音楽業界への転職を考えている方のなかには「どうやって転職をすればいいのかわからない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに音楽業界への転職はあまり耳することはないかもしれません。

そこで今回は音楽業界の仕組み向いている女性の特徴キャリアパスについて転職エージェントが詳しくご紹介していきますので最後までご覧になってください。

音楽業界の仕事内容を解説

何かを聞きたい女性

音楽業界と一言でいってもたくさんの職種があります。

全部で20職種以上あるといわれていますのでどんな職種があるのかあげてみましょう。

  • アーティスト
  • スタジオミュージシャン
  • DJ
  • 作詞家・作曲家
  • アレンジャー
  • サウンドクリエイター
  • 音楽プロデューサー
  • ディレクター
  • レコーディングエンジニア・ミキサー
  • クラフトマン・リペアマン
  • ローディー・テクニシャン
  • コンサートプロモーター・イベンター
  • 舞台監督
  • PAエンジニア
  • 舞台美術・照明
  • レコード会社スタッフ
  • 音楽雑誌編集者
  • 音楽ライター
  • 音楽著作権管理
  • 音楽講師・インストラクター

いかがですか?

なかには聞いたことがない職種もありますが音楽業界という職種だけでこれだけあるのです。

 

ワンポイント
 音楽業界で働くためにはある程度音楽に関しての知識が技術が必要になります。

音楽業界の仕組み

スマホで音楽をきく女性

音楽業界は、アーティストが個人では到底できない宣伝・流通・販売を業界組織が代わりに担当してくれる仕組みになっています。

その代わりにファンが支払ったお金のほとんどを業界組織で分け合うということになります。

そこに必ず必要なのがアーティストです。

アーティストはレコード会社と契約してデビューすると、先ほどご紹介した音楽業界の仕組みの中に入ることになります。

そうすると、業界組織による宣伝・流通・販売の力を借りることが可能になるのですが作品の売上における99%を組織に吸収されることに。

これだけを読むと組織はお金を取り過ぎと思う方も多いでしょうが、組織に力がなければファンと繋がることもできませんし、自分の音楽を売り込むことができません。

総合的に見るとアーティストと組織はウィンウィンの関係といえるでしょう。

事務所系の職種

ライブ会場 マイク

音楽業界の職種に事務所系があります。

アーティストとして活動するには事務所が必要です。

そこでここでは事務所系の職種にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

アーティストマネジメント

アーティストマネジメントと聞けばアーティストのマネージャーでスケジュール管理や営業・取材依頼・送迎といったイメージかもしれません。

もちろんそれも仕事の一環に入りますが真の仕事内容は目的作り目的を達成させることになります。

  • アーティストをどのような存在にさせるのか
  • ポジショニングをどこに設定するか
  • 市場がどこにあり、どのような手段で認知させていくか

ということを設定する「仕掛け計画」を練り上げることが本来の仕事となります。

ライブ支援

コンサートやイベントを企画したり運営する仕事でコンサートプロモーターやイベンターとも呼ばれています。

依頼者やアーティストを交渉し、ステージの企画や制作・チケットの販売から管理・宣伝を含む広報活動に至るまで、イベントそのものの全てを担当することになります。

本番当日には現場を仕切る総責任者になることもあり、事故やケガが起こらないよう注意しながら予定通り進行するという重要な役職です。

 

ワンポイント
 最近注目を集めている大型フェスなども裏で頑張ってくれている人がいるおかげで開催できているということになります。

レコード会社系の職種

積み上げたCD

続いてはレコード会社系の職種についてです。

企画

レコード会社における企画職の業務内容は一概に説明することはできません。

具体的には、音楽制作部署であれば新しく音楽を制作するCDの企画営業、宣伝部署であれば宣伝手法販売促進のプロモーション企画などがあります。

他にはアーティスト発掘部署であれば新人を発掘するためのオーディション企画ファンクラブ運営、会員数を増やすための企画になります。

また様々な機能を持った大手レコード会社であればアーティストのマネージメント戦略ライブビジネス戦略国際戦略の企画を担当することも。

企画担当という明確な役割を担っている方もいればプロデューサーやディレクターという職種で企画があるという方もいるでしょう。

どのような部門においても積極的な発想やアイディアが求められる音楽業界なので企画転倒はその部門のエキスパートといえるのではないでしょうか。

制作

歌う女性

会社が取り扱うCDやDVDといった商品を制作する仕事です。

所属しているアーティストの歌や音楽を収録し、商品化するというのが主な役割でその中核を担うのがディレクターと呼ばれる人になります。

ディレクターの仕事はたくさんありますが、なかでも主になるのが担当しているアーティストのCDなどの販売スケジュールを立て、商品を企画するという業務です。

ディレクターの活動次第でレコード会社の売り上げは大きく違ってくるといってもいいのではないでしょうか。

営業

自社が取り扱っているCDやDVDなどの商品を販売店の店頭に置いてもらえるようさまざまな営業活動を行います。

多くのレコード会社は自前での販売手段を決めていないので販売会社が商品を取り扱ってくれなければ売り上げを獲得することはできません。

いかに商品の売り上げをアップさせるかは営業部の働きにかかっているため、その役割は非常に重要と言えますが売り上げを伸ばすために、販売店の店頭でサイン会握手会などのイベントを企画するのも大切です。

それ以外にも在庫が積みあがらないようCDやDVDの出荷数を冷静に分析して生産数を調整するのも重要な仕事といえます。

宣伝

コマーシャル制作・広告企画・放送局への営業などアーティストの宣伝を行う業務になります。

宣伝活動を行うことで、CMソングに使用されたり、ドラマの主題歌に使われたりすればミュージシャンがスターになれるといっても過言ではないでしょう。

営業をする際のコツは、ミュージシャンのキャラクターや楽曲の雰囲気だけではなく、どんなシーンで使用してもらいたいのかなど、さまざまな角度からアピールします。

音楽というコンテンツは耳で楽しむため、テレビだけではなくラジオ局も無視できません。

近年では、スマホでラジオも楽しむことができます。

辛抱強く営業や宣伝活動をすることがミュージシャンの高評価に繋がりやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

雑誌系の職種

マイクとパソコン

次に雑誌系の職種についてご紹介していきます。

音楽雑誌編集者

音楽に関わる商業誌やフリーペーパー・アーティストのファンクラブ会報などの編集を行う仕事になります。

音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て取材・原稿依頼などを進め管理します。

同時に自分で取材や原稿の執筆をすることも。

DTPによる編集がよく利用できるのでパソコンの知識・技能も必須です。

音楽ライター

パソコンをしながら笑う女性

リリースされるCDのレビューやコンサートのレポートを書いたりアーティストにインタビューしてその内容をまとめる仕事です。

特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、オリジナリティのある豊かな表現方法が求められるでしょう。

 

ワンポイント
 より高度な知識と認知度を身に付ければ音楽評論家としての道も開けてきます。

音楽業界でのやりがい

スマホで音楽を聴く女性

音楽業界には多職種ありそれぞれ感じるやりがいは違うでしょう。

例えば、ライブ現場で働いている人のやりがいといえば「来場者が楽しそうに過ごしている姿をみれたとき」ではないでしょうか。

これの一言に尽きるといっても過言ではないかもしれません。

フェス現場などは、体力的・精神的にかなりハードなので辞めたいと思うことは必ずあるはず。

ですが、来場者の楽しそうな姿をみれば「頑張ってよかった」と思えるのです。

また、レコード会社で働いている人は楽曲そのものに関わったり、アーティストの成否に大きく関わるプロモーションに関われること。

マネジメント会社で働いている人であれば運命共同体であるアーティストが満員御礼のライブをすることができたことや大きな音楽フェスへ出演できたこと。

というように、音楽業界の職種によってやりがいが異なってきますが、どの職種でも他の業界では感じられないやりがいを感じることができるでしょう。

音楽業界に向いている女性の特徴

ギターをひく女性

音楽業界は男性だけではなく女性もたくさん働いていますが、どんな女性が向いているのか特徴についてご紹介していきます。

多様な考え方を持っている人

音楽業界にはさまざまな性格の人がたくさん働いており、その数の分考え方もバラバラです。

そこで自分の思っていることを無理やり通してしまうのではなく、他人の意見や主張にもしっかり耳を傾け受け入れるということが必要でしょう。

それは働いているスタッフだけではなく、アーティストにとっても同じです。

多様な考え方を持っていれば自分にとっても相手にとってもメリットとなることが多くなるといえるでしょう。

柔軟な行動ができる人

ガッツポーズする女性

尖った個性の持ち主が多いアーティストを相手にするには、枠にはまった考え方にとらわれていては仕事になりません。

アーティストの独創的なアイデアをバックアップするには、常に柔軟な思考を持って新しいことを積極的に取り入れなければいけないのです。

また、アイデアを実現するため一つの考えに凝り固まるのではなくさまざまな観点から物事を考えて実行に移す必要があります。

そのため、音楽業界は頭が柔らかく、かつ好奇心旺盛で新しい物好きな人に向いている業界であるといえるでしょう。

得意なジャンルがある人

音楽に対して何かしら得意なジャンルを持っていることも必要です。

得意なジャンルがあれば自信をもって自分の意見を述べることができますし、好きな音楽に関する仕事に就けているという喜びを感じられるでしょう。

その結果、長く音楽業界で働き続けられるということになるのです。

また、得意ジャンルを極めていけば、いずれ上司や同僚からその分野について意見を求められるようになったりアーティストに頼られる存在になれるかもしれません。

 

ワンポイント
 アーティストと対応な立場で仕事をするためには、できるだけ得意なジャンルを増やしておくに越したことはないでしょう。

音楽業界の年収やキャリアパスは?

お金とキーボード

音楽業界で働きたいと思っていても気になるのが年収やキャリアパスではないでしょうか。

ここでは、音楽業界の年収やキャリアパスについてご紹介していきます。

年収

音楽業界は他職種になっているため企業によって年収は全く違ってきます。

例を挙げてみましょう。

  • 制作関係:480万円から530万円
  • ステージ・イベント関連:640万円から730万円
  • メディア関連:776万円から1,510万円
  • ホール・ライブハウス関係:300万円前後
  • レコード会社:400万円から1,000万円
  • 音楽プロデューサー関連:400万円から500万円

となっています。

平均年収の金額の幅が広くなっているのは、所属する部署によっても違ってくるという理由からです。

また、人気アーティストを多数抱えている企業などではご紹介した以上の年収をもらえるところもあるでしょう。

このように、音楽業界を一括りにすることはできず年収も具体的な金額をあげることはできません。

キャリアパス

女性は結婚や妊娠などめまぐるしくライフスタイルが変わり、都度働き方も変えなければいけません。

そうすると今まで積み重ねてきたキャリアがダメになるのではと不安になってしまいますが、音楽業界ではさまざまなキャリアパスがあります。

例えば、音楽プロデューサーであれば新人アーティストの発掘や育成・資金調達に関わるエグゼクティブ・プロデューサーへの昇格が考えられます。

また、フリーランスの音楽プロデューサーの場合、音楽制作だけではなくイベント企画や運営を任されることもあるでしょう。

このように、女性であっても自分の実力や技術でキャリアパスが見込める機会がたくさんあるということなのです。

音楽業界への転職に困ったら転職エージェンとに相談しよう

マイクを持ったスーツの女性

今の職種から音楽業界への転職を探す際に、どのように探すべきか、どこがいいのかわからないなど頭打ちをすることも多いでしょう。

人で考えていてもなかなか前へ進めないと悩んでいる方はぜひ一度転職エージェントに相談してみませんか。

転職エージェントは希望職種やライフスタイルに合った求人を探してくれるだけではなく、職務経歴書の書き方や面接対応などを行ってくれます。

また、転職先が決まった後のアフターフォローもしっかりしているため悩んでいる方にとっては心強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

キーボードと花

今回は音楽業界への転職について転職のプロである転職エージェントがご紹介してきました。

音楽業界は一括りにできずさまざまな職種が混同した業界です。

自分は音楽業界のなかでもどの分野で働きたいのか、どんな仕事をしたいのかを明確にしたうえで転職先を探すことをおすすめします。

女性であってもキャリアパスは見込める業界です。

ライフスタイルが変わることによって音楽業界への転職を躊躇している女性でも後悔しないようにするためには、思い切って行動することも大切ではないでしょうか。

一人で悩んでいる方は転職エージェントに頼り一緒に解決していくことも念頭に入れ、より良い転職先を見つけられるよう頑張ってみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら