映画は私たちのエンターテイメントの一つです。

そんな映画を支える映画業界には多くの人が携わっています。

「映画が好きだから、業界で働いてみたい」という人も多いのではないでしょうか?

映画業界にはさまざまな職種があります。

専門的なスキルを必要とする仕事から、未経験で始められる仕事まであるのです。

女性に向いている職種も気になりますよね。

そんな映画業界の仕事内容や、やりがいをご紹介します。

映画業界の仕事内容を解説

映画

映画業界へ転職するためにもどのような仕事内容があるのか知っておくことが大事です。

業界の仕事は大きく分けて3つに分類されます。

  • 映画制作会社
  • 映画配給会社
  • 映画興行会社

それぞれの人達が関わり、映画業界が成り立っています。

一つの映画を制作していく上でも、さまざまな人たちとの連携が必要です。

そのためにもそれぞれの職種の仕事内容を知っておくことは必要不可欠でしょう。

映画業界の仕組みを知ろう

会議

一つの映画ができるまで、たくさんの人が関わって制作されます。

上映されるまでには、さまざまな職種の人が関わり一つの映画ができているのです。

そんな映画業界に転職を考える上でも、どのような仕組みになっているのか知ることはとても大事になってくるでしょう。

映画業界のそれぞれの職種をご紹介します。

制作

カメラ

大きな柱となってくるのが、映画制作会社です。

映画の企画から、撮影編集を行います。

監督をはじめ、美術・音響・役者などさまざまな職種があり映画が制作されていくのです。

映画制作会社の規模は、少人数の小さな企業もあれば大企業まであります。

転職を考えている場合、それぞれの映画制作会社の作品を見てみることもおすすめです。

配給

たくさんの人に映画を見てもらうために大事な役目となるのが、映画配給会社です。

完成した作品の買い付けから、上映する映画館を決めるのが主な仕事となります。

この映画配給会社があることで、私達は映画館で好みの映画を選び見ることができるのです。

映画が上映される前の舞台挨拶の宣伝についても映画配給会社の仕事となります。

多くの作品に出会える魅力あふれる仕事といえるでしょう。

興行

私達が映画を見る上で欠かせないのが、映画興行会社です。

映画館の運営が主な仕事となります。

映画興行会社があるおかげで、映画館で私達は作品を見ることができるのです。

仕事内容は、映画館の運営から館内の清掃・売店やチケットのもぎりがあります。

消費者に一番近くで関わる職種といえるでしょう。

映画制作会社や映画配給会社よりも映画業界に関わりやすい仕事です。

制作系の仕事内容

カメラ

映画制作会社にはさまざまな職種があります。

たくさんの人が関わり、一つの映画が完成されるのです。

それぞれの仕事は、技術スキルが必要になる場面もあります。

どのような職種があるのかみていきましょう。

  • 映画監督
  • カメラマン
  • プロデューサー
  • ディレクター
  • 脚本家
  • 俳優・女優
  • 映像編集
  • CGクリエイター
  • 照明
  • 音響
  • メイクアップアーティスト

カメラマン

映画制作に大きく関わってくるのが、カメラマンの仕事です。

カメラマンは映画制作の責任者ともいえるでしょう。

それぞれの職種と連携を取り、映画を制作していく大事な役目です。

カメラマンになるには、映像の知識が必要不可欠になります。

カメラやレンズの知識、構図や色彩など映像を撮る上で大事な知識の勉強が必要です。

未経験からカメラマンになるのは難しいでしょう。

カメラマンを目指すのであれば、アシスタントとして経験を積んでいくことが最善の道です。

照明

照明機材を使い、映像を作りあげていくのが仕事です。

監督やプロデューサーと連携し、そのシーンに合わせ照明機材を操ります。

映画の俳優・女優たちを引き立てる大事な役目です。

俳優・女優だけでなく、自然や背景の写り方も照明によって大きく変わってきます。

この照明の役目があるおかげで、一つの魅力あふれる映画が完成するのです。

照明の仕事につくには、照明アシスタントから始めると良いでしょう。

転職を考えている場合は、照明のスキルを身につけていくことが大事です。

 

ワンポイント
映画制作会社は映画業界の大きな柱となっています。

配給系の仕事内容

電話で話をする女性

映画配給会社は、完成された作品を映画館で上映するのに必要不可欠な仕事です。

映画を公開するまでの大事な役目となります。

作品の買い付けから、上映する映画館を決め宣伝を行うのが主な仕事です。

特別な資格は必要なく、企画力が大事になってきます。

どのような仕事内容なのかみていきましょう。

上映権の買い付け

映画配給会社の大きな仕事となってくるのが、上映権の買い付けです。

映画館で上映するには、必要不可欠な仕事となります。

映画がヒットするためにも、魅力ある作品を探し上映権を買い付けるのです。

この仕事に就くには映画が好きであることが大前提といえるでしょう。

上映権を買い付けるためにも、企画力交渉力のスキルが必要になります。

日本の作品だけでなく、海外の作品の買い付けも行う場合は語学力も必要になるでしょう。

ブッキング

ブッキングとは、上映する映画館を決める仕事です。

映画館には、小さな規模から大きな映画館まであります。

買い付けた作品に合わせ、上映する映画館に交渉するのが主な仕事内容です。

このブッキングが無ければ、映画館で作品を見ることはできません。

消費者に作品を届けるためにも大事な役目といえるでしょう。

多くの人に見てもらうためにも、作品に合わせた映画館を決めることが大事です。

交渉力や、情報収集が必要なスキルとなってくるでしょう。

宣伝

上映される映画の収益を大きく上げるためにも大事な仕事が宣伝です。

映画がヒットするために、大事な道を作る仕事といえるでしょう。

宣伝方法としては完成披露会見や、試写会があります。

他にもテレビ・雑誌・新聞で宣伝活動を行っていくのが仕事です。

最近では、SNSでの宣伝活動も普及してきています。

時代に合わせ、どのように宣伝していくか情報収集をしていくことが大事になってくるでしょう。

そして、多くの人に見てもらうためにも宣伝の企画力は必須なスキルです。

興行系の仕事内容

映画館

映画興行会社は映画館の運営を行います。

私達が作品を見ることができる環境を作ってくれている大事な仕事です。

仕事内容は、映画館の案内係や清掃・グッズ販売などがあります。

映画に見に来る人達と直接関わることができるので、やりがいの大きい仕事です。

映画館の運営に携わりたい人や、接客が好きな人に向いているでしょう。

どのような仕事内容なのか詳しくご紹介します。

映画館の運営

映画を見るために必ず必要なのが映画館の運営です。

映画館にもさまざまなポジションの仕事があります。

  • 支配人
  • チケット販売
  • フロアの管理
  • 案内係
  • フードカウンター
  • グッズストア
  • 清掃

上記のようなポジションがありそれぞれで行う業務は細かく分かれています。

支配人は、映画館の経営者といえるでしょう。

経営していくために、映画興行会社の社員・アルバイトに働きやすい環境を作ることも大事な役目です。

チケット販売やグッズストアの仕事は、直接お客様と関わる仕事なので接客業が好きな人に向いています。

マネージャー

女性

映画館を運営していく上でマネージャーという役職があります。

フロアやチケット売り場、グッズストアの各ポジションの管理責任者です。

多くの人に映画館に来てもらうためにも、マネージャーの仕事はとても大事です。

またスタッフの教育、売上の管理など運営していくために必要な職種といえるでしょう。

人材管理から、裏側の管理まで行うのでマネジメント能力は必須です。

そして、コミュニケーション能力も必要となってくるでしょう。

映画館に来てもらうためにも、さまざまなサービスの工夫を考え映画館の雰囲気を作ります。

実際に映画を見に来る人達と関わるので、やりがいがある仕事になるでしょう。

映画業界のやりがい

笑顔のビジネスウーマン

一つの映画が完成されるまで多くの人が関わっています。

上映されるまでには、多くの人の努力があり私達が映画館で見ることができるのです。

自分が携わった映画がヒットした時には、やりがいを大きく感じられるでしょう。

そのやりがいは自分の仕事へのモチベーションにも繋がっていきます。

映画業界で働くことで、さまざまなスキルを身につけ将来にも活かしていける可能性が高まるでしょう。

完成した時の達成感が得られる

映画を制作するために、企画し撮影を行い完成するまで多くの時間と努力が必要です。

そしてたくさんの人が関わるのでチームワークも大切になります。

撮影するのにトラブルが発生し、完成まで時間がかかってしまうこともあるでしょう。

しかし、一つの作品を作りあげて完成した時には大きな達成感となります。

完成した作品が映画館で上映され、多くの人に見てもらうことがとても大きなやりがいとなるでしょう。

映画の良さを伝えられる

作品を買い付けたり映画館の手続きをしたり、上映するまでさまざまな工程が必要です。

多くの人に見てもらうためにも、とても大事な仕事でしょう。

作品にはそれぞれの想いが込められています。

その映画の素晴らしさを知ってもらうためにも必要不可欠な仕事なのです。

「良い映画だった」と観客の反応があった時には、とてもやりがいを感じるでしょう。

そしてその作品の良さを知ってもらうことで、仕事へのモチベーションに繋がり達成感を得られます。

グローバルな視点が身に付く

アイディアが手のひらの上に

世の中にはたくさんの映画があります。

日本だけではなく、他の国でもたくさん作品が制作されているのです。

映画は世界中で多くの人に愛されています。

そして、多くの人に映画を楽しんでもらうためにも他の国から映画を買い付けることが必要です。

世界中の映画に触れることでグローバルな視点が身につくでしょう。

 

ワンポイント
それぞれの職種で大きなやりがいがあります。

映画業界で女性が向いている職種は?

女性

映画業界は男性が多いイメージですが、もちろん多くの女性も活躍しています。

業界の中にはさまざまな仕事があるので、自分にあった仕事をみつけることが大事です。

好きなこと得意なことから自分にあった職種をみつけていくと良いでしょう。

映画制作会社であれば、ディレクターや脚本家も女性が活躍しています。

ディレクターは、スケジュールを組み多くの職種のスタッフと関わることが必要です。

臨機応変に柔軟に対応できる能力が活かせる仕事といえるでしょう。

映画配給会社であれば、営業や事務として多くの女性が働いています。

映画を広めていきたいと思うのであれば、映画配給会社がおすすめです。

買い付けから映画館の確保が主な仕事となり、営業力そしてコミュニケーション能力が求められます。

映画を宣伝してくためにも、コミュニケーション能力が活かされるでしょう。

映画興行会社であれば、接客を得意としている方におすすめです。

映画館の運営が主な仕事となるので、一番消費者と関わる仕事になります。

接客を主に働きたいのであれば、映画館の各スタッフとして働くことがおすすめです。

管理職が気になる場合は、マネージャーを目指すと良いでしょう。

結婚や出産を考えていて産休育休を取りたい場合は、福利厚生がしっかりした会社を選ぶことが大事です。

 

ワンポイント
女性が活躍できる職種もたくさんあります。

映画業界は未経験でも挑戦できるか

デスクとコーヒー

映画業界は未経験でも目指すことはできるのでしょうか?

未経験からでも映画業界に転職している人はたくさんいます。

多くの職種があるので、自分にあった職種をみつけられるかがポイントです。

映画制作会社の場合、専門職が多くあります。

専門職未経験の場合は、アシスタントから始めると良いでしょう。

映画配給会社の場合、営業力・コミュニケーション力・語学力が必要となります。

「映画を広めていきたい」という意欲が高くあることが大前提です。

そして営業のスキルや、語学力を磨いていくことが大事になります。

映画興行会社の場合、映画制作会社・映画配給会社と比べると求人の数は多くあります。

正社員や派遣、アルバイトを含め求人も多いので働き方を選びやすい職種になるでしょう。

 

ワンポイント
多くの職種から自分にあった職種をみつけましょう。

映画業界の転職に困った場合は転職エージェントに相談しよう

ポイント

映画業界には、さまざまな職種があります。

どの仕事が向いているか迷っていたりしませんか?

多くの職種があるほど、自分にあった職をみつけることは難しいものです。

自分にあった仕事に出会うためにも転職エージェントを利用し、相談してみましょう。

相談することで自分のスキルを活かせる仕事がみつかりやすくなります。

また公開されていない求人を紹介してもらえる可能性もあるのです。

履歴書の書き方や面接の対策をエージェントから指導してもらうことができます。

エージェントを利用することで、長く続けていける仕事に出会えるかもしれません。

転職に失敗しないためにも、転職エージェントを利用することは効率的といえるでしょう。

まとめ

パソコン 女性

映画業界の仕事は、多くの職種があり転職する場合に迷う人も多いでしょう。

スキルが必要な仕事もあれば、未経験から始めやすい仕事もあります。

どの職種もやりがいがある仕事です。

自分にあった仕事をみつけるためにも、転職エージェントを利用してみませんか?

映画業界で活躍する道も拓けてくるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら