この記事を読んでいる方の中には仕事のやりがいやキャリアアップ、職場環境を変えたいなどの理由で転職を考えている方もいるでしょう。

そんな方はマーケティング職への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

一括りにマーケティングといっても、その仕事内容は多岐に渡ります。

今回は商品を売るための仕組みづくりに携わるマーケティングの具体的な仕事内容をご紹介していきましょう。

マーケティングの仕事内容

スーツの女性

マーケティングという言葉を聞く機会があっても、実際どのようなことをするのか分からない方もいるのではないでしょうか。

一般的にマーケティングとは、商品やサービスを効率的に販売するための仕組みづくりを指します。

インターネットやアンケートなどを使った市場調査、SNSやネット広告を使った宣伝など様々な過程を通して売上までのプロセスを作ります。

ここからは更に具体的な仕事内容をご紹介します。

プロモーション企画・運用・管理の仕事

マーケティングには、4Pと呼ばれる戦略プロセスがあります。

これはプロダクト(製品)・プライス(価格)・プレイス(流通)・プロモーション(販売促進)のそれぞれの頭文字をとったものです。

商品やサービスを作りターゲット層が決まったら、そのターゲット層に向けて宣伝するためにプロモーションを行っていきます。

市場の動向や自社の強み・弱みを把握し課題を見つけ、その課題を改善するためのゴールや予算をしっかりと企画することも重要です。

プロモーションイベント準備・運営の仕事

プロモーションイベントの形は展示会・街角サンプリング・トークイベント・オンラインイベントなど様々です。

その中からどのイベントが宣伝したいターゲットに対して効果的かを判断して開催します。

プロモーションイベントの準備・運営の仕事では以下のようなものが業務に含まれます。

  • イベントの準備から当日までのスケジューリング
  • イベント会場の確保
  • ゲストの選定
  • イベントの費用
  • 当日の流れ
  • 担当者の決定

これらを行い、イベントを成功に導いていくのがマーケティングの仕事です。

販促品管理の仕事

ファイルを持つ女性

キャンペーンなどで配布する商品・ノベルティ・チラシなどの管理もマーケティング職の業務に含まれています。

欠品による機会損失や過剰在庫によりかかるコストを防ぐため、Excelやクラウド型管理システムを使い、管理することが大切です。

また、ただ管理するというだけでなくそこに関わる商品の配送費や人件費なども考慮しながら効率的に管理することが求められます。

市場調査の仕事

市場調査もマーケティングの仕事です。

消費者のニーズを把握するため、オンラインまたはオフラインで調査を行います。

アンケートの場合、クラウドソーシングサービスを使いアンケートの回収を行うケースもあります。

事前に予算と調査~報告までのスケジュールを組み、既に調査されている情報はないかを確認することで効率的に市場調査を行うことが可能です。

データ集計・分析の仕事

調査結果のデータを受け取り、Excelやデータ管理ソフトなどで集計・分析しクライアントや関係各所へ報告します。

膨大なデータを整理し分析をするため、細かい作業が得意であることや報告に必要な資料作成の能力も求められます。

IT企業、建設業、医療業や飲食業などの様々な業界で必要とされている職種です。

マーケティングの役割

注意点を喚起する女性

消費者に商品やサービスを購入してもらうため商品開発・ブランディング・営業・宣伝など販売までの全ての工程に携わる必要があります。

マーケティングとは消費者や市場の状況を重要視するため、営業部門よりも、長期的な視野で見なければなりません。

市場を知りまた、消費者の潜在的なニーズを知り、購買欲を高め、販売効率を良くすることが、マーケティングの役割といえるでしょう。

広告と関係がある

商品やサービスを認知してもらうためには宣伝が欠かせません。

SNS広告やWeb上に掲載されているリスティング広告、街中の動画広告など、私たちは普段様々な形で広告を目にします。

この広告とマーケティングの間には深いつながりがあるのです。

広告出稿・広告運用・広告のデザインなど、実際に広告を打ち出すまでには様々な工程が存在しています。

それらに関わるのもマーケティング職の仕事なのです。

売れるためのシステムを作る

Webサイトやメールなどのインターネットを利用したマーケティングの手法を、デジタルマーケティングと呼びます。

インターネットを使い、効率良く売れるためのシステムを作ることもマーケティングの役割です。

膨大な情報があるインターネットの中で消費者に自社の商品やサービスを知ってもらうために最適な方法で情報を発信する必要があります。

 

ワンポイント
・広告の様々な工程に携わるのもマーケティング職の役割
・マーケティングで売れるためのシステムを作るのも役割の1つ

マーケティングの種類

笑顔の女性

ここからは、マーケティングの種類をご紹介していきましょう。

商品やサービスを認知されたいのか、ブランドイメージを根付かせたいのかなど目的に合わせてマーケティングの種類を選びます。

マーケティングの種類によってそれぞれどんな専門スキルが必要なのかが判断することが可能です。

マーケティング職への転職を考えている方はどんなスキルが必要なのか、どんなスキルを活かせるのか判断できるポイントになるでしょう。

その1:CRM

Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネージメント)を略してCRMといいます。

CRMは日本語では「顧客関係管理」などと訳される手法です。

この手法では顧客を中心に考えてビジネスを構築し、売上の向上を目指します。

CRMは顧客と良好な関係を築いていくために、商品購入後のアフターフォローや顧客の状況に合わせて細かなフォローすることが可能です。

その2:マーケティングデザイン

企業が抱えている課題を改善するために、マーケティングのやり方をデザインすることを指します。

現状を把握するのではなく、顧客が目指すところを分析することで新しいマーケティング方法を設計する方法です。

その3:デジタルマーケティング

インターネットを使いマーケティング活動を行うことをデジタルマーケティングといいます。

以前は家庭や企業に直接訪問したり、新聞やテレビなどのマスメディアを利用したりして、マーケティングを行っていました。

現在は1人1台スマートフォンを持っているため、インターネット上から個人にアプローチをすることが可能になったのです。

そのため、デジタルマーケティングは効果的なマーケティング手法として利用されています。

個人の趣味趣向に合わせてアプローチできるため、戦略的にマーケティングすることが可能になりました。

その4:SNSマーケティング

打合せ ビジネスウーマン

SNSマーケティングはSNSを通して自社の商品・サービスを紹介したり企業イメージを認知させたりする手法です。

SNSでは年齢・性別・住んでいる地域などのターゲットに分けて広告を打ち出すこともできるため、効率的に消費者に宣伝することができます。

現在はSNSから情報収集したり商品を購入したりする人も増えているため、効果的な手法の1つとなっているのです。

その5:コンテンツマーケティング

コラム・ブログ・動画などのコンテンツを通して有益な情報を発信し顧客を引き付けて購入に結びつける手法です。

この手法ではリードと呼ばれる見込み顧客を獲得して育成し、成約まで誘導をする必要があります。

コンテンツの中身も有益である必要があり、性別・職業・ライフスタイルなどターゲットに沿った情報を発信することが重要です。

その6:インフルエンサーマーケティング

女性 パソコン

インフルエンサーマーケティングは有名人やフォロワー数の多い人のSNSで商品やサービスを紹介してもらうマーケティング手法です。

これにより、商品やサービスの認知度を上げたり、実際に購入してもらったりすることができます。

インフルエンサーを通して顧客に発信するため、信頼を得ることができるというメリットもあります。

またそのSNS上で顧客のフィードバックをもらうことができるので、次の施策に活かすことも可能です。

どんな企業で仕事をするの?

仕事を楽しむ女性

マーケティング職は自社の商品を販売する小売業・メーカー、サービスを提供するIT企業で特に多く募集されているようです。

上記の事業会社のマーケティング部門で働く場合の他に、支援会社で働く場合もあります。

支援会社というのは広告代理店などのマーケティングの支援を行う企業のことを指す言葉です。

支援会社ではクライアントの商品・サービスのマーケティングを担当します。

 

ワンポイント
事業会社のマーケティング部門で働く場合と支援会社で働く場合の2種類があります。

マーケティングのやりがい

案内する女性

マーケティング職は自社の商品やサービスの企画から販売まで携わることができる仕事です。

そのため商品・サービスが多くの人の元に届いた時には喜びも大きく、モチベーションを保って仕事をすることができるでしょう。

支援会社の場合、様々なクライアントと関わることができるため多くの経験を積むことが可能です。

キャリアアップを目指すときにもその経験を大いに活かせることでしょう。

マーケティングに必要なスキル

OKな女性

イベントや宣伝方法を考える企画力、消費者のニーズや市場の動向を正しく把握するデータ分析力・情報収集力が必要となります。

また、マーケティング職は営業職・技術職・経営層など様々な人と関わる必要がある職種です。

そのため、コミュニケーション能力や調整力も必要とされるでしょう。

必ず資格が必要ということはないですがマーケティング検定の資格を取得することで、それらのスキル・能力を習得することが可能です。

また、資格を取得することでマーケティング職への適性を証明できるため、転職が有利になります。

もしマーケティング職への転職を検討しているのであれば、資格を取得すると良いでしょう。

 

ワンポイント
・マーケティング職には企画力・データ分析力・情報収集力・コミュニケーション能力など幅広い能力が必要とされる
・マーケティング検定を取得することでマーケティング職に必要な知識・能力が習得できる上転職も有利になる

マーケティングの年収は?

書類を確認する女性

スキルや能力によって変わってきますが、正社員の平均年収は1〜3年のキャリアで400~500万円前後、5年以上で1,000万円前後です。

1つのスキルだけを磨くのではなく、その業務の周辺のスキルも学ぶことで年収を上げていくことができます。

マーケティングは未経験でもできる?

ガッツポーズをする女性

マーケティング職は未経験でも転職することができます。

分析力を必要とするので、分析することが得意な人やネットを使い調べることが好きな人は向いているでしょう。

マーケティング職というのは企業によって求められるスキルも様々です。

そのため自分に合った働き方ができる企業を選ぶことが大切になります。

自分が企業に何を求めているのかを明確にしましょう。

そうすることによって自分にとっての理想の職場を見つけることが可能になります。

 

ワンポイント
・マーケティング職は未経験でも転職が可能
・分析力が高い人材が求められる

転職相談は転職エージェントを活用しよう

笑顔の女性

転職エージェントは一般的に求職者のキャリアの相談や面接対策、履歴書・職務経歴書の添削などをサポートしています。

転職エージェントを利用することで自分の今までのキャリアの棚卸しや客観的に見た時の自分の長所や短所が把握することが可能です。

自分だけでは難しい転職対策を行うことができるため、転職活動をスムーズに進めたい方はエージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントでしか取り扱っていない求人情報もあるため、自分に合った転職先を数多くの中から見つけることができます。

転職に不安を感じている方は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

笑顔の女性

マーケティング職は経営層・営業・経理・技術職など部門の垣根を越えてコミュニケーションを取ることが求められます。

また、女性を歓迎している企業が多く共働きの家庭や子供の世話が必要な方など、在宅でも比較的業務がしやすい職種です。

そのため女性に向いている仕事の1つといえるでしょう。

また、業界に限らず様々な業種でマーケティング職を募集しています。

そのため、自分の今までの業界での経験を活かしながらマーケティング分野でキャリアアップを目指すことが可能です。

もし転職活動で迷ったら、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

エージェントのサポートを受けることによって自分のこれまでの経験を活かしやすい仕事を見つけやすくなります。

是非積極的に活用していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する