エディトリアルデザイナーは読み手のニーズや印象を考えて書籍や雑誌などの全体のレイアウトを構築する職種です。

レイアウトを考える際には読みやすくかつ美しいと感じる、効果的なデザインが求められます。

それを実現するためには方向性を把握しディレクションすることも求められるでしょう。

今回はエディトリアルデザイナーの仕事内容や年収、将来性などを紹介していきます。

Contents

エディトリアルデザイナーの仕事内容を解説

エディトリアルデザインは読者のニーズや出版社の意向を汲んだ総合的で洗練されたデザインが求められます。

そのため、編集者とデザイナーを組み合わせた仕事をすると考えるとイメージしやすいでしょう。

ここでは、より詳しくエディトリアルデザイナーの仕事内容を解説していきます。

編集担当者と打ち合わせ

打ち合わせ

エディトリアルデザイナーは、雑誌・書籍・カタログ・新聞などの印刷誌面のページ数が多い媒体全体のレイアウトを手掛けます。

そのため、まず行うのは依頼元である出版社の編集担当者との方向性のすり合わせのための打ち合わせです。

ここでは、依頼者と読者のニーズを汲み取ることが重要になります。

レイアウトは読者層の年代や性別などの属性が違えば、読みやすいと感じるレイアウトも変化するものです。

そのため、ターゲッットによるニーズの違いを踏まえた上で考えなければなりません。

読者が読みやすいフォントやデザインテイストなど、徹底的にブレインストーミングを行いレイアウト構築をします。

また写真やイラストの案が固まっていれば、カメラマンやイラストレーターを選定・提案も行う場合が多いでしょう。

フォーマット作成

打ち合わせで出たアイディアなどを基に、写真・配色・ホワイトスペースなどを含めたデザインのフォーマットを作成していきます。

自身のセンスを反映させながら、読者に効果的に届くデザインを考えることが求められるでしょう。

ここで出版物の方向性及びレイアウトが決定するので、非常に重要な作業になります。

写真やイラストのディレクション

女性

写真やイラストを追加する場合に行うのがそれらのディレクションです。

カメラマンやイラストレーターなどのクリエイターに依頼して作成に関する指示を出します。

写真であれば、撮影現場に立ち合うこともあるでしょう。

イラストであれば、イラストのイメージやサイズなど適したイラストを作成してもらいます。

これらの依頼をする際には各クリエイターに、自身が思い描くイメージを明確に伝えることが重要です。

レイアウト作成

クリエイターに依頼した、写真やイラストなどの素材が揃ったら、最終的なレイアウト作成に移ります。

原稿はライターへ執筆依頼する場合や自身で執筆することもあるでしょう。

また、フォーマットデザインはDTPオペレーターに依頼することもあります。

その場合には文字組みやルールを設定した指示書を作成して、それに沿って作業をしてもらうことが多くなるでしょう。

写真・イラスト・原稿など全ての要素の詳細を詰めて作品が完成します。

校正・校閲〜入稿

デザインが完成したら、それで終わりではありません。

誤字・脱字は無いかなどの入念な校正が必要です。

文字校正にて問題が無ければ、依頼者に校閲をしてもらいます。

校閲は数回のやり取りをするのが一般的です。

完全な紙面が完成したら入稿し、テスト印刷や必要に応じて色校正を行います。

入稿にあわせて、使用する紙や印刷方法にもこだわり、吟味することもあるでしょう。

Webデザインはすぐに修正できますが、雑誌などの印刷誌面は一発勝負です。

そのため最後の最後まで気を抜けないでしょう。

エディトリアルデザイナーの役割

女性

エディトリアルデザイナーには、読者層のニーズの想定から誌面完成まで、総合的なデザインをしていくことが期待されています。

エディトリアルデザインは、ただの文字の羅列ではなく、原稿・写真やイラスト・ホワイトスペースなどを考えて誌面全体を創りあげます。

そのためには、出版社など依頼元のニーズを汲み取りながら、自身のセンスやスキルをアウトプットする必要があるでしょう。

さらに各クリエイターに依頼する場合は出版社との打ち合わせをして方向性に合った、的確かつ明確なディレクションが必要です。

依頼するクリエイターにも方向性を共有し、1つの作品を完成させるためのディレクションを行う役割を担っています。

 

ワンポイント
デザインだけでなくディレクションの役割も大きい。

エディトリアルデザイナーのやりがい

続いてエディトリアルデザイナーのやりがいや魅力を紹介していきます。

将来的に独立することもできる

女性

エディトリアルデザイナーは将来的に独立するというキャリアが目指せます。

初めのうちは、デザイン事務所などの組織に属して働くことがほとんどです。

しかし、エディトリアルデザインの力が付いてきたら、フリーランスとして仕事を請け負うことも可能です。

もっとスケールアップしてデザインの仕事をしたいなら、自身の事務所を構える選択肢も取れます。

形に残るものが作成できる

ノートを持つ女性

エディトリアルデザイナーは誌面に関わる仕事です。

仕事をこなすということは、書籍や雑誌・パンフレットなどの何かしらの形に残ります

何よりも、誌面が完成した時の達成感は計り知れません。

書店などで、自身がデザインした雑誌や書籍を目にした時の喜びも大きいでしょう。

これまで紹介してきたように、エディトリアルデザイナーは完成まで多方面に渡って関わります。

エディトリアルデザイナーは出版物の全てに関わっているといっても過言ではありません。

苦労して創り上げた作品が手に取れることは、誰しもが喜びを感じる部分です。

反響がわかりやすい

自身がした仕事の反響がわかりやすいのもエディトリアルデザイナーの魅力の1つです。

書籍であれば、人気作品は増刊などもあり得ます。

雑誌やパンフレットであれば、SNSでアップしている読者を見つけることができるかもしれません。

自分の携わった作品や雑誌の反響をダイレクトに受け取ることができるため、やりがいにもつながりやすいでしょう。

エディトリアルデザイナーの転職に有利な資格は?

作業 女性

エディトリアルデザイナーに必要な資格はなく「未経験OK」な募集もありますが、転職に有利な資格はあります。

それは、編集ソフトの資格です。

編集ソフトはAdobe系のものを使う場合がほとんどのため、そのスキルを証明するものが有利になります。

代表的な資格は以下の3つです。

  • アドビ認定アソシエイト
  • illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

さらにPC上で、印刷物の編集などを行う「DTPエキスパート認証試験」も取得していると有利になるでしょう。

これらの資格は、出版物のデザインや編集を手がけるのに必須のスキルになっています。

未経験から目指すという場合には、資格を取得していることで大きなアピールポイントになるでしょう。

 

ワンポイント
Adobe系の編集ソフトを使用する企業が多いため資格を取得していると有利になる。

エディトリアルデザイナーに求められるスキル

転職に有利な資格を紹介しましたが、エディトリアルデザイナーは資格以外にも様々なスキルが要求される仕事です。

ここからは、エディトリアルデザインで求められるスキルについて紹介していきます。

コミュニケーションスキル

仲の良い女性社員

コミュニケーションスキルはエディトリアルデザイナーの必須スキルです。

エディトリアルデザイナーは多くの人と関わりを持つ仕事です。

編集者との方向性の打ち合わせやカメラマンやイラストレーターへの仕事依頼などは円滑にコミュニケーションが取れる必要があります。

自身がイメージしているデザインを的確に伝えることや相手の意見を取り入れることは、紙面の完成度にも大きく関わるでしょう。

相手の意図を正確に把握するスキルと、自分の中のイメージや意図を他人と共有するために正確に伝えるスキルが求められます。

Photoshop・illustratorについての知識

パソコン

エディトリアルデザイナーは総合的なデザインができることを期待されている職種です。

デザイナーとしてのセンスや知識の引き出しが出版物の魅力を決定します。

センスも良く知識があったとしても、それを作品に反映させるためにはPhotoshopなどの編集ソフトの知識は必須です。

クリエイターに依頼する場面もありますが、何も分かっていない依頼者に指示されても良い作品はできません。

また、ページレイアウトソフトのInDesignなどを使用することもあります。

自身のデザインセンスをアウトプットするためには、編集ソフトの知識を蓄積することが重要なのです。

エディトリアルデザイナーの年収

誌面の全体的なデザインで幅広い仕事をする、エディトリアルデザイナーの年収が気になる人も多いでしょう。

ここからは、エディトリアルデザイナーの平均年収年収を上げるためのポイントを紹介します。

平均年収

女性

エディトリアデザイナーの平均年収は、400万円前後です。

しかしエディトリアルデザイナーの年収はばらつきがあり、二極化している傾向があります。

関わる出版物によっては、平均よりも大きく下回るか、逆に年収1,000万円も目指せます。

年収を上げるには?

エディトリアルデザインは実力主義の世界です。

自身の作品が資産となり、市場価値を計る重要なものさしです。

編集や誌面全体を考慮したデザインセンス、印刷の知識など多くの知識を網羅しなければなりません。

編集スキルを深堀していくことや、優秀なクリエイターとの人脈など、他の人と差別化を図ることで年収アップに繋がっていきます。

エディトリアルデザイナーに転職を成功させるためのポイント

笑顔の女性

エディトリアルデザイナーとして働くには、出版社編集プロダクション、企業の広報部に入社することになる場合がほとんどです。

出版社や編集プロダクションは、自社の出版物をデザインします。

他にも、デザイン事務所に入社するという選択肢もあるでしょう。

デザイン事務所では、出版社から依頼を受けてエディトリアルデザインをします。

この場合は多様な依頼を受けているデザイン事務所であれば、携われる出版物の種類も増えるでしょう。

求人の傾向としてはデザイン事務所が活発にエディトリアルデザイナーを募集しています。

エディトリアルデザイナーとして転職する場合、自身が制作した作品をPRしていくことが必要です。

既に自分の作品がある人は、自信のある作品をPRしましょう。

未経験でこれまで作品制作をしたことがない人は、アシスタントデザイナーからステップを踏んでいくことも選択肢の1つです。

アシスタントデザイナーは、まずは写真のトリミングやグラフの作成など簡単な業務をこなします。

その経験を経て、小さいページや少ないページのデザインを任されるようになるでしょう。

こうした経験と積み、最終的に誌面全体のデザインをこなすエディトリアルデザイナーを目指す道もあります。

 

ワンポイント
転職するなら出版社・編集プロダクション・デザイン事務所という選択肢がある。

エディトリアルデザイナーの将来性やキャリアパス

エディトリアルデザイナーとして転職を考えた時、将来のことやキャリアパスは気になるものです。

続いてエディトリアルデザイナーの将来性キャリパスを紹介していきます。

将来性

ポイント

エディトリアルデザイナーは出版物に大きく関わる仕事です。

出版業界は年々規模が縮小しており、不況といわれていることが不安な人もいるでしょう。

しかし紙の本が全くなくなることは考えにくく、今後も一定数の需要はあると見込めます。

必要とされるエディトリアルデザイナーになるには、出版社や読者のニーズに応えることが重要です。

出版物をデザインする際に必要なスキルや資格の取得、知識の蓄積は必須ですが、常にトレンドを追える好奇心なども必要になります。

キャリアパス

エディトリアルデザイナーはデザインに関する全般的な知識が必要です。

その知識を活かしてグラフィックデザイナーに転身するという方法があるでしょう。

また、webが普及したことでwebデザインのディレクションの道に進む方法もあります。

 

ワンポイント
エディトリアルデザイナーのスキルは他のデザイン系の職種でも活かせる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

エディトリアルデザイナーに転職を希望する際、経験や組織形態など、マッチする条件は人により様々です。

クリエイターとして身につけた知識やスキルを、エディトリアルデザイナーとして活かしたいという人もいるでしょう。

デザインの知識はあっても仕事としては未経験のために、転職の一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。

こうした不安要素をどう解消すれば良いかわからないと感じる人は多いでしょう。

その場合は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは、これまでの数多くの転職希望者をサポートしてきた経験があります。

どのような転職活動をすれば良いか、自己PRなど、皆さんの不安を解消して転職を成功させるためのサポートをしてくれるでしょう。

まとめ

パソコンをもってガッツポーズする女性

今回はエディトリアルデザイナーの仕事内容について解説しました。

読者のニーズに応えて効果的な誌面をつくることが、エディトリアルデザイナーの使命です。

それは言い換えるとエディトリアルデザイナーの腕が誌面の魅力に直結する、責任の重い仕事です。

しかし、その分、印刷物として完成した時の喜びや達成感は非常に大きいものがあります。

部分的に関わるクリエイターと違い、誌面デザインの全てに関わることができるのも最大の魅力の1つです。

出版物のデザインに関わりたいと考えている人にとっては理想の職種でしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら