シナリオライターはクリエティブな職種の中でも人気のある職種です。

未経験から目指そうと考えている人も多いことでしょう。

今回はシナリオライターを未経験から目指す方法を解説します。

Contents

未経験からシナリオライターを目指す方法を解説

ポイント

未経験の方が目指す方法として一番推奨されるのは、専門のシナリオスクールに入る事です。

ですが当然スクールに入るという事は、今まで以上にお金も時間も必要になってきます。

そして転職となれば、今の仕事をしつつスクールに通うという精神的にも肉体的にも負荷がかかる時期に突入する事になります。

しかしシナリオスクールには、一流の講師の方がおられますので、シナリオの基礎をしっかり教えてくれます。

間違いなく独学で学ぶよりも効率が良いです。

そして何よりも、同じ道を目指している仲間との出会いがあります。

悩んでいる時に相談出来る相手であると同時に、競争相手でもあります。

しかしこの同じ熱量をもった人間に触れあう事は、非常に自分自身の成長に必要な要素です。

もちろん、スクールに入らなければ転職できないわけではありません。

未経験でも転職を成功させるポイントを押さえて、転職活動に臨みましょう。

シナリオライターの仕事内容を未経験求人からチェック

まずはシナリオライターの仕事内容を未経験求人からチェックしてみましょう。

ゲームシナリオライターの求人

パソコン

昨今のソーシャルゲームの流行もあり、ゲームシナリオライターの人気は高まっています。

今やスマホでゲームをしている人を見ない日はないぐらいです。

それに比例してその求人を出している会社も増えており、正社員採用もあります。

しかし残念ながら、未経験可の求人は比較的少ないのが実情です。

ですがその仕事内容の中には、女性向けゲームストーリーの制作における、アシスタントの求人はあります。

まずはそこで経験を積み、ストーリーや世界観を磨き、会社の中で信頼を得ていく。

そして機会が来たる時にコンペ等に応募し、シナリオライターとしてのポジションを勝ち取るという道があります。

またアシスタントはシナリオ以外の知識が身に付きます。

プランナーとしての知識もつけておく事は、シナリオライターとして重宝されるでしょう。

マンガアニメのシナリオライター

YouTube戦国時代と言っていい程、NET配信業界は盛り上がっています。

その流れに伴い増えているのが、YouTubeチャンネルで配信する為のマンガアニメシナリオライターの求人です。

こちらも正社員としての採用で、未経験可の類です。

仕事内容としては、時事ネタ等を題材にしたマンガアニメで、旬の内容をキャッチーに分かりやすく伝える為のシナリオライターです。

再生回数・いいね・コメント数という評価が数字としてストレートに表れます。

その分結果が伴った動画には満足感も得られますし、より良い動画を作ろうというモチベーションにも繋がるでしょう。

BL漫画のシナリオライター

BL漫画のシナリオライターも、YouTubeが戦場の求人です。こちらも未経験可で正社員採用があります。

もちろんBLだけではなく他ジャンルの取り扱いもありますが、最近はBL好きの女性も増えてきています。

それに対する世間の反応も良い方向に向いてきています。

そこで、自分が好きな世界観をシナリオ化して世に送り出し

自分が手掛けた脚本の再生回数が伸びた幸福感ややりがいは、とても大きなものとして感じられます。

 

ワンポイント
ゲームや動画配信の業界での需要が増加している。

未経験での転職は難しい?

女性

難しいのは当然で大変ですが、要は順序です。

未経験可の求人もありますが、やはり会社としてはライティング経験のある人材を優遇します。

もちろん企業も未経験可の窓口を広げているので、何の実績もなく正社員で入社出来る人もいます。

しかしそこから幅広い基礎を勉強しつつ、実践感も養っていくのは、なかなか精神的に辛いものです。

となればやはり、未経験者から経験者になる、それが一歩目としては相応しいです。

具体的な一例としては、スクールに通いながらクラウドで記事作成等のお仕事を請けるという方法があるでしょう。

基礎と実績を積み上げていくことにより、経験者としてのレベルを上げていく事です。

 

ワンポイント
スキルを伸ばすことで転職成功に繋げよう。

シナリオライターのやりがい

自分で作品を生み出すシナリオライターは、この職種だからこそのやりがいを得られるでしょう。

続いてシナリオライターのやりがいを解説します。

自分の書いた物語が映像化する

女性、パソコン

映画やドラマ、そしてアニメ等を見た時に、「良い話だったな」とか「あの言い回し好きだな」と思った事が一度はあるでしょう。

そう思われる側の人間になれるというのは、特別感を感じる事が出来ます。

不特定多数の大勢の方たちが、自分の知らないところで、自分の書いた物語に心を動かされているのです。

それが視聴率やコメントなど、現在はレスポンスの形式も様々で、反響をすぐに肌で感じる事が出来ます。

そうした反響をダイレクトにもらった瞬間は、やりがいを感じる一番の瞬間です。

人気作品を生み出すこともできる

名作といわれる作品は数多くありますが、その名作といわれる作品を作り出す事が出来る可能性がある仕事です。

毎回名作を生み出そうと作品にエネルギーを注いでも、世の中が名作と認めてくれるわけではありません。

ですがそれを毎回毎回繰り返していく事で、より洗練された技術を身につけけることができるでしょう。

それを脚本に込めて作品に仕上げていき、かつ世の中の流れに対する価値観を鋭く持つ事で、名作を生み出すこともできます。

その可能性は、シナリオライターを続けている限り、永遠にあるのです。

向いている女性の特徴

シナリオライターに向いている女性の特徴を解説します。

想像力や表現力が豊か

デスクとコーヒー

やはり経験からはじき出される発想力は、その人個人の力です。

とはいえそれは育ってきた環境だけではなく、色んなものに触れることによる経験から蓄積されます。

例えば学生時代バイトを何種類かして、色んな世界を見た、これも大事な経験です。

また、あらゆるジャンルの本を読むのが好き、これも経験です。

豊かな想像力や表現力は、そういった経験からしか広がっていきません。

そしてそのような経験をしっかりと記憶に留め、経験力として細かく蓄積されていくのは、女性の方に多く見受けられます。

そしてそのような好奇心旺盛な女性は知識欲求も高く、シナリオライターとしてあらゆる角度から発想が生まれます。

文章力に自信がある

笑顔の女性

文章から想像したシーンで涙を流す、そんな文章を書ける人が世の中にはいます。

ですが、最初からそのような文章が書ける人はなかなか存在しません。

文章力に自信がある人は、なによりも経験値が他人より間違いなく優れています。

ここでいう経験値とは、あらゆるジャンルの文章を読んだ経験値です。

もちろん形式やストーリー仕立てなどのノウハウの勉強にプラスして、その経験値があってこそ執筆力は向上していくのです。

ゆえに分け隔てなく文章を読む人は、文章のレパートリーが多くなります。

シナリオライターとして偏った世界観ではなく、より広い世界観でシナリオを作る事が可能です。

執筆スピードが早い

どのような仕事でも、効率よく時間内で最大限の成果を出す人は評価されます。執筆スピードも同様です。

例えば、全く同じ物語を書く人物が複数いた場合、仕上がりが同じであれば早く成果物が出来上がる人の方が評価が高くなります。

ゆえにシナリオライターにとって、執筆スピードが早い事は業界で重宝されるでしょう。。

また女性は比較的男性よりもミスが少ない傾向ですので、早さと正確さを兼ね備えていれば、いう事なしです。

人と話すのが好き

打合せ ビジネスウーマン

シナリオライターは一人で黙々と、というイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。

しかし実際にはチームで物語を作っていく業界です。

そこでコミュニケーションを取れる人でなければ、作品の出来に影響が出ます。

またそれ以外にも、他業界の方との会話から刺激を得る事も実は多く、そこからシナリオに肉付けされるパターンもあります。

意外と他人は、自分では想像も出来ないような発想をするものです。

それに触れる機会は、どれだけ多くの人と話したかで決まります。

そしてこの会話に関して、細かい部分まで脳裏に残す事が出来るのは、女性の方が優れています。

  • 会話の中での小さな言い回しやユーモア
  • ワードを展開してストーリーに仕上げていく

この流れは女性の方が得意な傾向があるものです。

この2点を踏まえると、人と話すことが好きな人は、その分刺激を受ける機会も多くなる為、シナリライターに向いています。

必要な資格やスキルは?

ポイント

シナリオライターに資格ないし学歴は必要ありません。

一番求められるのは、あなたが書いた作品がどれだけの人の心を魅了する事ができるかです。

そしてそれを実現する為の必要なスキルが、構想力・表現力・文章力となります。

専門学校を出た人も少なくはありません。

しかし実際にはどれだけ様々な世界を見て、感じ、見聞を広めてきたかが重要です。

そしてそれを文章で一つの作品に出来るスキルを身につけているか、それが一番必要な力です。

必要なスキルを身につける方法

シナリオライターには様々なスキルが必要とされますが、そのスキルを身につける方法は多くあります。

どのような必要なスキルを身につける方法があるのかをみてみましょう。

専門学校や通信講座で学ぶ

勉強

独学とスクールに通う人では、成長に大きく差が出ます

それほど専門の人に教えてもらうというのは、知識と経験の継承のようなもので、独学では得がたいです。

スクールで教えてもらう事は当然必要な知識や構成力もありますが、なにより基礎がみっちり固められます。

基礎の無いスキルは、スキルとはいえません。まずはしっかり基礎を教えてもらう事が理想的です。

MOS資格などを取得する

オフィスソフトを円滑に使用するスキルで、実用性が高く、履歴書に書ける資格ではあります。

シナリオライターも執筆などの業務ではオフィスソフトを使用する場合がほとんどでしょう。

そのためMOS資格があれば問題なくそれらを利用できることの証明になります。

 

ワンポイント
スクールに通う方がより成長できる。

未経験から目指す場合の近道

シナリオライターは未経験でも目指すことのできる職種です。

では未経験から目指す場合の近道はどんな方法があるのかを解説します。

実績をつくる

相談に乗る転職エージェント

実績をつくるといってもどうすればよいのか、と思われる方もいるでしょう。

一番良いのは、クラウドで仕事を探して、そこで実績をつくる事です。

ですが全くの未経験の場合は、まず記事作成といった、いわゆる新聞のような文章を作成するお仕事から始める事がおすすめです。

それにより文章の基礎を身につけることができるでしょう。

シナリオライターになりたいからシナリオライターの実績をつくるのではありません。

実績をつくる為の基礎力をつける事が大事です。

これは遠回りのようで実際には近道であるという事を意識してみましょう。

未経験可の求人をこまめにチェック

女性、パソコン

今現在どのような人材が求められているかのリサーチが重要です。

シナリオライターになりたいけど、ジャンルが決まってない場合、求人サイトはヒントをくれます。

やはりビジネスである以上、自分の生活レベルを維持出来るシナリオライターにならなければなりません。

その時に今の旬を知る事で、自分が目指すべき方向性のヒントをくれます。

時代の流れを押さえる事も、近道の1つです。

インターンやアルバイトから目指す

インターンやアルバイトから目指すのは非常に良い方法です。

シナリオライターといっても、チームで物語を作っていくのが基本です。

そのチームの動き、物語を作っていく工程から完成まで、それを肌で感じる事は得がたい経験になるでしょう。

どんなお仕事もそうですが、現場を知って初めて全体像が把握出来ます。

現場を知っているシナリオライターは必ず重宝されます。また現場にいる先輩方から、色々とアドバイスを頂く事も出来ます。

基礎も当然必要ですが、現場を知る事も大事な近道です。

 

ワンポイント
アルバイトなどを経験すると実際の現場を知ることができる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談 女性

シナリオライターは未経験でも挑戦でき、転職の候補として考える人は多いでしょう。

しかしクリエイティブな職種は実力主義の世界でもあり、実績がないことが転職の不安要素になってしまいます。

そうした不安を抱えている場合は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントはその道のプロがマンツーマンで支援してくれて、自分に合った求人情報を引き出してくれます。

さらに転職に関する不安や悩みのアドバイスもしてくれるため、転職時の心強い味方になるでしょう。

まとめ

オフィス 女性

シナリオライターになりたい、と思っていても未経験であることで転職に踏み切れない人もいるでしょう。

シナリオライターは作品を考えるセンスだけでなく、執筆スキルも必要です。

さらに実力が重視されるために実績がないといけないのではと思う人も多いでしょう。

しかし実力主義ということはそれに見合うスキルがあれば未経験でも十分にチャンスがあるということです。

そのために基礎をしっかり固めて、そして平行して色んな世界を見て見聞を広める事が重要です。

基礎だけでも、想像力だけでも、シナリオライターとして人の心は動かす事は出来ません。

シナリオライターとして活かせるスキルを伸ばして、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら