校正の仕事は専門職のようなイメージがあり、知識・スキルがないと転職は難しい仕事だと考えている方もいるでしょう。

しかし、正しく理解すれば未経験でも校正としてのキャリアを歩むことが可能です。

今回は校正の仕事に未経験で転職する方法を解説していきます。

校正の仕事に未経験で転職する方法を解説

ガッツポーズの女性

校正の仕事を「どこで探せばいいかわからない」と悩んだり、疑問を持ったりする方もいると思います。

しかし校正は一般的な転職サイトで見つけることができる職業であるため、探すのはそれほど難しくありません。

中には「子育てしながら空いている時間に校正の仕事をしてみたい」という主婦の方もいることでしょう。

そういった方はまず業務委託の仕事を探すことをおすすめします。

未経験可能と書いている求人の場合は、そこまで内定までのハードルも高くないため積極的に応募すると良いでしょう。

校正の未経験求人から業務内容をチェック

講師 女性

次は校正の未経験求人を例にして、具体的な業務内容をチェックしていきましょう。

業務内容を知れば、転職後の働き方を具体的に想像することができます。

文章校正

作成されたブログ・Webの記事やホームページ・広告などに誤字・脱字や不適切な表記がないかを見るのが文章校正という仕事になります。

また校正と似た言葉に校閲がありますが同じ内容だと間違えて認識している方が少なからずいます。

この2つは作業内容が異なり、校正は脱字や誤字の修正を指す言葉です。

対して校閲は内容の間違いを修正し、不足している内容を補う作業になります。

チェック業務

チェック業務は、納品前に問題がないかを確認する仕事です。

コンプライアンス上の観点からクオリティチェックをする業務内容で、こちらも校正の業務に含まれます。

チェック業務の種類は様々で、以下のようなものが代表的です。

  • 書類チェック
  • 文章・文字チェック
  • デザインチェック
  • 画像チェック
  • カラーチェック

これらは業務内容によってどれを担当するかは変化します。

色校正

書籍・雑誌・写真集・新聞・パンフレットなどの印刷を行う前に、事前にデータの不具合や色の調子を確認する業務内容になります。

色というのはちょっとしたトーンの違いや色味の変化によって印刷物の印象を変えてしまうものです。

色次第で印刷物のインパクトを左右してしまいます。

それによって売り上げも変わってくるため、色校正はとても重要な業務です。

DTP(データ作成・修正・加工)

笑顔の女性

DTPは「Desk Top Publishing」という言葉の略で、パソコン上で印刷物や出版物のデータを制作する業務になります。

以前と違い、現在ではパソコンを使えばデザインから版下制作までを1人で行うことが可能です。

これを一般的にDTPと呼び、日本では1990年代前半から使われるようになりました。

この技術は現在、印刷物や出版物を作る際に欠かせないものとなっています。

またDTPにはDTSデザイナーDTPオペレーターの2つの業種があります。

DTPデザイナーはDTP用のソフトで印刷物の紙面にレイアウトやデザインを行う仕事です。

DTPオペレーターはDTP用のソフトでデザイナーの指示通りにデータを作成したり修正・加工を行ったりする仕事となっています。

校正に求められる人物像は?

在宅ワーク

校正のお仕事には様々な業種があることをお伝えしました。

その中でも特に文章校正の仕事では漢字や文法の間違いに気づくためには日本語の文章に慣れ親しんでいる必要があります。

本・雑誌・新聞などを多く読む方は文章とよく向き合っているのでそのような方は特に向いているといえるでしょう。

他にも細やかさ・執念深さ・注意深さ・集中力・耐久力・冷静さといったものが求められます。

校正の仕事は文章を読むというよりも、一字一句を点検する作業です。

誤字・脱字はないか、文法は正しいか、不適切・誤解を生むような表現はしていないか、指示通りかなどに気づく細やかさが必要となります。

そして、何かに引っかかったらそれを執念深く追求することが重要です。

言葉1つ1つの表記や意味を考え、本当にそれが正しいのかをしっかりと確認することが求められます。

自信が持てない場合には辞書などを引いて再確認する探究心が重要です。

また、何でも素直に信じてしまう人よりも猜疑心がある人が求められます。

原稿の内容が真実かどうか疑うことが校正・校閲のお仕事の第一歩となるからです。

 

ワンポイント
校正の仕事では注意深く確認できる人が向いている。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

校正が未経験でもアピールできることは?

パソコンを見る女性

校正の仕事内容がわかった後、次に不安になるのが面接の際に自分をどうアピールするかです。

「未経験でスキルもないしどうアピールすればいいかわからない」と悩む方も少なからずいます。

自分にスキルがないからアピールポイントがないと感じている方もいるのではないでしょうか。

校正のお仕事はスキルがなくても未経験で仕事が可能な職種です。

経験があった方がアピールポイントにはなりますが、経験だけがアピールポイントだとは限りません。

例えば、韓国語・英語・アラビア語など語学力があれば外国語が使われている出版物の校正に参加できるチャンスがあります。

特に英語が話せる方は英文の校正に参加できるので重宝されます。

また他には、先ほどもお伝えした趣味や特技をアピールするのも良いでしょう。

校正が未経験でも料理が好きな方が料理本のチェックをすれば料理のできない校正者では気づかなかったミスに気づくことができます。

そのためそういった趣味や特技をアピールするのもオススメです。

他にも医療関係やIT関係の出版物の校閲の仕事の募集が多くあります。

校閲そのものの経験ではなく医師・薬剤師・IT技術者などといった職業経験が応募条件になる場合もあるのです。

そのためそういった経験も立派なアピールポイントになるでしょう。

どんな趣味・特技でも活かすチャンスがあるのが校正の仕事です。

校正者になるのに資格は必要ありません。

未経験OKとしている企業であればある程度のチェック項目を明示しているマニュアルがあることが多いので安心して仕事を始められるでしょう。

校正の知識を勉強する方法

パソコンで仕事中の女性

次は校正の知識を勉強する方法を解説していきます。

以下の方法は校正の知識を身に付けるのにおすすめです。

独学でもできる

独学で学びたいのであればクラウドソーシングサイトなどに仕事が掲載されているので、そこで試しに業務を行ってみると良いでしょう。

実際に業務を行うことで、自然と校正・校閲のスキルが身についていきます。

継続的にやっていけば徐々に成果がスキルアップに繋がっていくため、そのようなサイトを独学のために利用してみるのがいいでしょう。

資格を取るのもおすすめ

独学についてお話しましたが、それでも不安になる方もいるでしょう。

「何から始めれば良いかわからない」「何が何だかわからない」という悩みがある方もいるでしょう。

そのような方は、校正を学ぶために校正に関連する資格を取得することをおすすめします。

その方が自信にもつながり、不安なく校正の仕事を始めることができるからです。

資格取得を目指す方は「校正技能検定」や「校正士」の資格取得を目指しましょう。

 

ワンポイント
・独学でも仕事を始めることは可能
・資格を取ることで知識を得られるだけでなく校正への適性を証明することができる

校正者になるために必要なこと

書類を確認する女性

次は校正者になるために必要となることを解説していきます。

校正者に転職したい方は活躍するために大切なことを事前に知っておくと良いでしょう。

必要なスキルを持っているか

校正の仕事をするのに具体的に必須のスキルがあるというわけではありません。

しかし、校正という仕事がどういったものかを知っておくことは必要です。

先ほどもお伝えした資格を取得すればそうしたスキルを十分に持っていることをアピールすることができるでしょう。

気になる方のためにおすすめの2つの資格について解説していきます。

「校正技能検定」は校正者の基礎技能と基礎知識を問うことで、校正技術を向上させることを目的とした資格です。

校正技能検定は、日本エディタースクールが開催する検定で初級・中級・上級の3つの階級があります。

上級と中級については実技試験・学科試験によって評価・認定されるものです。

初級は各種教育機関において校正技能検定委員会の認定した単位科目を修得することで認定されます。

「校正士」は書籍や雑誌といった印刷物の誤字・脱字を正す校正の技能を認められた者に与えられる資格です。

実務教育研究所が実施する「校正実務講座」を受講し、自宅で行われる修了試験に合格すると取得できます。

校正の知識やスキルを証明できる資格なのでオススメの資格です。

仕事に対する興味や熱意があるか

オッケーマークで微笑む女性

ここまで読まれて理解していただけたかと思いますが、校正は細かさ・注意深さ・集中力・忍耐力が必要になる仕事です。

そのため校正というのは文章・デザイン・画像などに携わることが好きでなければ続けていくことはできないでしょう。

校正というのは未経験でも転職することが可能な仕事ではありますが、興味熱意がない人には難しい仕事です。

文章力も問われる仕事

校正・校閲は文章と向き合うお仕事なので、文章力がないとかなり厳しいでしょう。

未経験から始める方は小説や雑誌、新聞などを普段から読み、正しい日本語を学んだり、文章力をつけたりすると良いでしょう。

 

ワンポイント
・校正としてのスキルを持っていることを証明するために資格取得がおすすめ
・興味や熱意がなければ校正の仕事を続けていくことは難しい
・校正の仕事には文章力が必要

校正の仕事がある業種は?

ガッツポーズ

次は校正の仕事が必要とされる業種をご紹介していきます。

以下のような業種では特に校正の求人が多いと考えられるでしょう。

出版業界

出版業界は就活生に人気が高く、志望者が多い業界です。

そのため志望者数に対して採用人数が少ないなど、就職難易度が高い傾向にあります。

他の業界と比べて難関の企業も多いため未経験の方で人気の出版業界を目指すのであれば、業界研究を欠かさず行いましょう。

商品のラベルにも必要

先ほど、色校正のお話をさせていただきましたが、そういった仕事が商品ラベルでも活躍します。

商品ラベルでは色校正だけでなく、文章校正などの仕事もあります。

ご注文内容をもとに制作した原稿のPDFデータをクライアントに見てもらい、誤字脱字やレイアウトについて確認作業をしてもらう業種です。

クライアントの満足いくものを仕上げるために仕事をするため、やりがいのある業種です。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Web媒体にもニーズがある

ポイント

現在では出版物に限らず、Web上の記事・ブログ・ホームページなどでも校正の仕事が必要となります。

Web媒体では、Wordなどのアプリケーション上で校正することが増えてきました。

そのため、そのようなアプリケーションに関する知識も今後は必要になっていきます。

校正のスキルをアップさせていくためにも覚えておいた方が良いでしょう。

校正の未経験転職で対策すべきこと

女性

次は未経験で校正に転職するために対策しておくべきことを解説していきます。

以下のようなものを重点的に対策しておくことで未経験でも転職を成功させることができるでしょう。

応募書類のチェック

転職するために応募書類を書きますが、その時に気をつけて欲しい点があります。

それは読みづらさはないか、誤字脱字がないかをしっかり確認することです。

校正は文章と向き合うお仕事なので、この2点には十分に注意してください。

間違っている点がないかしっかりチェックしましょう。

面接対策

先ほどもお伝えしましたが、未経験の方は恐れずしっかり自分のアピールできるものを明確にしておきましょう。

そのためには自己分析をしっかりと行っておくことが大切です。

自己分析をすれば自身のこれまでの業務経験を通して培ってきたスキルや能力が明確になります。

校正の仕事への転職に活かせることが何かを具体的にするために自己分析は必要不可欠だといえるでしょう。

 

ワンポイント
応募書類のチェックと面接対策を行うことで転職成功に近づきます。

転職相談は転職エージェントを活躍しよう

ビジネスパーソン

「どんな仕事を探せばいいかわからない」「希望の求人が見つからない」などお悩みの方は転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

転職エージェントはあなたの仕事を見つける手伝いをしてくれます。

その他にもエージェントはあなたの転職活動を様々な形でサポートしてくれるでしょう。

例えば模擬面接を行ってくれたり、非公開求人を紹介してくれたりするのです。

これらは自分1人では行えない転職対策です。

もし転職で悩まれているのなら一度相談してみましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

オフィスでパソコン操作する女性

今回は校正の仕事内容や、求められる人物像などについて解説してきました。

この記事を参考にして自分がこの職種に向いているかどうかを確認していただければと思います。

また、もし転職活動で悩みがあるのであれば転職エージェントを活用すると良いでしょう。

エージェントをうまく活用すれば、不安をなくして転職をスムーズに進めていくことができます。

この機会に是非、利用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら