結婚式は人生の節目であり、世界一幸せに輝ける特別な日となります。

ブライダルコーディネーターは新郎新婦にとって特別な1日を最高の思い出にするために演出する存在です。

華やかで喜ばれるお仕事なのでやりがいを持って働けそうなイメージはありますが、実際はどのような仕事をするのでしょうか。

ブライダルコーディネーターへの転職を検討している人の多くが感じる疑問についてお答えします。

Contents

ブライダルコーディネーターの仕事内容を解説

ビジネスウーマン

ブライダルコーディネーターというと華やかな仕事という印象を持つ人も多いでしょう。

実際はどのような業務を行うのでしょうか。

営業

ブライダルコーディネーターの仕事は新規顧客獲得のための営業も含まれます。

「営業」と聞くと苦手意識を持ってしまう人もいるかもしれません。

しかしながらブライダルコーディネーターの営業は一般的な営業のイメージとは少し違う側面を持っています。

営業の相手は結婚式を挙げたくて式場見学に来たカップルです。

彼らは「自分たちの理想が実現できそうな結婚式場であればそこに決めたい」と思っている人々がほとんどでしょう。

相手が思っている疑問点などが解消されたり、希望などが叶えられたりするのであれば成約はすぐそこにある状態が多いです。

しかし、中には熱心に営業されると後ずさりしてしまう人もいます。

訪れたカップルの雰囲気を観察しながら相手の気持ちに寄り添った提案をしていきましょう。

クライアントと挙式や披露宴の打ちあわせ

見事営業で契約を取れたクライアントと実際の挙式日に向けて準備を始めます。

一昔前の結婚式は内容が一律のプランでしたが、最近は新郎新婦の意向に合わせてカスタムできる結婚式が主流です。

そのため、挙式までにクライアントが決めなければいけない項目の数も膨大な量となる傾向にあります。

結婚式について事前に勉強してくる熱心な人もいる一方、初めてでどうしたら良いのか分からない人も少なくありません。

ブライダルコーディネーターにはクライアントが気持ちよくスムーズに決断できるための適切なアドバイスが求められます。

準備と当日の進行

事前に打ちあわせしたことが挙式日に滞りなく動くように指示をするのもブライダルコーディネーターの大きな仕事の一つです。

クライアントが注文したものが全て式場に間違いなく手配されているか、不備はないかの事前チェックを行います。

次に室内装飾や照明、音響などの会場の確認まで打ちあわせで決めたことが再現されているか網羅的に把握しておくのです。

また挙式当日スムーズなオペレーションを保つためにも、式場スタッフの人員配置や動きなどにも気を配り、適時指示をかけていきます。

ブライダルコーディネーターは挙式当日まで表に出ることはありません。

しかし新郎新婦のハレの日を裏側から支える大きな役割を果たします。

 

ワンポイント
結婚式場によっては業務が分割されていることもあります。応募する前に求人内容をよく見ておきましょう。
求人で情報がない場合は選考時に確認しておくと良いでしょう。

ブライダルコーディネーターの活躍の場

電話をするビジネスウーマン

結婚式が行われるのはホテルや教会、神社など様々です。

式場の数だけブライダルコーディネーターが活躍する場があります。

結婚式場・ホテル

ホテルのロビー

ブライダルコーディネーターが活躍する場の代表が結婚式場やホテルです。

どちらの施設も運営会社の社員となりブライダルコーディネーターとして活動します。

結婚式場は施設によって特色が大きく分かれるため、ブライダルコーディネーターの専門性も大きく異なるものです。

例えばキリスト教のチャペルをもっている式場であればキリスト教挙式の専門性を広げることになります。

ゲストハウス型の結婚式場はクライアントの要望に合わせて神主や牧師をセッティングすることになるでしょう。

このように、結婚式場のブライダルコーディネーターは顧客のニーズに柔軟に対応できる適応力が重要です。

一方、ホテル所属のブライダルコーディネーターに求められるのはホスピタリティ。

ホテル挙式を希望する新郎新婦は自分たちの理想を叶える他にもゲストへの手厚いおもてなしを望んでいる方が多くいます。

またホテルの場合、

  • 結婚を取り扱う部署が顧客獲得までの「予約係」
  • 成約後のクライアントを担当する「婚礼係」

といったように役割分担がされていることが多いです。

そのため就職しても、すぐにブライダルコーディネーターとして働けない可能性もあります。

ホテルはフロントやホールスタッフなどの一定の研修期間を経て、接客のプロになることから始まるのです。

そのあとブライダルコーディネーターとして活躍するという流れになります。

プロデュース会社

プロデュース会社に所属するブライダルコーディネーターは決まった挙式場を持たない、フリーランスのような存在です。

多くの場合情報サイトや結婚相談カウンターから依頼を受け、新郎新婦の希望に沿った会場を手配して挙式や披露宴を企画します。

各会場に合わせた会場コーディネートや式進行を考えなければなりません。

そのため会場が固定されている結婚式場やホテルと比べるとコーディネーターの技量が問われる場合もあります。

しかし、プロデュース会社の結婚式は新郎新婦の予算やニーズに限りなく近い形で結婚式を実現させることが可能です。

理想の結婚式を提供しやすいという点で顧客を獲得しやすいといった側面があります。

ブライダルコーディネーターのやりがい

打ち合わせする女性スタッフ

結婚式の演出を担当する仕事というだけあって、ブライダルコーディネーターはやりがいも大きい職業です。

人との関係が深く、また幸せを演出する故に他の職業にはない出来事もよく起こります。

素敵な結婚式をプロデュースできる

新郎新婦の「こんな結婚式にしたい」という気持ちに寄り添い、企画のアプローチに成功したときに達成感がある職種です。

また、女性なら誰しも心が躍る華やかで美しい結婚式の世界観を自分の手で実現させることができます。

お客様が思い描く理想の結婚式を作るというクリエイティブさも、ブライダルコーディネーターで体感できる楽しさの一つです。

クライアントの幸せに関わることができる

結婚式

結婚式は幸せと感謝の気持ちが溢れる特別な空間といえます。

0から一緒に結婚式を作り上げることでコーディネーター自身も新郎新婦と同じような幸せを感じられるのです。

数え切れないくらいの結婚式を経験してきたベテランのブライダルコーディネーターでも、式中に思わず涙することも多いようです。

クライアントから感謝される

担当した新郎新婦からの感謝の言葉やお手紙を貰うこともあります。

ブライダルコーディネーターとして最もやりがいを感じる時でしょう。

スムーズに話が進まなくても根気強く担当してくれたコーディネーターに親近感を抱いてくれるクライアントも少なくありません。

そのため披露宴でコーディネーターへのサプライズ企画が起こることもあるのです。

結婚式後も個人的なお付き合いが続き、結婚式を予定しているカップルを新しく紹介してもらうということもあります。

このように、ブライダルコーディネーターは人とのつながりを強く感じられるシーンが多い職種なのです。

 

ワンポイント
ブライダルコーディネーターはお客様の一生の思い出になるものを作り上げるため責任は重大です。
しかしそんな仕事だからこそ感謝されることも多く、成功に導けたときの達成感もひとしおといえるでしょう。

ブライダルコーディネーターの苦労

考え事をする女性

ブライダルコーディネーターはやりがいも大きい分、大変な仕事です。

転職を考えるなら苦労する点も知っておきましょう。

クライアントの人生にかかわる責任

「一生に一度しかない大切な日のため」に新郎新婦は多くの予算をかけて結婚式を発注します。

些細なミスでも新郎新婦や参列者たちの楽しい気持ちに水を差すことになりかねません。

結婚式は絶対に失敗が許されないイベントなだけに、ブライダルコーディネーターにかかる重責は大きくなります。

予期せぬトラブル

当日まで念入りにチェックをし、万全の体制を取っていたとしてもお客様相手のサービスにトラブルやハプニングはつきものです。

打ちあわせ通りに何事もなく無事に終了する結婚式はまずないと思っていても良いでしょう。

不測の事態が起きた時こそブライダルコーディネーターの腕の見せ所です。

焦らず冷静な判断で周囲のスタッフと協力しながら臨機応変に対応することで、結婚式を無事に成功に導きます。

結婚式当日のブライダルコーディネーターの1日

オフィスでスマホを使うビジネスウーマン

あるブライダルコーディネーターの1日を見てみましょう。

  • 8時 出勤
  • 8時45分 新郎新婦迎え入れ・着付け開始

緊張した新郎新婦をリラックスさせるのもブライダルコーディネーターの役割です。

何度も重ねた打ちあわせで築いた信頼関係が発揮される場面でもあります。

  • 10時30分 ゲスト受付開始

駐車場整理やゲストルームへの誘導など安全に配慮しつつスムーズに行います。

  • 11時 挙式リハーサル

司会者とともに挙式進行の最終確認を行います。

  • 11時30分 挙式

式場の脇から進行を見守ります。

  • 13時 披露宴開始

お色直しやイベント演出など会場の雰囲気や料理の進み具合を見ながら指示を出していきます。

  • 15時 披露宴終了

ゲストを誘導しお見送りします。

新郎新婦との最後の挨拶を済ませ、会場に忘れ物がないかチェックしつつ片付け。

  • 17時 事務作業

日中できなかった事務作業を済ませます。繁忙期にはこの時間にクライアントとの打ちあわせが入ることも多いです。

  • 20時 終業

 

ワンポイント
ここでは自分が担当する式を行う日を例にしました。
実際は営業や打ちあわせなど様々な業務があるため、日によってタイムスケジュールも異なります。

向いている女性の特徴

ビジネスウーマン

ブライダルコーディネーターに向いている人はどのような人なのでしょうか。

向いている女性の特徴を紹介します。

人を喜ばせることが好き

新郎新婦も招待されたゲストも全員が幸せな気持ちを分かち合える空間を作り上げるのがブライダルコーディネーターの役割です。

そのためコーディネーター自身は黒子に徹しなければなりません。

そのため、ブライダルコーディネーターには純粋に人の幸せを喜べる人や、人が喜ぶことに労力を惜しまない人が向いています。

常に向上心がある

音楽から花嫁のドレスやヘアメイク、引き出物のお菓子まで結婚式で提供される多くのサービスにその時代のトレンドがあるものです。

ブライダルコーディネーターは常にアンテナを張り巡らし、ブームに合わせた話題性のある提案ができるようにしなくてはなりません。

また、結婚式にはマナーやしきたりを重視する世代のゲストもいます。

どんな世代の方も幸せな気持ちで結婚式に参加できるようにすることが必要です。

マナーについてはもちろんのこと、地域ならではのしきたりについても頭に入れておくことが必須となります。

このようにブライダルコーディネーターは常に向上心をもって学び続ける姿勢が必要です。

コミュニケーション能力が高い

打ち合わせするビジネスウーマン

結婚式をあげるカップルの理想をより具体的に聞き出せるかが結婚式成功への鍵となります。

どうしても結婚式は新婦の熱意が強い場合が多く、気がつけば新郎の意見が全く組み込まれていない…ということもよくあります。

カップルの雰囲気を見極めつつ、両者の意見を上手に取り入れながら提案するのが理想といえるでしょう。

相手に応じてアプローチを変えることができる、高いコミュニケーション能力を持つ人が活躍できる職業です。

ブライダルコーディネーターに役立つ資格をご紹介

ウェディングブーケ

ブライダルコーディネーターの肩書を得るために必ず持たなければならない資格は特にありません。

しかし持っていると転職やキャリアアップ時に有利となる資格はいくつかあります。

それらの資格について簡単に紹介します。

ブライダルコーディネーターの資格といえば、民間のブライダルコーディネーター検定試験が一般的でしょう。

たとえば「WBJ認定ウエディングプランナー」や「IWPAウエディングプランナー英国資格」などです。

2018年に公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が実施する国家検定の「ブライダルコーディネート技能検定」も誕生しました。

「ブライダルコーディネート技能検定」は営業時により高い信頼度が得られると期待されます。

これらの資格の他にも「カラーコーディネーター」「フラワーアレンジメント」などの資格もおすすめです。

直接ブライダル系に関係がある資格ではありませんが、結婚式の演出やデザインに役立ちます。

多角度から提案ができるブライダルコーディネーターを目指す方も多くいらっしゃいます。

ブライダルコーディネーターのキャリアパス

ポイント

さて、ここからは実際にブライダルコーディネーターになってからのキャリアパスをご案内します。

まずはブライダルコーディネーターの経験を積みましょう。

必要な業務を短い時間で正確にこなせるようにならなければいけません。

経験を通じて学ぶことのほうが多い業種のため、積極的にどんどん仕事を覚えて自分のものにしていきましょう。

次に提案できる会場のタイプを増やすことも必要です。

結婚式場やホテル勤務だと固定の施設となるため難しいかもしれません。

もし複数の式場を持っている会社などであれば転属の希望を出すなどして会場に応じた提案力も磨きましょう。

次に成約率のアップや顧客単価を高めることも大切です。

知識や経験を積むと豊かな提案が自然とできるようになり、次第に成約率や顧客あたりの平均単価もアップしていくようになります。

現状に満足せず、常に新しい提案を見出す努力を続け、無駄な作業はないかなどの業務改善も一緒に見直していくことが必要です。

ブライダルプランナーとしての経験を積んだ後は、結婚式場のマネージャー支配人などの管理職に移行する人が大半のようです。

ただし、マネジメントが中心になるため実際の業務に携わることが少なくなっていきます。

結婚式の雰囲気が好きでブライダルコーディネーターになった人には不向きともいえます。

 

ワンポイント
ブライダルコーディネーターは結婚式に携わる者として、様々な方向の道に進むことができます。
働きながら「いつかこんなことをしてみたい」という目標を定めると良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

実際にブライダルコーディネーターに転職を希望するなら、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは転職希望者のマネジメント役でもあります。

求人情報のお知らせや面接日のセッティングは勿論、給与交渉など当事者では言い出しにくいこともお任せできる頼れる存在です。

異業種からブライダルコーディネーターに一人で転職することはちょっと心細いものです。

ブライダル業界のことをよく知っているエージェントに積極的にサポートしてもらい、希望の転職を叶えましょう。

まとめ

仲の良い女性社員

結婚とは人生の節目であり、それを飾るのが結婚式です。

ブライダルコーディネーターはそんな結婚式をプロデュースし新郎新婦の素敵な思い出を一緒に作る、やりがいのある仕事といえます。

人生に一度きりのイベントなので相手からの期待も大きく大変な面もあるでしょう。

しかし喜びに満ちた新郎新婦の笑顔を見ると今までの努力が一気に花開いたような達成感に包まれるのです。

この職業は実力さえあれば年齢問わず働くことができるため、出産や育児などでキャリアを断たれてしてしまうこともありません。

相手の気持ちに共感し、細かい配慮も欠かさずできる女性ならではの感性を活かせる仕事なのです。

もし興味があるのであれば、是非転職先の候補に入れてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら