ビジョンレポートという言葉を聞いたことがありますか?

転職であったり、契約社員や派遣社員の正社員雇用、昇進試験などの際に提出を求められることの多いようです。

「何のために書くのか?」「どのような内容を書くのか?」

分からないこともきっと多いのではないでしょうか?

難しくとらえてしまいがちなビジョンレポートでありますが、ビジョンレポートを書く理由や書き方、例文などをご紹介します。

Contents

転職時に提出を求められるビジョンレポートについて解説

メモ

転職の面接時に、その人の入社後の展望など「キャリアビジョン」を質問することが多いです。

派遣社員や契約社員から正社員へ雇用される時などには「ビジョンレポート」の提出を求められることがあります。

昇進試験の際にも提出をする企業が多いようです。

さまざまな場所でビジョンレポートの提出を必要としますが、ビジョンレポートとはどのようなものなのでしょうか?

聞きなれない言葉ではありますが、提出を求められる機会がある限りは知っておくべき知識です。

ビジョンレポートに求められるものは何なのでしょうか?

解説していきたいと思います。

ビジョンレポートとはどんなレポート?

女性

まず初めに、ビジョンレポートをご存じですか?

ビジョンレポートとは「今後の自分の展望や未来像を書いた論文」のことを指します。

契約社員や派遣社員が正社員雇用試験を受ける際、企業で一般社員が昇進試験を受ける時などに提出を求めらることが多いようです。

転職の際の面接などでも「キャリアビジョン」などについて質問されることがあります。

  • キャリアビジョン
  • ビジョンレポート

この2つは、名前こそ違いますが、内容としては似たようなものであると思ってください。

難しい内容にとらえられがちですが、理解しておくことで大事なチャンスを逃してしまう事のないようにしたいものです。

 
正社員への転職
【就職Shop】 はこちら
 

企業がビジョンレポートを求める理由は?

女性の面接官

企業がビジョンレポートの提出を求める理由は何なのでしょうか?

面接でなどでは理解することができない部分などがあるから、企業はビジョンレポートの提出を求めるのです。

求める理由を知ることで、何を書くべきかが見えてきます。

具体的な目標が知りたい

面接

ビジョンレポートの提出理由として挙げられるのが、「今後についての具体的目標が明確であるか」です。

日常業務での様子や面接だけでは知ることの出来ない、本人の仕事や企業に対しての意志や思いを知る為に求めることがほとんどです。

提出されたビジョンレポートの内容によって(面接の場合は話した内容などで)昇進させるべき人物・採用する人材であるか判断します。

具体的な目標をしっかりまとめておくことがビジョンレポートでは必要です。

スキルが知りたい

パソコン

履歴書などに記載されているスキルですが、本当にそのスキルは現場で活かせるスキルであるのかを確認することも必要です。

履歴書には書けないような詳しい内容などもビジョンレポートに記載しておくと、即戦力であることをアピールできます。

資格だけ取得していても、活用できなければ何の意味もありません。

持っているスキルや資格などは活かせてこそ、即戦力となる人材であると認められますので、スキルを知ることは需要です。

使えるスキルはどんどんアピールしていきましょう。

将来像を知りたい

女性

目標・スキル、その他にビジョンレポートに求められるのは、自分の将来像についてです。

目標とは仕事をする上での個人的な部分になり、将来の展望とは多少異なります。

将来の展望とは人それぞれです。

会社を大きくしたいと思っている人もいるでしょう。

新しいプロジェクトなどに挑戦したいと考えている人もいるはずです。

企業側が自分に何を期待しているのかのニーズを把握しておくことも必要です。

企業側のニーズも把握した上での、将来像を書くことが求められます。

 

ワンポイント
日頃の仕事ぶりや履歴書では分からない部分を補うためにビジョンレポートを求められます。

ビジョンレポートの書き方のポイント

ポイント

なぜビジョンレポートを必要とする理由が分かったところで、ビジョンレポートの書き方を確認しましょう。

間違えた書き方をしてしまっては、内容がどんなに良い内容でも、相手に好印象を与えることはできないからです。

企業ニーズに合わせる

ビジョンレポートとは企業内における自分自身の将来の展望や目標を書くものです。

企業ニーズに合っているものでなければ、企業としては活躍してくれる人材とは認められません。

例え自分の将来の展望であったり、目標があったとしても、企業ニーズについても考えた上で書くことが必要になります。

素直な気持ちを伝える

企業ニーズとすり合わせた上で、企業に対してどのような事を希望や目標としているか、素直な気持ちを伝えることも大事です。

どういったことをについて課題意識があるか、その問題に対して自分はどのような改善が必要かを書くことが必要になります。

企業側の求める答えを意識しすぎてしまうことも分かりますが、それだけでは企業の今後を考えたことにはなりません。

昇格・昇進などの場合には、多くのことを期待されている場合が多くなります。

それに応えるということではありませんが、まとめてビジョンレポートにするだけでは具体的なものは伝わりにくいでしょう。

将来的展望を具体的に書く

伝わりやすくするためにも、将来的展望に関して具体的な例(または進行中のプロジェクトなど)を挙げることも大事です。

企業側の課題と思っている部分に対しての自分自身の意見を伝えることによって、分かりやすくなります。

シンプルに分かりやすく書く

ビジョンレポートは直属の上司、または面接官以外だけではなく、管理職の人や人事部、役員や社長などが目を通す可能性もあります。

その場合に難しい言葉や専門用語を多用して書き「専門分野に強い人間」のアピールも必要かもしれません。

しかし、現場でしか使用しない専門用語を使ってはその内容を理解してもらえないこともあるでしょう。

シンプルで分かりやすい内容にすることで、どのような役職の人にも分かりやすく書くことを心がけましょう。

 

ワンポイント
ポイントを押さえることで、相手に伝わるビジョンレポートを書くことができます。

ビジョンレポートの例文

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中

ビジョンレポートについて確認してきましたが、実際にどのような文を書いてみるのが良いのでしょうか?

例文を見てみることにしましょう。

契約社員から正社員へ

私は現在、契約社員として〇〇職に就いています。

3年間お客様への提案営業などの業務に携わり〇〇を達成しました。

社の一員として責任をもって業務を遂行してきました。

正社員になることにより責任が発生し、それを果たすための意識と行動が必要だと感じています。

これまでの経験を生かしながら、自身で仕事を創る、今まで以上に自発的な行動を心がけることも可能です。

仕事の幅を広げて、今までは責任を負って地震で決定できなかった業務にも挑戦し、成果を上げて会社の発展に貢献していきます。

昇進試験の書き方

現職では経理部門担当として、当社のお金の流れの明確化や従業員の給与計算を行っております。

毎年従業員の年末調整を手作業で行っていますが、繁忙期であり、膨大な作業量であることから他の業務への支障が出ている状態です。

今後ミスも起こる可能性があることは否定できません。

現状は一社員としてもちろん責任感を持って業務を遂行し打ていますが、決定権を有しておりません。

昇進し、決定権をいただけることで、これらの煩雑かつ膨大な作業を外注やシステムの導入などで簡素化を進めたいと考えております。

面接におけるビジョンレポート(キャリアビジョン):エンジニアの例

私の経験してきた〇〇のスキルを用いた開発を行い、結果を残したいと考えています。

御社が強い〇〇の分野において私のスキルを用いて開発を進めることで、より他社との区別化を図ることが可能になるはずです。

自社の〇〇の分野における基盤がより強固になると予想しております。

△年後には開発職での先頭を走っていられるよう、現在も〇△の資格を習得中です。

 
正社員への転職
【就職Shop】 はこちら
 

ビジョンレポートを書く際の注意点

女性,書類,確認

ビジョンレポートの例文を参考にして、自身の現状に合ったものを作成していただきたいと思います。

実際にビジョンレポートを書く際には何を注意すれば良いのでしょうか?

伝えるポイントを絞る

伝えたいことはたくさんあるのは良く分かります。

あれもこれもと書き出してしまうと切りがないはずです。

伝えるポイントを絞ることも大事であり、一番伝えたいことや、今後優先して行いたいことを書くと良いでしょう。

専門用語は使わない

ビジョンレポートはさまざまな人が見る可能性のあるものです。

専門用語を書いても理解してもらえる人ばかりではありません。

読む相手誰もが理解できる内容にすることがビジョンレポートには必要であり、分かりやすい文章で書くことを心がけてください。

受け身な姿勢では書かない

将来の展望を具体化し文章化するものですが、将来の展望を伝えることは「決意表明を行う」ということにも繋がります。

決意表明なのですから、他力本願な内容ではいけません

自分が示した内容について、そのビジョンを実現するために自ら積極的に努力することをアピールすることが大切なのです。

 

ワンポイント
各ポイントをしっかり確認し、相手に伝わりやすいビジョンレポートを作成しましょう。

昇進試験のためのビジョンレポートの書き方

腕組をする女性

ビジョンレポートを提出する場合の多くが昇進試験の際に提出することになります。

企業がどのような人材を求めているかについては、日常業務の中である程度は理解していると思います。

求める人材であることのアピールもとても重要になってくるでしょう。

そして、自分と企業の方向性がマッチしていることも重要な部分となるでしょう。

自分の示したビジョンと企業側が今後のビジョンとして掲げているものが違うこともあるかもしれません。

仕事を進めていく上で支障が出てしまうことも考えられます。

企業の状況を把握し、現在抱えている問題に目を向け、役職者の権限を利用することでどこまで問題などを解決できるか考えることが必要です。

それを踏まえて、昇格に足る能力を持っている人材であることを伝える内容を書きましょう。

 

いつでもビジョンレポートが書ける準備をしておこう

メモ

ビジョンレポートを書くことが必要になった際に、急に書き始めることは難しく、書く内容について悩んでしまうかもしれません。

昇進や派遣社員から正社員などを目指している場合などは、いつでもビジョンレポートを書ける状態にしておくと良いでしょう。

ビジョンレポートは必要な時だけ書くものではなく、面接時にはキャリアビジョンとして必要になってきます。

仕事をしていく上でも、ビジョンを持って仕事に取り組むことは必要です

一度ビジョンレポートのような将来の展望について考えおくことは大事です。

 

ワンポイント
日頃より将来の展望について考えることが、ビジョンレポート作成時に役立つでしょう。

ビジョンレポートの書き方に悩んだら転職エージェントに相談しよう

スーツ 女性

昇進、派遣社員から正社員、面接、ビジョンレポートを書くことになった時、きっと悩んでしまう事だと思います。

そのような時に相談をしてほしいのが転職エージェントです。

転職エージェントはビジョンレポート作成に関して専門的知識を有した担当者がおります。

分からないことなども、親身になってご相談を受けることができます

1人で悩んでいることも転職エージェントとに相談することできっと解決の糸口が見えるはずです。

ご相談は無料で行なえますので、相談することをおすすめします。

 
正社員への転職
【就職Shop】 はこちら
 

まとめ

女性

ビジョンレポートの書き方について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

ビジョンレポートを書く理由書き方のポイント注意点などもご紹介させていただきました。

昇進や派遣社員から正社員、転職など、企業と自分自身の今後の展望などについて書くビジョンレポートです。

まだビジョンレポートを書く予定がない人でも、企業内における自身の今後についての展望を考えることは無駄ではありません。

今後の展望について考えることによって、昇進や正社員の道も開けるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら