雑誌や本が好きな女性にとって編集者は魅力的な仕事ではないでしょうか。

自分が編集者になったらこんな雑誌を作りたいなど夢が広がりますね。

今回は編集者の転職を成功に導く志望動機の考え方についてご紹介します。

編集者の志望動機の考え方

考え事をする女性

転職活動を成功に導くための重要なステップに書類選考があります。

まずは希望する企業に履歴書や職務経歴書を提出するところから始まるでしょう。

多くの場合、書類選考を通過すると面接に進むことができます。

そのためいかに採用担当者に好印象を与える応募書類を作成するかが転職成功のカギとなるのです。

中でも志望動機はしっかりと準備しなければいけない一方で「どう書けばいいの?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

採用担当者に志望動機が伝われば「この応募者に会いたい」「面接で話を聞きたい」と思ってもらうことができます。

志望動機はそれだけ大切なものだということを意識して書いていきましょう。

今回はそんな編集者の志望動機の考え方や書く時のポイントを詳しく解説していきます。

志望動機の例文や面接で聞かれることもご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

編集者の志望動機を書く時のポイント

人差し指で上を指す女性

編集者の志望動機を書く時のポイントをご紹介します。

応募する企業に入社したらどのような働きをするかをイメージして書きましょう。

仕事への熱意

ガッツポーズする女性

編集者の志望動機では仕事への熱意をしっかりと伝えることが大切です。

どのような職種であっても仕事への熱意がなければ続けることができません。

編集者は企画立案・ライターとの調整・編集・校正など業務内容が多岐にわたります。

さらに締め切りがある仕事なので時間に追われる可能性もあるでしょう。

そんな時に仕事への熱意があれば編集者としての糧になります。

「いい雑誌を作りたい」「読者にいい本を届けたい」そんな熱意が編集者には必要です。

志望動機の中で仕事への熱意を伝えることができれば採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

入社後にどうなりたいか

転職活動で大切なことは入社後にどうなりたいかというイメージです。

イメージを自分自身で持つことも大切ですが相手に伝えることも意識しましょう。

採用担当者が「入社したらこういう活躍ができそう」「この仕事を任せたい」とイメージできると印象がグッと上がります。

志望動機を書く時は入社後に自分がどうなりたいのかをしっかりと伝えてください。

編集者の志望動機でアピールすべきこと

OKサインを出す女性

志望動機を書く時には自分をアピールすることが大切です。

そのアピールをどうすればいいか分からず悩むという女性も多いのではないでしょうか。

志望動機はその職種に合わせたアピールが必要なのでここで解説します。

好奇心が旺盛なこと

編集者の志望動機では好奇心が旺盛なことをアピールするといいでしょう。

どのような職種でも「仕事を極めたい」「もっと学びたい」という気持ちは大切です。

編集者の仕事は多くの読者に情報を届けなければなりません。

そのためには自分自身が様々なことに興味を持つ必要があります。

好奇心が旺盛だと編集者に向いているということをアピールできるのです。

チャレンジ精神があること

チャレンジ精神があることは編集者の転職でアピールポイントになるでしょう。

読者が求める雑誌や本は時代とともに変化していきます。

つまりこれまでと同じ内容・同じやり方では時代遅れになってしまう可能性があるのです。

そのため編集者は新しいことに挑戦していくチェレンジ精神が求められるでしょう。

例えば雑誌の付録を思い浮かべてみてください。

女性誌の付録でバッグ・財布・化粧品・ポーチなど魅力的なものが登場してきました。

また雑誌の特集内容も常に同じものでは読者が飽きてしまうので工夫が必要です。

編集者にチェレンジ精神があれば「あれはどうかな?」「これやってみよう」と挑戦することができます。

それが読者にとって魅力的な雑誌や本に繋がるでしょう。

雑誌や本が好きなこと

本を読む女性

編集者の志望動機では雑誌や本が好きだというアピールは外さないようにしてください。

どのような仕事でも「好き」という気持ちは良いものを作り上げる糧になります。

そもそも雑誌や本が好きでなければ「読者が読みたいもの」を作ることはできないでしょう。

自分が好きな雑誌や本のジャンル・内容について明確にしておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
編集者の志望動機では好奇心・チャレンジ精神だけでなく雑誌や本が好きなことをアピールしよう。

編集者の志望動機を書く時の注意点

注意喚起する女性

志望動機を書く時にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

ここでは編集者の志望動機を書く時に気をつけるべきことを解説します。

まずどのような職種であっても志望動機で押さえておきたいことがあります。

  • なぜその職種を志望するのか
  • なぜその企業なのか
  • 入社したらどのような貢献ができるか

どの職種でも共通しているのがこの3点です。

これらを明確にすることで採用担当者に志望度が伝わりやすくなるでしょう。

次にご紹介するのは他の職種でもいえることですが編集者は特に注意しておきたいことです。

  • 誤字脱字がないか
  • 分かりやすい文章になっているか
  • 応募する出版社に合った内容か

編集者はライターが書いた文章の編集や校正を行います。

そのため誤字脱字があっては編集者としての資質が問われてしまう可能性があるのです。

志望動機を書いたら誤字脱字がないか、分かりやすい文章か入念に確認しましょう。

しかし自分で書いた文章をチェックしてもなかなか間違いに気づけないこともあります。

そういう場合は第3者に確認してもらうのがおすすめです。

また出版社によって雑誌や本の特色があることも気をつけたいですね。

志望する出版社に合った内容になっているかを確認しておきましょう。

 

ワンポイント
編集者の志望動機は特に誤字脱字・文章の分かりやすさに気をつけて書こう。

編集者の志望動機の例文をチェック

ポイントを示すパソコンを持った女性

ここまでは編集者の志望動機のポイントや注意点をご紹介しました。

それらを踏まえて編集者の志望動機の例文を見ていきましょう。

これまでの経験をアピールした志望動機

「私はこれまでフリーのライターとして活動してきました。

今回編集者を志望した理由は執筆だけでなく企画に関わりたいと思ったからです。

ライターとして仕事をする中で編集者と関わる機会が多くありました。

そこで編集者がどのように企画や実行をしているのか興味を持つようになったのです。

御社では積極的に新しい風を取り入れる社風だと伺い魅力を感じました。

これまでの経験からライター目線の企画ができると思っています。

また編集や校正作業でもライター経験を活かして御社に貢献したいです」

応募する出版社の本が好きな場合

「私が御社を志望した理由は御社が出版する本が好きだからです。

子どもの頃から本が好きで小説やエッセイをよく読んでいました。

大学卒業後は事務職についており御社の実用書を読み参考にしております。

御社が出版する本は読者が求める内容が多く含まれており助けられたことも多いです。

そんな中で子どもの頃から好きだった本に関わる仕事がしたいと思うようになり編集者を志望しました。

これまで小説・エッセイ・実用書など200冊以上読んだ経験を活かして御社に貢献したいです」

出版社のビジョンに共感して志望する場合

「私が御社を志望した理由はビジョンに共感したからです。

御社は早い時期から紙媒体だけでなく電子書籍に力を入れていると伺いました。

また近年若者の本離れが進んでいることからWebサイトを介した発信を積極的に行っているところに魅力を感じます。

紙媒体・Web媒体のどちらの方法でも御社で時代に合った情報発信をしていきたいと思います。」

編集者の志望動機のNG例

バツマークをもつ女性

次に編集者の志望動機のNG例をご紹介します。

先ほどお伝えした例文や注意点などと比較しながらチェックしてみましょう。

最後に改善点を解説するのでぜひ読み進めてくださいね。

志望動機が伝わりにくい

「私は未経験ですが雑誌が好きなので御社を志望しました。

これまで販売職をしてきたのでコミュニケーション能力を活かして頑張ります」

「どこでもいいのでは?」と思われる内容

「私が編集者になりたいのは本の制作に関わりたいからです。

御社に入社したらチームで協力していい本を作っていきたいと思います」

NG例の改善点

納得する女性

先ほどお伝えしたNG例はどういった点を改善すればいいのでしょうか。

志望動機を書く時に大切なことを振り返ってみましょう。

  • その企業がいいという思いを伝える
  • 企業研究をする
  • 内容は具体的にする

NG例を見ていくとこれらの点が欠けているのが分かりますね。

なぜその企業がいいのか明確に伝えるためには企業研究が必要です。

応募する出版社の本や雑誌を読んで特徴をつかむのもいいでしょう。

志望動機は具体的な内容にすることで採用担当者の印象に残ります。

編集者の転職面接対策

面接の様子

書類選考を通過したらその次は面接対策が必要になります。

編集者の面接でも志望動機を聞かれることが多いので答えられるように準備しておきましょう。

ここで注意しておきたいのが応募書類と面接時の回答に矛盾がないようにすることです。

もし回答に矛盾があると「どちらが本当のこと?」と不信感に繋がる可能性があるからです。

提出する履歴書や職務経歴書はあらかじめコピーしておき面接対策に活用するといいでしょう。

編集者の仕事はコミュニケーション能力が求められます。

そのため面接でも編集者として必要なコミュニケーション能力が身に付いているかチェックされていると思ってください。

また面接の質問では近年需要が高まっている電子書籍やWeb媒体について聞かれることもあるでしょう。

最近の出版業界の動向について調べておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
編集者の面接対策は出版業界の動向を知り応募書類と矛盾がないように準備しておこう。

 

編集者の転職面接でよく聞かれる質問

面接官

編集者の面接ではその仕事ならではの質問があります。

ここでは編集者の面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

「最近読んだ雑誌(本)は?」

編集者の面接では最近読んだ雑誌や本について質問されることが多いです。

出版社への転職を希望しているのに「最近は読んでいません」という回答にならないように気をつけてください。

特に志望する出版社が制作した雑誌や本を読んでおくといいでしょう。

この質問への回答のポイントはこちらです。

  • 最近読んだ雑誌(本)の好きなところ
  • その雑誌(本)を読んでどう感じたか
  • 編集者としてどのような雑誌(本)を作りたいか

この質問では最近読んだ雑誌や本の名前だけでなく踏み込んだ回答が求められます。

自分がどのような雑誌や本を作りたいのかという回答に繋げられるといいでしょう。

「あなたの強みは?」

転職の面接でよくある質問の1つが「あなたの強みは?」です。

編集者の面接でも聞かれることが多いでしょう。

この質問の回答には編集者に必要なスキルを交えてアピールすることをおすすめします。

  • 文章を書くことが好き
  • 集中力が高い
  • スケジュール管理が得意
  • 新しいことを考えるのが好き

例えば上記のようなことは編集者に求められるスキルです。

編集者にとってプラスになるような強みを持っていれば積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
編集者の転職面接でよく聞かれることは事前に回答を考えて準備しよう。

転職に悩んだら転職エージェントに相談しよう

案内する女性

雑誌や本が好きな人にとって編集者は魅力的な仕事です。

そんな編集者の転職を成功させるためにはまず書類選考を通過しなければなりません。

そこで重要なのが採用担当者に好印象を与える志望動機を書くことです。

しかし好印象を与える志望動機をどう書けばいいかわからず悩む女性も多いのではないでしょうか。

転職活動で不安や悩みがあれば転職相談に登録しましょう。

転職エージェントが志望動機の書き方や面接対策などをサポートします。

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回は編集者の志望動機の考え方について解説しました。

志望動機は採用担当者にあなたのことをアピールするチャンスです。

書類選考を通過するためにもポイントを押さえて魅力的な志望動機を書いてください。

編集者にとって文章を書いて伝えることは大切なことです。

相手に伝わる内容で、誤字脱字がないことをしっかりと確認しましょう。

転職活動で不安なことがあれば転職エージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら