夫婦共働きの家庭も珍しくはなく、ワーママという言葉もすっかり定着してきたように思います。

ワーママといっても働き方は色々です。

ワーママとして働く場合、どのくらいの収入があるのでしょうか?

これからワーママとして働く人は気になる部分でしょう。

Contents

ワーママの平均年収はどのくらい?

書類を確認する女性

ワーママといっても、職業・就業形態、年齢によって年収もさまざまです

厚生労働省のデータによると、第一子を生んだママの年齢は25-29歳、30-34歳、35-39歳が多いようです。

ワーママの年収を知るために、20代後半から30代の女性の年収と、職業別年収についても注目してみました。

出典:厚生労働省 平成28年人口動態統計月報年計(概数)の概況

年齢別平均年収

年齢別に年収について、見てみることにしましょう。

  • 25-29歳    225万円
  • 30-34歳    243万円
  • 35-39歳    253万円

年齢が上がると年収も上がっているのが分かります。

50-54歳の時が最も高い年収となり、269万円になるそうです。

雇用形態別平均年収

年収は雇用形態によっても大きく変化します。

正社員と非正社員の平均年収についても見てみることにします。

正社員、正職員女性の平均年収

  • 25-29歳    231万円
  • 30-34歳    255万円
  • 35-39歳    268万円

非正規社員、非正職員女性の平均年収

  • 25-29歳    192万円
  • 30-34歳    196万円
  • 35-39歳    197万円

非正規社員の場合は200万円以下の場合が多いようです。

この調査は子供の有無が関係ない調査の結果となっています。

パートタイムで働くワーママなどは配偶者控除、扶養の範囲内で働いている人も多いので、このような結果になったのでしょう。

職業別平均年収

職業別の女性の平均年収についても確認してみましょう。

こちらは女性全体の年収となっていますので、25-39歳までのワーママ世代の金額とは異なるはずです。

  • 建設業            正社員・正職員    249万円 非正社員・非正職員    194万円
  • 製造業            正社員・正職員    234万円 非正社員・非正職員    166万円
  • 情報通信業     正社員・正職員    314万円 非正社員・非正職員    235万円
  • 運輸業・通信業    正社員・正職員    250万円 非正社員・非正職員    171万円
  • 卸売業・小売業    正社員・正職員    254万円 非正社員・非正職員    179万円
  • 金融業・保険業    正社員・正職員    282万円 非正社員・非正職員    205万円
  • 学術研究、専門・技術サービス     正社員・正職員    300万円 非正社員・非正職員    231万円
  • 宿泊・飲食サービス業    正社員・正職員    232万円    非正社員・非正職員    180万円
  • 教育・学習支援    正社員・正職員    317万円    非正社員・非正職員    221万円
  • 医療・福祉        正社員・正職員    265万円    非正社員・非正職員    192万円
  • サービス業        正社員・正職員    235万円    非正社員・非正職員    208万円

全体を見てみると、情報通信と教育・学習支援、学術研究、専門・技術サービス関係が他の業種より高いです。

建設業、サービス業、製造業などが低いことが分かります。

これは女性のみではなく、男性も同様です。

出典:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査

ワーママの妥当な年収

ワーママにとって妥当な年収はどのくらいなのでしょうか?

収入は高ければ高いほど嬉しいですが、現実的には高収入を求めることは難しいと考えているようです。

難しいと感じる理由は育児との両立で、育児を優先することは仕事をする時間を減らしてしまう事になります。

子供が小さいうちなどは、子供を優先にしたいと考える方が多いようです。

正社員・非正社員、それぞれの平均年収であれば満足だと思う声が多いようでした。

ワーママを取り巻く現在の社会

楽しく働く

ワーママが珍しい存在ではなくなりましたが、まだまだワーママが働くには厳しい世の中です。

ワ―ママは増えている

働く女性

ワーママにとって一つの壁となる小学校入学

小学校入学時に、学童保育を利用する家庭が増えているといいます。

とある小学校では新入学児童の半数以上が学童保育を利用することになり、既存の保育施設では預かりきれなくなったそうです。

学童保育は親が日中働いていて、下校後に子供達を預かる施設です。

学童保育の利用者が増えているということは、ワーママが増えてきているからだといえるでしょう。

ワーママが働けるための環境は広がりつつありますが、まだまだ環境が整ってはいないということが分かるエピソードですね。

子どもの年齢が上がると仕事を始める人が多い

母親と子供

出産、乳幼児の育児のために、一旦退職したものの、ある程度子供が成長し、手がかからなくなったりすると再び働く人が多いようです。

子供や自分自身にお金がかかってくることにより、働かなくてはいけない状況であることも理由です。

それ以外にも、子供に手がかからなくなってくると、急に社会から離れていることを実感してしまい、寂しさを感じたりします。

もう一度働くチャンスを得ることで、社会的に認められている実感を感じ、社会の一員であるという満足感を得ることができます。

 

ワンポイント
ワーママは増えているが、ワーママが働きやすい環境には程遠いといえます。

正社員と退職したママの生涯年収を計算する

計算機

ワーママと出産や育児のために専業主婦になったママ、それぞれの生涯年収には差があるのは理解できます。

実際にどのくらい差があるのでしょうか。

比較をしてみましょう。

正社員ワーママの生涯年収

ワーママとしての生涯年金の統計がないので女性の正規社員の生涯年収を見てみます。

フルタイム・正社員で60歳まで働き続けた場合 は 2億4,200万円の生涯年収となります。

時短などを利用していた場合はこれより少ない金額であると思って良いでしょう。

ちなみに正社員と非正社員の場合では1億2,400万円の違いが出るそうです。

年収でさえ74万円近くの差があるので、生涯年収に換算すれば大きく差が出てしまうのは仕方がありません。

できる限り正社員を続けたい気持ちが生まれます。

専業主婦になったママの生涯年収

正社員で働きたいと思っていても、家庭の事情によっては専業主婦にならざるを得ない場合もあります。

子供と向き合う時間を大切にしたいと思い、専業主婦になる方もいるでしょう。

何歳で専業主婦になるかも生涯年収の差を生むことになります。

30歳までに専業主婦になりその後全く仕事をしなかった場合であれば、先ほどご紹介した金額の1/3ほどの生涯年収になるでしょう。

子供との時間はお金では買えません。

たとえ収入が減ろうとも、それ以上のものを子供が与えてくれると思えば安いと考えることもできます。

時短とフルタイムの差は?

時計

ワーママが仕事をする場合に選択肢として挙げられることのある時短とフルタイム勤務ですが、年収としての差はどのくらいでしょうか?

時短・パートで働く場合の年収

時短勤務の勤務時間によっても年収は大きく変わりますが、ここでは1日5時間、月20日勤務として計算しております。

時給の平均は1,074円なので、年収は128万円となります。

時短勤務をされる方のほとんどが、夫の扶養の範囲内での勤務をしているので、128万円というのは適用範囲ギリギリの金額です。

年収の金額を調整しながら仕事をされているのだというのが分かります。

フルタイムで働く場合の年収

フルタイムのは収入制限などはもちろんありませんので、自由に働くことが可能です。

統計調査の平均が正社員で263万円非正社員では189万円です。

時短勤務とフルタイムでは130万円ほどの差があることが分かります。

非正社員と時短勤務の場合で60万円となるので、非正規社員の賃金の低さがとても気になります。

退職して専業主婦になったら年収ゼロ

考える女性の画像

子供のため、生活環境の変化のため、退職をせざるを得ない場合もあると思います。

子供と向き合う時間を大切にしてくこともとても良いです。

収入に不安がなければ自分の時間も持つことができるようになりますので、問題を感じることもありません。

ご紹介しましたデータを見てもお分かりになると思いますが、退職をしてしまうと当たり前ですが、退職日以降の収入はありません

とても悩む部分であると思います。

正社員ワーママと35歳で退職したママの生涯年収の差

女性

正社員ワーママと35歳で退職し専業主婦になった人の生涯年収の差はどのくらいになるでしょうか?

35歳であれば、60歳まで働けば残り25年、ちょうど働き始めの折り返し地点というところです。

専業主婦の生涯賃金について、おおまかに考えて1/2になると思っても良いでしょう。

 

ワンポイント
退職年齢によって、生涯年収の差は大きく変わることになります。

子育てと仕事を両立させる方法

抱っこ

収入だけの問題ではありませんが、やはり子育てと仕事を両立したいと考える人は多いはずです。

実際問題では両立することは難しいです。

子育てと仕事を両立させるために必要な事は何でしょうか?

周囲に協力を求めよう

パパ、そして同居している場合であれば同居する家族、全員が仕事をすることに対しての理解をしていなければ両立はとても難しいです。

協力を得なければ仕事を続けることはとても大変です。

子育てはママだけが行うものではないので、パパが率先して育児参加してくれると両立するのも楽になります。

協力してほしいけど言い出しにくいのも確かにあります。

伝えなければ大変さも理解してもらい事ができません。

両立させるには周囲の理解と協力が重要になります。

優先順位を考えよう

子育てと仕事を両立させるには優先順位を考えなくてはいけません

あれもこれもしなくては、そう思う気持ちも分かりますが、優先順位を考えて子育てと仕事に向き合うことも必要です。

優先順位を考えて、後回しにできることや他の人に任せることができるようなものは任せるようにしましょう

すべてを自分一人で抱えてしまっては、身体を壊してしまうことになりかねません。

考える女性

「〜すべき」と思わないようにしよう

「母親は子育てすべき」「仕事を優先すべき」

「~すべき」という言葉で自分を追い込んだりしていていないでしょうか?

確かにすべきことはたくさんあります。

子供はあなたがいなければ生きていけない存在ですが、それはパパでも同じです。

あなたを必要とする仕事があるはずですが、周りに協力を得ることもできるはずです。

自分を追い込まないようにして、子育てと仕事を両立していきたいですね。

 

ワンポイント
両立させるためには、周囲の理解と協力がなくては成り立ちません。
お願いすることは悪いことではないのです。

年収アップさせるためにできること

指導する女性

ワーママが年収アップするために必要なことは、子育てに対する協力が重要になってきます。

女性の場合は結婚や夫の転勤などで転居の可能性、出産や育児による長期間の休暇の取得などの生活環境の変化が生じます。

それによって収入アップしづらいですが、周りの協力を得て、長期間の休暇や時短勤務などを少しでも減らしたりすることも可能です。

3歳に満たない子供を養育する労働者が時短勤務できる育児時短制度など、子育てと仕事を両立できる制度などもあります。

それらを利用して少しではあるかもしれませんが、年収アップに繋げていくようにしましょう。

 

ワンポイント
周囲の協力、制度などを利用して、仕事をする時間を少しでも増やしてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

話し合い

ワーママが育児と仕事を両立させることはとても難しいと思います。

両立させていても、色々な問題が起きるでしょう。

キャリアチェンジも考えるかもしれません。

その時にはぜひ「転職エージェント」にご相談してみてはいかかでしょうか?

キャリアチェンジに関してのプロがあなたの悩みに合った仕事の仕方の提案であったり、企業をご紹介することも可能です。

1人で悩んでいるのであれば、現在の悩みをご相談してみましょう。

子育てと仕事の両立を可能にする答えがきっとみつかります。

まとめ

笑顔の女性

ワーママの年収についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

正社員でい続けた場合の生涯年収についてや、女性が子育てと仕事を両立させるポイントも紹介しました。

子育てを仕事を両立することは大変ですが、働く母親の背中を見て子供達は尊敬や憧れ、自慢のママと思ってくれているはずです。

これからも自慢のママとして働くために「転職エージェント」などを利用して、働き続けられるような環境作りをしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら