出版業界では女性が活躍するケースも多くあります。出版業界への転職を考えている方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では出版業界に転職を希望される方のためにどのような人材が求められているかを解説します。

出版業界の将来性や出版業界の仕事ごとに求められる人材を紹介しますので参考にしてください。

出版業界が求める人材を転職エージェントが解説

会議

出版業界では企画編集や営業・製作管理など多くの職種があります。

それぞれの部門で求められる人材も変わってきますので自分が希望する部門がどのような場所であるのかを知っておくと良いでしょう。

求める人材が分かれば自分の能力が活かせるかどうかの判断基準にもなります。

出版業界の仕事は3つに分けられる

本

出版業界に転職する際に各部門の仕事内容を知っておくと良いでしょう。

転職の面接で的確な受け答えをするためにも出版業界の仕事を確認してください。

出版業界の仕事は大きく「営業部門」「企画編集」「制作管理」の3つに分けられます。

それぞれの仕事内容について紹介しますのでチェックしましょう。

営業部門

営業

出版業界の営業部門の仕事内容は以下のように大きく2つに分けられます。

  • 広告営業
  • 書店営業

「広告営業」は様々な企業を訪問して雑誌に載せる広告のスポンサーを探す業務です。

「書店営業」は書店や取り次店を訪問して自分の出版社の出版物をなるべく多く注文してもらえるように交渉します。

出版物の表紙が書店の客に良く見えるような場所に置いてもらうように交渉することも大事な仕事です。

また著者のサイン会などを企画して提案する仕事などもあります。

企画編集

企画

出版業界の企画編集は出版物の内容を決める重要な仕事です。

テーマに沿った企画を立案し入稿までのスケジュールを管理します。

ライターやイラストレーターなどクリエーターに発注を行い入稿するまで品質管理をすることも業務に含まれるでしょう。

表紙やカバーのデザイン・装丁者の選定と依頼などの仕事もあります。

制作管理

スケジュール

制作管理は揃った原稿を世に出すまでの全行程を管理する仕事です。

出版物の刊行スケジュール管理や印刷所や製本会社との価格の交渉・発注・値段を決める仕事などもあります。

印刷所から初校や再校のゲラが送られて来たら校正をするという業務もあるでしょう。

本が出版されるまでには多くの制作工程があります。それらの制作を管理する仕事はとても重要です。

出版業界の営業部門に求められる人材

女性

営業部門に求められる人材を紹介します。

営業部門の仕事には広告営業や書店営業が考えられるでしょう。場合によっては外回りをいくつもこなさなければなりません。

自分が営業で活躍できるかどうかの指針にもなりますので企業が求める人材を確認しましょう。

粘り強さがある

営業

営業部門に求められる人材の特徴として「粘り強さがあること」は重要です。

営業部門では企業を訪問して広告のスポンサーを探したり書店を訪問して本の発注を促したりすることになります。

このような営業はあっさりうまく行くことばかりではありません。

書店が扱う出版社は多いため常に自社の出版物を選んでもらえるわけではないでしょう。

そのため営業部門では何度も企業を訪れる粘り強さを求められます。

人当たりが良い

笑顔

営業部門に求められる人材の特徴として「人当たりが良いこと」も挙げられます。

営業は人とコミュニケーションをとることが重要な仕事です。

人と交渉する場合には相手に良い印象を与える「人当たりの良さ」が重要になるでしょう。

高圧的な態度や嫌な態度では相手に与える印象は良くありません。一方で人当たりが良いと良い印象を持ってもらえます。

交渉や取引は良い印象を持ってもらうことが鍵になるでしょう。人当たりが良いことは営業にとって大切なポイントです。

精神力・体力に自信がある

女性

営業部門に求められる人材の特性として「精神力・体力に自信があること」も挙げられます。

営業の仕事は一度でうまくいくことはあまり多くはありません。

何度も繰り返し足を運んで営業に行くこともあるでしょう。

何度断られても笑顔で人当たり良く営業に行くためには並々ならぬ精神力が必要になります。

企業や書店などに繰り返し足を運ぶためには体力も必要になるでしょう。

 

ワンポイント
出版業界の営業部門に求められる人材
・何度も営業先に足を運べる粘り強さ
・交渉の際に良い印象を与える人当たりの良さ
・繰り返し交渉できる精神力や体力

出版業界の企画編集に求められる人材

ポイント

出版業界の企画編集に求められる人材を紹介します。

企画編集の仕事は出版物のコンテンツ全体に関わる重要な仕事です。

  • 企画を立てる仕事
  • 著者の選定と交渉
  • 出来上がった原稿のチェック

上記のような多彩な仕事をこなさなければなりません。

企画編集に求められる人材を知ることにより自分の能力を活かせるかどうか分かるでしょう。

国語力がある

本を読む

企画編集に求められる人材のひとつに「国語力があること」が挙げられます。

出版業界の企画編集業務において「国語力」は重要な能力です。

雑誌や書籍のコンテンツには文章が欠かせません。どのような表現が適切か企画する段階から判断するためには国語力が必要です。

ライターに依頼した文章が適切かどうかの判断も国語力がなければ正しく行うことができないでしょう。

流行に敏感

読書

「流行に敏感であること」も企画編集に求められる人材の特徴です。

「今何が流行しているのか」「次に何が流行するのか」は雑誌や書籍を企画する際にとても重要な情報になります。

流行に敏感であればユーザーが何を求めているのかも推測できるでしょう。

求められている情報やコンテンツを発信できると売上にも繋がります。

コミュニケーションスキルが高い

話し合い

「コミュニケーションスキルが高いこと」も企画編集に求められる人材の特徴です。

企画編集はライターやイラストレーターの選定・執筆の交渉などの仕事があります。

ライターやイラストレーターと交渉したり雑誌の内容に沿った記事を書いてもらったりするためには信頼関係を築くことが重要です。

コミュニケーションスキルが高い人材が企画編集に求められるといえるでしょう。

ソーシャルメディアの知識がある

スマホ

企画編集に求められる人材の特徴として「ソーシャルメディアの知識があること」も必要です。

インターネットを介して情報を発信するソーシャルメディアは相互コミュニケーションの手段として発達しました。

出版業界でもソーシャルメディアを活用する動きは活発です。

新しい情報・流行を発信する出版業界ではソーシャルメディアの知識も必要になります。

 

ワンポイント
出版業界の企画編集に求められる人材は誌面の出来栄えを左右する国語力や最新の知識・情報です。

出版業界の制作管理に求められる人材

読書

制作管理の仕事は原稿が出来上がったあと書籍に仕上げる全工程を管理することでした。

  • 出版物の刊行スケジュールの決定
  • 印刷所や製本会社との価格の交渉や発注
  • 出版物の値段の決定
  • カバーや表紙のデザインの決定
  • ゲラの校正と著者校正の依頼

上記のような業務を行う上で求められる人材を解説しますので参考にしてください。

マネジメント能力がある

電話

制作管理に求められる人材の特徴として「マネジメント能力があること」が挙げられます。

制作管理の業務は出版物を創り出す全工程を管理することです。

多くの工程に目を配り円滑に進行するように働きかける能力が必要になります。

数字の管理能力がある

制作管理では「数字の管理能力があること」も求められます。

印刷所や製本会社との価格の交渉の業務では数字の管理能力が必要になるでしょう。

出版物の価格を決める仕事も原価計算や売れ行き予測などの数字管理能力が要求されます。

交渉能力がある

社内

制作管理に求められる人材の特徴として「交渉能力がある」ことも挙げられます。

制作管理の業務の中にはさまざまな交渉の場面があるでしょう。

印刷所や製本会社との価格の交渉はもちろんのこと装丁やデザインについてデザイナーとの交渉もあります。

交渉能力があると交渉がスムーズに進みますので交渉の経験やスキルがある場合は積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
出版業界の制作管理に求められる人材
・進行管理ができるマネジメント能力
・価格を決定できる数字の管理能力
・クリエーターとの交渉能力

出版業界の将来性は?

本

出版業界の現状について市場規模は徐々に縮小する傾向にあるといわれています。

出版業界の市場規模の縮小の原因は紙媒体の書籍や雑誌が売れなくなっているためと考えられているようです。

しかし出版業界では紙媒体とは別の新たな市場を模索しています。

電子書籍やオーディオブックの出版・オンデマンド出版などが普及し始めているといえるでしょう。

インターネットの普及とともに電子書籍の規模は拡大しています。

出版業界の将来性については新たな市場を模索して情報の発信を続けることになるといえるかもしれません。

応募先の求める人材を把握するためにできること

ポイント

応募する出版社がどんな人材を求めているかを把握するにはどうしたら良いのか疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

求める人材が把握できなければアピールの方法も決めることができないでしょう。

「出版業界の求める人材の特徴」が実際の応募先の企業に当てはまるとは限りません。

そのため出版業界へ転職を考えた時には必ず応募先の企業の情報を収集しましょう。

公式のホームページを見てみるのも良いかもしれません。

もし情報収集に不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。転職エージェントは転職に関する豊富な情報を保有しています。

転職エージェントとともに応募先の企業の情報を集めてどのような人材が求められているか確認しましょう。

 

ワンポイント
応募先の求める人材を把握するために事前に情報を収集しよう。

出版業界が求める人材としてアピールするためには

ポイント

出版業界が求める人材としてアピールするために何をすればよいのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

自分が出版業界で活躍できる人材であるとアピールできる場所として履歴書の「志望動機」があります。

志望動機では応募先の求める人物像にマッチした情報を伝えましょう。

どんなに素晴らしい志望動機でも応募先の企業が求める人物像でなければ意味がありません。

面接においても応募先の企業が求める人材だという点を重視してアピールしていきましょう。

もしどのようなスキルがアピールポイントに繋がるのかわからない場合は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロがアピールポイントについてのアドバイスを行います。

転職相談は転職エージェントを利用しよう

オッケー

転職についての相談は転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。

転職エージェントは無料で転職についての相談を受け付けています。

転職のプロとして転職のノウハウや豊富な知識を蓄えていますので不安や疑問を解消することができるでしょう。

出版業界についての疑問や業界の求める人物像・希望する企業の情報など多くのアドバイスを受けることができます。

また転職エージェントは一般に公開された求人情報とは別に「非公開求人」という情報を持っていることも特徴です。

出版業界といっても自分の希望する条件にあてはまる企業がなければ意味がありません。

転職エージェントなら多くの情報の中から自分の希望する条件の求人を紹介してくれるでしょう。

まとめ

読書

出版業界では紙媒体市場が徐々に縮小している傾向にありました。

ところがインターネットが発展していく中でデジタル出版やオンデマンド出版など様々な出版方法が注目を浴びるようになってきています。

出版業界に求められる人物像は職種によっても違います。

営業では粘り強い精神力や体力が求められるでしょう。

出版物の内容を左右する企画編集では国語力やコミュニケーション能力も重要です。

制作管理にはマネジメント能力や交渉能力を求められることが多くあります。

希望する業務を考えながら自分が求められている人材かどうか考えてみてください。

もし応募先の企業が求める人材がわからない場合は転職エージェントにご相談ください。

どのようにアピールすれば良いかなども含めてアドバイスを受けることができるでしょう。

転職の不安を解消して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら