他国との意思疎通を可能にする通訳という仕事は現代社会において重要な職種だといえます。

テレビに通訳をする人の姿が映ることも珍しくはないでしょう。

通訳の仕事に興味がある方・通訳の仕事をしてみたいと考える方もいらっしゃるのかもしれません。

本記事では未経験の人が通訳へ転職する方法を解説していきます。

通訳に向いている人の特徴未経験転職を成功させるポイントも紹介していますので参考にしてください。

Contents

通訳に未経験で転職する方法を解説

通訳

通訳は一般的な事務職とは異なる業務を行う職種といえるでしょう。

通訳が未経験であれば当然業務実績はありません。

未経験から転職を希望する方の中には働きながら「通訳学校」に通うケースもあるようです。

現在はオンラインで授業を受けることができる通訳学校もあります。

オンラインであれば自宅で学ぶことができるのでモチベーションを保てるでしょう。

未経験で転職を考えるのであれば実務経験を積むこともひとつの手です。

自分が勤めている会社内で通訳や翻訳の仕事ができれば積極的に引き受けるのも良いでしょう。

もし企業内で翻訳や通訳の仕事が難しいというのであれば「クラウドソーシングサイト」に登録するのもひとつの方法です。

クラウドソーシングサイトでは翻訳の仕事もあります。案件をこなしていくことで実務経験を積むことができるでしょう。

通訳について理解したり経験を積んだりすることで自信に繋がっていきます。

もし転職について不安がある場合は転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。

転職のプロに相談をすることで未経験転職を考える上での疑問や不安を解消できるでしょう。

通訳の未経験求人から仕事内容をチェック

チェック

実際の未経験求人を見ることで仕事の内容を知ることができます。

この章では未経験可能な求人をチェックしていきますので参考にしてください。

例①医療サービスの通訳・翻訳

  • 病院発行の診断書を英語に翻訳
  • 電話通訳
  • 英語力:ネイティブレベル(TOEIC目安800点程度)

外国籍の方が病気やケガで病院受診をする際の手配をする業務です。

日本にいる外国人の方が自動車事故等の被害者・加害者となった際の保険会社の担当と外国籍の方の間で電話通訳をすることもあります。

その場合は事故状況の聴取・保険内容の案内などが主な内容です。

例②英語・日本語を使うコールセンターオペレーター

コールセンター

  • 電話で通訳や受付対応をする業務
  • 英語はビジネスレベル以上(必須)
  • 基本的なPC操作ができる方

在日外国人総合情報ポータルサイトに関わる求人です。

ホテルの宿泊やショッピング・病院に関する通訳などの業務があります。

各種問い合わせ対応や海外からのメールの対応も行うことになるでしょう。

例③メーカーの通訳・翻訳

パソコン

  • 技術資料の翻訳
  • 海外顧客からの製品に関する技術的な問合せ対応
  • TOEIC 500点以上の資格を有する方

主に日本語を英語に翻訳する業務が中心です。

英語のスキルを活かせる仕事になります。営業とともに顧客の元へ出向くこともありますので自動車運転免許があるとなお良いでしょう。

通訳に向いている女性の特徴は

翻訳者

通訳に向いている人の特徴がいくつかあります。

通訳に興味がある方は自分が当てはまっているかチェックしてみてください。

語学への関心が強い

勉強

語学に対して強い関心を持っている方は通訳に向いているといえるでしょう。

通訳は語学力が重要な職種です。転職後も語学について勉強をし続ける必要があります。

そのため語学の勉強が苦痛に感じない人は通訳に向いているといえるでしょう。

積極的に勉強すると通訳としてのスキルも上がっていきます。

通訳としてのスキルがアップすれば請け負える仕事も増えるというメリットも考えられるでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが好き

笑顔の女性達

通訳は異なる言語の人たちの意思疎通を引き受ける仕事です。

そのためコミュニケーションをとるのが好きな人は通訳の業務にやりがいや喜びを感じることができるでしょう。

やりがいや喜びがあれば自然と向上心も湧いてくるので語学の勉強も積極的に取り組むようになります。

人とコミュニケーションをとるのが好きな人は通訳に向いているといえるでしょう。

ハキハキ話せる

女性

言葉が的確に訳せたとしても相手に伝える際にハキハキと話せなければ意味がありません。

話した時に何を言っているか分からないような小さい声だったり発音があいまいだったりすると間違って伝わることもあります。

スムーズなコミュニケーションを行うためには相手に伝わりやすいハキハキと話せるスキルが必要となるでしょう。

 

ワンポイント
・語学への関心が強いとスキルアップにも繋がる
・コミュニケーションをとるのが好きな人は通訳の業務にやりがいを感じることができる
・ハキハキ話せると言葉が伝わりやすい

通訳に向いていない性格や特徴は?

悩み

「相手の言ったことを覚えられない」というのは通訳に向いていない人の特徴のひとつです。

通訳は相手の話を聞いて理解しそれを瞬時に訳して伝えなければなりません。

相手の言ったことを覚えられない人は通訳をするためのスピードと精度を保つことが難しいといえるでしょう。

覚えることが苦手だという意識があるのであればその場でメモを取るなど工夫が必要です。

また「人に見られることが苦手」という人も通訳に向いていない人の特徴にあてはまります。

通訳の業務中は会話をしている二人に注目されることになるでしょう。場合によってはさらに大勢の注目を集めることもあります。

人に見られることが苦手であれば緊張のために相手の言ったことを理解できないということにもなりかねません。

人に見られるのは苦手だけど通訳の仕事にはチャレンジしたいという方は自分なりの緊張をほぐす方法を考えておきましょう。

 

ワンポイント
・相手の言ったことを覚えられないとスピードと精度を保つことが難しい
・人に見られることが苦手だと緊張してしまう

通訳への転職で未経験者がアピールすべきこと

ガッツ

未経験者が通訳へ転職するためにはいかに自分自身が通訳という仕事をしたいかという点をアピールすることが大切です。

それと同時に通訳という職種に向いている人間であると伝えることも重要になります。

未経験者が通訳へ転職をする際にアピールすべきことをまとめましたのでチェックしておきましょう。

異文化交流の経験

通訳の仕事をする際には異文化に触れる機会がたくさんあります。

もしこれまでに何らかの形で異文化交流をした経験があるのであれば積極的にアピールしていきましょう。

ボランティアでも良いですしこれまでに積んできた通訳や翻訳の経験でも構いません。

コミュニケーション能力

ウェブ会議

通訳は人と人との意志を繋ぐことが最大の目的です。

したがってコミュニケーション能力が高いというポイントは採用の判断基準のひとつになります。

  • 前職で部署のリーダーとして部下を取りまとめた
  • 他部署と積極的にコミュニケーションをとる役割をしていた

このような経験がある方は面接時にアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント
「異文化交流の経験」や「コミュニケーション能力」を伝えると通訳に向いている人材だとアピールできる。

通訳への未経験転職を成功させるためのポイント

社内

未経験から通訳への転職は、ただ闇雲に求人情報をチェックして応募をするだけではなかなか成功しません。

この章では通訳への未経験転職を成功させるためのポイントをまとめましたので参考にしてください。

自己分析をして強みを把握しよう

分析

転職の際には自分自身がその会社にとって必要な人材となれることをアピールする必要があります。

その会社に就職したいという熱意もアピールできると良いでしょう。

自分のことをアピールするためには自分自身のことを把握しておかなければなりません。

自分のことを知るためには「自己分析」をすることがとても有効です。

これまでの職種を振り返り業務経験や自分のスキルを書き出してみましょう。その中から通訳に活かせるものをピックアップします。

企業研究をして求めている人材を把握しよう

パソコン

自己分析をすることによって自分の強みが見えてくるでしょう。

しかし通訳を探している企業全てがその強みを求めているというわけではありません。

どれだけ自信があるアピールポイントであっても相手の企業がそれを求めていないのであれば意味がないでしょう。

したがって企業研究をすることも重要です。企業研究をすることによって以下のようなことが分かります。

  • どのようなことを大切にして会社を運営しているか
  • これからどのような経営をしていきたいのか

会社がどのような経営をしていきたいのかが分かれば、どのような人材を求めているのかも分かるでしょう。

企業の求める人材とマッチするような強みがあれば大きなアピールポイントになります。

また企業研究をしておくことにより面接の際に的確な受け答えが可能になるでしょう。

転職したいと思った企業は必ず企業研究を行い自分の強みを活かせるかどうかをチェックしてください。

転職エージェントを活用しよう

ポイント

未経験の人が通訳に転職することは決して不可能なことではありません。

しかし通訳の求人は常に豊富に揃っているわけではないでしょう。自分の希望する条件を考えると求人を探す手間がかかってしまいます。

自分だけで求人を探すには限界があるでしょう。

そんなときは転職エージェントを活用してください。転職エージェントが自分の希望に合った転職先を探して紹介してくれます。

転職相談はこちら

通訳への未経験転職のための応募書類

メモ

転職を成功させるためにはまず書類選考を通過する必要があります。

書類選考の際に提出することになるのが履歴書や職務経歴書などの応募書類です。

応募書類を的確に記述しているかどうかで採用担当者の印象も大きく変わります。

通訳への未経験転職のための応募書類について確認しておきましょう。

履歴書のポイント

履歴書

履歴書は簡単にいえば「自分のプロフィールを記載する」応募書類です。

ある程度フォーマットがありますので記載漏れがないように必要事項はしっかりと記入しましょう。

志望動機は重要です。なぜ通訳を選んだのか・なぜ応募先の企業を選んだのかを伝えましょう。

転職希望者の場合は転職を考えた理由も重要になります。

転職理由は「会社の方針が気に入らない」といったネガティブなものではなくポジティブなものを考えましょう。

職務経歴書のポイント

職務経歴書

職務経歴書は「自分がこれまで経験したことをアピールする書類」です。

自分自身が通訳という職種に向いていることを職務経歴書ではアピールしていきましょう。

TOEICなど語学関係の資格を持っているのであればアピールポイントになります。

また通訳や翻訳などの実務経験がある方は職務経歴書に記述してアピールしていきましょう。

通訳の未経験求人の探し方

ポイント

通訳の仕事を探すためにはまず自分の希望を明確にしておきましょう。

勤務地や福利厚生など、どうしても譲れない条件を決めておくと求人を選ぶ基準になります。

希望する条件に当てはまる求人が見つからない場合は転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。

転職エージェントは非公開の求人情報も多く持っています。

自分の希望する条件や自分のスキルを伝えることで自分にマッチした通訳の求人を紹介してもらえるでしょう。

 

ワンポイント
通訳の未経験求人を探す場合は自分の希望を確認しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

転職エージェントは得意分野や希望などをヒアリングしてそれにマッチした企業を紹介してくれます。

自分自身で希望する条件の求人を探す手間が省けるでしょう。

さらに転職エージェントは転職先を紹介してくれるだけではありません。

転職をする際には職務経歴書を書いたり面接を受けたりすることになります。それらの対策についてアドバイスを受けることも可能です。

転職エージェントは転職が成功するまで多くの手助けをしてくれる心強い味方になります。

転職のことで困ったときは積極的に転職エージェントに相談しましょう。

転職相談はこちら

まとめ

社内

未経験の人が通訳に転職することは決して不可能ではありません。

未経験でも可能な書類やメールの翻訳・外資系ビジネスマンとの会議での通訳などの求人があります。

しかし何の準備もせずに転職活動をしてしまうと転職に成功することは難しいでしょう。

転職の際には気になった企業の企業研究をしっかりと行い、どのような人材を求めているのかをチェックすることが重要です。

企業が求める人物像を知ることで自分の強みが活かせるかどうかが分かります。

書類選考や面接の際には異文化交流の経験やコミュニケーション能力の高さをしっかりとアピールしていきましょう。

もし通訳への転職について不安や疑問があれば転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。

転職エージェントであれば自分の条件を満たしてくれる企業の求人を探してくれます。

さらに応募書類の添削や面接の対策など転職に成功するまでのサポートを無料で受けることができるのも大きなポイントです。

転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら