサートなど)
  • IT(アプリケーション)
  • レジャー・スポーツ
  • ゲーム
  • ギャンブル(パチンコ)
  • おもちゃ

と幅広く存在します。

今回ご紹介したエンタメ業界の種類です。

  • 制作系
  • マネジメント系
  • 広報系
  • 企画・運営系

それぞれの職種の特徴を理解し、自分が転職し活躍したい職種はどれなのかハッキリさせておきましょう。

エンタメ業界のやりがいは以下です。

  • 人に感動を与えられる
  • 集団で達成感を味わうことができる

ということでした。

サービスや商品を通じて、たくさんの人を楽しませたり感動を与えることができる仕事です。

お客さんが喜ぶ姿を見て、さらに業務へのモチベーションアップに繋がるでしょう。

エンタメ業界に向いている人の特徴は3点あります。

  • 人を楽しませることが好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 流行やトレンドに敏感な人

といったことです。

自分が携わった商品やサービスを通して、たくさんの人を楽しませることができる仕事です。

コミュニケーション能力が高ければ、たくさんの人や業界の人とも円滑に仕事を行うことができます。

流行やトレンドに敏感でいることで、新たな需要やアイディアを生み出すことができます。

近年では、SNSから流行やトレンドが生み出されることもしばしば。

日ごろから、SNSをチェックしチャンスを逃さないようにしましょう。

そんな人気の高いエンタメ業界に転職を考えられている方も多いかもしれません。

転職の悩みは、転職エージェントに相談して解決しましょう。

自分でも気づかなかったスキルや適性を見つけだすことができるかもしれません。

新たな一歩を踏み出して、あなたの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら