金融業界で働くにはどのように自分をアピールすればよいのでしょうか。

採用担当者に好印象を与えるためにも中身が濃い志望動機を書くことがポイントです。

そこでこの記事では、金融事務の志望動機の書き方や注意すべき点を金融業界の特性を踏まえてご紹介します。

金融事務の志望動機の書き方

相談

転職活動でカギを握るのは志望動機です。

転職したい理由やあなたの強みを踏まえつつ応募する企業や業界に合わせて書くことがポイント。

また、あなたの経験やスキルが求人内容に合致していることを表現することも重要です。

金融業界に求められる特有の適正に自分が合っていることを伝えるようにします。

では金融事務とはどのような企業でどのような仕事をするのか見ていきましょう。

金融事務として働ける企業は?

案内

金融事務は一般事務や営業事務とは異なる専門性を持った事務職です。

お金を扱う職種なので仕事に対する正確性を持ち合わせていれば未経験でも採用される可能性は十分にあります。

金融事務として働ける企業として考えられるのは銀行・証券会社・保険会社

それぞれの特徴と金融事務の業務内容を見ていきましょう。

銀行

銀行には大手銀行や特定の地域に根差した地方銀行、顧客の資産である不動産や株券などを管理する信託銀行があります。

銀行での業務は顧客に直接対応する窓口業務とその後方で事務処理をする業務の2つがメインです。

電話やメール対応・ファイリング・伝票処理・顧客情報の管理・データ入力などは一般事務と同じ。

一方で口座の開設や解約・入出金の手続き・為替などに関することは金融事務特有の業務といえます。

証券会社

人差し指を立てる女性

証券会社は株式の売買を仲介することによって得る手数料が収益の軸です。

ネット証券は売買手数料が安く抑えられ、証券会社は顧客の資産運用のためさまざまな商品を開発して営業を行っています。

証券会社での業務は営業やアナリストのアシスタント的要素が多いことが特徴です。

一方で事務作業として電話やメール応対・伝票整理・データ入力は事務職に求められます。

また、証券会社が扱う商品の理解が求められるのも特徴の1つです。

保険会社

保険には生命保険や火災保険などさまざまな商品があります。

取り扱う商品によって人に対する保険は生命保険会社、物に対する保険は損害保険会社と分類できるのです。

保険申込書の受領から各種書類のチェック・データ入力・ファイリング・保険請求の手続きなど迅速に行う必要があります。

また保険商品の理解も欠かせないので新しいことを積極的に勉強する気持ちが大切です。

入社前に資格を取ったり特別な勉強をしたりする必要はありません。

金融業界の基本的な知識や一般常識的な金融の知識は押さえておくといいでしょう。

 

ワンポイント
金融事務として働ける企業は銀行・証券会社・保険会社!

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

金融事務に活かせる経験やスキル

ノートパソコンを操作する女性

金融事務として働くために活かすことができる経験やスキルをご紹介します。

あらかじめ確認しておくことで採用担当者に好印象を与える志望動機を書きましょう。

接客経験

接客経験があれば窓口業務で有利になります。

銀行・証券会社・保険会社いずれも窓口業務は重要な仕事です。

会社の顔なのでコミュニケーション能力の高さや明るさが求められます。

窓口業務を希望する場合は顧客に対してホスピタリティーを持って接することができるということを伝えましょう。

PC操作スキル

電話

次のソフトを使えるとアピールポイントになります。

  • エクセル
  • アクセス
  • パワーポイント
  • ワード

金融業界は数字を多用する業界なのでエクセルのスキルは必須です。

基本的な関数やピボットテーブルは使えるようにしておいたほうがよいでしょう。

会社によっては扱うデータの個数が多くなりエクセルでは手に負えなくなってきます。

その際に使われるのがアクセスです。

アクセスが使える人は少ないのでスキルを習得しておくだけで価値があります。

もし使いこなせればデータ処理が業務の主軸であるような部署では重宝されるでしょう。

また、プレゼン資料作成のためパワーポイントを使えることも大切です。

特に証券会社や保険会社でプレゼン資料の作成を頼まれることがあります。

パワーポイントは鮮やかに表現する機能が充実しているので使いこなすことは難しいかもしれません。

会社の規定に沿って色やロゴなどを統一し、使い方のコツを覚えて見やすい資料を作成できるようにしましょう。

ワードは契約書やレターなどテンプレートがなくても自分で最初から作ることができる知識は持っておきたいところ。

フォントだけでなく行間やインデント・段落・余白など書類の体裁を整えられるようにしましょう。

白紙からきれいな文書を作成できれば評価も高くなること間違いありません。

これらのソフトは練習すればだれでも使いこなすことができるようになります。

知っているか知らないかという知識の問題なのでまずは操作に慣れることから始めてみましょう。

学んだことは必ず転職の際に役立つ大切な財産になります。

金融事務の志望動機を書く時のポイント

営業

金融事務の志望動機を書く時いくつか大切なポイントがあります。

金融業界で仕事をするので金融に対する興味は記載したほうがいいでしょう。

また、働くならどこでもいいという解釈されないよう企業に対する熱意をアピールすることも大切です。

以上を踏まえて金融事務の志望動機を書く時のポイントを2つ見ていきましょう。

なぜその企業なのかを明記

志望動機を書く上でなぜその企業に入社したいのかという理由は大切です。

採用担当者はあなたがその会社を選んだきっかけに注目しています。

同じ業種に多数の企業がある中でその企業に応募した理由は候補者の意気込みを見せるところ。

ただし熱意を伝えたいからとはいえむやみやたらに応募する会社を褒めたり、表面的に繕ったりするのは避けましょう。

自分の気持ちを真っ直ぐに表すつもりでその企業を選んだ理由を述べてください。

入社後にどう貢献できるか

女性

採用担当者はあなたが会社に貢献してくれるかどうかを非常に重視しています。

そのため志望動機には金融事務の経験があれば必ず書きましょう。

経験があることをアピールできれば評価が高くなることが期待できます。

仮に未経験からの挑戦だとしてもあなたのスキルをアピールすることがポイント。

会社に求められている人物像とマッチしており仕事に適性があることを伝えましょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く時はその企業を選んだ理由と入社後に貢献できることをアピールしよう!

金融事務の志望動機を書く時の注意点

ポイント

志望動機には必ず経験とスキルを書きましょう。

金融事務に適性があることをアピールすることが大切です。

それにくわえ応募企業の魅力やなぜその会社で働きたいと思ったのか伝えることもポイントです。

未経験の場合はスキルや学習意欲があることを書きましょう。

採用担当者は候補者と求人ポジションのマッチングを基準に志望動機を読んでいます。

そのポジションに合った経験を持っているか、業務をこなせるだけのスキルがあるのかチェックしているのです。

あなたは本当にこの会社で働きたいと思っているのか重要視しているということも頭に入れておきましょう。

金融事務の志望動機の例文

オフィスで腰に手を当てる女性

金融事務の志望動機の例文を3つご紹介します。

志望動機を書く時の参考にしてください。

銀行から証券会社に転職する場合

銀行員として5年間勤めてまいりまして事務職を一通り経験することができました。

その中で、お客様の資産をお預かりするだけでなく運用して喜んでいただけるかという分野に興味を抱くようになりました。

貴社の求人を拝見してこのような仕事をお任せいただけたら、これまでの銀行員の経験を活かすことができます。

また新しい知識や経験を得ることができる機会だと思い転職を決意いたしました。

是非私の経験や能力を使って貴社に貢献したいと考えております。

経験はあるがブランクがある場合

大学卒業後に新卒で地方銀行に入行いたしまして、研修を経てから窓口業務に3年間従事いたしました。

窓口でお客様に直接対応する仕事は充実していましたが、結婚のため退職。

出産後派遣社員として5年ほど一般事務の仕事に就き働いてまいりました。

この度貴行の求人を拝見し、もう一度銀行員として働きたいと転職を決意いたしました。

お客様の大事なお金をお預かりする仕事には信用が大変重要でやりがいがあります。

貴行の長年の実績は顧客に信頼されている証だと思います。

銀行での経験も一般事務での経験も活かして是非貴行の一員として貢献させていただきたいと思います。

金融事務の経験はないが一般事務の経験はある場合

これまで主にメーカーで一般事務に従事しておりました。

一般事務では大量のデータを短時間で処理しなければならないなど事務処理能力が求められました。

そのため、作業効率を良くする工夫をしミスがないように成果物を作成することができるようになったのです。

一般事務で身につけた事務処理のスキルは必ず貴社の業務でも活かすことができると思います。

また、金融に関する新しい知識を学び仕事に取り組んでいきたいと考えています。

志望動機NG例文

女性,スーツ,×

続いて志望動機のNG例をご紹介します。

採用担当者にマイナスの印象を与えてしまわないよう注意しましょう。

一般情報は不必要

私は経済に興味があり、大学でも経済学部で世界経済を勉強してきました。

お金がどのように循環してどのような影響を世界にもたらすのかということは実生活に密着した問題でもあります。

金融業界でも有数のトップ企業である貴社で勉強して証券マンの実力をつけたいです。

商社で働いたことがあるので、貴社の求められている業務をきちんと行うことができると思います。

スキルがわかりにくい

5年間ネット販売のコールセンターに勤めておりました。

顧客対応から管理までお客様の立場に立った対応を心掛けることができたと自負じております。

もともと金融業界で働きたいと考えていましたので、今回貴社の求人をみつけて転職することにしました。

大学でも経済を勉強したことがあるので貴社の業務に貢献できるはずです。

顧客対応で身につけたコミュニケーション能力や事務処理能力を活かして働きたいと思います。

NG例の改善すべきこと

志望動機ではあなたの熱意やスキル、仕事に対する適性をアピールすることが重要です。

志望動機に一般的な内容を書く必要はありません。

採用担当者は候補者の具体的な経験を知りたいと考えています。

これまで得たスキルや経験をどのように活かすことができるのか書きましょう。

具体性がないと採用担当者の印象に残るのは難しいのです。

 

ワンポイント
志望動機は具体的な経験やスキルを書いてアピールしよう!

金融事務の志望動機が上手く書けない場合は?

ポイント

何から書いたらいいのかわからない場合は頭を整理するためあなたがその仕事に魅力を感じる点を箇条書きにしましょう。

単語でもいいのでいくつか挙げてリストにします。

それからこれまでの経験や自分ができることも箇条書きにしてみましょう。

この箇条書きを基にして文章の流れが矛盾しないよう自分が志望する理由を文章にしてみてください。

それでも上手く書けない場合はもう一度自己分析をしてみましょう。

改めて自分を見直すことであなたが気づかなかった本来の強みが見つかるかもしれません。

自己分析を丁寧に行うことが志望動機を上手に書くポイントです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

3人の女性

転職の悩みは1人で抱えず転職エージェントに相談してください。

金融業界に転職するべきなのか、その仕事が自分に向いているのかなど転職には悩みがつきものです。

第三者の視点で自分の経歴やスキル、適正を判断してもらうと新たな発見があるものです。

さらに転職エージェントはプロフェッショナルなので多角的にアドバイスを受けることができます。

一般には公開されていない求人案件も持っているのであなたに合った転職先が見つかることにもつながるでしょう。

 

ワンポイント
転職エージェントはあなたの転職活動をサポートしてくれる!

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

女性

志望動機ではこれまでの経験や身につけたスキルが求人ポジションで活かされるということをアピールしましょう。

その上でなぜその会社を選んだのか説明することが大切です。

金融業界で働くことは仕事の内容面でも収入面でもとても充実しています。

金融業界はあなたのキャリアプランにあった働き方を選ぶことのできる非常に魅力的な業界です。

転職エージェントを上手く活用して理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら